« 死んだ女の子 | トップページ | 少年時代 »

ローレライ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:Heinrich Heine、作曲:Friedrich P. Silcher
日本語詞:近藤朔風

1 なじかは知らねど 心わびて
  昔の伝説(つたえ)は そぞろ身にしむ
  寥(さび)しく暮れゆく ラインの流(ながれ)
  入日に山々 あかく映ゆる

2 美し少女(おとめ)の 巖頭(いわお)に立ちて
  黄金(こがね)の櫛とり 髪のみだれを
  梳(す)きつつ口吟(くちずさ)む 歌の声の
  神怪(くすし)き魔力(ちから)に 魂(たま)もまよう

3 漕ぎゆく舟びと 歌に憧れ
  岩根も見やらず 仰げばやがて
  浪間に沈むる ひとも舟も
  神怪(くすし)き魔歌(まがうた) 謡(うた)うローレライ

Die Loreley

1. Ich weiß nicht was soll es bedeuten,
   Daß ich so traurig bin;
   Ein Märchen aus alten Zeiten,
   Das kommt mir nicht aus dem Sinn.

2. Die Luft ist kühl und es dunkelt,
   Und ruhig fließt der Rhein;
   Der Gipfel des Berges funkelt
   Im Abendsonnenschein.

3. Die schönste Jungfrau sitzet
   Dort oben wunderbar;
   Ihr goldnes Geschmeide blitzet,
   Sie kämmt ihr goldenes Haar.

4. Sie kämmt es mit goldenem Kamme,
   Und singt ein Lied dabei;
   Das hat eine wundersame,
   Gewaltige Melodei.

5. Den Schiffer im kleinen Schiffe
   Ergreift es mit wildem Weh;
   Er schaut nicht die Felsenriffe,
   Er schaut nur hinauf in die Höh.

6. Ich glaube, die Wellen verschlingen
   Am Ende Schiffer und Kahn;
   Und das hat mit ihrem Singen,
   Die Lore-Ley getan

《蛇足》 ローレライは、ライン川中流域の右岸にそびえ立つ、高さ130メートルほどの巨岩の名前です。ライン川はここで急角度で湾曲するとともに、急に川幅が狭くなっています。この地形のせいで、ローレライの近くでは、こだまがよく聞こえます。

 ローレライの古名ルーレライは「待ち岩」を意味し、これは、古いドイツ語で「こだまを岩(ライ Lei)のそばで待ち受ける(ルーレン lûren)」ことから来ていると言われます。lûrenはlauern(待ち受ける)の語源です。

 ローレライの付近は流れが速く、水面下に多くの岩が潜んでいたため、かつては多くの船が事故を起こし、人命が失われました。そんなことから、ローレライの岩には水の精が棲んでいて、その歌声に魅せられて我を失った船人が舵を誤って沈没したという伝説が生まれました。現在は、幾度にも渡る工事により大型船が航行できるようになっています。

 ただし、キャロル・ローズの『世界の妖精・妖怪事典』では、ローレライの伝説は、古くからある伝承ではなく、ロマン派の詩人C. ブレンターノの創作であるとされています。彼の譚詩『ローレ・ライ』は、次のようになっています。

 ローレ・ライは見る者を虜にしないではおかない美女で、多くの男たちに言い寄られましたが、愛する人がいたため、すべてはねつけました。しかし、何人もの名士たちを惑わせた魔女として宗教裁判にかけられ、有罪を宣告されてしまいます。
 そのころ、恋人の裏切りに遭って絶望していた彼女は、火刑による死を願いました。しかし、裁判を司った司教さえも彼女の美しさに心を奪われ、死なせるには忍びないと、火刑を免じて修道院へ送ることにしました。
 護送の途中、彼女は、最後の思い出に、恋人がかつて住んでいた城を岩山から見たいと願い出て、許されると、隙を見てライン川に身を投げました。護送に当たっていた3人の騎士たちは、どういうわけかその岩山から降りられなくなり、そのままそこで朽ち果てました。
 その後、水の精となった彼女は、美しい歌声で船人たちを誘惑し、次々と破滅へと導いたといいます。

 この物語自体はブレンターノの創作ですが、それ以前に伝承がなかったというのはどうでしょうか。古代ローマ・ゲルマニアの昔から、ライン川は西ヨーロッパの水運の中心であり、この岩の近くでこだまが聞こえ、多くの船が座礁・沈没していたことを考えると、基になった伝承が何かあったと考えるのが自然でしょう。ちなみに、ブレンターノが『ローレ・ライ』を発表したのは1801年のことです。

 この伝承に基づき、何人もの詩人がこの題材を採り上げて発展させました。そのなかでもとりわけ有名なのが、ハイネの詩『ローレライ』(1823年または1824年)です。これにF. ジルヒャーが曲をつけて以来、民謡のように広く親しまれてきました。
 日本でも、近藤朔風の訳詞
(明治42年〈1909〉)で愛唱され、今日も合唱曲として歌い継がれています。

 1番の「なじか」は「なぜか」と同じ。「わびて」は「気落ちして、辛く思って」、「神怪しき」は「不可思議な、神秘的な」の意。

 原詩第4聯最後のMelodei(メロダイ)は、その上のdabei(ダーバイ)と脚韻を踏むために使われた雅語で、現代語のMelodie(メロディー)と同じです。
 このMelodeiについて、友人の森田明君
(名古屋市立大教授・ドイツ語学)から、次のようにご教示を得ました。

 Melodeiは、ラテン語やギリシア語からの借用語で、14~17世紀のいわゆゆる「初期新高ドイツ語」では、Melodeiと綴っていました。
 16世紀ごろからフランス語の影響もあって、Melodieという形が生まれました。しばらくは2つの形が並行して使われましたが、やがてMelodieが優勢となり、現在に至っています。いっぽう、Melodeiは詩語・雅語として、19世紀の中ごろまで詩文のなかに散見します。
 ところで、今の日本の学生は、この『ローレライ』を知りませんね。学校の音楽の授業で取り上げられなくなって、もう久しいそうです。近藤朔風の訳は、原詩の意味や雰囲気を余すところなく捉えたすぐれたものですが。文語体が嫌われたのでしょうか。
 もっとも、1972~1973年の留学時に体験したのですが、当時の若いドイツ人たちもこの曲や歌詞をほとんど知りませんでした。作詞者ハイネがユダヤ人であることから、ヒトラー支配の時代にメロディーはともかく歌詞は「詠み人知らず」とされたことが原因だ、との説明を聞きました。でもどこか釈然としません。要は、文部省唱歌に採用されたからこそ、本国ドイツでよりも、日本で広まり、長く歌い継がれたのではないでしょうか。このような例はほかにも多いことと思われます。

(二木紘三)

|

« 死んだ女の子 | トップページ | 少年時代 »

コメント

『私は知らない、私がこのように寂しいと思う理由を』・・・なじかは知らねどこころわびて。『古い時代からの伝説が私の胸を去らない』・・・昔の伝へぞ、そぞろ身に染む。『山々の頂上が夕方の太陽の光の中で輝いた』・・・入日に山々赤く映ゆる。ドイツ語を習い始めたころ、ハイネの原詩と和訳を比べて、本当に驚きました。この訳者のひと、昨晩食べた御飯のおかずが少し違ったのではないか・・と。何と言う譬え!それ以来、類書で『近藤朔風』のことを調べたのですが、うまく当たりませんでした。いまはインターネットの時代。先日ふと思い立って『近藤朔風』で検索してみると一発でした。但馬国出石町の出身で、実父桜井勉博士は日本測候所生みの親と・・・。便利な世の中になったものです。

投稿: 乙女座男 | 2007年6月27日 (水) 11時28分

息子が読んでいた童話集に、ローレライの話が載っていました。ライン川のほとり、バッハラッハという町に美しい娘が住んでいました。娘の恋人が旅を終えてライン川を下る途中、ローレライのあたりで難破してしまいます。恋人の死を悲しんだ娘は、岩から身を投げてしまい、それから、水の精となった娘が岩の上で歌う、美しい歌声が聞かれるようになりました。ハイネの歌に出てくるメルヘンはこの物語かもしれませんが、分かりません。1975年、ライン川の船下りでローレライの岩のあたりを通りましたが、バッハラッハの娘のことを思い、涙が流れて止まりませんでした。

投稿: Patrickbyname | 2008年6月29日 (日) 17時06分

「ローレライ」は中学のとき音楽の授業で習いました。この曲を聴くと、このころを思い出して懐かしくなります。まもなく、そのころ一緒だった友人たちと同窓会があります。そうですか、この歌も、二木先生の解説によると、「仰げば尊し」と同じように本国より日本愛唱されていた歌なんですね!YouTubeには私の大好きな島田祐子さんによる「ローレライ」(↓)がアップされていました。お楽しみください。

http://www.youtube.com/watch?v=z-ulZJfb7so&feature=plcp

投稿: KeiichiKoda | 2012年11月10日 (土) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死んだ女の子 | トップページ | 少年時代 »