« 雪が降る | トップページ | 夢は夜ひらく(園まり) »

湯の町エレジー

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:野村俊夫、作曲:古賀政男、唄:近江俊郎

1 伊豆の山々 月淡く
  灯りにむせぶ 湯の煙
  ああ 初恋の
  君をたずねて 今宵また
  ギターつまびく 旅の鳥

2 風の便りに 聞く君は
  出湯の町の ひとの妻
  ああ 相見ても
  晴れて語れぬ この思い
  せめて届けよ 流し歌

3 淡い湯の香も 路地裏も
  君住むゆえに 懐かしや
  ああ 忘られぬ
  夢を慕いて 散る涙
  今宵ギターも むせび泣く

《蛇足》 昭和23年(1948)9月リリース。トータルで100万枚近く売れた、昭和20年代最大のヒット曲の1つ。

 名手・近江俊郎にも、出だしの低音が歌いにくかったようで、20回近く録り直したと伝えられています。
 NHK「のど自慢
素人演芸会」の大人気曲でしたが、「月淡く」の「つ~」のところで音を外してしまい、そこで鐘1つとなる者が大半でした。

 近江俊郎は、武蔵野音楽学校(現在音大)中退後、昭和11年(1936)にプロ歌手になりました。
 戦前はヒット曲に恵まれませんでしたが、戦後、この『湯の町エレジー』の大ヒットにより一躍スターダムに。その後『悲しき竹笛』『山小舎の灯』『南の薔薇』『別れの磯千鳥』などのヒットを飛ばしました。

 昭和29年(1954)に映画監督となり、兄・大蔵貢が社長を務める新東宝で『坊ちゃん』シリーズなど多くの作品を手がけました。
 昭和50年代からテレビで歌番組の審査員などを務め、人気者となりました。歌手・映画監督・テレビタレント時代を通じて、明るい人柄で多くの人に親しまれました。

 平成4年(1992)7月5日没、享年73歳。

(二木紘三)

|

« 雪が降る | トップページ | 夢は夜ひらく(園まり) »

コメント

青春の思い出が一杯詰まった唄でした。
湯の街のある国の機関に勤めていた頃の職場の昼休みには、マンドリン・ギターの愛好者が宿直室に集まって、この「湯の町エレジー」を合奏していました。
歌詞に付いた曲もですが、伴奏や間奏がより以上に心を捉えました。
此の頃は58年位前のことですから忘れ去っているのですが、こうして此の曲を聴き歌詞を見ながら唄っていますと、ありありと当時の時代が甦ってきて涙が出ます。
その頃の友達は主人も含めて次々と旅立ちました。
あの頃に徹夜して仕事をした同士・友達は、あの世のカラオケ屋で唄っているのでしょうか?

投稿: 香西 千鶴 | 2008年1月 7日 (月) 23時43分

子供の頃からよく聞いた歌ですが、60年たっても情感あふれるメロディーと歌詞に聞き惚れます。
「伊豆の山々」はいいですね。昔、会社員だった頃は、懇親会や忘年会などがあると、すぐに熱海、伊東、伊豆長岡といった温泉地に行って、夜遅くまで騒いだものです。しかし、最近は伊豆の温泉地も飽きられたのか、あるいは若い人たちが他のレジャー施設へ行ってしまうのか、少し寂れた感じになっているようです。
でも、こういう曲を聴いていると、自分もギターをつまびきながら初恋の人を偲んでいるようで、温泉地の湯煙や路地裏が脳裏に浮かんできます。 伊豆の山々にふさわしい名曲だと思います。

ところで、この場を借りて申し訳ありませんが、当サイトを讃える小文を以下のブログに収めておりますので、興味のある方はご一読いただければ幸いに存じます。
http://blogs.yahoo.co.jp/yajimatakehiro2007/18446373.html

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年5月25日 (日) 13時45分

 四国のど田舎の夕暮れ、都会から帰ってきた不良じみた大学生が、ギターを弾いてこの歌を教えてくれました。極貧のチビだった私は、未だ見ぬ遠い都会生活への憧れをかきたてられたものです。

 だからそれ以来、この歌は私の十八番です。近江さんの声をまねて、いつもうたっています。特に高音部がたまらなくいいのです。

投稿: 雲井逢月 | 2008年5月25日 (日) 18時28分

伊豆の山々を源流として天城隧道の下流に河津七滝があります。そこに一人で遊びにいった時、温水プールで泳いでいたら、美人の二人のお嬢様が泳ぎたいと言う、宿
の主人に相談したらと言ったら、水着姿で現れました。
2時間程3人で泳いでから別の滝に移動しました。

投稿: 海道 | 2011年9月27日 (火) 12時37分

昨夜、フォレスタが歌う湯の町エレジーを聴きました。この流しの青年の心模様が今の若い人たちに理解されているのだろうかと思いました。忘れられない初恋の人の住む町へ、相見ても晴れて語れぬこの思い、この青年の純情さ、私にはなぜか深い愛が感じられます。見つめるだけでも十分な愛がありますね。この歌を聴いて、若い日に見つめてくれた青年の瞳にもう一度会ってからあの世に旅立ちたいと思うようになりました。「何も言わず見つむるのみの我が愛を君知らずして今日も過ぎゆく」道浦母都子、私はこの歌と愛が好きです。

投稿: ハコベの花 | 2013年5月28日 (火) 20時53分

幼い頃にラジオから流れるこのメロディーを幾度も耳にして、ギターにすっかり魅せられました。いつか自分でもこの曲をギターで弾いてみたいと思いつつ、実現できないままもうすぐ後期高齢者の仲間入りをします。そんな時に、ボランティアでこの曲を老人ホームで歌うことになりました。CDを聞きながら楽譜と首っ引きで練習しています。誰でも歌えるように見えますが、なかなか難しい曲だとあらためて感じています。

投稿: Fritz | 2016年2月29日 (月) 16時48分

 いい歌です。50代のころ上司にこの歌が好きだと言った人がいました。若いころある青年がギターで教えてくれたそうです。私もギターでときどき弾いています。もっとも自己流の域なのですが。
 

投稿: 今でも青春 | 2016年3月 3日 (木) 20時01分

今朝、NHKラジオ深夜便「作家で綴る流行歌:野村俊夫(作詞)作品集」を「ラジカセ」で留守録音。

仕事(弁当・食材等)の宅配での安全運転の合間に、車中で聴くことに・・・。

最初に流れた曲が、私が戦前・戦後の流行歌の中でも特に心に残る一曲「湯の町エレジー」でした。

録音テープを聴くまでは、作詞が「野村俊夫」とは知る由もありませんでした。

作曲が「古賀政男」、そして、歌手が「近江俊郎」・・・
三拍子揃ったベストメンバーで、特に、二木先生の蛇足にあるように、収録時における近江俊郎の努力の成果が大ヒットに大きくつながったと思います。

また、他に放送で流れた曲は、同じく近江俊郎の「南の薔薇」・・・そして、初めて聴く曲でしたが、「鳴海日出夫」の「涙のグラス」・・・印象に残る曲でした。


投稿: 一章 | 2016年10月20日 (木) 21時24分

 懐かしい! いい歌ですね ♪♪

昭和23年(1948)9月リリースと言えば 私は小学校に
入る前でした。
大人の歌と思い 調子のいいところだけ歌っていました。

「・・あ~~~ああ 初恋のお~~♪♪」意味も分からず。

管理人さんや皆さんのコメントを読みながら 「詞や曲」をあらためて 楽しませていただいています。

 有難うございます。

投稿: けん | 2016年10月21日 (金) 17時51分

この歌は、数ある古賀メロディのなかで、ギター伴奏の曲では『影を慕いて』と並ぶ名曲だろうと思います。とくに、前奏の部分が秀逸ですね。ただ、《蛇足》にもあるように、プロ歌手の近江俊郎が20回以上も録りなおされたとあるように、素人が唄う場合も、歌い出しには要注意です。したがって、わたしは、この歌をカラオケで唄ったことはありません。
 作詞家の野村俊夫は、戦後数々のヒット曲を作りましたが、わたしには、戦時中の『暁に祈る』や『あゝ紅(くれない)の血は燃ゆる』(学徒動員の歌)の方で親しみがあります。戦時中は、かれに限らず作詞・作曲家や歌手は、多かれ少なかれ聖戦完遂の名のもとに、戦意高揚の歌を作るように命じられたのですが、かれはもともと勇ましい歌を作ることが苦手だったようで、かれの作る歌は「軟弱で人心を堕落させてしまう」(検閲官のことば)と評価され、ことごとく却下されたといいます。収入が途絶えたかれは、やむなく戦時歌謡を作らざるを得なくなったのですが、歌詞にはどうしても「軟弱」な部分が出て来るようで、『暁に祈る』は7回も書き直しを命じられたとのことです。歌詞の出だしの「あゝ あの顔で あの声で……」の「あゝ」は、その時のかれの嘆息がヒントになったというエピソードがあるくらいです。ですから、戦後、検閲制度が進駐軍(日本占領軍、主としてアメリカ軍)の手に移ると、水を得た魚のように軟弱(?)な歌を数多く作り、ヒットにつなげたんでしょうね。この歌のほかには、『南のバラ』『ハバロフッスク小唄』『東京だヨおっ母さん』などがヒット曲として、未だに多くのファンを持っています。

投稿: ひろし | 2016年10月23日 (日) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪が降る | トップページ | 夢は夜ひらく(園まり) »