« ロック・ローモンド | トップページ | 穂高よさらば »

千曲川

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:山口洋子、作曲:猪俣公章、唄:五木ひろし

1 水の流れに花びらを
  そっと浮かべて泣いたひと
  忘れな草に かえらぬ初恋(こい)
  想い出させる 信濃の旅路(たび)

2 明日はいずこか浮き雲に
  煙りたなびく浅間山
  呼べどはるかに 都は遠く
  秋の風立つ すすきの径(みち)

3 ひとりたどれば草笛の
  音(ね)いろ哀しき千曲川
  寄せるさざ波 くれゆく岸に
  里の灯(ひ)ともる 信濃の旅路よ

《蛇足》 昭和50年(1975)5月に発売され、同年の日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しました。

 千曲川は日本一の大河・信濃川の上流部分。甲斐・武蔵・信濃が境を接する場所にそびえる甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に端を発し、長野県東部を北流して、長野盆地の南端で犀川(さいがわ)を合わせ、新潟県を流れて日本海に注ぎます。この長野県内の部分が千曲川です。
 沿岸には、島崎藤村『千曲川旅情の歌』の絶唱を生んだ小諸城址・懐古園があります。山口洋子の詩は、おそらくこの藤村の詩に触発されたものでしょう。

 NHKの「土曜特集・そして歌は誕生した」によると、猪俣公章のこの曲に星野哲郎が詞をつけた『笛吹川夜曲』という歌を、当時新人だった川中美幸が歌うことに決まっていたそうです。
 ところが、猪俣の曲に惚れ込んだ山口洋子が、自分の作詞で五木ひろしに歌わせたいと願い、さまざまに交渉して譲ってもらうことに成功しました。

 いわば横取りしたわけですが、彼女がそこまでこの曲に執心したのは、自分が『よこはまたそがれ』で世に出した五木ひろしの「NHK紅白歌合戦のトリを取りたい」という夢を果たさせるためだったといいます。
 結果として『千曲川』は大ヒットし、五木ひろしは念願を果たしました。

 「そして歌は誕生した」では、星野哲郎も川中美幸も『千曲川』の成功を祝福したと語られましたが、本心はどうでしょうか。
 数々のヒット曲をもつ星野哲郎はともかく、春日はるみという芸名でデビューしたばかりだった川中美幸は、もし自分が歌っていれば……と思ったのではないでしょうか。

 その山口洋子ですが、京都女子高中退後、昭和32年(1957)東映第4期ニューフェースに選ばれましたが、鳴かず飛ばずだったため、女優をあきらめ、東京・銀座にクラブ「姫」を開店しました。
 巧みな客あしらいと経営手腕で多くの著名人を顧客として獲得し、政財界や文化界に強力な人脈を築きました。

 昭和40年代前半から歌謡曲の作詞に手を染め、内山田洋とクールファイブ、五木ひろし、石原裕次郎などの歌で次々とヒットを飛ばしました。
 その後、小説も書き始め、昭和60年
(1985)には、ついに直木賞を受賞しました。
 こうして彼女は、夜の銀座が生んだ伝説の1つになりました。

 なお、トワ・エ・モワのヒット曲『誰もいない海』を作詞した詩人・山口洋子は、同姓同名の別人です。 

(二木紘三)

|

« ロック・ローモンド | トップページ | 穂高よさらば »

コメント

 長野生まれの父がまだ存命で81歳くらいだったと思いますが、母が亡くなって淋しいだろうと、父と二人で時々東京の高田馬場にある小さな小料理屋で飲んだり歌ったりしていました。
 あるとき、私がこの歌をカラオケで歌ったら、ママも父もいい歌だととてもほめてくれました。その後は、この歌を歌うと父を思い出します。

投稿: 吟二 | 2008年9月18日 (木) 23時43分

〔千曲川〕は私にとって忘れられない曲になってしまいました。私が50代の頃、東北時代の旧友を呼び寄せては群馬、長野の名所を案内したものです。旧友2人をマイカーに乗せ長野をあちこち旅行中、悠然と流れる千曲川を見ながら〔千曲川〕何度となく唄い〔この歌を歌うときには私を思い出してね〕いいましたが、故郷へ帰った旧友の一人がその後、肺ガンで亡くなりました。今も長野へはよく行きますが3人で通った場所へ差し掛かると〔千曲川〕を口ずさみ旧友を思い出します。

投稿: おキヨ | 2008年9月19日 (金) 13時23分

誰が名づけた川なのか女泣かせの千曲川。信濃川は日本一長いと教わりますが、千曲川を含んだ長さとの事。もう一方で槍ヶ岳に源を発する梓川があります。この川を題材にした歌は沢山ありますね。やがて川の名前を変え千曲川と合流します。ここで信濃川と思っていたら県境までは千曲川との事。

投稿: 海道 | 2008年10月17日 (金) 08時09分

heart01(◎´∀`)ノ島崎藤村『千曲川旅情の歌』の絶唱はすばらしい。二木紘三(ふたつぎ・こうぞう)先生のお陰ですばらし曲を聴き気持ちが安らぎます。私ハンドル名は万年青年又は日光菩薩の73才です。一昨年妻と永久に別れ、炊事洗濯を一人でこなしながら大自然の中で野菜を少々造り、小説『命の炎』野々村仁清を書きながら先生の曲を聴きました。今も趣味趣味三昧です。本名は野々村美好で京都府南丹市美山町です。先生のフアンのかた、「09050150882」までよろしければご連絡ください。
 美山町の風情もまたすばらしいですよ

投稿: 万年青年こと美好 | 2010年9月21日 (火) 15時03分

 藤村の詩を踏んでいるようだと思っていました。このレコードに思い出があります。プレーヤーといっていたころ30代でした。何枚かLPを買いました。このレコードと子どものものを何枚か買った覚えがあります。もうどこにあるかわかりません。
 歌詞もわかりやすく、若いとき一度千曲川を見たのも印象を深くしているのでしょう。

投稿: 今でも青春 | 2014年8月13日 (水) 18時16分

「千曲川」に似た、ふるさとの好きな歌に、
「吉井川詩情」石坂まさを 作詞 作曲 があります。 
動画サイトできれいに流れていたのですが、
著作権の関係で、今は1番しか聴けません。

投稿: なち | 2014年8月13日 (水) 19時01分

 つい最近のコメントがあずさ2号、千曲川と続きました。
 信州は文学の舞台として度々登場しますが、一つには夏の軽井沢・追分が文学者のサロンでもあったことによるところが大きいかと思います。避暑地軽井沢周辺は、都会の有産階級の恋の舞台としてしばしば扱われて来たのです。しかし、藤村の場合は、地元であるが故にか、信州の暗い一面も描かれます。小諸と軽井沢はそれ程の距離はありませんが、小諸に避暑地の匂いはありません。『千曲川旅情の歌』の主題はまさに旅情ですが、私には藤村の孤独感が漂うように思います。
 『千曲川』もまた好きな曲ですが、特に3番は明らかに藤村の詩をモチーフにしていますね。

投稿: Yoshi | 2014年8月16日 (土) 19時01分

 千曲川。大きな川。・・この川を渡るたび、こころの内で歌った曲です。
 旧軽井沢にての、とっても若い頃の写真。遠く後ろにかすむ浅間山に、たなびく煙が見えています。それを見るたび ”ほろり”とします。勿忘草の季節がまた訪れました。
             

投稿: junko | 2017年4月 2日 (日) 23時14分

junko 様が渡られた長い橋。若山牧水夫人若山喜志子さんの歌に「故さとの 信濃なるかも いまぞわれ 千曲の川の 長橋わたる」とあり、津村信夫さんの詩「千曲川」にも「その橋はまこと長かりき...」とあります。千曲川の長い橋は心に残るものなのですね。津村信夫さんは長野出身の女性昌子さんと出会い、求婚するため昌子さんの実家に通ったそうで、その頃にその橋を渡ったと思われます。この歌「千曲川」の成就しなかった恋にも、若くして世を去った詩人の成就した恋にも、心を打たれます。

投稿: kazu | 2017年4月10日 (月) 22時36分

kazu様                    
  ありがとうございます。またひとつ、こころが救われたような気がします。思い出に残るというのは、場面、主役、脇役(主役、脇役はその人の考慮によって変わると思いますが)がセットになって、心の内で大切にされ続けていくのでしょうね。それ故、こころ打つことばが生まれるのかもしれません。

投稿: junko | 2017年4月12日 (水) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロック・ローモンド | トップページ | 穂高よさらば »