« 白い花の咲く頃 | トップページ | さよならをするために »

さとうきび畑

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:寺島尚彦、唄:森山良子 他

1 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  今日も見渡すかぎりに
  みどりの波がうねる
  夏の陽ざしのなかで

2 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  昔海のむこうから
  いくさがやってきた
  夏の陽ざしのなかで

3 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  あの日鉄の雨にうたれ
  父は死んでいった
  夏の陽ざしのなかで

4 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  そして私の生まれた日に
  いくさの終りがきた
  夏の陽ざしのなかで

5 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  風の音にとぎれて消える
  母の子守の歌
  夏の陽ざしのなかで

6 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  知らないはずの父の手に
  だかれた夢を見た
  夏の陽ざしのなかで

7 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  父の声をさがしながら
  たどる畑の道
  夏の陽ざしのなかで

8 ざわわ ざわわ ざわわ
  広いさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  お父さんて呼んでみたい
  お父さんどこにいるの
  このままみどりの波に
  おぼれてしまいそう
  夏の陽ざしのなかで

9 ざわわ ざわわ ざわわ
  けれどさとうきび畑は
  ざわわ ざわわ ざわわ
  風が通りぬけるだけ
  今日も見渡すかぎりに
  みどりの波がうねる
  夏の陽ざしのなかで

10 ざわわ ざわわ ざわわ
  忘れられない悲しみが
  ざわわ ざわわ ざわわ
  波のように押しよせる
  風よ悲しみの歌を
  海に返してほしい
  夏の陽ざしのなかで

  ざわわ ざわわ ざわわ
  風に涙はかわいても
  ざわわ ざわわ ざわわ
  この悲しみは消えない

《蛇足》 沖縄返還の5年前、昭和42年(1967)に作られました。

 声高な反戦歌ではなく、非戦・鎮魂の思いがひたひたと伝わってくる歌です。
 ただし、こういう静かな反戦メッセージは、もしかしたら日本人以外にはあまりアピールしないかもしれません。

 森山良子のほか、ちあきなおみ、新垣勉など多くの歌手が歌っています。長く歌い継がれるだろうし、歌い継がなくてはならない歌です。

(二木紘三)

|

« 白い花の咲く頃 | トップページ | さよならをするために »

コメント

昭和42年の夏、この歌の作詞・作曲家である寺島尚彦さんが沖縄を訪れたちょうどその頃、私も友人と二人で初めて沖縄を訪れました。
その当時の沖縄はアメリカ軍の管理下に置かれていたため、パスポートや検疫証明書などが必要で旅行前にずいぶん手間がかかりました。東京・晴海埠頭から船で丸二日(二昼夜)かかって、ようやく那覇にたどり着いたものです。
すぐに摩文仁(まぶに)の丘、ひめゆりの塔などの南部戦跡を訪れましたが、バスで向かう途中は、この歌にもあるように「さとうきび畑」が延々と続き非常に印象的でした。灼熱の太陽のもと、さとうきびが「ざわわ ざわわ」と揺れていたので、寺島さんはそれに感じてこの曲が出来上がったのですね。
この曲はたしかに非戦・鎮魂の歌ですが、その当時もベトナム戦争に赴くアメリカ兵が沢山いました。コザ市(現在の沖縄市)のスナックバーで、ある黒人米兵とビールを飲みましたが、彼も「もうすぐ、ベトナムに行くよ」と言って、サラサーテの『ツィゴイネルワイゼン』をリクエストし、静かに聴いていたのが忘れられません。あの黒人米兵はベトナムでどうなったのでしょうか・・・

投稿: 矢嶋武弘 | 2008年6月25日 (水) 16時15分

第10節を除き「風が通りぬけるだけ」というフレーズがこの歌の心を引き立てているようです。
サトウキビ畑の隙間を貫ける微風が悲惨な戦争の出来事を全て知り尽くしているかのように。
一句:寂しさの摩文仁の丘の蛙かな  波路

投稿: 波路 | 2008年8月31日 (日) 17時17分

今日慰霊の日。去る64年前、太平洋戦争末期の沖縄戦で、日本軍の組織的戦闘が終わった日とされています。‘鉄の雨、鉄の暴風’とも形容される米軍の圧倒的武力・火力にも耐えて、約3ヶ月も果敢な抵抗を続けた日本軍を支えたのは沖縄の島民であり、県民でした。鉄血欽皇隊の中学生やひめゆり部隊の女学生の悲劇は余りにも有名ですが、その他の島民も積極的に軍に協力したといわれます。沖縄守備隊海軍司令官太田実中将は最後に、「沖縄県民斯ク戦ヘリ。県民ニ後世格別ノ御高配賜ハランコトヲ」と悲痛な電文を打って自決しました。
 沖縄は37年前に漸く返還されましたが、太田司令官の遺された悲願は果たされているでしょうか。遺憾ながら沖縄は、未だに基地の島として、その悲劇的運命を引きずっているように見えます。いつになったら、さとうび畑を渡る風が「ざわわ ざわわ」でなく、爽やかな「さわわ さわわ」と奏でるようになるのでしょうか。

投稿: ひろし | 2009年6月23日 (火) 12時04分

毎朝 二木さんのこのページにおジャマさせてもらっている。ずいぶん前からで、今のような作りではなかった頃からのことだから、10年以上も経つだろうか。これだけいろんなことを教わっていながら、お礼の一言もせず今日が初めてのメール。我ながら全く失礼な奴である。改めてお詫びするとともに、これまでのお礼を申しあげます。
で、先日森山良子のコンサートに行ってきて、久しぶりにこの「さとうきび畑」を聴き、あらためて感動してきた。還暦を過ぎた自分が最初に行ったコンサートが森山良子で45、6年も前のこと。その時初めてこの歌を聴き、感涙し、すぐにレコードを探し回ったのだが、これだけ長い歌、まだLPも出ていなかった。まだ彼女が人気が出始めようかという時だったし、その上
さとうきびを知らなかった自分が訊ねた曲名が「森山良子の『とうもろこし畑』はありませんか?」だった。でも、どの店でも間違いを指摘されたことはなく、ただ「ありません」だけ。こんなこともあり、自分にとってこの「さとうきび畑」は、特別の思いの歌でもある。
今久しぶりにこうして聴き、声高の反戦歌ではなく・・・<蛇足>を読ませてもらい、ある歌を思い出した。それが「戦争は知らない」。リストアップをみたがこの歌がない。自分はこの歌もとても感じる歌で、今でも口ずさんだりする。なんかオカシな方向へ進もうとしているニッポン、このような歌を思い出し、儲けとか損得だけじゃない、数字では表わせないけどとても価値のある何かを、この国が大切にする国になって欲しいな・・・と聴きながら思いました。
という訳で、「戦争は知らない」がこのページに加えてもらえたらなぁと思い、メールしました。
(長文、ゴメンナサイ)

投稿: 時化も凪も 海 | 2014年10月14日 (火) 09時38分

サトウキビは、沖縄だけでなく、奄美群島、種子島・屋久島でも穫れます。沖縄ではサトウキビのことを『ウーヂィ』というそうです。   私の故郷・種子島では『オーギ』といいます。
 子供の頃から何で『オーギ』というのかなぁと不思議だったのですが、沖縄からの流れだったのですね。確かに『オキナワ』を『ウチナー』ですものね。 沖縄占領の後は南西諸島が跳び石的に狙われていたのかもしれません。

投稿: かせい | 2014年11月24日 (月) 21時55分

「オーギ」という言葉は種子島に行ってはじめて知りました。私の小さい頃は大隅半島ですが、「サトウキビ」を作っていました。方言でしょうか。「さときっ」と言っていました。冬になると伐って、少し離れたさとうきび絞りの機械のあるところに持って行き砂糖を作っていました。
 この歌は六〇歳前にはじめて聞きました。森山良子のコンサートに行ったときです。そんなに昔に出来ていたとは今知りました。以前NHKTVで「そし歌は生まれた」でもやっていました。いい歌です。

投稿: 今でも青春 | 2015年8月10日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白い花の咲く頃 | トップページ | さよならをするために »