« 小指の想い出 | トップページ | この世の花 »

小判鮫の唄

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:高橋掬太郎、作曲:大村能章、唄:小畑 実

1 かけた情けが 偽りならば
  なんで濡れよか 男の胸が
  かつら下地に ともしび揺れて
  いつか浮き名の こぼれ紅

2 好きといおうか 嫌いといおうか
  嘘と誠は 両花道よ
  仇な夜風に まただまされて
  ほろり落とした 舞扇

3 誰の涙か 二片三片(ふたひらみひら)
 
 まわり舞台に 散る花びらよ
  恋は一筋 生命(いのち)にかけて
  なんの恐かろ 小判鮫

《蛇足》 昭和23年(1948)に公開された新演伎座制作の東宝映画『小判鮫』の主題歌。小畑実(写真)のヒット作の一つです。

 原作は三上於菟吉(みかみ・おときち)のベストセラー小説『雪之丞変化(ゆきのじょうへんげ)』。江戸の人気役者が、父母を死に追いやった元長崎奉行や御用商人を、義賊らに助けられながら討つ、というストーリーです。
 ただし、この映画では役名と筋書きの一部が原作とは変わっています。
 この話は、戦前戦後に何度も映画化され、テレビでも、似たような筋書きの時代劇が繰り返し放映されています。

 なお、東海林太郎が歌った『むらさき小唄』は昭和10年(1935)公開の松竹映画『雪之丞変化』の主題歌、美空ひばりが歌った『雪之丞変化』は昭和32年(1957)に公開された同名の新東宝映画の主題歌です。

(二木紘三)

|

« 小指の想い出 | トップページ | この世の花 »

コメント

日舞で踊ることになり歌詞が欲しくてあちらこちら検索しましたがやっと行き着きました、とっても嬉しいありがとうございました。

投稿: | 2008年6月21日 (土) 10時29分

この曲をはじめ「明治一代女」や「お駒恋歌」「野崎小唄」など、江戸の名残りをふんだんに湛えた大村能章の作品に心惹かれます。最近あまり聴かれなくなったこの名曲を、このような美しい演奏で聴けることをしみじみ嬉しく思います。コバンザメという言葉は、この歌のおかげで小さい頃から知っていましたが、実物を見たり、比喩語としての「小判鮫」を知ったのはずっとあとになってからでした。

投稿: くまさん | 2008年11月30日 (日) 11時45分

この歌は長谷川一夫の映画で見たときに聞いたと覚えていますがどうでしょうか。

投稿: みっちゃん | 2011年12月18日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小指の想い出 | トップページ | この世の花 »