« 椰子の実 | トップページ | 花言葉の唄 »

可愛い花

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:Sidney Bechet、日本語詞:音羽たかし、唄:ザ・ピーナッツ

プティット・フルール 可愛い花
その花のように いつも愛らしい
プティット・フルール おまえのその
花びらのような 赤い唇
黒い瞳が 男ごころを
なぜかまよわせる
プティット・フルール 天使のように
可愛いこの世の花よ
小鳩のような その胸に
いつか恋も芽生えて
プティット・フルール その名のように
可愛いこの世の花よ

小鳩のような その胸に
いつか恋も芽生えて
プティット・フルール その名のように
可愛いこの世の花よ
プティット・フルール
プティット・フルール
プティット・フルール

  Petite Fleur

J'ai caché
Mieux que partout ailleurs
Au grand jardin de mon coeur
Une petite fleur
Cette fleur
Plus jolie qu'un bouquet
Elle garde en secret
Tous mes rêves d'enfant
L'amour de mes parents
Et tous ces clairs matins
Fait d'heureux souvenirs lointains

Quand la vie
Par moments me trahi
Tu restes mon bonheur
Petite fleur

Sur mes vingt ans
Je m'arrête un moment
Pour respirer
Le parfum que j'ai tant aimé

Dans mon coeur
Tu fleuriras toujours
Au grand jardin d'amour
Petite fleur

Quand la vie
Par moments me trahi
Tu restes mon bonheur
Petite fleur

Sur mes vingt ans
Je m'arrête un moment
Pour respirer
Le parfum que j'ai tant aimé

Dans mon coeur
Tu fleuriras toujours
Au grand jardin d'amour
Petite fleur


《蛇足》 シドニー・ベシェは1897年5月14日、アメリカ・ニューオルリーンズ生まれ。
 若いときから楽器演奏に高い才能を発揮し、どんな楽器でもたちまちマスターしたと伝えられています。
 コルネット奏者として出発したのち、クラリネットをメインの楽器とし、中年になってからは、おもにソプラノサックスで演奏しました。ジャズ史上最高のソプラノサクソニストとして記憶されています。
 また、作曲にも才能を発揮し、数多くのジャズやポップスの名曲を遺しています。

 一か所にじっとしていられないたちだったようで、20歳でニューオルリーンズを出たあと、シカゴ、ニューヨークやヨーロッパ各地を転々とし、1950年からはフランスを中心に活動するようになりました。

 1951年にフランスのアンティーブで若いエリザベス・ズィーグラーと結婚、その翌年、若妻の誕生日を記念して作ったのがこの曲です。1958年にレコード化されると、まずヨーロッパで大評判になり、続いてアメリカでも大ヒットしました。

 ベシェは1959年、奇しくも誕生日と同じ日にパリで亡くなりました。享年63歳。

 日本では、昭和34年
(1959)伊藤エミ・ユミの双子姉妹が日活映画『可愛い花』の挿入歌として歌いました。
 映画は、エミとユミが紆余曲折の末、「ザ・ピーナッツ」という芸名で歌手としてデビューするまでの物語。この映画が2人のデビュー作で、劇中での芸名がそのままステージネームとなりました。

(二木紘三)

|

« 椰子の実 | トップページ | 花言葉の唄 »

コメント

二木さま

メールは2どめです。
ネット上ではいろんな音楽サイトがありますが 好み、生まれ育った時代背景、その他からこのサイトが一番です。
毎日一人で絵を描いていますが BGMにピッタリです。

メロディにあわせ幼きころや 東京での辛い時期や楽しかったことが走馬灯のように思いだされます。

ただ聞き流すだけでなく二木さんの コメントを読んで 曲のもつ背景をそうぞうしながら聞くので余計心に響きます。

余談ですが 昨年7月3回目ですが信州を旅しました。
北国街道や中仙道の宿場町 別所温泉 白馬
や安曇野風景 ほんとに何度行ってもよさを
痛感します。

今年もよろしくお願いします。
お礼まで

斉藤

投稿: 斉藤義雄 | 2007年1月12日 (金) 15時42分

おはようございます。
ザ・ピ-ナツメドレ-はお洒落で雰囲気があって。。。良いですねぇ。
蛇足で作曲家の方の事が書いてあり。。。。楽しく読ませて頂きました。
やむにやまれぬ性格のために。。。。!人生が花開いたり流転を繰り返す事も人間は厭わないものなんですねぇ?

投稿: sunday | 2008年5月 5日 (月) 07時02分

 高校3年生の時の事です。
 満員の列車に揺られて、北九州から東京、そして横浜へ、ある会社の就職試験に出てきて、やっと泊まる宿を探し、落ち着いたところで、ブラ~と散歩に出かけました。駅前の楽器店へ赴き、当時大流行していたザ・ピ-ナッツの「可愛い花」のレコ-ド(ド-ナッツ盤)をかけてもらいました。裏面は「南京豆売り」・・・・
 当時は新品のレコ-ドでも惜しげもなくかけてくれましたので、何度となくリクエストをして、結局買って帰ることにしました。
 それを切欠に、ピ-ナッツのレコ-ドの新曲の発売を待ちわびて買うようになり、かなり買い込みました。
 現在ではCDで時折聴いております。懐かしい青春の1ペ-ジを飾った曲です。

投稿: Hikoさん | 2008年7月30日 (水) 17時58分

 イージー・リスニングのクラリネット奏者として、アッカー・ビルクと人気を二分しているピート・ファウンテンのCD『CRARINET MOOD』がネットで届きました。
その1番は「Petite Fleur(小さな花)」で、昔S.ベシェやピーナッツ・ハッコーのクラに酔い、そして“ザ・ヒットパレード”等の音楽番組では、ザ・ピーナッツの明るく華やかなオープニングでのこの歌が目と耳に焼きついております。
 ザ・ピーナッツの『BEST・ALBUM』には、1:「The Peanuts Vendor(南京豆売り)」、2:「Petite Fleur」で、21の山上路夫作詞・沢田研二作曲「東京の女(ひと)」は全く聴いたことがなく、しかし22の「大阪の女(ひと)」は4番は忘れましたが1・2・3番を覚えているのは大阪に住んでいるからでしょうか?
それにしてもお二人はそこそこのお歳で貫禄のある“東京のおばちゃん”になられているのでしょうね・・・。

投稿: 尾谷光紀 | 2011年7月31日 (日) 22時33分

「東京の女」 は記憶にないのでYouTubeで聴いて来ました。
「大阪の女」は歌詞付きでありましたよ。

三浦洸一さんの歌にも「東京の人」「大阪の人」がありますね。
2曲ともYouTubeで聴けます。

投稿: なち | 2011年8月 1日 (月) 04時48分

 今日三回「可愛い花」を聴き、あらためて仁木先生の蛇足にある若妻の誕生日の記念に作ったS.ベシェの思いと、自分のその昔のその時の段差に愕然と、しかし気を取り直して彼より長く生きていて“勝た!”と・・・。
 今年も7/2に老人ホーム3ヵ所での『七夕コンサート』へ18名で歌いに行きましたが、ザ・ピーナッのオリジナルの事前のリクエスト曲は、岩谷時子作詞・宮川泰作曲の「恋のバカンス」だけでした。クリスマスでは「心の窓にともし灯を(横井弘・中田喜直)」のリクエストが何時もあります。

 なちさん!三浦洸一さんの「東京の人」はカラオケで時々歌いますが、「大阪の人」は殆ど知りません。
逆にT・Pの「東京の女」は全く知らないのは・・・歌好きの自分のささやかなミステリー・・・。
 
  <歌>は楽しく嬉しいもんですね!

 

投稿: 尾谷光紀 | 2011年8月 1日 (月) 23時27分

「可愛い花」がヒットしたころ、この歌はベートーヴェンの「エリーゼのために」を下敷きに作曲されたという話をきいて、ずっと信じていました。でも≪蛇足≫には触れられていませんので、単なるお話だったんですね。

投稿: 林 一成 | 2011年8月 2日 (火) 09時43分

林さまへ

〔可愛い花〕と〔情熱の花〕はどちらも近い年代にザ・ピーナッツが歌ってヒットしました。
題名に〔花〕がついているので紛らわしいのですが〔エリーゼのために〕が下敷きになったのは〔情熱の花〕のほうですね^^

当時私も花?の19歳。ダンスレッスン場で足慣らしに最初にかかる曲はきまって〔可愛い花〕でした。とても懐かしい思い出の曲です。

投稿: おキヨ | 2011年8月 2日 (火) 12時01分

おキヨさま
そうでしたねぇ。 おキヨさま のご指摘で思い出しました。たしか「ラーラ ララララ ラー」ではじまる歌でしたねぇ。ほんとに懐かしい・・・。でもこれでスッキリしました。ありがとうございました。

投稿: 林 一成 | 2011年8月 2日 (火) 17時25分

11/5:恒例のよみうり文化ホールに於いて大阪エイジクラブ主催の『北村英治Jazz Concert』へ行きました。
二人の英治のひとりの谷口英治氏が初めて「可愛い花」をあちこちにフェークも入れてのソロで、S.ベシェやP.ハッコーやP.ファウンティンとはやや異なりJazzスタイルをもチラつかせて酔わせてくれました。
北村氏の穏やかな薀蓄に加え二木先生の蛇足を思い出して、このジャンルのこの曲の品格と言えば少しオーバーかもしれませんが発見し、自分にとってはクラリネットの名曲であると思い至りました。

この曲の他のプレヤーのCDが有れば教えて下さい。

投稿: 尾谷光紀 | 2011年11月 9日 (水) 22時24分

 せつないメロディーですね。
 ダンスパーティーで、この曲がかかっていた記憶があります。キューバン=ルンバで華麗に踊るカップルもいましたが、私は初心者向けのボックス=ルンバ。この歌のように、花のように可愛い女子大生とダンスパーティーで知り合ったこともありましたが、すぐに振られました。

投稿: Yoshi | 2015年5月 6日 (水) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椰子の実 | トップページ | 花言葉の唄 »