« 喜びも悲しみも幾歳月 | トップページ | あゝそれなのに »

山の彼方に

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:西條八十、作曲:服部良一、唄:藤山一郎

1 山のかなたにあこがれて
  旅の小鳥も飛んで行く
  涙たたえたやさしの君よ
  行こよ 緑の尾根越えて

2 月をかすめる雲のよう
  古い嘆きは消えてゆく
  山の青草素足で踏んで
  愛の朝日に生きようよ

3 赤いキャンプの火を囲む
  花の乙女の旅の歌
  星が流れる白樺こえて
  若い時代の朝が来る

4 山の彼方に鳴る鐘は
  聖(きよ)い祈りのアベマリア
  強く飛べ飛べ 心の翼
  光る希望の花のせて

《蛇足》 昭和25年(1950)に公開された新東宝映画『山のかなたに』(千葉泰樹監督)の主題歌。前年に発表されて大ヒットした『青い山脈』と同じく、西條八十・服部良一・藤山一郎のコンビによる青春歌謡です。

 歌としては、『青い山脈』に劣らない傑作といっていいでしょう。私は、どちらかというと、こっちのほうが好きですね。

 映画は石坂洋次郎の新聞小説を映画化したもので、「第二青い山脈」といった感じの作品。予科練(海軍飛行予科練習生の略)帰りですさんだ生徒たちの暴力によって荒れた学校を、物理教師(池部良)が一般の生徒たちと協力して立て直すといった物語。
 これに美貌の洋裁教師
(角梨枝子)やその生徒(若山セツ子)がからみます。ラブレター事件が起こるのも、『青い山脈』と似ています。

 10年後の昭和35年(1960)、東宝が同じ監督の手でリメークしましたが、暴力をふるうグループは、予科練帰りではなく、普通の不良になっていました。

(二木紘三)

|

« 喜びも悲しみも幾歳月 | トップページ | あゝそれなのに »

コメント

高校2年生のころでした。
担任は海兵出身の元気な数学の先生で、勉強が楽しくなりました。その先生はマラソンの監督でもあり、私も選手で高校駅伝の予選に出たのを覚えています。「山の彼方に」は思い出深いです。

投稿: 波路 | 2007年8月 2日 (木) 20時40分

高校時代、風邪で休んだ日に床の中で文庫本を読んだ記憶があります。「青い山脈」は女子学生が主人公で「山のかなたに」は男子学生が主人公であったと思います。
民主主義になったとは言え「男女七歳にして席を同じうせず」といった考えの大人が多かった時代、純情な私はこんな本に胸ときめかせて読んでいました。
去年の暮れ頃でしたか、NHKのラジオ深夜便(我が人生の歌がたり)で五木寛之が「青い山脈」より「山のかなたに」のほうがいいというようなことを言っていました。わたしもこの歌の方が好きです、歌うのは難しいですけど。

投稿: 周坊 | 2008年4月 9日 (水) 21時50分

昭和35年以降自然に優しい、この種の唄はなくなってしまいました。高度経済成長が絡んでいるのでしょうか。しかし
姿を変え、智恵子抄、愛と死をみつめてなど人間に優しい
唄は色々ありますが。

投稿: M.U | 2008年7月 1日 (火) 07時27分

この方がインドネシヤで捕虜生活を送られたとは知りません
でした。由紀さおり、芹洋子、倍賞千恵子がお気に入りだったことも。確かにこの3女性は歌い方が似ている様に思えます。しかし素晴らしい歌手を失った事は事実ですね。

投稿: 海道 | 2008年12月17日 (水) 16時01分

映画のオリジナル版は数年前、CSで放送されました。
宝田明・白川由美主演のリメイクは、20年以上前に
やはりテレビで見ましたが、志村一等兵に夏木陽介、
大助少年に山内賢と、これも今では「時の彼方」です。

父親が連隊長で抑留中の留守家族、という設定からして、
敗戦直後という時代のにおいを実感するのに、
これほど最適なテキスト(主題歌を含め)はないでしょう。
ただ、残念ながら、最近まで残っていた新潮文庫版は、
現在は絶版です。


投稿: 若輩 | 2008年12月18日 (木) 00時54分

この詩にも〔白樺〕がでてきます。昔観た洋邦どちらのロマンチックな映画にも白樺林を歩くヒロインや、また少女小説にも白樺の下に佇む少女の絵を多く見た気がします。が、私浜育ちで白樺という木を成人になるまで見たこともなく、40年前八ヶ岳で初めて白樺の下に佇む事が出来て感激したのを覚えています。

〔山のかなたに〕あらためて美しい曲 詩だと思います。


投稿: おキヨ | 2008年12月18日 (木) 12時25分

これが石坂洋次郎原作で「青い山脈」の続編というか兄弟作品であることはあまり知られていません。石坂文学にはまった高校時代を思いだします。
またこの曲も忘れられつつあります。忘年会での二次会であるバーのカラオケで歌ったことがあります。バーのマダムが「そんないい曲があったの?」・・・そのくらいです。メロディーもいいし、また詩がいい。私が生まれてすぐのころで映画は見たことはないが、青春時代を思いだす懐かしいものです。

投稿: 小田継雄 | 2010年12月13日 (月) 13時41分

山のかなたには私が大好きな曲の一つです。戦後の復興の中で、みんなが新しい時代を夢見て生活していました。西条八十さんの詩には随所に「夢」「あこがれ」「希望」などの言葉が宝石のようにちりばめられおり、当時の人々の思いがうまく表現されていると思います。私が3歳の時の曲ですが、何故か愛唱歌になりました。
先日、絶版になった石坂洋次郎さんの小説を手に入れ読み直しています。

投稿: いっちゃん | 2011年3月17日 (木) 16時58分

私、1948生まれ。高校生の頃、ラジオ大阪(現在の局名は?)の深夜番組にこの曲をハガキリクエストして採用され、同番組に電話出演したことを思い出しました。にしても、当時はすでにこの曲、忘れられた存在でしたが、高校の音楽の先生がラジオ歌謡ふうの歌が大好きで、私にもその影響があったのでしょうね。定年退職し、家でパソコンに興ずるきょう、この頃、懐メロ番組でもまず聴くことはない「山のかなたに」に出会い、感激です。ありがとうございました。

投稿: 有限会社桑原商店 | 2012年5月14日 (月) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜びも悲しみも幾歳月 | トップページ | あゝそれなのに »