« 荒城の月 | トップページ | 学生街の喫茶店 »

逢いたいなァあの人に

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:石本美由起、作曲:上原げんと、唄:島倉千代子

1 島の日暮れの 段々畑
  紺のもんぺに 涙がホロリ
  ホロホロリ
  逢いたいなァ あの人に
  子供の昔に 二人して
  一番星を エー探したね

2 風が泣いてる 夕風夜風 
  姉(あね)さんかむりに 花ぴらホロリ
  ホロホロリ
  逢いたいなァ あの人に
  つばめは今年も 来たけれど
  私はひとり エー待ちぼうけ

3 たばこ畑の 石ころ小道 
  はいた草履(ぞうり)に 夜露がホロり
  ホロホロリ
  逢いたいなァ あの人に
  今夜もこっそり 裏山に
  出てみりゃ淋し エーおぼろ月

《蛇足》 昭和32年(1957)1月、日本コロムビアから発売されました。

 紺のもんぺ、一番星、姉さんかむり、石ころ小道、草履など、懐かしいアイテムがいくつも出てきます。
 一番星がout of dateになったわけではありませんが、一番星を探すという子どもの遊びは、すっかり廃れてしまったようです。最近はあぶなくて、一番星が見えるまで、外で遊んでいられないものね。

 姉さんかむりは「姉さんかぶり」のなまり。女性の手ぬぐいのかぶり方の1つで、手ぬぐいの中央部を額に当ててから両端を後頭部へ回し、その一端を上に折り返すか、その角を額のところへ挟むかします。
 テレビアニメ『サザエさん』で舟が掃除のときなどにやっていますが、現実にはほとんど目にしなくなりました。

 前年に発表された昭和31年度の経済白書は「もはや戦後ではない」と、敗戦からの復興を高らかに宣言しましたが、実際には、無謀な戦争によって明治初期の経済レベルにまで引き戻された名残が、国内のここ彼処に見られました。
 どんな状況、どんな時代でも、人は恋をするものです。言うまでもないことですが。

 このなんとも古くさい歌詞とメロディが、柱や天井がすすけたかやぶき屋根の家に戻ったような安らぎを感じさせてくれます。

 2番の「つばめは今年も来たけれど」のところで、ふと、ドイツの作家テオドール・シュトルム(1817~88)の短編小説『In St. Jürgen(聖ユルゲンにて)』を思い出しました。
 初つばめが来た日に旅立った幼なじみを40年待ち続け、つばめが南に帰る日、その人が若い日の約束を果たすために戻ってくると知らないまま亡くなった女人の話です。
 シュトルムの小説のなかでは、『Immensee』『Späte Rosen』と並んで私の好きな小説です。
 北ドイツを舞台とした物語で、日本調のこの歌とは雰囲気はだいぶ違いますが、人を慕う気持ちは、どの国、どの時代でも同じです。

(二木紘三)

|

« 荒城の月 | トップページ | 学生街の喫茶店 »

コメント

誠に恐縮ですが、勝ってに上申致します。
ずっと以前より拝聴させてもらっている、今年63歳の横浜在住の男です。
貴方のような有名大学を出た訳でもなく、勿論自分が愚か者であったが為ですが、他人に差別され続けたつらい惨めなサラリーマン人生がやっと終わったところです。
どのコメントも拝読させて頂くにつけ涙が出ます。 一人泣けます。
なつかしい人吉の町が涙で思い出されます。
お写真見ながら書いております。 ちょっと先輩でいらっしゃいますね、
ますますお元気で。
ずっと拝聴させて頂き、コメントも拝読続けさせてもらいますので。

投稿: 横浜 石井 | 2007年9月17日 (月) 08時22分

石井さん私も長いこと先生の写真見てる時あるよ、なんでか優しい気持ちになるんだな。

投稿: 1フアン | 2007年9月29日 (土) 08時08分

「たばこ畑」とは懐かしいですね。養蚕が盛んになり、桑に良くないと言われ反比例的に減っていきました。
この詞は私が小学生の頃の自然を良く表しているように思えます。

投稿: 海道 | 2011年9月 6日 (火) 16時27分

昔職場で机を並べていた彼女も他人の妻で2児の母。このサイトに向かうと思い出してしまいます。「逢いたいなアあの人に」もう一度この歳に戻れたら今度こそ一緒になりたい女だと今でもそう思う。

投稿: 海道 | 2012年9月29日 (土) 17時20分

島倉千代子さんは紅白初出場(昭和32年)でこの歌を歌われたのですね。私が小学校3年生の時です。以来紅白では3回もこの歌を歌われたのですね。

私の小学校では、歌謡曲禁止令がだされました。なぜいけないのか、学校で歌うのはだめで、家ではよいのか、など議論した記憶があります。私は学校の規則に素直に従った生徒でした。そして、文部省唱歌のほうが倫理的、道徳的に正しいものだと感じていました。おそらく当時の大人は子供が愛だの恋だのを口にするのは教育に良くないと考えたのでしょう。

この歌は私の子供時代の情景を思いださせます。村は、石ころ小道だらけでした。小学校一年生のときは、足袋を履き、下駄を履いて学校に通いました。草履をはいたこともあります。家の軒にはツバメが巣を作っていました。母や祖母について畑仕事を手伝っていましたので、紺のもんぺとはどのようなものかも知っています。荒い土壁むきだしの薄暗い土間にはかまどがありました。かまどのそばには、湿っぽくてナメクジが這っている流し場がありました。流し場の横にはギシギシと音を立てて開け閉めする裏口への木戸がありました。裏口へでると蜘蛛が巣を張った屋根裏丸出しの粗末なお風呂がありました。

ただ、残念なことに、裏口をでてこっそりと向かうことができるのはこの歌に描かれている様な裏山ではないのです。私の実家は裏口から小さな通りを隔てて砂浜のある海岸につながっていました。しかしこの程度の差はこの歌の舞台と似せることにたいした不満ではありません。

私の舞台の決定的な欠陥は、私には、もんぺを履いた妹も、もんぺを履いた姉もいなかったことです。

もし私にいもうとがいたら、きっと彼女の肩をだいて、一緒に一番星を探して遊んだでしょう。もし私に姉がいたら、姉さんかむりをした姉にはらはらと落ちる花びらをみて、「ねえちゃん、きれいだね~」と言ったと思います。

島倉千代子さんの澄んだ歌声のこの曲はそんなファンタジーを私に夢見させてくれます。島倉千代子さんが亡くなって以来、私は何度も何度もこの曲を聴きました。何と抒情にあふれた曲なのでしょう。

投稿: yoko | 2014年6月17日 (火) 12時56分

しばしばこのブログを開いて主に童謡、唱歌を聞いていますが、島倉千代子の澄んだ声とメロディに惹かれて聞きました。私は横浜育ちでこの歌詞とは無縁ですが、高校時代に聞いて以来当時の田舎の様子を勝手に想像して、いい歌だなと思っています。
偶然最後の投稿のyokoさんがたった今投稿されたのを見て思わず初めて書き込みました。島倉さんの歌には素晴らしいものがたくさんあると思います。

投稿: 栗さん | 2014年6月17日 (火) 13時48分

やっと本当の早稲田の政経男児と巡り会いました。
たぶん小生と同年か1年先輩ですね。
貴方のような気骨ある人物が今の日本には是非必要です!
小生「満洲検証を通じて明治維新に遡る歴史認識」を啓蒙しております。
時間の神が赦せば一度お目に掛かりたいものです。

燕雀坊

投稿: 村上圭三「燕雀坊」 | 2016年1月27日 (水) 17時30分

 
「あいたいなあ あの人に」高校時代、夕焼け空を眺めながら下校した日々がありました。
ふるさとは種子島、いつも友人たちとの帰り道、歌を歌って帰っていました。「紺のもんぺ」を着ていた野良仕事帰りのお姉さんたちとも出会ってさよならの挨拶もしていました。
日焼け顔に白い歯で笑っていたお姉さんたち、今はどうしているのでしょうか。
この歌を聞くと島倉さんの哀愁を掻き立てる歌声が響いて頭の中が全部故郷になります。

投稿: naka | 2016年4月10日 (日) 23時05分

数多い石本美由起作品の中でも、とりわけ好きな歌です。
上原げんとの曲も穏やかでいいですね。石本美由起は広島県出身ですから、瀬戸の小島が歌の舞台でしょうか。
 幼馴染みだった、一寸年齢差がある男性への慕情でしょうか。都会へ離れて行った男性。故郷で彼のことを偲ぶ娘。現在のIT通信の世の中ではとうてい想像出来ない情景になるのでしょうね。   もんぺを着たお姉さんたちが学校帰りの私たちに
「わんたちゃ、いまもんりかぁ。」「ノッチョー」と挨拶を交わして別れ行く。上記のnakaさんの思い出はこういった感じかしらん。  故郷をおもいだしますねぇ…。

投稿: かせい | 2016年4月11日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒城の月 | トップページ | 学生街の喫茶店 »