« 風の盆恋歌 | トップページ | 琵琶湖周航の歌(その1) »

冬の星座

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:W.S.Hays、日本語詞:堀内敬三

1 木枯らしとだえて さゆる空より
  地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
  ものみないこえる しじまの中に
  きらめき揺れつつ 星座はめぐる

2 ほのぼの明かりて 流るる銀河
  オリオン舞い立ち スバルはさざめく
  無窮(むきゅう)をゆびさす 北斗の針と
  きらめき揺れつつ 星座はめぐる

        Mollie Darling

1. Won't you tell me Mollie darling,
   That you love none else but me?
   For I love you Mollie darling,
   You are all the world to me.
   O! tell me, darling, that you love me,
   Put your little hand in mine,
   Take my heart, sweet Mollie darling,
   Say that you will give me thine.
   (Chorus:)
   Mollie, fairest, sweetest, dearest,
   Look up, darling, tell me this;
   Do you love me, Mollie darling?
   Let you answer be a kiss.

2. Stars are smilling, Mollie darling,
   Thro' the mystic vail of night;
   They seem laughing, Mollie darling,
   While fair Luna hides her light;
   O! no one listens but the flowers,
   While they hang their heads in shame.
   They are modest, Mollie darling,
   When they hear me call your name.
   (Chorus:)

3. I must leave you, Mollie darling,
   Tho' the parting gives me pain;
   When the stars shine, Mollie darling,
   I will meet you here again.
   O! goodnight, Mollie, goodbye, loved one,
   Happy may you ever be,
   When you're dreaming, Mollie darling,
   Don't forget to dream of me.
   (Chorus:)

《蛇足》 原曲はアメリカの作曲家ヘイズが1872年に作詞・作曲した『愛しのモーリー(Mollie Darling)』。これに堀内敬三が日本語詞をつけ、昭和22年(1947)に中学の音楽教科書に掲載されました。

 それ以前は国文学者で歌人の中村秋香が作詞した『他郷の月』という歌詞で歌われていました。この歌詞を井本尚志さんからご教示いただいたので、掲載しておきます。

他郷の月(作詞:中村秋香)

1 よくと喜ぶ父母の君
  あれ姉上と駆け来る妹
  恋しき我が家に嬉しや今
  帰ると見しや夢なりけり

2 宵の時雨は跡なく晴れて
  傾く月に雁鳴き渡る
  哀れあの雁も悲しや今
  別れて来しやその故郷

 原曲は明るく楽しい感じのラブソングですが、堀内敬三の詞では清澄な叙景歌に、中村秋香版では郷愁の歌に変わっています。また、両方とも原曲にあるコーラス部分が省略されています。

 ヘイズは1837年にケンタッキー州のルーイヴィルで生まれ、1907年に70歳で亡くなりました。フルネームはWilliam Shakespeare Haysです。親はシェークスピアのような劇作家になることを期待したんでしょうね。

 劇作家にはなりませんでしたが、作曲家として成功しました。生涯に約350曲を作り、そのうちのかなりの数がヒットしました。最大のヒットはこの『愛しのモーリー』で、300万部の楽譜が売れたといいます。現代なら、その何倍かのCDが売れたはずで、文字通りメガヒットですね。

 日本ではこの歌のほか、犬童球渓(いんどう・きゅうけい)の詞による『故郷の廃家(My Dear Old Sunny Home)』がよく知られています。

 子煩悩な家庭人だったようで、子どもが生まれるたびに、喜びの歌を作りました(『Let Me Kiss the Baby』など)

(二木紘三)

|

« 風の盆恋歌 | トップページ | 琵琶湖周航の歌(その1) »

コメント

堀内敬三さんのお名前久しぶりに見ました。
確かずっと以前NHK第一放送で音楽番組の解説をされていましたね。
いつも二木さんのHPやブログ楽しませていただいております。

投稿: 草木 | 2007年2月 1日 (木) 08時04分

ほのぼのとする曲の数々、幼き頃を想起します。特に童謡を愛し口ずさんでいます。ありがとうございます。いい曲をどんどん、リリースして下さい。

投稿: 沖縄 太郎 | 2007年4月 9日 (月) 18時20分

中村秋香作詞「他郷の月」、郷愁の歌でも「思い出のグリーン・グラス」の主人公でなくてよかった・・・・!

投稿: 林 一成 | 2008年11月16日 (日) 10時05分

毎年恒例の大阪城ホールでの「一万人の第九」に昨年末も参加しました。一万人のオーケストラと合唱団が歌うという大規模なコンサートは世界でも類がないらしいです。佐渡 裕さん指揮のもとであのホールに響きわたる壮大さは身震いするほどの感動をおぼえます。。そして今回の来賓歌手は今若者に人気の男性ディオCHEMISTRY(ケミストリー)でした。そして二人はこの「冬の星座」を見事な歌唱力で歌ってくれました。ところどころの箇所でハミングや歌詞で私たち合唱団も加わり歌い 冬の夜空に相応しい照明効果もあったと思いますが 一層この歌が好きになりました。あれからずっとこの二木先生のサイトを開いては歌っています。有難うございます。 

投稿: 二人三脚 | 2009年2月20日 (金) 21時14分

晩秋の冷たい空気に触れる頃になると「冬の星座」を聴きたくなります。十代の頃からこの歌も大好きでした。数年前から「月見草の花」のCDを探して試聴していましたが、最近私は土居裕子さんの一枚を買いました。透明感のある美しい声と、癖の無い歌い方に魅かれたのです。このCDには「うた物語」の中の私の好きな歌が多く収められており、「冬の星座」もその一つです。
二木先生の演奏とご解説は言うまでも無い事ですが、皆さまのコメントからも多くを教えられます。心からお礼を申し上げます。

投稿: 眠り草 | 2011年11月11日 (金) 22時41分

年を重ねると子供の頃のことが、忘却の彼方へ消え去りますが、この季節になると学芸会で男子の六年生が二人、講堂の壇上でこの歌を歌ったの今でも鮮やかに憶えています。
それほど感動したということでしょうか。そのとき私は四年生でした。

投稿: jiro.sakata | 2011年11月21日 (月) 14時39分

このメロディを聴いていたらふっと中学で習った別の歌詞が浮かんできました。五十数年前の記憶なので間違っているかもしれません。2番も題名も忘れています。この歌詞で習った方が居られましたらお教え下さい。
 あわれや揺りかご 幼き夢よ
 心のふるさと 変わらぬ母の面
 静けき夕べの 灯影のもとに
 思いもつきぬは 懐かし歌よ

投稿: ハコベの花 | 2011年11月21日 (月) 22時23分

昭和17年生まれです。ハコベの花さんと同じ歌詞で中学1年の時習った懐かしい大好きな歌です。やはり題名(ゆりかご?)も2番もわかりません。
全然自信はありませんが、私の記憶では1番は次のようになってます

あわれや揺りかご 幼き夢よ
心のふるさと 変わらぬ母の愛
静けき窓辺に 花の香流れ
思い出懐かし ふるさとの歌

投稿: 山下 | 2011年11月25日 (金) 21時15分

この曲の訳詞者堀内敬三といえば、子供の頃、毎週日曜日の朝流れていたNHKラジオ番組「音楽の泉」のテーマ曲を、この番組の司会者・解説者堀内さんのソフトな声とともに思い出します。この番組は初代司会者が堀内敬三で、司会者は変わりましたが、現在も続いているNHKラジオの長寿番組の由。このテーマ曲はシューベルトのピアノ曲集「楽曲の時」の「第3番・へ短調」で、皆さんも実際にお聴きになれば、あの曲かと思いだされる方も多いでしょう!インターネットでも聴くことができるので、興味のある方は以下のURLにアクセスしてみてください。
  http://www.geocities.co.jp/mani359/meigakkyounotoki.html

投稿: KeiichiKoda | 2012年3月29日 (木) 09時36分

とても懐かしいです。まるで子供の頃の親友に出会った心地です。ハコベの花さん、山下さんと同じことをずっと思ってました。ただ、歌詞も忘れてしまっていました。お二人の投稿を拝見して蘇りました。
私はS.16年生まれですが、確か中学一年の教科書に載っていました。いわゆる学芸会で全校生徒の前で独唱したのを覚えています。2番の歌詞を間違えて先生に怒られたのも、、、私の記憶では1番は下記の様に思います。
 あわれや揺りかご 幼き夢よ
心のふるさと 変わらぬ母の愛
静けき夕べに 花の香流れ
思い出懐かし ゆりかごの歌
残念ながら2番は全く思い出せません。

投稿: Y.Kobayashi | 2012年12月13日 (木) 18時21分

終戦後 進駐軍兵士向けのFEN(Far east network)という放送局がありました。
この曲が エディ・アーノルドという歌手のボーカルで良く流されていました。
Won't you tell me Mollie darling,-----
当時療養中だった身、よく聴いたものでした。
ほんとうに懐かしい曲です。

投稿: 吉沢 義之 | 2013年1月26日 (土) 15時28分

この歌も聴くたびに心洗われる思いが致します。
昭和中ごろ、我家に一台のラジオからは浪花節、三橋美智也、春日八郎、松山恵子など。有力者のお宅でみせてもらうテレビはコロンビアヒットパレード(市会議員のお宅で座敷を解放してくれた)特に記憶に残ってるのはこまどり姉妹のソーラン渡り鳥。
二木先生のこの場で蘇る幼い日々の記憶を辿るのが至福のひとときです。

投稿: りんご | 2016年1月10日 (日) 13時37分

失礼いたしました。
肝心の部分が抜けてました。
中学の教科書でこの歌を習いました。
音楽環境に恵まれなかった当時は教科書で習う歌のみが
音楽体験でした。
それ故に記憶が鮮やかです。
長じて2人の娘にはフルート、ピアノと個人教授をつけました。しわ寄せは夫に~63年の生涯(運転歴45年)で新車購入はたったの二回。中古車に甘んじて教育費をねん出。毎日遺影に向かって「ごめんなさい」と心で詫びています。

投稿: りんご | 2016年1月10日 (日) 16時36分

 「冬の星座」はメロディも歌詞も素晴らしく、大好きな歌の一つです。季節を問わず、CDで聴いたり、口遊んだりしていますが、やはり、冷涼或いは寒い時期になると、存在感が増してきます。
 昭和10年代前半生まれの小生は、堀内敬三作詞のものを”中等音楽”で学んだと記憶しています。英語の原詩(恋の歌)とは関係なく、想像力をかきたてる新しい日本語詞が、曲想とよくマッチしていて、本当にいい歌だと思います。、曲の長さは短からず、長からず、起承転結がはっきりしていて、心地よく身体に沁み込みます。
 また、♪さゆる空より♪や♪流るる銀河♪に見られるように、文語調で書かれていますが、それによる古びた感は少しもなく、違和感は全くありません。同様の文語調の美しい歌として、これも大好きな、同じ堀内敬三の日本語詞による「春の日の花と輝く」を思い浮かべます。こちらは、概ね英語の原詩の沿った歌詞となっていますが、♪わが胸に生くべし♪や♪おん身今あでにうるわし♪等は、簡潔ななかにも心情溢れる素晴らしい表現だなあと思います。これらの歌は、歌詞は古くとも、色褪せることなく、これからもずっと、人々に愛され、受け継がれて行くことでしょう。

投稿: yasushi | 2016年10月 5日 (水) 16時44分

調べたいことがあると必ずこちらにたどり着いてしまいます。今回も「冬の星座」の別の歌詞を知りたくて、探したらこちらにつきました。
ハコベの花様、山下様、Y.Kobayashi様ありがとうございます。私の記憶していたのはハコベの花様のと同じだったのですが、この系統の歌詞にちゃんとした情報があったのはここだけです。微妙な差異はあるものの、学芸会で歌った、2番の歌詞を間違えて叱られた、と確かな経験に裏付けられたお話に確信が持てました。たいていは「冬の星座」と「他郷の月」だけが正統であるような扱いをされていますので・・。

投稿: solong | 2017年3月28日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風の盆恋歌 | トップページ | 琵琶湖周航の歌(その1) »