« 東京ワルツ | トップページ | 風 »

暗い港のブルース

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:なかにし礼、作曲:早川博二、唄:ザ・キングトーンズ

いとしいひと あなたはいま
名前さえ告げずに 海にかえるの
白い霧に 目かくしされ
遠い船の汽笛 ぼくは聴いてる

かりそめの恋を さけんだけれど
あふれくる 涙 涙 涙
切れたテープ 足にからめ
あなたの影を追う 暗い港

      (間奏)

さよならは 死ねというも同じ
枯れはてた 涙 涙 涙
不幸色した ランプゆれて
あなたを今日も待つ 暗い港

《蛇足》 昭和46年(1971)4月にグラモフォンからレコードが発売されました。

 ただし、曲が発表されたのは、この8年前の昭和38年(1963) です。作曲者でトランペット奏者の早川博二(ひろつぐ)率いるモダン・プレイボーイズの演奏でレコードが発売されました。
 このときはインストゥルメンタルで歌詞はありませんでしたが、しばらくあとで
作詞家・訳詞家として名高い薩摩忠が歌詞をつけ、フランク赤木の歌唱でレコードが作られました。このときの歌詞は次のとおりです。

風冷たく 波ざわめく
暗い港の夜 俺はいつでも
あの面影 追い求めて
沖を見つめながら 岸辺に立つ

船影も 見えぬ夜は何時も
噛みしめる 遠くすぎた恋を
この空しさ この寂しさ
暗い港のような 俺の心よ
    (繰り返す)

 私は知りませんでしたが、フランク赤木は非常に歌唱力のある歌手だったようで、ザ・キングトーンズも彼から歌唱指導を受けたといわれます。
 しかし、そのレコードはあまり
評判にならず、ザ・キングトーンズがなかにし礼の歌詞で歌ってからは、その持ち歌として定着してしまいました。

 曲はムードミュージックとしては国際水準を行く傑作だと思います。早川博二の手になると知らずにインストゥルメンタルで聴くと、フレンチ・フィルム・ノアールあたりの挿入曲かもしれないという感じさえします。

 早川博二 は大正14年(1925)生まれで、トランペット奏者としてスタートし、戦後は作曲家・アレンジャーとしても活躍しました。作曲家としては、この曲のほか、奇優・左卜全(ひだり・ぼくぜん)が子どもたちと歌った『老人と子供のポルカ』などのヒット曲があります。

 平成16年(2004)、79歳で没。

(二木紘三)

|

« 東京ワルツ | トップページ | 風 »

コメント

 あのなかにし礼も、つい最近古稀(70歳)を迎えたそうです。この歌が発表されたという昭和46年頃は、作詞家・なかにし礼の最も脂の乗り切っていた時期だったのではないでしょうか。
 なかにし礼といえば、今から20年以上前ある営業の仕事で、北鎌倉(当時)のお宅に訪問したことがあります。但し応対されたのは、ご本人ではなく奥様(女優・石田ゆり)の方でしたが。やはりお綺麗でした。
                          *
 二木先生も解説で述べておられますが、私もかつて誰かが「この歌は日本が生んだ世界的なブルースだ」と、評していたように記憶しております。
   いとしいひと あなたはいま
   名前さえ告げずに 海にかえるの
 一読すると、「いとしいひと」なのに名前さえ知らないの?となりそうです。しかしそういうシチュエーションは、確かにあり得ます。
 海にかえっていくいとしいひとを覆い隠す白い霧。遠ざかる船の汽笛…。深い哀しみを押しころした、暗い港での叙情的な別れのブルースです。

投稿: 大場光太郎 | 2008年9月 5日 (金) 20時20分

この曲はカラオケ大会での「隠れ名曲」で誰かが賞をとります。作曲はトランペット関係の方らしいので、曲が強いように思います。

投稿: 海道 | 2010年7月24日 (土) 13時58分

この楽譜を探しています。どこに行けば買えますか?誰か教えて下さい ℡080-1421-1234大谷

投稿: 大谷 | 2011年12月28日 (水) 10時23分

大谷様

楽譜ありました!
その昔某キャバレーのスポットライトの中で友人のトランペット・ソロにウットリとした事を思い出しました。
その友人はスタジオミュージシャンを目指して上京、音信は途絶えましたがどうしているのか・・・。
この曲は外国の曲だとずーと思っていましたが、日本の方がその昔こんな哀愁でムーディな曲を作られたことをこのプログで初めて知り、辰年を迎えた早々にとても感動しました。
1970年Shinko Musicの楽譜お送りします。

投稿: 尾谷光紀 | 2012年1月 2日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京ワルツ | トップページ | 風 »