« 津軽のふるさと | トップページ | 月見草の花 »

月がとっても青いから

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:清水みのる、作曲:陸奥明、唄:菅原都々子

1 月がとっても青いから
  遠まわりして帰ろう
  あの鈴懸の並木路(なみきじ)
  想い出の小径(こみち)
  腕をやさしく組み合って
  二人っきりでさあ帰ろう

2 月の雫に濡れながら
  遠まわりして帰ろう
  ふと行きずりに知り合った
  想い出のこの径(みち)
  夢をいとしく抱きしめて
  二人っきりでさあ帰ろう

3 月もあんなにうるむから
  遠まわりして帰ろう
  もう今日かぎり逢えぬとも
  想い出は捨てずに
  君と誓った並木みち
  二人っきりでさあ帰ろう

《蛇足》 菅原都々子は昭和2年(1927)青森県で作曲家・陸奥明の長女として生まれました。古賀政男に歌唱力を認められて養女となり、10歳のときテイチクレコードから童謡歌手としてデビューしました。

 戦後『憧れは馬車に乗って』『江ノ島悲歌』『連絡船の歌』など次々とヒットを飛ばし、テイチクレコードの黄金時代を築きました。

 極めつけは、昭和30年(1955)に実父・陸奥明が作曲した『月がとっても青いから』で、累計約100万枚売り上げました。当時のレコード市場の規模を考えると、現在の数百万枚以上にも匹敵する空前の大ヒットでした。

 「月がとっても青いから……」は、当時の流行語になりました。デートのあと別れがたい恋人同士が「月がとっても青いから、遠回りして帰ろう」などと使ったといいます。

(二木紘三)

|

« 津軽のふるさと | トップページ | 月見草の花 »

コメント

この歌♪月がとっても青いから♪を聴きましたのは、…そう今を遡ること五十年近く前になろうかと思います。当時、私は小学生の低学年でありましたが、今はもうなくなってしまいました小学校の木造校舎の講堂で巡回映画の主題歌として聴いた記憶が残っております。もちろん、映画は白黒だったと記憶致しておりますが、筋書きまでは憶えておりません。

投稿: 水本爽涼 | 2008年5月23日 (金) 14時11分

月が青く見えるのは、青い地球に照らされてるからだ、とか。
ホントかどうか知りませんけど、そんな話を聞いたことがあります。

投稿: kochia | 2009年12月 6日 (日) 03時08分

「想い出の小径よ」とは過去の事を言っているのだと読めますが全体の詞は昭和30年とは思えません。今でも
通じるように思えます。

投稿: 海道 | 2009年12月 7日 (月) 18時08分

なぜか、何度も聴いてしまいます。

つい最近、仏の動画サイトで、日本の30代女性シンガーがこの曲を歌うのを観ました。
ナツメロとはまったく縁のなさそうな人ですが、歌のココロとでもいうのでしょうか、
それが「ちゃんと引き継がれているなぁ」・・・と、感慨深いものがありました。

投稿: 乞児 | 2010年9月19日 (日) 03時38分

「青い月」とは古代日本語の名残で「淡く輝く月」の事だそうですがこのように詞に組み込むセンスに感服します。

投稿: 海道 | 2012年9月12日 (水) 14時26分

教養とは言葉の裏に多くの意味があることを知っていることなのですね。昔の作詞者には古語、漢語などの教養がぎっしり詰まっていたようです。海道さんの頭にも一杯入っているのでしょう。淡く輝く月とは知りませんでした。ただロマンチックな月夜を表現しているのだと思っていました。眠り草さんが言われたように曖昧な表現の中に沢山の意味が詰まっています。曖昧な日本語、大好きです。その真意をくみ取る力を欲しいと思います。臨機応変に理解する能力です。昔の歌は歌詞が素晴らしい。曖昧な日本語で私は楽しみたいと思います。この歌も大好きです。

投稿: ハコベの花 | 2012年9月12日 (水) 16時45分

この歌を聴くと、近所に在った「パーマ屋」さん(美容院)を思い出します。
蓄音機だったのか、ラジオだったのか定かではありませんが、この「月がとっても青いから」がよく流れて来たものです。私幼稚園、5才の頃ということですね。子供ながらにテンポの良さに乗っけられて、間もなくのうちに覚えてしまいました。それほど心地よく感じた歌だったように思います。
 秋の十五夜の夜は、町内会あげての「綱引き大会」もありましたね。
 走ると、お月様も一緒になってついてくる。不思議に思ったものです。
確かに、歌詞は今でも充分通じうるし、二人で歩きながら声高らかに歌えそうです。お月様が、笑顔で二人を見てますよー。

投稿: かせい | 2012年11月30日 (金) 00時15分

「月がとっても青いから…」と、「とても」ではなくて、「とっても」と促音を使ったのがこの歌詞の「妙」ではないでしょうか。「とっても青いから…さあ帰ろう」となれば、陸奥明も弾むような明るい調子の曲を、と思いますよね。もしかしたら、いずれ別れるような事になるかもしれないけど、今夜は楽しく、遠回りして帰ろう—‼ 明るい月のようにポジティブな気持ちを持って…。  清水みのるは、「森の水車」「星の流れに」「雪の渡り鳥」など、間口が広いというか、多彩というか、才能ある作詞家でしたね。 菅原都々子も、お父さんの手掛けた作品が代表作になったのですから、嬉しさ一塩だったでしょう。

投稿: かせい | 2013年1月 3日 (木) 01時08分

 いつ聴いても、かろやかで清純な恋愛歌です。父母の世代の歌ですが、私も好きです。鈴懸の並木とはなんだろうか?今さらきけないという気持ちで調べたら、プラタナスの並木のことでした。そういえば鈴のような球が実ります。昔の人は、実にみごとにに翻訳したものですね。そこに感心しました。
 昭和20~30年代には並木を扱った歌が多いように思います。「並木の雨」とか「並木路子」とか、、その時代特有の並木のイメージがあったのでしょうね。私は並木といえば、映画『第三の男』のラストシーンのポプラ並木(だったかな?)を思い出します。

投稿: 黒潮丸 | 2013年1月 3日 (木) 12時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 津軽のふるさと | トップページ | 月見草の花 »