« ふたりの大阪 | トップページ | 山のロザリア »

ルビーの指環

(C) Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:松本 隆、作曲・唄:寺尾 聰

くもりガラスの向こうは風の街
問わず語りの心が切ないね
枯れ葉一つの重さもない命
あなたを失ってから
背中を丸めながら
指のリング抜き取ったね
俺に返すつもりならば捨ててくれ

そうね誕生石ならルビーなの
そんな言葉が頭にうずまくよ
あれは八月まばゆい陽の中で
誓った愛の幻
孤独が好きな俺さ
気にしないで行っていいよ
気が変わらぬうちに早く消えてくれ

くもりガラスの向こうは風の街
さめた紅茶が残ったテーブルで
襟を合わせて日暮れの人波に
紛れるあなたを見てた

 そして二年の月日が流れ去り
 街でベージュのコートを見かけると
 指にルビーのリングを探すのさ
 あなたを失ってから(繰り返す)

 ルルルトゥルトゥル・・・・・・

《蛇足》 寺尾聡(あきら)は昭和22年(1947)神奈川県横浜市生まれ。父親は劇団民芸の創設者の一人で、名優と称えられた宇野重吉。

 聡も俳優の道を志し、昭和43年(1968)に熊井啓監督の『黒部の太陽』でデビュー、昭和51年(1976)には、山田洋次監督『同胞』の主役に抜擢されました。
 以後、黒澤明監督作品の『乱』(昭和60年)、『夢』(平成2年)、『まあだだよ』などに出演。

 ミュージシャンとしては、昭和39年(1964)にグループ・サウンズ「ザ・サベージ」を結成、ベースを担当し、昭和41年(1966)に『いつまでもいつまでも』『この手のひらに愛を』をヒットさせました。

 『ルビーの指環』は昭和56年(1981)の大ヒット曲。
 この年は、チャールズとダイアナが結婚し、ピンクレディが解散し、向田邦子の乗った飛行機が落ち、福井謙一がノーベル賞を受賞し、『北の国から』というTV史上に残る名作ドラマが放映された年でした。

 松本隆の詞は、視覚的ですばらしい。3番の「さめた紅茶が残った……あなたを見ていた」というところなど、そのシーンが目の前に浮かび上がってくるようです。

 春か初夏に始まったらしいこの恋が終わったのは、晩秋か初冬でしょう。3番の「ベージュのコート」がそれを暗示しています。
 偏見だとは思いますが、春から夏にかけて始まった恋は短く、秋から冬にかけて始まった恋は長く続くような気がします。

 愛別した者は、しばしば人混みのなかに失った人の面影を見つけるようです。因幡晃の『わかって下さい』にも、「街であなたに似た人を見かけると、ふりむいてしまう」というフレーズがあります。切ないですね。
 恋人ではありませんが、私の亡母も先立った夫
(つまり私の父)のことを次のように詠みました。

思はずも駅のホームに亡夫(つま)に似し
人の背見つめて立ちてゐたりき

(二木紘三)

|

« ふたりの大阪 | トップページ | 山のロザリア »

コメント

演歌が聴きたい

投稿: 畠山 | 2006年7月 8日 (土) 20時01分

雰囲気のある歌ですね。
大人の雰囲気があって良いです。
アイドル世代より。。。。熟年世代の方が
長いのですから。。。。
もっと成熟した国になって欲しいと
この曲を聞きながら思いました。

投稿: sunday | 2008年5月 1日 (木) 06時16分

寺尾聡のルビ-の指輪をラジカセで流しながら、芦屋海岸(福岡県遠賀郡)で写真屋のクラブ主催でモデル撮影会がありました。私はそのクラブに所属していなくて、オブザ-バ-として参加していました。写真作品選考会で、なんと私の作品が推薦に選ばれたのです。その日を境に暫くは写真にのめりこんだ日々が続きました。ルビ-の指輪と共に・・・・
今でもこの曲を聴くと当時の事が懐かしく思い出されます。

投稿: Hikoさん | 2008年7月28日 (月) 21時55分

「く~も~り,ガラスの向こうは風の街」・・・と 捨てるような歌い方のあのサングラスにギター ニヒルな寺尾聡の【ルビーの指輪】大好きでした。 
日本レコード大賞で受賞して さらに、テレビ『ザ・ベストテン』では、12週連続1位(なんと3ケ月です) 当時高校生だった娘と毎週毎週の1位を喜んで見ていました。歌活動が あまりに忙しかったのか 当時の石原軍団の「太陽にほえろ」にも しばらく登場しなかった記憶があります。その後俳優としても数々の受賞をしていて なかなかの演技派男優で今も大のファンです。 

投稿: 新しい事好きな初老女性 | 2008年8月25日 (月) 21時12分

ルビーの首飾りをの歌を聴いたのは札幌のカラオケスナックふたご座で私の後輩の助手が歌っていて虜になった歌です。マックのituneでダウンロードして何度も聞いてスナックで歌ってすごいと言われたいです。
以前、浜辺の歌のことで質問して答えて頂いたことを覚えています。
ありがとうございました。

投稿: 一條眞古人 | 2008年12月17日 (水) 00時32分

私は何よりも二木紘三さんのお母様の短歌に泣いてしまいました。私のところは逆に思いがけず母が先に逝ってしまいました。後に残った父は母をしのぶ短歌や詩をたくさん書きました。自分の両親がそのように相方を偲ぶうたを書いたのを発見すると、子供はうれしいですね。

投稿: 吟二 | 2008年12月17日 (水) 21時03分

寺尾聡は、父親の宇野重吉から裕次郎が身柄を預けられ映画「黒部の太陽」に出演、その後石原プロに所属していました。
当時石原プロ制作・TV朝日放映のドラマ「西部警察」に出演していましたが、この曲がヒットし始め、石原プロを「破門」という形で歌手活動に専念するため、「西部警察」を降板、その後最終回まで出演していません。
石原軍団で「太陽にほえろ」に出演していたのは、神田正輝です。念為。

投稿: ユウタロウ | 2009年5月 4日 (月) 17時42分

67歳で、演歌系でずっと来た私は、ポップス系のこのような曲は苦手でした。でも、近年、徐々に好きになってきています。年取っても苦手な分野を克服したいです。

この曲は私にとって、歌いこなすには時間がかかりました。でも、あまり簡単な曲よりも、難しいところがある歌のほうが最近よくなりました。作曲家もどこか難しいところを入れたがりますよね。

寺尾聡の声は低いですね。私も低いほうだけれど、原曲で歌うと地味なので、カラオケでは+1で歌います。最近、ちょっとハマッている歌です。やはり、昔、大ヒットしただけのことはありますね。

投稿: 藤村 大蔵 | 2009年7月16日 (木) 23時52分

「くもりガラスの向こうは風の街
さめた紅茶が残ったテーブルで
襟を合わせて日暮れの人波に
紛れるあなたを見てた」

ここは、喫茶店でしょうか? ああ、いろいろなことを思い出します。カラオケでよく歌い、当時の気分に浸りました。heart03

投稿: taka-shiz | 2014年9月 3日 (水) 23時44分

彼は今もヒットした当時と変わらぬ『格好よさ』を保っています。youtubeでしょっちゅう見ています。
その後映画やドラマで名をなし、黒澤映画の晩年作品に、花を添えました。
日本の男優には珍しく、見苦しく太らずスリムで品格を感じます、決して端正な顔立ちでもないのに「なぜ?」あんなに魅力があるのでしょうね。
そういう点が外国俳優と、共通点がありますね。これからも「クリント・イーストウッド」や「ショーン・コネリー」のように年を重ねていってほしいと、フアンの一人として願っています。

投稿: mitsuko | 2015年3月 1日 (日) 15時31分

寺尾聡の格好よさは遺伝にもよるでしょう。お父さんの宇野重吉も身体の均整がとれていて、声も素晴らしいものでした。高校生のころラジオで朗読を聞いた友人が上京して彼のそばに行きたいと口走るほどでした。ただお父さんにはあった素朴な土臭さが、息子になると殆ど痕跡をとどめず、「ルビーの指輪」はすっかり”シティーボーイ”の歌ですね。それはそれでいいのですが、どうしても寺尾聡の向こう側にはあのジャガイモのような父の顔が浮かびます。

投稿: Bianca | 2015年3月 1日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふたりの大阪 | トップページ | 山のロザリア »