« マロニエの木蔭 | トップページ | 緑の牧場 »

三日月娘

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:藪田義雄、作曲:古関裕而、唄:藤山一郎

1 幾夜重ねて 砂漠を越えて
  あすはあの娘(こ)の いる町へ
  鈴が鳴る鳴る 駱駝(らくだ)の鈴が
  思い出させて 風に鳴る

2 恋は一目で 火花を散らし
  やがて真っ赤に 燃えるもの
  あの娘可愛いや 三日月娘
  宵の窓辺に チラと見た

3 急げキャラバン 夜道を駆けて
  町へひとすじ 遠灯(とおあか)
  鈴が鳴る鳴る 駱駝の鈴が
  はずむ心に 触れて鳴る

《蛇足》 昭和22年(1947)2月、コロムビアよりレコード発売。その前年に、NHK・ラジオ歌謡の1曲として放送されました。

 ラジオ歌謡は、「家族みんなで歌えるホームソングを」という戦前の国民歌謡の精神を受け継いで、昭和21年(1946)5月から37年(1962)3月にかけて放送された歌のシリーズです。

 太平洋戦争が激化すると、藤山一郎は南方慰問団に参加、2度南方に赴き、戦地で音楽活動を続けました。昭和20年(1945)、インドネシアで敗戦を迎え、インドネシア解放軍・イギリス軍の捕虜となりました。国内では死亡説が流れましたが、それは誤報で、昭和21年(1946)、航空母艦「葛城」に乗船して復員しました。生還後の初ヒットとなったのが、この歌です。

 このオリエンタルムードは、久保田早紀『異邦人』の遠い先駆けと言っていいでしょう。

(二木紘三)

|

« マロニエの木蔭 | トップページ | 緑の牧場 »

コメント

二木先生がしたためられた「二木紘三のうた物語」で、3年近くコメントを寄せられてないのが、この「三日月娘」です。どなたの目にも耳にもとまらなかったのでしょうか。イッポリトフ・イワーノフのコーカサスの風景、ビゼーの真珠採りなど、スラブ風のメロディに幼少の頃から親近感をいだいています。この唄をラジオで耳にしたかはいつの頃か定かではありませんが、慕情の念の芽生え始めは、この唄を聴いてからのようです。オリエンタルな雰囲気に気持ちが浸りたがるのは、遠い先祖の血(遺伝子)が騒いでいるからでしょうか。申し遅れましたが「二木紘三のうた物語」ページには、この2月から入らせてもらっています。

投稿: 山口 功 | 2010年2月25日 (木) 17時20分

山口様のコメントをクリックしましたら、生前母がよく口ずさんでいた懐かしいメロディが流れて、たちまち60余年前にフラッシュバックしてしまいました。わたしはメロディと歌詞の出だしの部分は覚えていましたが、「三日月娘」という曲名までは知りませんでした。お蔭様で曲名ともどもすべての歌詞を知ることができて感謝しております。二木様、山口様ありがとうございました。
 そこで、「三日月娘」という聞き馴れないことばのイメージを知りたくてネットで検索していましたら、You Tube で藤山一郎がこの歌を唄っている懐かしい映像に行き着きました。そのなかで、かれはこの歌にまつわるエピソードも披露しています。この歌は解説にもありますように、かれが南方慰問団から帰国して最初の吹き込みだったことや、2番の「恋は一目で 火花を散らし」という歌詞にショックを受けたこと、そのとき平和を実感したことなどを語っています。わたしが下手なコメントをするよりも、まずはYou Tubeで正統派歌手が唄う『三日月娘』の歌唱とかれの懐かしい映像をご覧ください。

投稿: ひろし | 2010年2月28日 (日) 15時58分

三日月娘。僕にとってこれほど好きな曲好きな歌詞はありません 繰り返し繰り返し聴いても飽きがきません。寂しいとき悲しい時疲れたときもつぶやくと何かしらすがすがしい気分になり元気付けられます
この歌を何時までも愛していきます

投稿: 遠藤勇 | 2010年6月13日 (日) 12時00分

ひろしさん、遠藤勇さんこんにちは。「三日月娘」ファンができてうれしいです。今のところ3名ですが・・・少数精鋭というとろでしょうか。今年の二月に、実名の山口でこの歌にコメントを書かせてもらいました。そののち、「亜浪沙」に名を変えて好きな歌に思いをつづらせてもらっています。この歌に登場する娘さんは、作家、井上靖の「敦煌」に登場する目鼻立ちのすばらしく知的なウイグル娘に違いないと勝手な想像をしています。

投稿: 亜浪沙 | 2010年6月14日 (月) 16時41分

山口(亜浪沙)様
 
 この度は同好の士としてご挨拶をいただきありがとうございます。
 生前、母は、この歌をよく口ずさんでいましたが、その理由が分かって来ました。それは、この歌が戦後、最初のラジオ歌謡であったことももちろんですが、、それまでの歌謡曲にまったく見られなかった軽快なテンポと、山口様が指摘されたスラブ風の旋律にあったのではないか。さらには、洒落た歌詞のなかでも、とくに2番の「恋は一目で 火花を散らし」にぞっこんだったように思えるからです。戦前・戦中の退廃的なメロディや勇ましい軍歌に辟易していた一般庶民は、この歌の開放的な、明るい歌詞とメロディに戦後の解放感を味わったのではないかと思えてなりません。

 馴染みのない作詞家の薮田義雄について、検索してみました。北原白秋の弟子であったこと、教科書向けの作曲や課題曲、校歌つくり、外国歌謡の翻訳詞などで活躍された方のようです。面白いのは、最初のラジオ歌謡『三日月娘』がヒットしたにもかかわらず、かれは流行歌の作詞家に転進せず、純粋詩(詞)つくりに生涯を終えられたようです。わたしがれの名を初見だったのもむべなるかなです。
 

投稿: ひろし | 2010年6月16日 (水) 23時22分

戦後すぐのころ、ラジオでこの曲を聞きながら「この歌のフシは月の沙漠によう似ちょるのう」と母に言いました。私は童謡・唱歌はみんな母から教えてもらいましたが、そのとき母は「どっちも沙漠やら駱駝が出ちくるからじゃろう」と笑いました。「オリエンタルムード」という言葉を知っていたら母もそう言いたかったのでしょう。

投稿: 林 一成 | 2010年7月10日 (土) 09時58分

三日月娘のファンが徐々に増えてきてうれしいです。林一成様のご母堂がおっしゃった「この歌のフシは月の沙漠によう似ちょるのう」には懐かしさで感動しました。実は、「・・・よう似ちょるのう」は私の郷里の言葉づかいにそっくりです。記憶にはありませんが、私の母もそのように言ってたのかもしれません。

投稿: 亜浪沙 | 2010年7月11日 (日) 11時06分

藤山一郎さん戦後復帰第一弾の歌という事でエキゾチックなメロディながらその歌詞に私は遥か昔 遠くにいた初恋の人に久しぶりに会いに行った時のドキドキときめいたあの時を今思い出させます。好きな歌の一つです。カラオケにあまりないのが残念です。

投稿: たそがれの夢 | 2010年10月20日 (水) 07時02分

NHKの連続ドラマ「おひさま」を観て居ていたら、女学生のヒロインが兄の友人を一目見て玄関で立ち尽くすシーンがありました。50数年前の自分を見ているようでした。初対面の彼を見つめたまま私も立ち尽くした思い出があります。この歌の歌詞の様に「恋は一目で火花をちらし」たのです。彼は19歳、私は16歳でした。ただ見つめるだけで、終わってしまった恋でしたが、友人から「貴女をモデルにしたドラマみたい」とメールが来ました。一目惚れってあるのですね。夢の様な女学生時代があって良かったと思っています。ところで三日月娘ってどういう意味なのでしょうか。

投稿: ハコベの花 | 2011年4月19日 (火) 23時32分

聞き慣れないことば「三日月娘」私見
 三日月が西の空に姿を見せているのは夕方の短時間です。満月のように一晩中は見られません。歌詞にある通り、「宵にチラと見た」だけなので、「三日月娘」と形容したものと想います。その娘に一目惚れしたという訳なのでしょう。

投稿: 槃特の呟き | 2011年5月16日 (月) 00時19分

私はほっそりした美しい娘さんのことを三日月娘というのかと思っておりました。何しろ太陽と月と金星しか天体のことは知らないのですから、考えようが無かったのです。どっちにしても美しい娘には違いないのでしょう。今度三日月をしっかり観察してみますね。
学校時代「花王石鹸」という綽名の女教師がいました。三日月と付けなかった上級生のセンスに感心しました。美しいとは正反対だったからです。

投稿: ハコベの花 | 2011年5月17日 (火) 21時09分

「三日月娘」再考。
 三日月形の眉をした美女を指すのでは、と云う愛らしい解釈も出来そうですが、「チラと見た」だけで蛾眉の判別は難しいと思います。
 なお、病み上がり(闇あがり)のほっそりした身体の譬えに用いるのは三日月より新月の方でしょう。三日月形の「花王石鹸」は「しゃくれた顔」の称として使われたと記憶します。

投稿: 槃特の呟き | 2011年5月18日 (水) 22時48分

槃特の呟きさんの言われるとおり、その女教師はしゃくれた顎の持ち主だったので「花王石鹸」という綽名がついたのです。「三日月」では美女を連想させますからね。綽名はひとひねりしたものがいいですね。良い綽名の先生が何人かおられました。頭のよい上級生に感心したものです。三日月娘はこの歌の作詞者にお尋ねしないと本当の事はわからないと思います。今となっては楽しく聴く事が一番でしょう。

投稿: ハコベの花 | 2011年5月18日 (水) 23時17分

「三日月娘」ファンがこの1年あまりで7名となりました。ペンネームで、ひろし、遠藤勇、林一成、たそがれの夢、ハコベの花、槃特の昡の方々です。つらい年となりましたがエキゾチックな雰囲気にしたるのも天は許されますかね・・・。ところで三日月娘なる人はどんな人なのかと瞑想するのも閑居人の楽しみですね。小生の三日月嬢は、井上靖の「敦煌」に登場するウイグル娘であり、奈良高等女子師範出の若き日本史の先生でもあり、そこへ「いしだあゆみ」さんを重ね合わせての虚像となっています。

投稿: 山口(亜浪沙) | 2011年8月24日 (水) 15時48分

 このオリエンタルムードは、久保田早紀『異邦人』の遠い先駆けと言っていいでしょう。いい解説ですね。
残念ながら彼女にはこれを越える曲は無かったような。

投稿: 海道 | 2011年8月28日 (日) 11時43分

古関メロディー名曲解説によれば「詩の内容から(三日月)のようなほっそりした娘と答えたが、果たしてどうであろうか」とコメントが出されています。
昭和22年に恋という字を初めて使ったラジオ歌謡ですから美しくて細身の娘であって欲しい。

投稿: 海道 | 2011年10月30日 (日) 07時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マロニエの木蔭 | トップページ | 緑の牧場 »