« ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー | トップページ | 悲しき口笛 »

別れのタンゴ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:藤浦 洸、作曲:万城目正、唄:高峰三枝子

1 別れの言葉は 小雨の花か
  さようならと 濡れて散る
  あつい情けに 泣いたあの夜も
  はかない ひと夜の露か

2 あふるる涙に 夜空がうつる
  さようならと 流れ星
  恋のアルバム ひとり開けば
  わびしや まぶたは曇る

3 あの日の言葉を ひそめて抱いて
  さようならと また歌う
  恋のなごりに 胸をやく身の
  いとしや 別れのタンゴ

《蛇足》 昭和24年(1949)公開の松竹映画『別れのタンゴ』(佐々木康監督)の主題歌。スターを目指す歌手(高峰三枝子)とその婚約者(佐分利信)、指に戦傷を負ったかつての名ヴァイオリニスト(若原雅夫)とその恋人(高杉妙子)による恋のクァドリール。

 写真はデビュー間もないころの高峰三枝子。

(注:クァドリール〈quadrille〉はカドリールとも書く。男性2人と女性2人が1組になり、方形を作って踊る。フランスで発生した宮廷ダンスで、世界中に広まり、鹿鳴館でも盛んに踊られた。その音楽はジャズにも取り入れられている。――質問がありましたので、書きました。)

(二木紘三)

|

« ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー | トップページ | 悲しき口笛 »

コメント

懐かしいメロディーを聴いていると癒しと気分転換になります。

投稿: 高木ひろ子 | 2007年8月31日 (金) 07時17分

85才、癒しを感じます。

投稿: 山本 潔 | 2007年8月31日 (金) 20時00分

歌う女優としての高峰三枝子はよく知られていますが、お父さんは有名な筑前琵琶の宗匠『高峰筑風』であることはNHKラジオの『父の芸風を語る』という生番組に本人出演で聞くまで知りませんでした。父の和風の音感が娘の洋風にみごとに伝わったのだろうと、トーク番組を聞きながら思いました。昭和51年頃のラジオ番組でしたが・・・。

投稿: 乙女座男 | 2007年12月 8日 (土) 01時44分

高峰三枝子は吉永小百合の母親役でスクリーンでお見かけし
ただけですが、これだけの名曲を残されたのだから、歌える
女優として評価は高かったでしょう。

投稿: M.U | 2008年7月11日 (金) 12時24分

家内と一緒に社交ダンスを習っていますが、この曲は
哀愁があり、タンゴがうまく踊れるような気がします。
ワルツを踊るなら同じく高峰三枝子が歌っている「水色のワルツ」です。

投稿: 荻原 敏章 | 2008年11月26日 (水) 12時40分

ワルツ、タンゴ、ブルース等若い頃やる機会は沢山ありましたが、食わず嫌いで終わってしまいました。今でも
出来るのはフォークダンスだけです。

投稿: 海道 | 2010年7月13日 (火) 08時03分

久し振りの投稿です。
私は、昭和初期の女性歌手の中で一番手に浮かぶのが「高峰三枝子」さんです。
お顔の表情の優しさと伸びのある心温まる歌声にいつも心が和んでいます。
毎日の仕事を終え、晩酌「芋焼酎」で一日を振り返り、「うた物語」に集う皆さんの素敵なコメントを拝読するのが日課になり、パソコンにスイッチON・・・「別れのタンゴ」に目が留まりクリック・・・流れてきたのが🎵哀愁漂うタンゴのリズム🎶・・・独身時代、ダンス教授所に日参していた頃を懐かしく想い出しています。
まだまだ若いので、(後期高齢者でも心は青年のつもり)ダンスに再挑戦したいと思ってる今日この頃です。
いつもながら二木楽団の素晴らしい演奏に酔いしれます。
ありがとございます。

投稿: 一章 | 2017年3月17日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー | トップページ | 悲しき口笛 »