« 哀愁の街に霧が降る | トップページ | ルビーの指環 »

ふたりの大阪

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:吉岡 治、作曲:市川昭介、唄:都はるみ・宮崎 雅

(女)頬よせあってあなたと踊る
 (男)別れに似合いの新地のクラブ
 (女)泣かない約束してたのに
 (男)おまえの背中がしのび泣く
 (女)残り (男)わずかな
  (男女)この刻(とき)を ああ抱きしめて
     ふたりの大阪 ラスト・ダンス

(女)忘れはしないわ あなたのことは
 (男)瞼をとじれば昨日のようさ
 (女)ふたりで歩いた御堂筋
 (男)そぼふる小雨の淀屋橋
 (女)残り (男)わずかな
 (男女)この夜を ああ思い出に
     ふたりの大阪 ラスト・ダンス

(女)さよならいわせる時間をとめて
 (男)ごめんよ おまえに幸せやれず
 (女)誰にも負けない愛なのに
 (男)夜明けが静かに幕をひく
 (女)残り (男)わずかな
 (男女)この恋を ああ抱きしめて
     ふたりの大阪 ラスト・ダンス

《蛇足》 昭和56年(1981)のヒット曲。代表的なデュエットソングの1つで、『月の法善寺横丁』『宗右衛門ブルース』『大阪ラプソディー』『大阪しぐれ』などと並ぶ浪花演歌の傑作。

 吉岡治・市川昭介のコンビには、この歌のほか、『大阪しぐれ(都はるみ唄)』、『さざんかの宿(大川栄策唄)』、『細雪(五木ひろし唄)』などのヒット作があります。

(二木紘三)

|

« 哀愁の街に霧が降る | トップページ | ルビーの指環 »

コメント

この曲は、私が初めてカラオケと言うものに、出会った曲で、仕事で出かけた際に、知りました。懐かしく一人で、歌ってしまいました。一人で歌える場所を知り、又唄ってみたいと思いました。

投稿: けいこ | 2009年8月 1日 (土) 20時00分

「ふたりの大阪」は、行きつけのスナックの、とてもステキなママとデュエットするのが楽しかった若い頃の思い出です。最後の「ラストダンス」は私が低音で歌いハモっていました。これは私しかせず、ママも私とのデュエットを楽しみにしていたことを思い出します。

投稿: たかねまい | 2009年11月22日 (日) 08時52分

在職の頃大阪によく出張しました。新幹線は新大阪、在来線は梅田、歩くのは御堂筋、繁華街は淀屋橋、方向
音痴の小生には、ややこしい所でした。

投稿: 海道 | 2009年11月23日 (月) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 哀愁の街に霧が降る | トップページ | ルビーの指環 »