« 白鳥(しらとり)の歌 | トップページ | 白いブランコ »

白いギター

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:林春生、作曲:馬飼野俊一、唄:チェリッシュ

1 白いギターに かえたのは
  何か訳でも あるのでしょうか
  この頃とても 気になるの
  あなたのまわりの 小さなことが
  愛し合う 二人には
  恋の予感が うれしくて
  花をつむ 草原に
  秋の陽射しがまぶしくて

2 爪を噛むのを やめたのは
  何か訳でも あるのでしょうか
  黙っている と気になるの
  あなたのまわりの 小さなことが
  愛し合う 二人には
  恋の予感が うれしくて
  花をつむ 草原に
  秋の陽射しが  まぶしくて

  ラララララ ラララララ……

《蛇足》Guitar 昭和48年(1973)リリース。

 この清純な恋の感じがなんともいいですね。ただし、「愛し合う二人には恋の予感がうれしくて」は変。愛し合っているなら、もう恋でしょうが、予感じゃなくて。

 この歌を聞くと、昔、磐梯高原で見た晩夏の草花を思い出します。

(二木紘三)

|

« 白鳥(しらとり)の歌 | トップページ | 白いブランコ »

コメント

蛇足で作詞にまで言及されているのが楽しいですねぇ。
川内康範さんが亡くなられて。。。。生一本の方がこの日本からどんどん亡くなって行かれますね。

投稿: sunday | 2008年4月 9日 (水) 06時13分

この唄には心をなごましてくれる何かがありますね。先生の
解説には笑ってしまいました。

投稿: M.U | 2008年8月22日 (金) 16時05分

M.U.さま、はじめまして。
「愛し合う二人には・・・」のフレーズへの疑問ですが
英語の「Make love」には、精神的な愛より、肉体的な愛を交わす意味合いがあります。白いギターの色と形から女性の体型を想像してしまうのは行きすぎかしら?

恋の予感がうれしくて・・・
多分、将来結婚へと発展するような想いを抱いたから、余計心がはずんで、嬉しかったのでしょう。

昨今の「できちゃった婚」に比べると清純な乙女の姿が
ほうふつとする歌でしたね。えっちゃんも可愛かった!

投稿: 巴茶寮 | 2008年8月22日 (金) 16時23分

巴茶寮様

愛し合う二人には恋の予感・・・先生の解説に賛成です。

投稿: M.U | 2008年8月22日 (金) 16時40分

「愛し合う」の意味はプラトニックであり、「恋」はもっと肉体的なものという感じに私はとりました。調べてみると、作詞者の林春生氏は1937年生の島根の人である、つまり保守的な恋愛観の持ち主ではということから類推して。(あの素敵な「雨の御堂筋」「京都の恋」の作者でもあります)

投稿: Bianca | 2008年8月23日 (土) 11時48分

愛し合うから恋が生まれ、恋すれば愛し合う。素直に解釈
して。

投稿: M.U | 2008年8月23日 (土) 16時58分

Biancaさんは「恋はもっと肉体的なもの」、ずばりといえばセックスを伴うもの、とお考えのようですが、だとすると、中河与一の「天の夕顔」やゴールズワージーの「リンゴの木」は恋愛小説ではないし、ベアトリーチェに対するダンテの思慕も恋ではない、ということになります。いずれも「肉体的なもの」を伴っていませんから。
私はセックスを汚いものと考えたことはありませんが、「恋の予感」イコール「セックスの予感」であるかのようにいわれると、この清純な恋の歌が汚されたような気がします。

投稿: 昔の文学少女 | 2008年8月23日 (土) 20時43分

愛と恋とは別物だと思います。まあ、あまり実際の経験がないので、書物の知識にすぎないのですが。そもそも、恋愛など、日本には存在しえないのじゃないですか。ある文化人類学者がそう語っておりました。

投稿: Bianca | 2008年8月23日 (土) 23時00分

愛とは「愛と死をみつめて」「智恵子抄」などの世界でしょう。恋とは「恋人よ」でしょう。どちらも人間の心をくすぐるのだから、似たような物だと思います。

投稿: M.U | 2008年8月24日 (日) 09時31分

昔の文学少女様

「愛し合う二人には恋の予感が嬉しくて」このフレーズがあったからヒットしたのですよね。
「城ヶ崎ブルース」では愛と恋が入り乱れています。

投稿: M.U | 2008年8月25日 (月) 12時11分

「愛し合う二人には恋の予感がうれしくて」愛があって、恋
の予感があって、恋に行き着いた、そしてまた愛になる。
こう思うカップルがいても、おかしくはないと思う。この先
は各自の感性により違ってきても当然だとおもいます。

投稿: M.U | 2008年9月 4日 (木) 17時58分

愛と恋の関係について先生の御意見に賛同させて戴きます。次の質問に対するベストアンサーです。

 「人を恋することと、愛することの違いは何でしょう。」
     ベストアンサー
先ず彼女に「恋」心を抱きます。
幸いに彼女も貴方を好きになってくれました。
交際している内に「愛」が芽生えた。
という順序になりましょう。
恋をしてから愛が育つのでは。

投稿: 海道 | 2010年7月24日 (土) 19時17分

昭和48年12月日本列島がオイルショックに揺れた年に長男が誕生しました。
巷ではチェリッシュの歌が大人気で、妻もフアンの一人でした。
チェリッシュナンバーのLPを毎日かけて長男にも子守唄代わりに聞かせていたようです。
私も可憐で清純な歌声が好きで、当時の8トラのカーステレオのソフトに加えました。
3人で外出し、車の中でこの「白いギター」の演奏が始まると必ず「お家へ帰ろう」とぐずりだすようになりました。
条件反射だったのでしょうか。
そんな長男もアラフォー世代、2児の父親となりました。

投稿: タケオ | 2012年10月 4日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白鳥(しらとり)の歌 | トップページ | 白いブランコ »