« 桃色吐息 | トップページ | 小指の想い出 »

森の水車

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:清水みのる、作曲:米山正夫、唄:荒井恵子

1 緑の森の 彼方から
  陽気な唄が 聞こえましょう
  あれは水車の 廻る音
  耳を澄まして お聞きなさい

  (*)コトコトコットン コトコトコットン
     ファミレド シドレミファ
     コトコトコットン コトコトコットン
     仕事に励みましょう
     コトコトコットン コトコトコットン
     いつの日か
     楽しい春がやって来る

2 雨の降る日も 風の夜も
  森の水車は 休みなく
  粉挽(こなひ)き臼(うす)の 拍子取り
  愉快に唄を 続けます
  (* 繰り返し)

3 もしもあなたが 怠けたり
  遊んでいたく なった時
  森の水車の 歌声を
  独り静かに お聞きなさい
  (* 繰り返し)

《蛇足》 昭和17年(1942)9月に映画女優・高峰秀子の歌でポリドール(当時は大東亜レコード)からレコードが発売されましたが、戦時にふさわしくないという理由で、発売から4日後に発禁処分を受けてしまいました。

 昭和16年(1941)の初め頃までは、かろうじて洋楽や洋楽風の歌謡曲が発売できましたが、その後検閲がいっそう厳しくなり、軍歌や戦時歌謡一色になっていきます。
 昭和58年
(1983)月に音楽之友社から発行された『歌をたずねて――愛唱歌のふるさと』のなかで、作曲した米山正夫は次のように語っています。

(発禁になったのは)軍歌しか認められない時代で、『森の水車』のメロディが米英調だという理由です。当時の作曲家たちはいろいろ隠れて工夫して、いわゆる「米英調」の歌を作っていたんです。この歌は実はドイツの作曲家アイレンベルクのメロディを拝借しているんです。内務省の最初の検閲では枢軸同盟を結んでいるドイツの曲ならよい、ということだったんですが――。

 この歌は、戦後荒井恵子の歌唱で復活します。
 荒井恵子は、昭和24年
(1949)3月、NHKの「のど自慢全国コンクール優勝大会」で優勝したのを機に、NHKの専属歌手になりました。そして、同年4月から始まったバラエティ番組『陽気な喫茶店』で毎回この歌を歌ったことにより、一躍全国に広まることとなりました。

 さらに、昭和26年(1951)には、荒井恵子の歌でNHKラジオ歌謡として放送されました。
 こうした経緯から、『森の水車』は荒井恵子の歌というイメージが定着していたのに、NHK専属だったために、レコード吹き込みはできませんでした。

 この歌がレコードとして発売されたのは、昭和26年
(1951)8月で、発売元は日本コロムビアでした。これは、米山正夫が日本コロムビア専属だったためで、歌ったのは同じく同社専属の並木路子でした。

 荒井恵子は翌年、NHK専属のままキングレコードと契約、セミクラシック系の歌を中心にレコードを出しましたが、あまりヒットしませんでした。

 私の子どもの頃、田舎では何カ所にも水車がありました。その響きは、勤勉さを刺激するよりも、「のんびり行こうよ、マイペースでいいじゃない」といっているように私には聞こえました。

(二木紘三)

|

« 桃色吐息 | トップページ | 小指の想い出 »

コメント

この唄は幼少のころよく耳にしました。かといって聞きたい
訳では有りませんでした。でも頭の中に残っています。
娯楽のなかった時代だったからでしょうか。

投稿: 海道 | 2008年10月 9日 (木) 17時26分

この歌がはやった頃、のど自慢は歌曲、歌謡曲、民謡と部門が別れていましたね。荒井恵子はふくよかな身体と皆を幸せにするような笑顔と明るい声をしていました。
作詞家の清水みのるは浜名湖のほとりで生まれ育ったので、この歌の歌碑が浜名湖畔の小さな公園に建っています。ふるさとの燈台、かえり船など海に関する歌があります。私の隣の区では朝、7時半に森の水車のメロディが流れます。風向きによって我が家でも聴こえる時があります。戦後の暗い世相が明るくなるような明るい歌でした。あの当時、歌手の声が今よりずっときれいでしたね。世の中が明るくなるような歌も、作って欲しいなと思っています。

投稿: ハコベの花 | 2010年12月22日 (水) 20時36分

高峰秀子のレコードはヒットする前に、戦時下にふさわしくないとして発禁処分となり回収されてしまったのです。

投稿: おにま | 2011年12月28日 (水) 15時39分

私の家には60年くらい前まで水車がありました。

水車の回転は、人のリズムと解け合います。

なつかしく聞くことができました。ゆっくりと時間が流れた時代を思い出しました。

投稿: はるちゃん | 2012年8月31日 (金) 17時03分

そうだったのですか!この歌は、「雪の降る街」、「夏の思い出」などと一緒にNHKラジオ歌謡の一つとして戦後作曲された歌だとばかり思っていました。荒井惠子はNHK専属の歌手だと勘違いしていました。

投稿: KeiichiKoda | 2012年8月31日 (金) 17時39分

25年生まれです。ラジオから流れていたのは、荒井恵子の歌声だったのか、並木路子のものだったのか。私はどちらを聴いて覚えたのでしょうか。
ラジオは有線で、「NHK」しか配信していないものでしたから…。
でも、中学の頃、必修曲ではなかったけど、音楽の教科書に載ってました。
おなじ米山正夫作曲の「山小舎の灯」や轟由起子が歌った「お使いは自転車に乗って」も記載されていました。健康的で清純な、「好いた、惚れた」がないものは、教科書OKだったのですね。楽しく歌いました。

投稿: かせい | 2012年11月21日 (水) 00時28分

KeiichiKoda様
あなたの上記コメントは、勘違いではありませんでした。荒井恵子はNHKの専属歌手で、昭和27年に、NHK専属の身分のままキングと契約してレコードを出しました。私の調査不足でした。(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2013年11月11日 (月) 01時29分

 久しぶりの書き込みですが、この曲の発禁の理由についての私の推測を書いてみたいと思います。
 私は「問題は間奏に有る」と推測しています。確かに前奏はドイツ人作曲家アイレンベルクによる同名の器楽曲からもので、発禁を逃れるために日独伊三国同盟にちなんで広く親しまれたこの曲から拝借されたものと思われます。
 しかし、発禁となったレコードの特に2番から3番に移る間奏は、「藁の中の七面鳥(オクラホマミキサー)」を彷彿とさせるものであり、それに続く甘美なメロディもメンデルスゾーンのピアノ曲(無言歌集第5巻,第6曲の「春の歌」を彷彿とさせる甘美なメロディが少なくとも2小節姿を見せています)が、メンデルスゾーンはハンブルグに生まれドイツで活躍したとはいえ、ユダヤの血を引く事からナチスの排斥を受けているので、この2点が問題になったと推測されます。発禁理由の情報公開が無いのであくまでも推測ですが。(発禁版はYouTubeで確認できるようです。)
 それにしても同時期に教科書に採用された「わかば 作詞:松永みやお、作曲:平岡均之」と比べて見ても何という時代だったかと暗澹たる思いです。

投稿: たしろ | 2017年4月14日 (金) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桃色吐息 | トップページ | 小指の想い出 »