« 青春時代 | トップページ | 囚人の歌 »

無縁坂

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:さだまさし、唄:グレープ

1 母がまだ若い頃
  僕の手をひいて
  この坂を登るたび
  いつもため息をついた
  ため息つけばそれで済む
  後ろだけは見ちゃだめと
  笑ってた白い手は
  とてもやわらかだった
  運がいいとか悪いとか
  人はときどき口にするけど
  そういうことってたしかにあると
  あなたを見ててそう思う
  忍ぶ 不忍(しのばず) 無縁坂
  かみしめるような
  ささやかな僕の母の人生

2 いつかしら僕よりも
  母は小さくなった
  知らぬまに白い手は
  とても小さくなった
  母はすべてを暦にきざんで
  流して来たんだろう
  悲しさや苦しさは
  きっとあったはずなのに
  運がいいとか悪いとか
  人はときどき口にするけど
  めぐる暦は季節の中で
  ただよいながら過ぎてゆく
  忍ぶ 不忍(しのばず) 無縁坂
  かみしめるような
  ささやかな僕の母の人生

《蛇足》 この歌はグレープ時代のさだまさしが昭和50年(1975)に作り、TVドラマ『ひまわりの詩』の主題歌として使われました。グレープはさだまさしと吉田正美のデュオでしたが、さだが病気になったため、昭和51年(1976)に解散しました。

 無縁坂は東京台東区池之端にある坂(写真)。坂の上には、江戸時代、行き倒れになった無名の死者を葬った無縁寺があったため、この名がついたといわれます。
 また、坂を下ったところには不忍池
(しのばずのいけ)があります。「不忍」は、これにかけたものでしょう。
 森鴎外の小説『雁』の主人公がヒロインお玉に出会った場所としても有名です。

 この歌を聞くと、自分の母親を思い出すという人が多いようです。

 坂は常にドラマチックです。
 坂、とくに初めての坂を歩くときは、何か非日常的なことが起こりそうな気がしませんか。登り切ったところで事件が起こりそうな、あるいは異形
(いぎょう)のものを目撃しそうな、そんな気持ちです
 この不安とも期待ともつかないドキドキ感は、もしかしたらアドレナリンが分泌されるためかもしれません。

 下り坂では不安感や期待感は薄まりますが、快調に足を運んでいるうちに、一種の軽躁感が生じます。

 昔、田舎では、集落と集落との境界はよく坂に置かれていました。そんな地域では、坂は異世界への入り口または出口だったわけです。そうした時代の名残が私たちの心に潜んでいるのかもしれません。
 子どものころ、初めての道を登って知らない村に入ったときの興奮を思い出します。

(二木紘三)

|

« 青春時代 | トップページ | 囚人の歌 »

コメント

母親を歌った唄は沢山ありますが、皆 名曲だと思います。
人間のどこかに父よりも母を慕う引力があるのでしょうか。

投稿: M.U | 2008年6月13日 (金) 07時59分

平成22年9月16日午前5時51分96歳の天寿を全うし母が逝きました。

母の思い出は誰でも千差万別にお持ちのことでしょう。

私の母は楽天家で気ままで正直で俳句好きで憎めない性格の持ち主でした。

忘れられない一こまを思い出しました。

数年前のある日白内障で入院していた母を見舞いに行ったら嬉しそうにポツリと語ってきました。

数年前ですから90歳になるかならんとする時です。

「きょうは結婚する前相思相愛だった近所の○○○さんが杖をついて見舞いに来てくれて私の車椅子を押してくれた。とても嬉しかった。親が決めて現在の家に嫁いできた。○○○さんと一緒になりたかったがなれなかった」と

いつまでたっても人を好きになる事に年齢は関係ないのですね。母が○○○さんと一緒になっていれば、この文章を書いている自分も存在していないと思うと不思議な気持ちになりました。

私の父親も○○○さんも既に16年前亡くなっています。
どうぞ母よあの世でも喧嘩せずにいつまで瑞々しい恋を繰り広げてください。

投稿: 赤い寒天 | 2010年9月19日 (日) 08時52分

母は縫い物をしながら、小学生の私に言いました。17歳のとき縁談が2つあった。こっちは親戚だったので嫁いできたが、もう一つの方に嫁いでいれば,某会社の重役夫人で今頃は楽な生活をしていただろう、残念だと。それから2年後、母は脳出血で突然亡くなってしまいました。まだ48歳でした。父は私に「母ちゃんはきれいだった」といいました。母は父からそんな事聞いた事もなかったでしょう。
そして私も息子に言います。もっと良い人一杯いたのに、よりにもよって一番悪い男に掴まってしまった。本当に不幸な人生だ。お前の名前はこの人の名前から一字貰ってつけたのだと、ある作家のノンフィクションの中に偶然見つけた出世した彼の名前を指さして教えました。こうして、母親は夫に内緒の愚痴を子供に言いつつストレスを解消しているのです。もっとも息子は無反応でした。
映画『雁』の芥川比呂志は素敵でした。彼と少し似ています。

投稿: ハコベの花 | 2010年9月19日 (日) 22時48分

明治生まれの母は、幼くして父親を亡くし、教師をしていた母(私の祖母)の実家で育ちました。実家は士族の家柄ということもあり、厳格な躾のもとに育ったようで、優しさのなかにも厳しいものがあり、怒らせると怖い存在でした。
あの、東京大空襲で我が家は焼失し、財産のすべてを失い
終戦後はどん底生活となりましたが、一切愚痴・弱音を吐くことありませんでした。
この歌を聴くたびに、30数年前無念にも交通事故死した母のことが想い出され、胸が熱くなるのを覚えます。

投稿: タケオ | 2012年10月 2日 (火) 17時32分

この歌をハーモニカで吹くと・・母を思い出します
もう・今は居ませんが・ハーモニカの音色が 優しい
母とだぶります  本当にいい曲です
宮ケ原さん 青木さん・・ ハーモニカで吹きましょう・・ね

投稿: 田中 | 2013年2月19日 (火) 17時03分

昔この曲が流行った頃、私はこの曲をはじめ、この頃のセンチメンタルなフォークソングが嫌いでした。女々しいと感じたのです。昔から演歌は好きだったのですが、アメリカンポップスやロカビリーも好きでした。でも、フォークやニューミュージックは、私達の世代からもう一つ若い世代なので、いまいち乗りませんでした。しかし、古希を過ぎたある日、この曲を聞いたら「ああ、いいな」と感じました。それからは、アリスの「秋止符」、堀内孝雄の「愛しき日々」「影法師」「恋歌綴り」、山口百恵の「秋桜(コスモス)」、小椋佳の「シクラメンのかほり」「しおさいの詩」、谷村新司の「22歳」中島みゆきの「わかれうた」研ナオコの「あばよ」など、みんな好きになり、カラオケで歌うようになりました。

「無縁坂」は、カラオケの発表会でも唄った歌で、一時期ハマっていました。40年位前に流行った歌を今頃好きになるなんて、どんだけ遅れてるんだよ!って笑わないでください。

投稿: 吟二 | 2016年11月23日 (水) 23時12分

眠られぬままにーーー

 はるかな友に  無縁坂 と聞いています

 人生とは 別れ 死 を前提とした時間との戦い

 人は弱いものです  辛い 考えもしない境遇に追い込まれたとき 人はどうするのだろう どうするべきなのだろう    歳を経るにしたがって 新しい出会いは減り(すごく努力すれば別でしょうが) 親しい人との別れは増えていきます  死別という絶対的なものでなくとも 社会的なこと 経済的なことでも ほんのささいなボタンの掛け違いが友情・愛情などに傷をつけ つながりを無にすることがあります 
 人生の常 といえば それまででしょうね   でも そのときに 相手の身になって考える ということが
良い人間か そうでないかの境目なのかな  
 
 関係の切れてしまった友人  長くあうことのなかった江田島の最後の生徒であった叔父(戦争に参加せず終わったその遣る瀬無さで 和歌山への帰途 天王寺で軍刀を振ったときいております  以後 医業の道で次世代につなぎました)の奥さんの死   また義母の死  考えさせられます    

 無縁坂 という曲には 僕の場合 どうしようもない生母への感情と感謝がはいってきて 涙がとまらなくなります  神戸の北野の坂 下れば以前は フロインドリーブがあり 途中少し左折し東へ向かうと バプテスト教会があり  母に尽くせなかった感謝が 大きな後悔となって押し寄せてきます   のこされた短いであろう人生 後悔することが 少しでも少ないような人生を送りたいですね 

投稿: 能勢の赤ひげ | 2016年11月24日 (木) 06時30分

 皆様のコメントから父母への想いは千差万別と思いましたが、親の存在とは、親になった自分を含めて哀しく切ない気持ちで一杯になります。昨年、母の3回忌(没92歳)を済ませました。父が亡くなってから母は妹と二人暮らしでしたが、妹は結婚してから連れ合いの転勤があり、実家で私たちが同居することになりました。

 母は亡くなる6年前、尻餅をつき腰骨を骨折してからはベッド生活でした。治療のための入院も拒み、自宅療養でした。週2回のデイサービスを利用していました。センターの人が家の前まで送迎してくれます。

 帰ってくると門から15メートルくらいの先の玄関まで母の手を引いて歩きました。すっかり小さくなってしまった母は幼子が全てを委ねているように、私に手を引かれて歩きました。・・・
 
 逆転してしまったのです。いつまでも私の前にいた母が、躾に厳しく自立していた母が、今は私が母の前にいる。母の手が暖かく、私は涙が滲んでしかたがありませんでした。家で看取りました。理屈っぽく、母の思い通りにいかなかった私が出来た最後の親孝行でした。

投稿: konoha | 2017年2月21日 (火) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春時代 | トップページ | 囚人の歌 »