« 古城 | トップページ | 高校三年生 »

ここに幸あり

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:高橋掬太郎、作曲:飯田三郎、唄:大津美子

1 嵐も吹けば 雨も降る
  女の道よ なぜ険し
  君をたよりに わたしは生きる
  ここに幸あり 青い空

2 誰にもいえぬ 爪のあと
  心に受けた 恋の鳥
  ないてのがれて さまよい行けば
  夜の巷(ちまた)の 風哀し

3 いのちの限り 呼びかける
  こだまのはてに 待つは誰
  君に寄り添い 明るく仰ぐ
  ここに幸あり 白い雲

《蛇足》 昭和31年(1956)3月に発表。富田常雄の恋愛小説『ここに幸あり』が松竹で映画化されることになったとき、その主題歌として企画されたものです。

 作詞の高橋掬太郎、作曲の飯田三郎のコンビは、三条町子の歌で『かりそめの恋』『東京悲歌(エレジー)』と続けざまにヒットを出していたので、この曲も三条町子に歌わせる予定でした。
 ところが、三条が妊娠中で出産が近かったために歌えなくなり、18歳の新人・大津美子が急遽起用されることになった、と伝えられています。

 これは大津美子にとって、非常にラッキーなハプニングでした。上品で美しいメロディを生かす彼女の正統的な歌唱が多くの人々の心を打ち、たちまち大ヒットとなりました。
 結婚披露宴でよく歌われ、長いこと祝婚歌の定番でした。2番を除いて歌われることが多かったようですが。

 好評は国内にとどまりませんでした。
 昭和33年
(1958)9月に大津美子が三橋美智也とともにハワイ公演したとき、この歌が大好評で、公演後、楽譜を求めるファンが楽屋に殺到しました。そのため、彼女は観光にも出かけず、300部あまりの楽譜を手書きし続けたそうです。

 アジア各地でも大ヒットし、ことにフィリピンでは多くの人々に愛唱され、長くスタンダードナンバーの1つになっていました。 

 1番と3番の明るさに比べて2番の暗さに違和感を感じる人が多いと思いますが、これは映画の筋立てに合わせて作詞されたことによるようです。

 映画は京子と南子姉妹の恋愛模様を描いたものです.。
 京子は父・作造が勤める会社の専務・佐野から嫁にと望まれていますが、静岡県富士宮から京子が勤める洋裁店にモード画家としてやってきた子持ちのやもめ・高見と愛し合うようになります。しかし、結婚を作造に反対され、また佐野専務と結婚したほうが京子が幸せになると思った高見は、富士宮へと去ります。

 いっぽう、南子は喧嘩友だちの中学教師・松尾の気持ちを知りながら、金持ちの息子・武田の情熱に負けて身を任せてしまいます。その後、武田には許嫁がいて自分は弄ばれただけだと知った南子は自暴自棄になり、家出してキャバレーのダンサーになってしまいました。そんな南子を立ち直らせようと松尾は懸命に説得しますが、南子は聞こうとしません。

 その頃、京子は病気だったにもかかわらず、高見のあとを追いますが、富士宮に着いたとたん倒れ、病院に収容されます。それを知った南子は自分の生き方を反省し、松尾とともに人生をやり直す決意をします。
 富士宮の病院では、危機を脱した京子と高見、南子に寄り添う松尾、それを微笑みながら見守る作造と佐野専務の姿がありました。

 2番は南子が弄ばれ、自暴自棄に陥った頃のことを歌ったものと推測することができます。

(二木紘三)

|

« 古城 | トップページ | 高校三年生 »

コメント

嵐も吹けば雨も降る 女の道よ なぜ険し
  君をたよりにわたしは生きる ここに幸あり 青い空

昭和31年にヒットした大津美子の曲ですが、この一番の歌詞に
当時の世相が充分に現されています。

昭和30年代・・・当時、私は中学生・高校生でした。嫌なこともつらいことも、たくさんありました。しかし、今から思えば、懐かしい時代です。「ALWAYS 3丁目の夕日」という映画の中でも、この曲が流れていました。テレビも、パソコンも、携帯電話も、シャワートイレもなかったけれど、人々は一生懸命に生きていたように思います。

当時の女性たちの心情を謳った「ここに幸あり」は、日本歌謡史に燦然と輝く絶唱といえるでしょう・・・

投稿: エスペロ | 2007年9月 8日 (土) 18時56分

亡き母が良くカラオケで歌っていた歌です。゛゛
「ここに幸あり」は母の願いでもあったような気がします。

投稿: C,M | 2009年9月 2日 (水) 16時00分

大津美子はすばらしい歌唱力、大ぶりの目鼻立ちと洒落たドレスが印象的でした。歌手生命も長かったですね。この歌と「あなたと共に」はどことなく似ています。50年前の日本人は、エスペロさんの仰る通り、物は無かったが、生き生きと暮らしていた記憶があります。女性が生きていくには、まず男性を立てるほかなかったことが、歌詞から偲ばれます。

投稿: Bianca | 2009年9月 2日 (水) 16時40分

何度、聴いてもジーンときます、昭和30年代を思い出します。あの当時、パチンコ店にはいつも、この曲がかかっていました。当時は今と違ってラジオしかなく自然と覚えました。石狩川悲歌や柿の木坂の家、リンゴ村から等、いつもこのサイトで聴いています。言葉に表わせないませんが、泣けてきます、ただパソコンでしか聴けないのが残念です。

投稿: akatombo | 2012年6月 4日 (月) 17時57分

私は最近このブログを知り、その虜になりました。二木先生の「蛇足」は最高です。
私はこれまで、この歌をあまり好きではありませんでした。たぶん私の記憶の中にはこの歌の1番と3番しかなく、「女の道」とか「君をたよりにわたしは生きる」「君に寄り添い明るく仰ぐ」という歌詞から、嫁しては夫に随えという戦前の古い形の模範的な女性像をそのまま連想してしまっていたからではないかと思います。しかも祝婚歌というイメージがこの歌には強かったですし。
それが今回二木先生の「蛇足」で、祝婚歌のときは2番は歌われなかったということを知り、2番の歌詞をもう一度改めて読み返して見ました。
この歌の主人公の女性もやはり恋に傷つく生身の女性だったんですね。何かホッ救われるような想いに捕われました。
こんなくだらないことを考えるのは私だけかも知れませんが。。

投稿: 塞翁が馬 | 2012年6月 5日 (火) 21時50分

塞翁が馬さま
 私もこの歌の歌詞が嫌いでした。昭和31年に作られたにしては女性の立場が弱いですね。映画も小説も知りませんので、2番の歌詞にも違和感があります。歌詞がちぐはぐで作詞者の意図が読み取れません。歌詞なんて考えて歌うものじゃないからと言う人もいますが、私には理解しがたい歌のように思われます。

投稿: ハコベの花 | 2012年6月 6日 (水) 00時12分

ハコベの花さま
そうですね。2番の歌詞もいま一つ分かりませんね。
ただ私は、1番と3番は現在、2番は回想かなと思っています。2番は、心に深い傷(爪あと)を負った主人公の女性が、その恋からのがれ夜の巷を一人寂しくさまよい歩くということかなと考えました。
そしてそんな中で、いのちの限りに呼びかけ自分を待っていてくれた「君」に巡り会って、これからは「君」に寄り添って明るく明日を見つめて生きて行こうと誓う、どうか幸せになれますように(3番)、そういうことかなと。。
ただ私には、主人公の女性はまだ昔の恋を捨て切れていないような、そんな気がしてなりません。
深読みしすぎですかね(笑)

投稿: 塞翁が馬 | 2012年6月 6日 (水) 09時16分

やっぱり、小説を読むなり、映画を観ないと本当のところはわかりませんが、塞翁が馬さんのお説が妥当なのでしょうね。歌詞が意味不明のものは他にもありますね。昔流行った「おとみさん」は粗筋がわからないと全く意味不明です。友人が「粋な黒べいさんが神輿を担ぐ歌」あったよねと言った時には目がテンになりました。今でも思い出すと笑えてきます。

投稿: ハコベの花 | 2012年6月 6日 (水) 17時23分

2番に違和感を感じる人多いようなので、少し補足しました。(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2012年6月 6日 (水) 20時09分

二木先生
早速お答え頂きありがとうございます。
「ここに幸あれ」の歌詞には、2人の女性の強い思いが込められているんですね。これからは、少し違った感覚でこの歌を聞くことができそうです。

投稿: 塞翁が馬 | 2012年6月 7日 (木) 00時03分

あらすじがわかって納得しました。芥川賞の『共喰い』を読んだとき昔の小説の方が良かったと思いましたが、昔の小説も陳腐な三文小説が多かったですね。そういえば昭和30年代はまだ女子高では「良妻賢母」がモットーでした。こういう歌が不自然でなく歌われていて当然でした。
殆どの女性が君を頼りに結婚したのだと思います。職業を持つ女性が少なかったからですね。良かったのか、悪かったのか・・・

投稿: ハコベの花 | 2012年6月 9日 (土) 11時36分

結婚式で歌うときは、2番は歌わないように気を付けていました。イメージが暗いとかそんな理由ではなく、花嫁に失礼だと思ったからです。誰でも「人には言えぬ過去」をもって結婚にたどり着くのでしょうが、それをわざわざこの嫁さんには「人に言えぬ過去」があるんですよ、とでも告げるような雰囲気では、結婚式はぶち壊しですから。「過去」については、蛇足で触れられているよりももっと深刻なことを想像していました。何しろ売春禁止法以前の状況ですから、生活のためにそこまで身を落とした女性がたくさんおり、その生活から這い上がろうと必死で努力した女性がいっぱいいた時代、そしてそれを隠さねば「まっとうな世間」で生きていけなかった時代であったことを思っています。

投稿: solong | 2015年8月30日 (日) 13時48分

昭和58年フィリピンでトンネル工事に従事していましたが、貫通式の後の祝賀会の席で突然、フィリピンの監督員が私を指名して、「ここに幸あり」を知っているか?、歌ってほしい、との命令です。私は当時40歳でいたが、たまたま1番だけは知っていたので歌ったところ大変感激した様子でした。今でも忘れられない思い出です。フィリピンの有名な歌のダヒル・サヨにメロディーが似ているのでこの国ではやった、と聞いたことがありますが、本当でしょうか。

投稿: カマ | 2015年9月11日 (金) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古城 | トップページ | 高校三年生 »