« シバの女王 | トップページ | 「いちご白書」をもう一度 »

夢淡き東京

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:サトウハチロー、作曲:古関裕而、唄:藤山一郎

1 柳青める日 つばめが銀座に飛ぶ日
  誰を待つ心 可愛いガラス窓
  かすむは春の青空か あの屋根は
  かがやく聖路加(せいろか)
  はるかに朝の虹も出た
  誰を待つ心 淡き夢の町 東京

2 橋にもたれつつ 二人は何を語る
  川の流れにも 嘆きをすてたまえ
  なつかし岸に聞こえ来る あの音は
  むかしの三味(しゃみ)の音か
  遠くに踊る影ひとつ
  川の流れさえ 淡き夢の町 東京

3 君は浅草か あの娘(こ)は神田の育ち
  風に通わすか 願うは同じ夢
  ほのかに胸に浮かぶのは あの姿
  夕日に染めた顔
  茜の雲を見つめてた
  風に通わすか 淡き夢の街 東京

4 悩み忘れんと 貧しき人は唄い
  せまい露路裏に 夜風はすすり泣く
  小雨が道にそぼ降れば あの灯り
  うるみてなやましく
  あわれはいつか雨にとけ
  せまい露路裏も 淡き夢の町 東京

《蛇足》 昭和22年(1947)リリース。長谷川幸延作の連続ラジオドラマを映画化した『音楽五人男』(東宝)の主題歌。B面に収録された『白鳥の歌』とともに大ヒットしました。

 歌詞に出てくる地名を見ると、このころまで、東京の重心は今よりずっと東にあったことがわかります。
 高度経済成長期以降、新宿の新都心化、渋谷・池袋の副都心化が進み、重心は西に移動しました。
 しかし近年、ウォーターフロントの再開発が進むにつれて、重心はまた東に戻る傾向が出ています。

 銀座といえば、長い間、柳の並木がシンボルでした。「銀座の柳」は、さまざまな歌や小説、エッセイなどに描かれています。しかし、それを知る人も、次第に少なくなってきました。

 銀座に並木が植えられ始めたのは、明治10年(1877)ごろのことです。当初は、柳のほかに松や桜なども植えられていましたが、生命力が強いということで、柳に統一されるようになりました。

 柳は大事に管理され、銀座の四季を彩る風物詩となりましたが、大正10年(1921)、京橋・新橋間の車道拡幅のために撤去されてしまいました。写真は撤去される前の柳並木。
 大正12年
(1923)9月1日には、関東大震災により、銀座そのものが焼失してしまいます。

 昭和に入って震災からの復興が進むと、「銀座の柳」復活の気運が高まってきます。「昔恋しい銀座の柳……」と歌った『東京行進曲 』(西條八十作詞、中山晋平作曲)の大流行も、その復活を助けました。

 そのようにして復活した柳並木も、昭和20年(1945)3月と5月の東京大空襲で街ぐるみ焼失。その後、柳並木は再生しましたが、昭和43年(1968)、またも道路整備のために撤去されてしまいました。

 地元住民など銀座を愛する人たちは、「銀座の柳」の復活を希望しましたが、道路事情から実現は困難でした。

 並木としては復活しなかったものの、昭和62年(1987)に中央区の木として柳が制定されたのを機に、日野市の建設省(現国土交通省)街路樹苗園に移植保存されていた「銀座の柳」が、同区内の何カ所かに数本ずつ分植されるようになりました。

 1番の聖路加は中央区明石町にある聖路加国際病院のこと。
 キリスト教の聖人・聖ルカにちなんだ名前なので、セイルカと呼ぶのが正しいようですが、一般にはセイロカ病院と呼び慣らわされています。藤山一郎もそう歌っていました。

(二木紘三)

|

« シバの女王 | トップページ | 「いちご白書」をもう一度 »

コメント

私はこの歌の出だしの一行が大好きです。柳が芽吹き、緑が少しずつ濃くなってくるころ、つばめが田圃や川の水面に影を落として飛び交います。地上の生物が生き生きと活動を始めます。ハチローの詩の素晴らしさがこの一行に凝縮されているように思われます。今ではこんな情景を歌える詞がなくなってしまいましたね。たった一行に春から初夏へと移っていくすべての景色が思い伺えます。詞というべきか、詩と言うべきかわかりませんが、私は詩と思いたいのです。

投稿: ハコベの花 | 2009年7月14日 (火) 20時41分

ハコベの花様
 ハコベの花様は、私より少しだけご年配の方と推察申し上げますが、上記コメント何ともみずみずしい感性の名文で。それに触発されてコメントさせていただきます。
 おっしゃるとおり、出だしの一行本当に素晴らしい詩ですね。私も春浅い頃の萌黄色の柳若葉、初夏の頃の青々としだれた風情に、何とも言えぬ詩情を感じる一人です。それで今春私のブログで、柳を題材とした一つの漢詩と一つの短歌を取り上げました。
  渭城(いじょう)の朝雨 軽塵をうるおす
  客舎青青 柳色(りゅうしょく)新たなリ
で始まる王維の名詩と、
  やはらかに柳あをめる
  北上の岸辺目に見ゆ
  泣けとごとくに
の石川啄木の有名な短歌です。(おかげ様で両詩とも好評です。)
 「青める柳」に加えて「つばめ」が飛び交うのであれば、なおのこと。その季節の昔日の銀座の街並みが目に浮かぶようです。重苦しい戦争から開放された、清新なのびやかさや喜びが溢れるような名曲だと思います。
 末尾ながら。ハコベの花様の『シューベルトのセレナーデ』コメントの、お若い頃のエピソードも、ほのぼのした想いで読ませていただきました。今後とも、時折りのコメント楽しみにしております。  

投稿: Lemuria | 2009年7月20日 (月) 00時17分

remuria様 「送元二使安西」の詩には思い出があります。漢文の教師が「今からこの詩を吟じるが、顔がおかしくなるので、目を瞑って聞いてくれ」と言って女高生50人を前に「なからん、なからん 故人なからん」まで吟じられました。私はすっかりこの詩を覚えてしまいました。
この教師は若いころ中国で大変な戦闘を経験されたようで、もう二度と青春に戻りたくないと言われました。柳をみるとこの漢文の教師を思い出します。
 眉を寄せ歩兵の苦しみ語らいて師は再びの青春拒みぬ
柳の下のお化けの方が平和で良いですね。

投稿: ハコベの花 | 2009年7月24日 (金) 20時02分

  君に勧む更に尽くせ一杯の酒
  西のかた陽関(ようかん)を出ずれば故人なからん
 ハコベの花様 「送元二使安西」は、中国版「蛍の光」-別れの歌として、今でも中国で広く歌われているそうですね。ご存知のとおり、原詩で故人は「知人」を意味します。しかし漢文の先生はそんなこと百も承知で、日中戦争で亡くなった戦友たちを偲んで、「故人」は我が国の故人の意味のまま「鎮魂歌」として吟じられたのでしょうか。それとも、かの地で亡くなった戦友たちにとって、生きている者は皆内地に引き上げてしまい、文字どおりかの地には、弔いをしてくれる知り合いは誰もいない、という意味合いを込めて吟じられたのでしょうか。
 いずれに致しましても、ハコベの花様はじめそれを聴かれた50人の乙女の、心の奥深く響いたことと存じます。
 大変良いお話を読ませていただきました。御歌も繰り返し…。「もう二度と青春に戻りたくない」と言わしめる、残酷で不毛なだけの戦争。今年も間もなく「戦争と平和を考える季節」がやってきますが、深く考えさせられました。大変ありがとうございました。

投稿: Lemuria | 2009年7月25日 (土) 02時07分

新潟の片田舎で鬱々とした青春時代を送っていたわたしにとって、‘花の都’東京は憧れの地であり、青春のカタルシスとしてパラダイスのように感じられたものです。この感情をさらに高ぶらせたのが、この『夢淡き東京』であり、『東京ラプソディ』でした。昭和28年、初めて上京した高校生‘お上りさん’の見た東京銀座は、戦災から見事に復興した銀座の景観でした。路面電車が行き交い、洗練された高層(?)ビル街、銀ブラ族の多さににも圧倒された記憶があります。よく見れば、復興したとはいえ、裏銀座あたりには戦災痕もまだ残っていたのでしょうが、夢心地の‘お上りさん’には、そんな心の余裕はありませんでした。まして、この歌詞に出てくる、銀座のシンボルである街路樹の‘柳’などには見向きもしなかったのでしょう。
 
 Lemuria様やハコベの花様がふれられた王維の詩は、わたしも好きな漢詩の一つで、これを詩吟として詠じるときは、俗に「陽関三畳」と言って「故人なからん」を3回繰り返します。わたしも下手な詩吟をやっていますが、送別の宴のときなどにこれを吟じますと、今では珍しがられます。詩吟は若い方々にもっとひろがってほしいものです。女性の詠ずる詩吟もいいものですね。詩吟は健康にもいいです。詩吟の復活、隆盛を願うものです。駄文ご容赦ください。 

投稿: ひろし | 2009年7月25日 (土) 17時28分

私はお酒も飲めず歌も歌えず、人生を損をしながら生きてきたと思っております。その上粗忽者でLemuria様のお名前を間違えてしまい大変失礼いたしました。お詫び申し上げます。ひろし様も詩吟がご趣味とか羨ましい限りです。子供の頃は「鞭声粛々」をあちこちで聴いていましたが、今は聴くことがありませんね。漢詩の意味がわからないせいでしょうか。
昭和29年に中学の修学旅行で日光へ行く途中、東京に1泊しましたが、東京駅から上野まで、まだ戦後を引きずっている浮浪者が沢山いるのに驚きました。人間の脳から闘争本能が消えるまで、永遠に戦争はなくならないのでしょうか。
それからLemuria様のプログもぜひ読ませて頂きたいので、よろしかったらプログのアドレスをお教えくださいませ。

投稿: ハコベの花 | 2009年7月28日 (火) 20時15分

 ひろし様 王維の名詩の貴重な補足、大変ありがとうございました。「陽関三畳」初めて知りました。そういえばNHKビデオライブラリーの『漢詩紀行』の「王維編」の中で、初老の男性がこの詩を音吐朗々と吟じていたのが印象的でした。「詩吟」良いご趣味ですね。今後益々詩吟人口が増えますことお祈り申し上げます。
 ところで、最近のヒーリング法の一つに「トーンニング」というのがあるそうです。とにかく腹の底から声を出すのは、健康に極めて良いようです。しかし一定の年齢になりますと、だんだん大きな声を出さなくなりがちです。その意味で、詩吟も、カラオケで好きな歌を熱唱するのも、効果絶大ですね。

投稿: Lemuria | 2009年7月28日 (火) 23時48分

 ハコベの花様 皆様にはご迷惑だったかもしれませんが、話がここまで発展しまして大変有意義に存じます。その発端を作られましたこと、あらためまして感謝申し上げます。
 おっしゃいますとおり、「人間の闘争本能」本当に困りものですね。個人の成長と社会の発展のためには、適度の「競争意識」がなければならず。しかしそれが過度にエスカレートすると「闘争」にまで到ってしまうし。結局は一人一人が「内なるバランス」をしっかり取っていくしかないと思いますが、「言うは易く…」でなかなか難しいですね。でも私は、人類という種(しゅ)は必ずや「平和志向」に進化すると、いささか楽観的ながらそう信じております。
 お言葉に甘えまして、私のブログのトップページ・アドレスを記させていただきます。
 http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/
 この度の「送元二使安西」は『名詩・名訳詩』カテゴリーの中にあります。実名で、時に言いたいことを述べさせていただいておりますが、他の記事も時折りのぞいていただけましたら幸甚に存じます。

 末尾ながら。このような交流の場をご提供くださっておられます二木先生に、心より感謝申し上げます。

投稿: Lemuria | 2009年7月29日 (水) 00時52分

 ほかの誰も指摘していなかったことを一つ。
 この歌が燦然と光はなっているのは4番です。1番ですがすがしい銀座の柳とツバメ、西洋文化の粋を集めた聖路加国際病院。2番で男女の語り合う川の流れ、3番で東京生まれどうしの若い男女の淡い恋。ここまでは、華やかな東京を歌っています。それが4番になると、
「悩みわすれんと 貧しきものは歌い」
この歌詞に、まず度肝を抜かれます。そうして、夜風の吹き通る狭い路地裏。そのうえわびしく雨がふって貧しい庶民の住む街の情景が歌われます。3番までとまるで違った貧しい庶民たちの情景をも、サトウ八ローのやさしい視線は見逃しませんでした。これもまた、夢淡き東京のだいじな一部分なのだと、唄ってって、この名曲は締めくくられます。
 この歌が昭和22年に発表されて、ことし平成24年まで65年間に何万曲と歌は発表されてきましたが、華やかな情景、恋の情景とともに、貧しい庶民を歌詞として歌い込んだ曲は、ほかに1曲もないでしょう。
 この曲に4番がなかったなら、「その他多くの曲」の一つにすぎなかったでしょうが。この4番があることによって、この曲は永遠の輝き持つ、「たった1つの曲」になっているのです。サトウ八ローはやはり作詞の天才なのです。

投稿: 江戸 | 2012年10月 7日 (日) 22時30分

 江戸 様
 江戸様のご意見、なるほどと思いました。4番を重んじて、歌詞全体をみれば、「都会には 華やかな所もあれば スラムのような所もある。そこもここも みんなひっくるめて 都会の空の下に人は等しく生きているのだ」 という風になりますね。たしかに サトーハチローの詩の良さがでますね。勉強になりました。
 私の友人に数学の教授がいますが、彼は「独創的であること」がいかに困難かを 口癖のように言います。江戸様のご意見は まさに独創的ですね。ただ「65年間に 華やかな情景、恋の情景とともに 庶民を歌詞として歌いこんだ曲は 1曲もないでしょう」「この曲は永遠の輝きを持つたった1つの曲」などは少し独断的なきらいがあるのではないでしょうか。しかし 先述の教授も 独創性は 独断性の上に仮説を立てることから出発すると いいますから 独断的であることはほとんど問題なしかな とも思ってます。

投稿: 越村 南 | 2012年10月 8日 (月) 01時30分

この歌は4番まであり、詞も長いのでカラオケでは得した気分になりそうですね。作詞、作曲、歌手はあの「長崎の鐘」と同じですね。

投稿: 海道 | 2012年10月 8日 (月) 13時31分

昭和25年生まれの私は、古関裕而メロディには子供の頃から慣れ親しんで来たように思います。歌謡曲をはじめ、ラジオから流れる「日曜名作座」、
「昼の憩い」などのテーマ曲。 無論この「夢淡き東京」も大好きです。
サトウハチローの歌詞は、戦災から復興しつつある銀座界隈を謳おうとしているのでしょうね。1番が朝を、2番が昼時を、3番が夕時を、そして4番が夜という4段構成です。いいですねー。
 私が不思議に思っているのは、3番のみが「町」ではなく「街」になっているところです。 サトウハチローの意図 あってのことでしょうか。それとも「気まぐれ」、「ウッカリ?」。 なぜなんでしょう。  

投稿: かせい | 2013年12月 8日 (日) 00時43分

あまり意識されませんが、これはコンティネンタル・タンゴのリズムで作られていますね。ややテンポを落し、さらに全体的にレガートに歌わず、シンコペーションをちょっと変えてスタッカートで区切れば、れっきとしたラテン・ダンス・ナンバーにもなるでしょう。別に服部調のブギに対抗した訳でもないでしょうが。

投稿: jakuhai | 2016年12月 1日 (木) 01時16分

「夢淡き東京」は、頼まれていた詩が間に合わず、
  曲が先に出来たそうです。

初めてレコードプレーヤーと一緒に買ったレコードは、
母の好きな「長崎の鐘」「夢淡き東京」「なつかしのボレロ」「三日月娘」
「この人この歌 藤山一郎思い出のアルバム」でした。

投稿: なち | 2017年11月 5日 (日) 06時32分

  昭和20年代初頭の戦後混乱期、日々食べるものに事欠きながら、明るい明日を目指し、大人も子供も 必死に生きていたと思います。私も、小学校の高学年生で、北陸の片田舎で、学業や放課後の山・田畑の仕事の手伝いに明け暮れていました。
 こんな中、辛さ、困窮、抑圧の思いを吹き飛ばすように、沢山の歌謡曲が次々に世に出てきました。私にとって、これらの代表格は、「夢淡き東京」、「東京の花売娘」(佐々詩生 作詞、上原げんと 作曲、岡晴夫 唄 S21)、「東京の屋根の下」(佐伯孝夫 作詞、服部良一 作曲、灰田勝彦 唄 S23)でした。復興はこれからとは言え、東京は我が国の首都で、やはり、憧れの都だったのです。これらを歌ったり、聴いたりするたびに、元気を貰った気がします。
 藤山一郎さんの歌は、明るい、朗々とした歌いぶりから、好きな歌が多いですが、最近は、あるオペラ歌手がピアノ伴奏で歌う「花の素顔」(西条八十 作詞、服部良一 作曲 S24)や「みどりの雨」(丘灯至夫 作詞、古関裕而 作曲 S28)に、はまっています。

投稿: yasushi | 2017年11月18日 (土) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シバの女王 | トップページ | 「いちご白書」をもう一度 »