トップページ | あゝモンテンルパの夜は更けて »

ありがとう・さようなら

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo



作詞:井出隆夫、作曲:福田和禾子

1 ありがとう・さようなら ともだち
  ひとつずつの笑顔 はずむ声
  夏の日ざしにも 冬の空の下でも
  みんなまぶしく 輝いていた
  ありがとう・さようなら ともだち

2 ありがとう・さようなら 教室
  走るように過ぎた 楽しい日
  思い出の傷が 残るあの机に
  だれが今度は すわるんだろう
  ありがとう・さようなら 教室

3 ありがとう・さようなら 先生
  しかられたことさえ あたたかい
  新しい風に 夢の翼ひろげて
  ひとりひとりが 飛びたつ時
  ありがとう・さようなら 先生

  ありがとう・さようなら みんな みんな
  ありがとう・さようなら みんな


《蛇足》 昭和60年(1985)、NHK「みんなの歌」として発表され、以後、多くの小学校で卒業式の歌として歌われるようになりました。

 福田和禾子(ふくだ・わかこ)にはほかに『北風小僧の寒太郎』『赤鬼と青鬼のタンゴ』などの傑作童謡があります。平成20年(2008)10月5日没。
 東京芸大出身で、父親は『サーカスの唄』『花言葉の唄』などのヒット曲をもつ戦前のスター歌手・松平晃。


(二木紘三)

|

トップページ | あゝモンテンルパの夜は更けて »

コメント

この歌を作曲された福田和禾子さんが2008年10月5日に亡くなられました。
「みんなの歌」などを通じ、子どもたちのために沢山の素晴らしい歌を発表していただきました。
ありがとう・さようなら 福田先生。

投稿: 橋本茂樹 | 2008年11月 9日 (日) 23時07分

娘が幼稚園で、年長さんに向けて歌いました。
懐かしい気持ちになりました

投稿: 山下 ゆかり | 2011年3月20日 (日) 09時40分

すいませんwobbly
この曲の音楽が出て来ないんですけど!

投稿: 桒山雅妃 | 2014年3月 9日 (日) 13時31分

昭和50年から小学校の教師をしていました。
この曲は卒業式によく歌われましたが今聴くと、子供たちと共に過ごした教室、子供たちの笑顔が思い出されます。
ここで教え、歌い、笑い、集い・・・・・私の人生の全てでした。
退職した今、わけもなく涙があふれます。
ありがとうございます。

投稿: miko | 2016年7月 8日 (金) 09時04分

こんばんは  

 この ありがとう・さようなら  ははじめて聞く曲でした  よい曲なのでしょうね    でも 我々の世代の
 卒業のその場での その曲は  仰げば尊し これしかありませんでした   二木先生のうた物語に投稿されている皆様の 思い 考察 はよくみさせていただいています   皆様の思いを 否定するのではありません  ただ 僕にとっては  仰げば尊し が一番涙を流したものでした

 mikoさまの短いコメントから 大きなインパクトが与えられました  当然のような日常から 離れなければいけない日がきてしまう  自分では まだできる まだしたいと考えても離れなくてはいけない そのつらさ 十分すぎるほど分かります  ましてや 純粋な成長過程の子供達との仕事ですもの 余計です   その気持ちのままに この曲への出会いが どれほどmiko先生の琴線にふれるか よくわかるつもりです   みておられた子供たちの 将来に幸あれと祈るばかりです    僕は定年制のない職業で有り難いですが 今後は老害を ふりまかないよう留意して過ごして生きたいと思います

 miko先生の ぽっこりあいた心が また清らかな心でいっぱいに充填される日が早からんことも願っています

投稿: 能勢の赤ひげ | 2016年7月10日 (日) 22時29分

能勢の赤ひげさま、私のコメントを心にとめていただきありがとうございます。
卒業式の思い出の曲は年代によってそれぞれ違いますね。「仰げば尊し」は昭和28年生まれの私も心に響く好きな曲です。
長い教師生活の間、卒業式で歌われる曲も次々に変わっていきました。
その曲と共に学校生活の思い出や先生、友の顔がクローズアップされその人にとって思い出の曲になっていくのでしょうね。
最近では「旅立ちの日に」がよく歌われます。
ピアノ伴奏もきれいですばらしい曲です。

投稿: miko | 2016年7月13日 (水) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トップページ | あゝモンテンルパの夜は更けて »