« 喫茶店の片隅で | トップページ | 青葉城恋唄 »

イムジン河

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:朴世永、作曲:高宗漢、日本語詞:松山 猛
唄:ザ・フォーク・クルセダーズ

1 イムジン河水清く とうとうと流る
  水鳥自由にむらがり 飛び交うよ
  我が祖国南の地 想いははるか
  イムジン河水清く とうとうと流る

2 北の大地から 南の空へ
  飛び行く鳥よ 自由の使者よ
  誰が祖国を二つに 分けてしまったの
  誰が祖国を 分けてしまったの

        (間奏)

3 イムジン河空遠く 虹よかかっておくれ
  河よ 想いを伝えておくれ
  ふるさとをいつまでも 忘れはしない
  イムジン河水清く とうとうと流る

《蛇足》 昭和43年(1968)、レコードの発売直前に突然発売が中止されたという伝説のフォークソング。その間の事情を日本語詞を書いた松山猛は、次のように語っています(『少年Mのイムジン河』木楽舎―など)

 松山が中学生だったころ、京都では日本人の中学生たちと朝鮮中級学校の生徒たちは、校外で出会うたび、ケンカを繰り返していました。
 そうした不毛の争いを情けなく思っていた松山は、サッカーの対抗試合で理解を深め合おうと、銀閣寺の近くにあった朝鮮中級学校に試合の申し込みに行きました。

 相手側の生徒と話し合いをしているとき、美しい女声コーラスが聞こえてきました。曲名を訊くと、『イムジン河』という北朝鮮の歌だとのこと。これが松山にとって『イムジン河』との最初の出会いでした。

 そのころ、中学のブラスバンド部でトランペットを吹いていた松山は、思い切り音が出せる九条大橋で練習していました。そこで知り合ったのが、やはりサキソフォンの練習に来ていた朝鮮中学のM君。
 彼と仲よくなった松山は、『イムジン河』を教えてほしいと頼みました。数日後、M君は、譜面と朝鮮語の歌詞、1番の日本語訳をメモしてきてくれました。それには、朝日語小辞典も添えてあったとのことです。
 しかし、このときは、きれいな歌を覚えたというだけで終わりました。

 やがて松山は成長し、京都の広告代理店でグラフィックデザイナーとして働き始めました。さまざまな文化運動に接するするなかで、彼は、学生フォークグループ、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバー、加藤和彦、北山修などと親しくなりました。

 昭和42年(1967)、デビュー曲『帰って来たヨッパライ』で一世を風靡していたザ・フォーク・クルセダーズは、第2弾を模索していました。
 そこで、松山は中学時代の思い出の曲『イムジン河』を提案したのです。メンバーはその曲が大いに気に入り、加藤和彦が編曲して詩情豊かなフォークソングに仕上げました。

 試しに深夜放送で何度か流したところ、聴取者の反応が非常によかったので、契約していた東芝音工(現在の東芝EMI)から発売されることになりました。
 昭和43年
(1968)2月、シングル盤13万枚のプレスが済み、いざ発売というときになって、東芝音工は突然、メンバーに発売中止を通告してきました。
 「政治的配慮から発売自粛となったので、我慢してくれ」という以外に、メンバーには何の説明もなかったといいます。
 同時に、放送局の自主規制により、ラジオ・テレビでも流されなくなりました。

 あとになって次第にわかってきたことですが、その曲の発売を聞いた朝鮮総連の関係者から強い抗議があったといいます。抗議のポイントは、作詞・作曲者名の表示がない、訳詞が原詩に忠実ではない、の2点。

 関係者はだれも曲の由来を知らず、朝鮮民謡だと思っていたので、作詞・作曲者名を表示しませんでした。しかし、実は作詞には朴世永(パク・セヨン)、作曲には高宗漢(コ・ジョンハン)というれっきとした作者がいたのです。
 朴世永は北朝鮮の国歌に当たる『愛国歌』書いた高名な詩人であり、高宗漢も有名な作曲家でした。

 北朝鮮側は、発表するなら、朝鮮民主主義人民共和国の誰々が作った歌と、はっきり表記すること、原詩に忠実な訳詞にすることを要求してきました。
 第2点については、突っぱねることも可能でした。原詩に忠実な訳詞でなければならないとすると、日本語で歌われている外国曲の大半は歌えないことになってしまうからです。

 しかし、第1点の処理は困難でした。朝鮮総連の姿勢は、今からは考えられないほど強硬でしたが、朝鮮民主主義人民共和国とレコードに表記するのははばかられました。
 その理由は、日本は北朝鮮とは国交がなく、国家としても認知していないということのほかに、親会社の東芝の意向があったからと言われます。

 これはあくまでも噂ですが、当時、東芝は韓国に進出し、経済的関係を深めていました。当時の韓国は、日本に北朝鮮の歌が広まることを快く思わず、まして朝鮮民主主義人民共和国という国名が表記されることは受け入れられませんでした。
 そこで、韓国大使館が東芝を通じて子会社の東芝音工に圧力をかけた、というのです。

 ともかく、どう処置してもトラブルを防げそうになかったので、東芝音工は、ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーと制作関係者に因果を含めて発売中止にしました。今は昔の物語です。

 現在はもちろん、放送で流すのに何の支障もなくなっています。ちなみに、2001年のNHK紅白歌合戦では、キム・ヨンジャが歌いました。

 イムジン河は漢字で書くと「臨津江」で、北朝鮮の読み方ではリムジンガンとなります。北朝鮮の北緯39.2度付近を水源とし、北緯38度線を越えて韓国に入り、河口付近で漢江(ハンガン)と合流して黄海に注ぎます(写真)

 ハングル版を挙げておきましょう。私は最初これが原詞だと思っていましたが、これは松山猛の日本語詞をハングルに訳したものだそうです。原詞は下記コメント欄のkamiさんのコメントをご覧ください。

     임진강

1 임진강 맑은 물은 도도히 흐르고
  물새들 자유롭게 무리지어 넘나드네
  내 조국 남쪽 땅 추억은 머나먼데
  임진강 맑은 물은 도도히 흐르네

2 북쪽의 대지에서 남쪽의 하늘로
  나라다니눈 새들이여 자유의 사자여
  누가 조국을 둘로 나누었느뇨
  누가 조국을 나누어 버렸느뇨

3 임진강 맑은 물은 흘러흘러 내리고
  물새들은 자유로이 넘나들며 날건만
  내 고향 남쪽 땅 가고파도 못가니
  임진강 흐름아 원한 싣고 흐르냐

 平成25年(2013)3月、学生時代の友人からこの歌のエスペラント訳があると教えられました(下記)。訳者は大学のエスペラント研究会で私より1学年上だった山崎功さん。
 脚韻を意識したみごとな訳詞で、松山猛の日本語詞より原詞に近い内容になっています。

 山崎さんは温厚・誠実という言葉がぴったりの人でしたが、残念ながら50代で亡くなってしまいました。
 学生時代に
私は堀辰雄の短編を3つエスペラントに訳して200部ばかり冊子を作り、配布したことがあります。実はエスペランティストたちに売りつけたのですが(^_^;)。

 最初、私は自分の英文タイプライターで打つつもりでしたが、そのタイプライターにはエスペラント独特の字上符付きの文字がありませんでした。
 すると、山崎さんは日本エスペラント学会にあ
ったエスペラント字母のあるタイプライターで打ってやるといってくれました。山崎さんは非常に速くタッチタイピングができたので、私はその言葉に甘えてしまいました。打ち終わるまで数日かかりましたが、無償でした。山崎さんはそういう人でした。

 学生時代の山崎さんについては、もう一つ思い出すことがあります。彼とある女性とのエピソードですが、そのことは私しか知らないはずです。今、山崎さんのエスペラント詞を打ちながら、『されどわれらが日々』(柴田翔の芥川賞受賞作)の思いを新たにしています。

1. Limuzingan, puras la river',
   Malrapida kaj kvieta flu'.
   Birdoj jen transiras en liber',
   Kaj kun ĝojo flugas en la blu'.
   Al la suda mia naskiĝlok'
   Kial ne reveni povas mi?
   Limuzingan, nia ho patrin'
   Nun respondu al mi tion ĉi.

2. Ho, malgajaj birdoj de l' river'
   Kantas triste ĉe la suda bord'.
   Sur dezerta kampo en mizer'
   Vante blovas vento de la sort'.
   Floras bele ĉie en la nord,
   Sonas dolĉe kanto de l' patruj'.
   Limuzingan, nia ho patrin',
   Ĝin transkantu al l' amikoj tuj.

(二木紘三)

|

« 喫茶店の片隅で | トップページ | 青葉城恋唄 »

コメント

「MIDI歌声喫茶」を、いつ頃かお気に入りに入れさせていただいて、利用させて頂いていました、ありがとうございます。
今日、こちらのブログ案内に遅まきながら気付きまして(^^ゞ
つい、前へ前と繰ってゆくうちに、この曲に・・・

先日、映画「パッチギ」により、中川五郎等の懐かしい本を取り出して、私もブログアップしたので、
ぜひ拙ブログもお読み頂きたいと欲が出て、コメントさせていただきました。
下記、7月9日の日記です。
http://plaza.rakuten.co.jp/mamanlr/diary/200607090000/
「MIDI歌声喫茶」のみならず、こちらにも、これからは寄せていただきます。どうぞよろしくお願いします。

投稿: maman.m | 2006年8月12日 (土) 21時36分

イムジン川を知っていました。高校3年だったか。うちはタバコ屋だったので、店番をしながらポータブルラジオで聞いていました。確かに ラジオて゛流れていたのです。覚えているのだから。だから発売中止を聞いて唖然としました。当時の雰囲気は騒然とした社会であり、とげとげしさがあったと思う。そんな中でイムジン川は 二つの国の悲劇を思い起こす貴重な歌でした。ベトナムでも朝鮮半島でも。長い間手に入れることができなかったが、最近CDを手に入れられたのです。

投稿: ドクトルマンホー | 2007年6月11日 (月) 20時01分

19才の時このレコ-ドを探して方々のレコ-ド屋を歩き回りました。直前に販売中止になっていたとはその頃は知らなかったのでした。後年韓国・朝鮮の方たちと知合うようになって。。。蛇足に書かれているような朝鮮中学M君のような細やかで優しい人達に囲まれて仕事をしていた事もありました。
近くて遠い国。。。。。韓国・朝鮮の幸せを今も願っています。

投稿: sunday | 2008年5月 3日 (土) 07時34分

Vancouverに滞在中です。
当地のTV(PBS=KCTS9)で連日、豪華歌手の音楽番組が放映され、滔滔と歌っているのを聴くにつけ歌詞だけでもわかればと貴HPを訪れています。Jun5-2008

投稿: masa | 2008年6月 6日 (金) 00時41分

昭和43年の4月、博多の海岸の砂の上に五線譜を書いた22才のかれはギターをつまびき、歌ってくれました。あれから40年、会ったことがありませんが、「イムジン河」を聞くたびに、思い出します。

投稿: Bianca | 2008年7月15日 (火) 19時23分

歌が大好きなので、このようなブログを発見すると、とても嬉しいです♪

さて、気になる点があって、コメントさせて頂きます。

<蛇足>の途中に、「実は作詞には朴世永(パク・セヨン)、・・・・というれっきとした作者がいたのです」と紹介されていますが、文末に「原詞を挙げておきましょう」としたものは、朴世永(パク・セヨン)さんの作詞ではありません。原詩として二木紘三さんが表記されたものは、松山さんが書いた日本語歌詞を訳した韓国語(朝鮮語)歌詞です。

以下参考まで。

作詞:박세영/パク・セヨン(朴世泳)

1.림진강 맑은 물은 흘러흘러 내리고
 물새들 자유로이 넘나들며 날건만
 내고향 남쪽땅 가고파도 못가니
 림진강 흐름아 원한싣고 흐르냐

2.강건너 갈밭에선 갈새만 슬피울고
 메마른 들판에선 풀뿌리를 캐건만
 협동벌 이삭마다 물결우에 춤추니
 림진강 흐름을 가르지를 못하리라

翻訳(歌詞ではありません):Paul Kim
1.リムジン江の清き水はとうとうと流れる
 水鳥自由に行ったり来たり飛んでいるけれど
 我が祖国南の地行きたくても行けない
 リムジン江の流れよ恨みを乗せて流れるのか

2.河越えて葦の茂みでは鳥たちが悲しく鳴き
 乾いた野原では草の根を掘るけど
 共同農場の稲、波の上で踊るよ
 リムジン江の流れを遮ることは出来ない

投稿: kami | 2008年9月16日 (火) 15時47分

そうですか。ハングルが読めないので、訳詞とは気がつきませんでした。大変参考になりました。ありがとうございました。(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2008年9月17日 (水) 00時33分

美しくも悲しい曲ですね。朝鮮半島の南北分断の悲劇を思い起こします。それはともかく、メロディーも歌詞も情感あふれるもので胸に迫ってきます。
映画『パッチギ!』ではこの曲が全編に流れ、主人公の松山君(塩谷瞬)が在日コリアンの少女(沢尻エリカ)と一緒に演奏するところが印象的でした。
政治的な話には触れませんが、朝鮮民族がこのような美しい曲を生み出したことに感動します。また機会があったら、ぜひ『パッチギ!』を見たいと思っています。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年1月10日 (土) 19時24分

 今日9月7日「北朝鮮のダム放水で臨津江が増水し、韓国人6名が死亡・不明」とのニュースが流されました。
 島国日本では想像しがたいことが大陸の国々ではあり得ることなのですね。
 
 二木さんの「蛇足」の経緯のように、発売禁止になった「イムジン河」を聴きながら、メロデーを逆にして作曲したザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」を口ずさんでいます。

投稿: かんこどり | 2009年9月 7日 (月) 18時50分

 20代の前半大ヒットした歌です。思えば私たち「団塊の世代」(こう一くくりに呼ばれるのは抵抗がありますが)は、10代後半からフォークソングブームのただ中にありました。そのため私たちの世代はまた「フォーク世代」と呼ばれることもあります。当時のフォークソングを今たまたま耳にしたりすると、『うわー。カンベンして ! 』と耳を塞ぎたくなる歌もあります。その歌によって、未熟さゆえの恥の記憶がどっとばかりに甦ってくるからです。
 その点この『イムジン河』は違います。そういう変な思い出を連れてはきません。やはり凡百のフォークソングを越えた「何か」が、この歌にはあるからなのかもしれません。といってもさして難しくもなく、割と歌いやすい部類の歌でした。そこで当時の私は、フォークギター片手に「イムジンガン水清く…♪」と下手くそな弾き語りをしていました。
 北と南と。この歌が歌われたあの頃から、状況は好転したのだろうか?好転したようでもありそうでないようでもあり…。当時はあまり深く考えずに弾いたり歌ったりしていましたが、今は多少複雑な気持ちで聴いております。
 

投稿: Lemuria | 2009年9月 8日 (火) 20時10分

加藤和彦さんの訃報を聞き、いたたまれない気持ちです。いわれているように自殺であったとしたら尚更です。
「音楽でやることがなくなった」としても、何か別の道を歩むことを考えられなかったのだろうか。肩肘張らずにひっそりと暮らす人生なんて、彼には考えられなかったのでしょうが、同い年だけにもっともっと生きてほしかったです。ご冥福をお祈りします。

投稿: さすらい爺 | 2009年10月17日 (土) 23時54分

加藤和彦さん監修の「青春のうた」(隔週刊)を定期購読しています。100号まで発行される予定ですが、先日、97号が届いたばかりでした。本当に寂しいですね。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: 本田雅生 | 2009年10月18日 (日) 13時18分

こんにちは♪  

二木様のこの『うた物語』をいつも楽しませて頂き、
また音楽活動の参考にさせて頂いています。

お蔭様でとても豊かな日常です。
心から感謝申し上げます。

「イムジン河」・・・主義主張はともかくも、穏やかな
気持にさせてくれる美しい曲ですね。

編曲は加藤和彦さんだったんですね。


今朝のTVで病床にあるはしだのりひこさんの「30年、
40年振りに電話をくれて、人を慰めておきながら自分は
命を絶つなんて納得できない・・・」と仰っていた言葉
が印象的でした。

加藤和彦さん、お別れのご挨拶をしたかったのですね・・。

多くの方々の青春に素晴らしい音楽を添えてくださり、夢
や生きる勇気を与えた方だと思います。
本当に良いお仕事をなさいました。

私の気持ちは上のさすらい爺様と同感です。
ご冥福、こころからお祈りいたします。


投稿: やまゆり | 2009年10月19日 (月) 11時28分

 こんばんわ。
 昨日、このCDを手に入れました。何度も聴きました。ほんとうにいい歌ですね。
 東西ドイツ、南北ベトナムが統一されたのに、南北朝鮮が統一されないのは、残念ですね。もう、米ソの対立は解消されたのに!
 キムジョンイルがいる間は、ダメなんでしょうね。今の北朝鮮は、日本の戦時中と同じですから!!!

投稿: こうちゃん | 2009年12月 6日 (日) 20時29分

たぶんフォーククルセダーズの「イムジン川」が発売中止になったのと同じ頃なのですが、北朝鮮の国名及び作詞・作曲者を明記の上発売されたレコードがあり、それを覚えていました。
私が覚えているイムジン川と一般に知られてるイムジン川は全然違うな、と思ったものでした。

投稿: ひよっこ | 2010年7月17日 (土) 22時19分

歌詞を捜して入って来ました. 一触即発の状況でいつか映画で見た歌がとても聞きたくて尋ねて来るようになりました. 日本のベビーブーム世代の中にも韓国を友好的に思って, 心配してくれる方々がいてありがとうございます. 韓国も, 北朝鮮も, 日本も皆よくできたらと思います.

投稿: Shin | 2010年12月20日 (月) 17時58分

この歌のエスペラント訳が追加され、うれしいかぎりです。作詞をした山崎功さんとは、おたがいに結婚式の披露宴の司会をした間柄で、長らく同じグループ「ロンド.メランコリア」「二土会]の仲間でした。54歳の若さで亡くなられ、死後に彼のための追悼文集を発行しましたが、この歌の作詞のことは知らず、今日は、天国の彼に追加報告をした気分です。実に、彼は多才な方でした。二木さん、本当にありがとう。

投稿: 沖田和海 | 2013年4月24日 (水) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喫茶店の片隅で | トップページ | 青葉城恋唄 »