« 山のロザリア | トップページ | 若者たち »

千の風になって

(C) Arranged by FUTATSUGI Kozo


日本語詞・作曲:新井 満、唄:新井 満/秋川雅史 他

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません
眠ってなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません
死んでなんかいません
千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹きわたっています
あの大きな空を 吹きわたっています

《蛇足》 芥川賞作家・新井満が英詩を訳し、曲をつけ、自ら歌った作品。

 曲作りのきっかけとなったのは、彼の友人の妻が急逝したことでした。彼女の死後、仲間によって編まれた追悼文集のなかに、作者不詳の『A Thousand Winds』という詩の訳詞がありました。
 それに深く感動した彼は、苦労して原詩
(下記)を探し出し、独自に日本語詞をつけ、自ら歌いました。それを私家版CDとして30枚作成し、妻を亡くした友人はじめ、親しい人たちに贈りました。平成13年(2001)のことです。

                                  A Thousand Winds

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.

I am a thousand winds that blow;
I am the diamond glints on snow,
I am the sunlight on ripened grain;
I am the gentle autumn's rain.

When you awake in the morning hush,
I am the swift uplifting rush
Of quiet in circled flight.
I am the soft star that shines at night.

Do not stand at my grave and cry.
I am not there; I did not die.

 平成15年(2003)8月、このことが『朝日新聞』の天声人語で紹介され ると、問い合わせが殺到、同年11月には『千の風になって』というタイトルで詩集とシングルが同時発売されるに至りました。シングルは23週連続チャートインというロングヒットを記録しました。
 平成16年
(2004)7月には、同曲を主題歌とした映画『千の風になって』が公開され、さらに人気が高まりました。現在では新垣勉、スーザン・オズボーン、秋川雅史などがカバーしています。

 『A Thousand Winds』は、日本では一部の人たちにしか知られていませんでしたが、英語圏ではかなり前から多くの人に愛されており、親しい人が亡くなると、よく朗読されていました。
 最近では、ニューヨーク世界貿易センタービルが2001年9月11日のテロで崩壊したあと、その跡地「グラウンド・ゼロ」で開かれた追悼集会で、父親を亡くした11歳の少女が朗読して、人びとの涙を誘いました。

 この歌が有名になったいきさつや原作者捜しの経緯について見てみましょう。以下の記述は、おもにイギリスのソングライター、ジェフ・スティーヴンス(Geoff Stephens)のCD『To All My Loved Ones』につけられた文章(2002年10月付)を参考にしています。
 彼はこの詩に魅了され、1989年以降、そのルーツを探る「旅}を続けてきたそうです。

 1996年、イギリスの国営放送BBCは、「国民に愛される詩」についてのアンケートを行いました。NHKなどがたまに行う「21世紀に残したい心の歌」といったアンケートの詩版ですね。詩集などの「書籍に載ったことがある詩」が対象でした。

 驚くべきことに、主催者が予想もしなかった詩が、ダントツの1位になりました。それは、作者不詳のうえにタイトルさえない「Do not stand at my grave and weep」で始まる詩でした。
 企画が発表されると同時に、この詩のリクエストが殺到し始め、ついに3万数千通に達したといいます。
 当初の条件から外れていたために、ランキングには入りませんでしたが、アンケート結果をまとめた本の前書きで、とくに言及されました。

 この詩がイギリス国民に広く知られるようになったきっかけは、1人の若いイギリス人兵士の死でした。
 その兵士、スティーヴン・ジェフリー・カミンズ
(Stephen Jeffrey Cummins)は、1989年3月9日、イギリス・北アイルランドのロンドンデリー市内をランドローバーで走行中、地雷に触れて亡くなりました。

 北アイルランドでは長年、イギリスからの分離とアイルランド共和国への統合を求めるカトリック系住民と、イギリスへの残留を希望するプロテスタント系住民とのあいだで争いが繰り返されてきました。このころ、前者の非合法軍事組織であるIRA(アイルランド共和国軍)が無差別テロを激化させており、カミンズはその犠牲になったのです。

 遺品のなかから発見されたのが「Do not stand at my grave and weep」で始まる詩でした。カミンズは、自分の運命を予感していたのかもしれません。
 この件がその詩とともに、3月10日付の『デイリー・メイル』紙に報じられると、イギリスはじめ、英語圏で大きな感動を引き起こしました。

 当初はカミンズの作品だと思われていました。その後の調査で違うとわかると、原作者への関心が高まり、何人もの人が原作者探しを始めました。前述のジェフ・スティーヴンスもその1人です。

 原作者捜しの過程でさまざまな人物や伝承が浮かび上がってきましたが、検証の結果、有力とされたのはアメリカ原住民(インディアン)由来説とメアリー・フライ説の2つでした。まず前者について。

 この詩がもつ汎神論的・アニミズム的イメージを考えると、確かにアメリカ原住民由来説は有力な考えに思われます。
 たとえば、アメリカで人生相談の回答者として知られているアン・ランダース
(Ann Landers)は、1986年10月19日付『ワシントン・ポスト』紙のコラムで、「この詩はマカ族(Makah Indian)の祈りだった」と書いています。

 しかし、アメリカ原住民由来説はすぐに崩れました。
 原詩を見ると、weep-sleep, blow-snow, grain-rain, hush-rush, flight-night, cry-dieとみごとに脚韻を踏んでいます。これは、相当教養のある人でないと困難です。アメリカ原住民にも教養のある人物はいるでしょうが、この説の可能性はかなり低くなります。
 また、この詩が有名になったとき、「わが部族の文化遺産だ」と主張する者が1人や2人いてもいいはずですが、いまだに1人も現れていません。

 ランダースのマカ族説は、アメリカ議会図書館の文献検索の専門家、デイヴィッド・クレシュ(David Kresh)が否定しています。彼がマカ族の友人から聞いたところでは、マカ族の居住地には雪は降らないし、穀物畑はなく、やさしい秋雨も降らない、そうです。
 それより何より、アメリカ原住民は死者の魂を生者から少しでも早く遠ざけたいと考えるのが通例で、この詩のような、死者がいつも生者の回りにいるというイメージは考えられないといいます。

 これに対して、メアリー・フライ説は相当信憑性が高いといっていいようです。

 『A Thousand Winds』が有名になってから、そのルーツを探し求める何人かのジャーナリストや詩の研究者が、相前後してアメリカ・メリーランド州バルチモアに住む1人の女性にたどり着きました。それがメアリー・フライ(Mary Frye)でした。
 イギリスの『タイムズ』によると、彼女の経歴は次のようになっています。

 1905年11月13日、オハイオ州デントンでクラーク夫妻の子どもとして生まれ、メアリー・エリザベスと名づけられる。3歳で孤児となり、12歳のとき、バルチモアに転居。
 1927年、同地で洋服屋を営むクラウド・フライと結婚。1女をもうけるが、1964年、夫と死別。
 2004年9月15日、99歳で没。
 メアリーは高い教育を受けていなかったが、記憶力がよく、読書家だった。「A Thousand Winds」のあと、いくつか詩を書いたが、出版されることはなかった。

 カナダのラジオ局『CBC』が『A Thousand Winds』を書いたいきさつについて彼女にインタビューした放送テープが残っています。番組名は『A Poetic Journey』で、放送されたのは2000年5月。インタビューは、その前年の1999年に行われたようです。

 インタビューが行われたとき、メアリーは94歳で、自分の誕生祝いの席でインタビューを受けました。以下の記述は、その際の彼女の談話に基づいています。

 1932年、メアリーはドイツからの亡命者マーガレット・シュワルツコップ(Margaret Schwarzkopf)という女性と親友になっていました。
 ドイツでは、第一次大戦の敗戦後、ナチスの主導によるユダヤ人排斥・攻撃が激化していました。多くのユダヤ人が続々と国外に脱出しており、マーガレットもその1人でした。

 彼女の母親も脱出したがっていましたが、高齢のうえ手足が不自由で、過酷な脱出行は無理でした。やむなくマーガレットは1人で脱出したものの、母親を残してきたことでいつも自分を責めていました。
 まもなく母親からの便りが途絶えました。八方手を尽くして調べた彼女に届いたのは、母親の死の知らせでした。彼女は神経がまいってしまい、毎日泣いてばかりいました。

 ある日、2人はいっしょに買い物に行きました。帰宅後、茶色の紙袋から買い物を出して仕分けを始めたとき、メアリーが買ったあるものを見て、マーガレットは、「それ、母が大好きだったの」といって泣き崩れました。
 メアリーが慰めても泣きやまず、「何より辛いのは、母のお墓に行ってお別れを言えないことよ(……I never had the chance to stand at my mother's grave and say goodbye.)」と言って、泣きながら2階の自室に行ってしまいました。

 そのとき、メアリーの手には買い物チェックのために鉛筆が握られていました。突然、彼女の頭に詩の言葉が浮かびました。彼女は茶色の紙袋を破いて、それを書き留めました。それは、メアリーが初めて書いた詩でした。

 しばらくして、マーガレットがいくらか落ち着きを取り戻して降りてきました。メアリーが書いたばかりの詩を示すと、それを読んだマーガレットは、メアリーを抱き寄せ、「この詩は一生大事にするわ」と言いました。それから、彼女は泣くのをやめました。

 マーガレットがその詩を職場で同僚に見せたところ、連邦政府印刷所に勤めている人を紹介してくれたので、そこで何部かのコピーを作ってもらいました。彼女は、それを友人や知人に配ったようです。
 このときから、その詩は独自の生命をもち、独り歩きを始めました。
 以下は、CBCのインタビュー番組でメアリーのオリジナルとして紹介された詩です。

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.
I am in a thousand winds that blow,
I am the softly falling snow.
I am the gentle showers of rain,
I am the fields of ripening grain.
I am in the morning hush,
I am in the graceful rush
Of beautiful birds in circling flight,
I am the starshine of the night.
I am in the flowers that bloom,
I am in a quiet room.
I am in the birds that sing,
I am in the each lovely thing.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there, I do not die.

 今日に伝わっている『A Thousand Winds』と比べてみると、最初の2行と最後の2行しか残っていません。正確には、最後の行のdoがdidに変わっているので、改変されなかったのは3行だけです。
 にもかかわらず、メアリーが最初に提示したイメージはいささかも損なわれていません。これは、詩の中核になっているスピリットがいかに美しく、気高かったかを如実に物語っています。

 ただ、CBCの主張にもかかわらず、上の詩はメアリーの完全なオリジナルではなく、何人かの手を経たあとのものではないかと私は思います。
 上の詩はきちんと脚韻を踏んでいますが、詩作の経験のない者がわずか数十分のうちに、詩として高いレベルを保ちつつ、脚韻を踏んだヴァースを連ねるのは困難ではないでしょうか。
 実際、これより前のヴァージョンがいくつかあると主張する人は、何人もいるようです。

 しかし、メアリーのオリジナルが詩形の整っていない素朴な詩だったとしても、人びとが受ける感動は変わらないでしょう。
 むしろ、素朴だったからこそ、マーガレットの心にストレートに届き、何人もの人たちに新しい詩句を加えたいという気持ちを起こさせたのではないかと思います。

 ところで、この詩の汎神教的・アニミズム的感覚は、キリスト教という一神教の教義とは背馳するのではないかと思います。にもかかわらず、この詩が多くのキリスト教徒の心を打つのはなぜでしょうか。

 キリストが鮮明な教理をもつ宗教を始めたのは、2000年ちょっと前のことにすぎず、その前の数十万年間、人類は汎神教的・アニミズム的な精神風土のなかで生きてきました。それはもちろんキリスト教の(ユダヤ教やイスラム教なども同じですが)基層にも残っているはずです。
 心のDNAに刻まれたそうした記憶が、この詩に人びとを感応させたのではないか――というような埒もないことをふと考えました。

(二木紘三)

|

« 山のロザリア | トップページ | 若者たち »

コメント

この歌を聴くたびに作者不詳ということは
気になっていました。
今の人類の知るよしもない数十万年前の
スビリットがこういう意識で生きていたと
言うこと・・納得です!

投稿: none | 2007年2月16日 (金) 23時37分

二木さまのHPのお世話になって5年は経ったでしょうか。
私「童謡、唱歌を歌う会」で歌っていますので「予習、復習」で「歌声喫茶」のお世話になっております。パートはソプラノです。
今回「千の風になって」を拝聴いたしました。
MIDIより何か「音」が大変綺麗に思えます。

とても奇遇なことですが私の長野県の「メル友」(女性)の所属するコーラスグループのご指導の先生はそちらさま、二木さまと高校の同級生でいらっしゃる由です。
メル友に私が「二木さんのいう方のHPで歌を学習している」・・・から解かった次第でもう、それから何年か経ちました。
今後もどうぞ、よろしくご指導お願いいたします。
HPのご発展をお祈りいたします。

投稿: 石田 順子 | 2007年2月17日 (土) 16時09分

昨年の紅白歌合戦で初めて「千の風になって」を観ました。
始めはこんな佳い歌があったのかと驚き、途中からは涙ポロポロ…
この歌の世に出た経緯を知って、あの時の感動を思い出しています。

投稿: 川島 邦子 | 2007年2月18日 (日) 23時19分

私は紅白で始めてこの歌を聞きました。
秋川さんが歌う前にアナウンサーが千の風の意味を説明された瞬間、心を打たれてしまいました。単なる言葉の羅列でどうしてこんなにすばらしい詩ができるのか、心を揺さぶれるのか、ありがとう。ただ、それだけです。
5年前に妻を亡くした私は早速この歌を練習し皆様に聞いてもらっています。

投稿: 小串正彦 | 2007年2月20日 (火) 18時59分

何時もお世話になっています。陰ながら感謝致しております。日頃のご活躍には頭が下がります。一時接続出来ませんでしたが,今日は接続出来ました。有り難く色いろの思い出の歌を拝聴させて頂き深く感謝致します。
「千の風になって」恥ずかしい事ですが今日初めて知りました。
素晴らしい詩、そして曲と、世界中の人びとに歌い継がれて欲しいと感じました。
今のすさんだ時代にこそ、盛んに「千の風になって」が歌われることが望まれると思います。健康なご活躍をお祈り致します。
失礼致しました。

投稿: gren1212 | 2007年2月23日 (金) 12時52分

今日の「クローズアップ現代」でも今取り上げています。
爽やかな旋律ですね。

投稿: 草木 | 2007年2月26日 (月) 19時34分

私の弟は1月20日に天に召されました。
昨年の夏、末期ガンで半年の命と宣告され、
半年間、病魔と戦いましたが、力尽きて旅立って行きました。51歳でした。弟は、「千の風になって」の歌が“自分の思いを語っている”と言って友人達にCDを送ったそうです。
いま、私は、ハーモニカでこの歌を練習しています。納骨の日に、参会者達が献花をしている時に演奏したいと思っています。

投稿: マリーゴールド | 2007年3月 6日 (火) 20時21分

 たった数回聴いただけで歌えてしまいました。
それだけ詩から深い感銘を無意識に受けていたのかも知れません。
恥ずかしながら、二木さんのおつくりになったmidiを聴きながら深夜だと言うのに自室で聴きながら歌っていました。

 詩に纏わるバックグラウンドに戦争が絡んでいること。そしてニューヨークの同時多発テロの鎮魂の手向けに読まれたこと。
人の死や諍いを源に産まれた詩だからこそ、かくも心に響く詩が産まれたのかも知れませんね。
midiを聴きながら、ふとそのような不謹慎な事を思ってしまいました。
良い詩だからこそ良い歌になり、良い歌だからこそ、midiになってもやはり心に響くのでしょうね。

投稿: | 2007年3月10日 (土) 01時04分

二木さま、ありがとうございます。
この曲のルーツを知って、ますます、この曲が好きになりました。・・・・世界中の人の感情は、みんな同じなんだなと。

投稿: nonko | 2007年3月24日 (土) 17時16分

このような素敵な歌の由来を知ることができてうれしく思います。

今年、なくなった何人かの友人を思い出すたび、この歌を思い、空を見上げ、風を感じます。
原詩の変化も興味深く感じました。最初の頃より、韻や表現が変化しているのがわかりましたし、キリスト教とアニミズムの世界観ももっともだと感じました。

投稿: vi0x0il | 2007年4月17日 (火) 22時00分

秋川さんのこの歌は紅白で聴きました。また二木さんのサイトでも聴いています。素晴らしい歌詞ですね。この歌を聴いて、生まれて初めて涙が出ました。死者が生者を慰める。この発想が誰も思いつかないことですね。新井さんの作曲もいいですね。明るくて未来がある。私は今年中に墓を建立しますが、俗名を「千の風五吉」と彫ることにしています^^。
「五吉」は碁狂ちの当て字です。

投稿: 三瓶 | 2007年7月18日 (水) 08時46分

決して歌詞に文句をつけるつもりは無いのですが、私は、「吹きわたっています」という言葉に違和感を覚えます。

「行き渡る」という表現は聴いたことがありますが、「風が 吹きわたる」というのは聴いたことがありません。 もちろん、「吹く」と「わたる」を組み合わせればこうなるのでしょうが、問題は言葉の組み合わせではなくて、そのような表現が一般的に通用しているかということだろうと思います。

その意味で、歌っていてこの部分に来ると何時も何か変だなあと思ってしますのです。

皆さんはこのように感じないのでしょうか?

投稿: 吉原 秀光 | 2007年8月10日 (金) 01時44分

先の紅白歌合戦で大変な人気の歌になりました。歌詞がいい、メロディーもいい、秋川さんの歌もいいですね。こんな立派な歌が作詞家不詳とは分かりませんでした。
コメントの「風が 吹きわたる」のことですが、「風が 吹いて+行き+わたる」と言う事ではないかと考えます。ポエムでしょうから省略もあるでしょう。ちなみに俳句では省略法を用います。拙い俳句愛好家のたわごととご笑覧ください。

投稿: 波路 | 2007年8月10日 (金) 20時38分

はじめまして、こんな良い曲を初めて拝聴して、泣きました。
 まるで、亡くなられた方から、メッセージを受け取って(大阪の言葉で大変恐縮で御座いますが…。『どないしたんや!!元気出さんかい!!何時までも辛気臭い顔してメソメソしよって!!ワシの事は、しんぱいせんでええ!!じぶんらは、ワシの分まで生きるんや!!生きて、生きて、生き抜くんや!!』と言われている気がしました。)
 五月に私事で恐縮で御座いますが、義理の叔父が病没しています。何もしてあげられない無念さを痛感しています。

投稿: 粟飯原 広 | 2007年8月15日 (水) 11時31分

私は幼少(ロザリオ少年合唱隊)の頃から歌と歌詞の原詩を愛し、今はギリシア語(詩)の研究をしています。引用の原典の英詞(詩)の脚韻・来歴のすばらしさに感動しました。古代ギリシア人もμετεμψύχωσις(メテンプシコーシス)[魂の転移]としてエジプトの「死者の書」の伝統を受継ぎ、霊魂の不滅を信じていたようです。すばらしい英詞(詩)とMIDIの高質に感慨無量です。ありがとうございます。頓首。

投稿: 八木橋正雄 | 2007年8月18日 (土) 08時37分

この歌と、死んだ女の子、聞くたびに涙が出て心の中を寂しい風が吹き渡ります。
(吹き渡る、は普通に使いませんか?小説などでもよく見ます。辞典にもありますね。)
最近友人が千の風になってしまいました、悲しい、くやしい、でもお墓には行きますまい。

投稿: 亀田 楽 | 2007年8月21日 (火) 01時11分

久しぶりにこのコーナーに入らせてもらいましたが、素晴らしい音質になっているのにビックリしました。とくに高音部がすがすがしいですね。二木様のご尽力にただただ感謝です。

この「千の風になって」の由来も、感動的な経緯があったのですね。私が初めてこの歌を聴いた時は、むしろ、日本古来の仏教的な死生観を強く感じました。ある禅宗の和尚さんから、

  日はまなこ 虚空はからだ 風は息
  海山かけて 我が身なりけり

という道歌(?)を聞いたことがあります。また、二宮尊徳の道歌に、

  音もなく 香もなく つねにあめつちは
  書かざる経を 繰り返しつつ

もありますね。日本人も、随分古くから、死後は自分の霊魂が大自然・大宇宙と一体化するのだという感覚によって、大きな安らぎを与えられてきたのではないかと思います。

投稿: Snowman | 2007年10月27日 (土) 23時40分

クラッシックのヒット曲自体が新鮮です。千の風になって、ちょっと意地悪な言い方ですがジャニーズの歌手の人たちに歌えますかね。詩に関してはいろいろ意見あるようですが。プロレス的に言うとテノール歌手出てこいや、ですね。クラッシックも応援したいね

投稿: 福田浩司将棋大臣 | 2008年1月25日 (金) 09時13分

3年前に夫を千の風に送った75歳の女性です。歌の会に入ってこの歌も習い、ピアノで夜は気分を紛らわしております。
新井満さんのふるさと新潟に住んでおりますが、今新潟は政令市となって、地震などマイナスイメージを払拭しようと、『千の風まちおこし』でアイデアを集めております。この歌に纏わる多くの薀蓄を拝見し、またこの詩の原点を知りました。二木様のHPは数年前からの愛読、愛聴です。愛読者の皆様どうぞ多くの卓見で新潟を応援してくださいませ。(詳しくは新潟市のHPにあります。)

投稿: ライス | 2008年3月 8日 (土) 17時39分

私も二木先生のこのすばらしい「蛇足」で、この歌の真価を知ることが出来た一人です。
昔からどうも日本人には、「人間も自然界の一部であり、死ねばまた自然に還るもの」という死生観があるようですね。
  「かたみとて なにか残さん 春は花
     夏ほととぎす 秋はもみぢ葉 」
という良寛の有名な歌がありますが、
この「千の風」が、割合すんなりと日本人に受け容れられるのも、そういった日本の精神風土にマッチしているからでしょうか。

投稿: くまさん | 2008年3月 9日 (日) 22時54分

ライス様。。。
新井満さんのふるさとが新潟とは知りませんでした。
私事ですが夫が新発田の出身で新潟へも1度行きました。
また行きたいですねぇ。神戸と違って喫茶店が少なかったような気がしました。(神戸が多すぎと言う人も居ます)

投稿: sunday | 2008年4月12日 (土) 07時46分

私も死んだら暗い墓石の下にじっと眠っていたくはありません。できることならこの詩のように大空を吹き渡っていたいものです。
宗教の尊い教えではなく、名も知れない人が我々の死後に夢を与えてくれたということがすばらしい。
歌唱は、新井満さんの声もいいと思いました。

投稿: 周坊 | 2008年4月13日 (日) 18時00分

不意に起こった風や、さっと襲う雨の中に、ふと故人の息吹を感じることがあります。なつかしい人々が自然の中に微塵になっているのを感じ、そして自分も死後はそうなることを、望む私です。今お盆ですのでお墓の掃除は一応やりましたが・・・

投稿: Bianca | 2008年8月13日 (水) 18時20分

7月12日に京都コンサートホールでロイアル・コンセルトへボウ管弦楽団のブラス・クインテットの演奏会がありました。金管五重奏団の演奏です。
プログラム通りの演奏が終わって、鳴り止まない拍手に応えてアンコールの演奏で、トロンボーン奏者のライエンが演奏曲を紹介しました。
「japanese song 千の風になってを演奏しまーす。」と。

この演奏が金管5重奏で見事な演奏でしたが、それよりもjapanese songと紹介してくれたことが心に残りました。
作詞はこの二木さんがお書きいただいているように作者が不明ですが、作曲と日本語訳は新井満氏であり、外国人から観るとなるほどjapanese songなんだなあと。終わっての帰り道、この事が心に残り楽しい思い出となっています。

いつも、二木さんのこのブログを同世代の一人として楽しませていただいてます。今日はお盆の16日です。

投稿: y.furuichi | 2008年8月16日 (土) 22時00分

この曲を聞くと、福井市内の丘に下から見上げれば、崖のような高い木が数本立っている場所に江戸時代初期からのお墓が、あります。お墓の前でお祈りしていると、ご先祖様方が、私の周りにいらっしゃるような感じを受けた事を思い出します。亡くなった方は、いつも思い出してくれる人のまわりに千の風に歌われているように、身近にいらっしゃるのだと思っています。

投稿: 昔の少女 | 2008年9月29日 (月) 12時11分

み~つけた
迷子のサイト
それは
神秘的で美しい発見でした。

投稿: 池田 和英 | 2008年10月13日 (月) 14時29分

Mr. 尹作為Wan Jock Wai
Sorry, I deleted your comment because of the character errors. Thank you.

投稿: Adminisrator | 2009年5月 3日 (日) 22時42分

昨年5月に母が心臓マヒで急に他界しました。
当時、私は母の死を受け入れる事が出来ませんでした。
「千の風になって」も聴けなくなりました。
母の死から半年経ったある日、どこからか「千の風になって」が流れて来ました。
その時、母はもしかしたら千の風になったのも知れないと思うようになりました。
そして、私たち家族を見守ってくれていると思えるようになりました。

投稿: C,M | 2009年9月 1日 (火) 19時53分

2008年3月の投稿以来、久しぶりに二木様のページを開き蛇足の益々発展に感激、多くの薀蓄を先生から得ました。という私は夫を千の風に送った後、思いきって身辺整理をし、老人ホームに入居、(条件はインターネットができることが第一)新しい風とともに多くの仲間と人生の終章をすごしています。カラオケクラブで、いろいろ歌うとき、二木様の薀蓄がとてもためになります。そして、それぞれ違った70年、80年の過去の記憶を歌にこめてみんなでコーラスしたり、踊ったり・・・千の風はその意味で皆それぞれの連れ合いとの人生に思いをいたすのです。仁木様のすばらしい薀蓄がいつまでも続きますように。ありがとうございます。

投稿: ライス | 2010年6月23日 (水) 21時42分

一昨日は55歳以上のじいじ・ばあば合唱団が、出雲市役所のロビーコンサートに出演しました。聴衆は一般の人約50人、市役所職員が約40人でした。
プログラムは①春の日の花と輝く②ロンドンデリーの歌③
泣かせてください~歌劇「リナルド」より④上を向いて歩こう⑤マイ・ウエイ⑥山のいぶき⑦仲間の7曲でした。
泣かせてくださいのアリアの一部は、54歳の本職のオペラ歌手(現在体調をくずして休んでいる)が歌いました。流石に声質・声量とも格段の差を感じました。たまに皆の前で歌うのは、緊張感があっていいものです。

投稿: 三瓶 | 2010年6月24日 (木) 16時19分

日本語の詩がすばらしいのです。これから死んでいかなければならない、私たちの心の支えになります。何の論議も必要ありません。ただ、静かに思うだけです。

投稿: 羽田光利 | 2011年1月18日 (火) 00時10分

winkこの歌が大好きです。この歌の歌詞が大好きだからです。7歳

投稿: はーくん | 2012年5月26日 (土) 23時12分

 前月ですが6歳の我が子の臓器を提供されたとのニュースに、ご両親の気持ちを察するにあまりある悲痛なご決意だったと思います。
そして第三者としてそのお気持ちを表す言葉も見つからなかったので、せめて私の思いをと読売新聞大阪本社へ投稿しました。
   ありがとう パパママぼくは 千の風

6/19のよみうり時事川柳欄に「秀」のマーク付で掲載されました。
駄洒落やサラリーマン川柳が流行っていますが、皆さん!あまり他人をコキ下ろさないような時事川柳は如何でしょうか?

投稿: 尾谷光紀 | 2012年7月 1日 (日) 22時21分

 この詩の中に「私のお墓の前で泣かないでください そこに私はいません」とあります。ということは私は「たまに墓を留守にする」のでもなく「たまに墓に戻ってくる」のでもなく「始めから終わりまで墓にはいない」といっているのです。実に不思議な一節です。(それなら墓参りに行く必要もなくなります。)

 実際、この一節に 石屋や墓苑業者が商売の邪魔になると怒ったそうです。(この歌がヒットした当時のテレビ報道で聞いたことがあります。)墓石の下に先祖の霊がいないとなれば、墓自体の意味がなくなり、当然、彼ら業者の死活問題になる。こんな良い詩が物議をかもすとは、、。

 この一節には”お墓は無用”という ある種ラディカルな考え方があるように思います。(私は大いに共鳴します。)その後、墓石の売り上げが落ちたとか聞かないから、石屋さんたちの心配も杞憂に終わったようです。
 完全な意味での 千の風になろうとしたら”お墓は無用”まで進むでしょう。ですが”お墓は無用”を実現するためには 種々のしがらみを絶ちきらねばならず、普通の人にはできないでしょう。結局は「まあ墓の中でがまんしよう」におちつくでしょう。
 
 私がなぜこんなことをいうのかを説明しましょう。
 歌人、土岐善麿(1885~1980)の歌に

  我がために 一基の墓も 建つなかれ
  歌は集中にあり 人は 地上にあり

というのがあります。墓など要らない、まして私の墓に私の歌などを刻まないでくれ、歌は歌集の中にあるんだから と歌っています。すばらしい脱俗の心境で みならいたいほどです。

 しかし、、!。土岐善麿の墓はある。なぜか?子どもや親類が そんな無謀なことを許すはずがなかったからです。本当の千の風になるのはたいへん難しそうです。
 最近、墓について考える私です。

投稿:  秋山 小兵衛 | 2012年10月28日 (日) 18時29分

“お墓無用”論───秋山様の卓見に諸手を挙げて賛同しますが、「言うは易く、行いは難し」で、これを実施に移すのは容易ではないでしょうね。何故かと言えば、秋山様もコメントされているように、後に残された者(遺族やその関係者)が世の「しがらみ」にからめ捕られてしまうからです。近年は散骨などがある程度許されてはきましたが、これとても、かなり条件が厳しく制限されているようです。
“お墓無用“論の難しさは、遺体や遺骨をかってに処理できないという、法律上の問題もありますが、究極のところ日本人(に限りませんが)の死に対する考え方や死者を弔う生活様式(文化)にいきつくからだと思います。

 秋山様の土岐善麿氏の歌について。秋山様は土岐氏があたかも自分の墓は無用のように解釈されていますが、歌の趣意は「墓」ではなく「碑」は建てるな、の意味ではないでしょうか。とかく「功成り名遂げた」成功者が亡くなった後では、関係者がその人の業績を石碑などに残して顕彰しようとしがちです。それを戒めた歌だと、わたしは受け取っています。

投稿: ひろし | 2012年10月29日 (月) 13時22分

 ひろし様
 お墓無用論に賛同していただき、ありがとうございます。おっしゃる通り実行するのは、天涯孤独の身ならともかく、至難の業です。また墓をめぐる問題は 日本人の死生観に根ざした問題ですね。私の理想を話したわけでして、この件に関しては”口だけ男”です。(笑)

 土岐善麿の歌、なるほど、歌碑はいらないの意味でとられてもよろしいかと思います。

 ただ歌の最後に「人は地上にあり」ということばがあります。ひとは生きている限りは、地上で活動できる。死んだら土の中に入る。死んだ後も、生前の栄誉などをひきずるのは愚かなことだ。
 地上の生者と地下の死者を対比させる表現があり、墓を連想させます。また碑ではなく、墓という文字を歌人である土岐善麿が 明確に使っていますので、私は墓だと思います。 

 作家の出久根達郎のエッセイに「人は地上にあり」というのがあり、土岐善麿の歌もその中に紹介されていたように思います。ずいぶん昔に読んだ 私のネタもとです。


投稿: 秋山 小兵衛 | 2012年10月29日 (月) 15時27分

「哀しみのソレアード」に曲がどうしてもかぶってしまいます。
「千の風になって」がヒットすればする程、賞賛されればされる程、引いてしまいます。

音楽を聞いてしらける・・・こんな悲しみ、はじめてです。
(私のここ数年来の割り切れない悩みです)

投稿: はるみ | 2014年4月 2日 (水) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山のロザリア | トップページ | 若者たち »