« 花かげ | トップページ | 浜千鳥 »

花嫁人形

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:蕗谷虹児、作曲:杉山長谷夫

1 きんらんどんすの帯しめながら
  花嫁御寮はなぜ泣くのだろ

2 文金島田に髪結いながら
  花嫁御寮はなぜ泣くのだろ

3 あねさんごっこの花嫁人形は
  赤い鹿(か)の子の振袖着てる

4 泣けば鹿の子のたもとがきれる
  涙で鹿の子の赤い紅(べに)にじむ

5 泣くに泣かれぬ花嫁人形は
  赤い鹿の子の千代紙衣装

《蛇足》 大正13年(1924)、『令女界』の2月号に発表されました。

 蕗谷虹児(ふきや・こうじ)は、明治31年(1898)、新潟県新発田(しばた)(現在は市)に生まれ、13歳のとき、同郷の日本画家・尾竹竹坡の内弟子となって上京しました。
 21歳とき、竹久夢二の紹介により『少女画報』に挿し絵を描き、画家としてデビュー。以後、『令女界』『少女倶楽部』などに独特の抒情画を描き、一世を風靡しました。

 彼の絵には、12歳のとき死に別れた母親の面影が投影されているといわれます。絵のほか、数多くの童謡を作詞しています。

 蕗谷虹児は『花嫁人形』の装画を何度も描いていますが、上の絵は『少女の友』(実業之日本社刊)の昭和26年(1951)3月号に掲載されたものです(部分)

 それにしても、この詞の花嫁は、ほんとうになぜ泣くのでしょう。さまざまに想像をかき立てられる歌詞です。

(二木紘三)

|

« 花かげ | トップページ | 浜千鳥 »

コメント

「花かげ」と「花嫁人形」は共に花嫁さんを題材にした歌で、両者とも私のセンチメンタリズムを大いに刺激してくれ大好きです。前者は花嫁さんは別に悲しんではいないが、妹または慕っていた後輩がお姉さまとの別れを悲しんでいるのに対て、後者は第三者からの目で言ってはいるが、花嫁御寮さんは嫁に行く事をとても悲しんでいるようですね。

好きな人がいるのに貧乏ゆえ金持ちとの結婚を強いられたのか、政略結婚か、あるいは病弱や若輩の家族を残して、自分だけ結婚のために家を出て行く身勝手さを自身に責めているのか。二木先生言われたように、色々考えさせられますね。作詞家は巧みにその辺をぼかして我々に想像させようと思ったのでしょうね。上記ふたつの歌に加えて「雨」も好きですが、これらを海外へ行ったとき聞いたら、涙が出るような気がします。

投稿: 吟二 | 2008年10月 4日 (土) 17時02分

男性は嫁になる女性の気持ちがわからないものだとつくづく思いました。この歌が作られた時代はまだ嫁の権利など認められない時代でしたから、他家へ嫁ぐという事はどのくらい自分をなくす事か、若い娘にもわかっていたと思います。現代でも相当な決心がいります。親元を離れる娘の不安と緊張、おわかりになりますか。いったん嫁げば女三界に家なしなのです。涙なくしては嫁に行けません。もし、吟二様に奥様がいらしたら、お大切になさってあげてください。大変な決心で嫁がれた事でしょうから。

投稿: ハコベの花 | 2008年10月 4日 (土) 19時27分

   山里の夏の雨降る淋し日よ
   花嫁御寮はなぜ泣くのだろ  (拙歌)
 私がこの歌を知ったのは、小学校5年の夏だったと思います。当時は既に町場に越しておりましたが、夏休みは決まって、母の実家である(私の生家でもある)山の中の「水林(みずばやし)」という七軒部落に寄越されておりました。短期的な口減らしということだったのでしょう。
 この部落は、江戸中期かの上杉鷹山公治政下、米沢藩領だった「宮内(みやうち)」という町場の水源確保と管理のために、原野を拓いて造られた部落と言い伝えられております。
 晴れていれば、山に囲まれた里中を、部落の子供たちと好き勝手に遊び回れます。しかしその日は朝からあいにくの雨。昭和30年代半ば頃の山の農家とあって、日中は照明など灯さず、家の中は薄暗く。そんな中昼過ぎ、部落の子供の何人かが母の実家に集まってきました。
 座敷で輪になって遊んでいると。その中の同じ年頃の女の子が、「こんな歌あんなだげど、知ってっか?」と言って、ゆっくりとある歌を歌い出しました。薄暗い家の中で聴いたその歌の、何ともの悲しかったこと。それが、この『花嫁人形』でした。
 なお、山の中の七軒部落が、昭和40年代半ば頃廃村になった次第は、『帰ろかな』で既に述べさせていただきました。

投稿: 大場光太郎 | 2008年10月 5日 (日) 19時04分

ハコベの花さんに叱られてから、もう8ヶ月が経ってしまいました。あの時、「ああ、確かにそうだろうなあ」と反省しましたが、「でも、みんなそうだったわけじゃないんじゃないか」という気持ちもありまして、気持がまとまらず、返信コメントをすぐ出せませんでした。

今も、ハコベの花さんのご意見がおおむね正しいと思っております。女心がわからなくてどうもすみません。でも、わが家の現状は「男三界に家なし」のほうに近いのです。

わが家は娘ばかり3人ですが、婿三人ともに女上位です。婿がかわいそうで、「もっとびしっと言ったらんかい」という場面もあります。先輩!どうしたらよいのでしょうか。

投稿: 吟二 | 2009年6月10日 (水) 22時32分

私たちの年代の親は明治から大正にかけて生まれています。封建制度が色濃く残っている時代ですから、嫁に行ったらあちらの人、どんな苦しい事があっても実家に戻ってはいけないと嫁ぐ娘に言い聞かせました。
今はイヤな事があったらいつでも戻っておいでと娘に言います。挙句に嫁いだ娘にお手伝いさんの様にかしずきます。婿のやるべき事まで母親が手をだします。ですから、今の花嫁は泣かないのでしょう。実に羨ましい花嫁たちです。皆、そうではない事もわかっていますが、近所にもこんな家が沢山あります。婿殿はひたすら嫁の母親の顔色を気にしています。我が息子はそれがイヤなのか結婚はする気が全くありません。それも悩みです。

投稿: ハコベの花 | 2009年6月12日 (金) 00時29分

私が小学校の頃です。同級生の友達のおねえさんが隣村に嫁いで行きました。友達は、いっちゃあイヤだと泣き、花嫁姿のおねえさんも泣いていました。それを見て私ももらい泣きしたことを思い出しました。50年も前の話です。

投稿: だいこんの花 | 2010年5月26日 (水) 00時40分

ここをいつも見ています。
本日はコメントをなんとなく書いてみたくなりました。

私が過去何とか出席した結婚式で
花嫁が泣いていたことがありました。
 ひとつは、数年間がんばり、親の反対を押し切って遠いところに嫁いでいく花夢でした。
 念願がかなったという満足かと考えました。
 彼女は今たぶん幸せになっていると思います。遠いといっても日本国内ですから。
もう一つは、あきらかに嬉し泣きです。
遠いところに嫁ぐわけでなく自宅からそう離れることもなく
自分の希望が実現したという嬉し泣き。彼女は新郎が好きだったということが私にも感じられました。

あと、笑ってばかりいる花嫁もありました。
嬉しくて、嬉しくて。とまらない。
正直ではありましたが。

投稿: みやもと | 2010年8月23日 (月) 22時33分

終戦の前年だったか、学童疎開で田舎の伯母のところにおりました。伯母も従姉も大変可愛がってくれましたが、その従姉が嫁ぐ日、結婚の意味もわからなかった5年生の私は「今度いつ戻っち来るん?」と訊きました。伯母も従姉も苦笑していましたが、勿論従姉は戻ってくることはなく、幸せな結婚生活をおくり、今も85、6歳で元気にくらしております。

投稿: 林 一成 | 2010年8月24日 (火) 10時04分

今の小学生以下の子供達でこの歌の歌詞を理解出来る人が何%いるのでしょう。やがて忘れさられようとした時、天才が現れて似たような名曲に書き換えるのでしょうか。

投稿: 海道 | 2010年8月27日 (金) 10時37分

今、姉様人形を売っている所がありませんから、若い人たちは全くこの歌が理解できないと思います。私も最後に見たのは、戦争中にお土産で貰った姉様人形です。戦後は紙の着せ替え人形しかありませんでした。本当の姉様人形は首から上が雛人形の様になっていて、首の部分が裂いた竹の棒でした。きれいな千代紙が何枚かついていて、それを竹の部分に着物のように折りたたんで着せるのです。なにぶん4,5歳の頃の記憶なので顔や頭が何で出来ていたのかわかりません。胡粉を固めたもののようでした。千代紙も本当にきれいで、着せ替えて遊ぶのがとても楽しかったです。

投稿: ハコベの花 | 2010年8月27日 (金) 17時41分

曲とともに解説も楽しみです。

投稿: 関口 昌司 | 2011年10月23日 (日) 18時48分

先日ガラクタ骨董市で未開封のLp3枚(1,000円)を買い聴いたところ、何んといきなり「花嫁人形」らしいメロディが流れてきました。
タイトル『SOUL TRAIN』(ds:E.ジョーンズ、ts:A.ホワイト、ts.ss:A.ブラウン、g:M.ホーン、b:A.マクロウド)のA面№1;“DOLL OF THE BRIDE”で、ジャズ超名ドラマーのエルヴィン・ジョーンズが〔ジャズ・マシーン〕というグループで1978年4月に来日した際、長崎出身の奥さんのケイコ・ジョーンズが編曲したものでした。
そして嬉しかったのは、スタンダード・ジャズもいいがもっと日本の曲を、つまり何時もバカの一つ覚えで言っている<ジャパニーズ・ジャズ=J・J>でジャズ・ファンを増やしたいと・・・それを33年前アメリカのジャズ・プレヤーが既に先取りしていたということにも感動しました。

二木先生をはじめコメンとされた皆さんから「花嫁人形」の当時の背景やイメージ等を知り、今まであまり気にもしなったこの歌が心のプログラムにくっきりと記録され、またひとつお宝が増えました。

投稿: 尾谷光紀 | 2011年10月25日 (火) 22時52分

お久しぶりです。ブログ名を「恋愛もいろいろ」から「懐かしの歌とともに」に先月から変えました。今、来月の下書きをしています。六月はジュンブライトです。そこで思いついた歌が、唱歌の花嫁人形です。私も真剣に詩を読みまして、悲しい内容を知りました。皆さんのコメントを読んで、作られた当時を教えていただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。

投稿: セレナーデ | 2012年5月23日 (水) 11時43分

昔流で言うと90歳になります。何時のころ科、この歌が僕の心に沁みこんでいました。今や言葉もありません。  懐かしいなどというものではありません   豊田市  老医

投稿: 久保田甲司 | 2012年11月30日 (金) 20時57分

 もうじき夜中の1時になります。頭痛で眠れず今痛み止めを飲みました。薬が効いてくるまでと思って「うた物語」を開いたら、「花嫁人形」でした。(パソコンをちゃんとおとしていなかったのですね)この「花嫁人形」は48年前に亡くなった父を思い出させます。
 母は19歳で嫁いでいるので、長女である私にも早く結婚させたがっていました。しかし父は「あの子は自分で納得した人物じゃないと駄目だよ」と母に言っていたそうです。
 お陰さまで、夫と初めて会ったとき「あ、私はこの人と結婚するんだ」と直感しました。一ヶ月後プロポーズされ八ヶ月後挙式でした。(因に私24歳)
 大きな鏡の前でどんどん花嫁姿になっていく自分を見ていたら、なぜか涙がにじんできてしまいました。すっかり花嫁姿が出来上がったら涙がこぼれ始めてしまいました。美容室から出てきた私を見た父は「花嫁御寮がなぜ泣くのだろうって本当なんだね」と母に言っている言葉が耳に入ってきたら、大粒の涙になってしまいました。
 記念写真の花嫁さんの顔はブッスと撮れていました。実のところ私もなんで涙が溢れてきたのかわかりませんでした。

投稿: konoha | 2017年2月15日 (水) 01時25分

 私が1月に結婚して3月に父が外出先で亡くなりました。亡くなる1週間前に私の新居に連絡なしに訪れて、にこにこと「お酒がおいしいね」と飲んで帰って行きました。母は父がわたしの所へ行ったことは知らなかったと言っていました。

投稿: konoha | 2017年2月15日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花かげ | トップページ | 浜千鳥 »