« 女の園 | トップページ | 時計台の鐘 »

小さな日記

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:原田晴子、作曲:落合和徳、唄:フォー・セインツ

1 小さな日記に綴られた
  小さな過去のことでした
  私と彼との過去でした
  忘れたはずの恋でした

2 ちょっぴりすねて横向いて
  黙ったままでいつまでも
  やがては笑って仲直り
  そんなかわいい恋でした

3 山に初雪降る頃に
  帰らぬ人となった彼
  二度と笑わぬ彼の顔
  二度と聞こえぬ彼の声

4 小さな日記に綴られた
  小さな過去のことでした
  二度と返らぬ恋でした
  忘れたはずの恋でした

《蛇足》 昭和43年(1968)、カレッジフォーク・グループの草分け、フォー・セインツのデビュー曲。

 恋人が死んでしまうという歌はいくつかあります。『北上夜曲』や『愛と死をみつめて』では女性が亡くなりますが、この歌や『精霊流し』『会いたい』では男性が亡くなります。

 死に別れは最も辛い失恋のかたちでしょうが、愛しあっていた記憶だけが凍結保存されるという点で、多少の慰めにはなるかもしれません。

(二木紘三)

|

« 女の園 | トップページ | 時計台の鐘 »

コメント

初めてメールいたします。小さな日記を二木先生のサイトで聞いて嬉しくなりました。私の青春の一端で、お互いに手紙をやりとりした中にこの歌詞とメロディーがあったんです。その人とは別れましたが、この年齢になっても思い出は消えません。昨年、大病を患い、更にこの曲が思い出されます。編曲が素晴らしいので、涙が出てしまいます。いつまでもお元気でこの小さな日記が絶えることなく聞かさせていただけることを願っております。

投稿: おばば | 2008年3月23日 (日) 18時56分

おはよう御座います。sun
マンドリンを持っていた私はこういう簡単な曲だけひくことが出来てひいていたのを思い出しました。flair
無謀にも友人と学校祭に出演しようとまで考えていたことがありました。shine
若気の至りって面白いですねぇsign02

投稿: sunday | 2008年3月24日 (月) 07時09分

初めてメールいたします。二木先生には、「MIDI歌声喫茶」の時代から楽しませて頂いております。有り難うございます。

さて、この「小さな日記」ですが、私も学生のときに何かの雑誌の特集で覚えました。40年近く前のことです。ギターのコードが簡単な上に悲恋の歌詞やもの悲しいメロディーということもあり、たちまちに私の愛唱歌の一つになりました。

ところが、社会人になってCDを聞いたりカラオケで歌ったりして不思議に思うことがありました。それは、歌詞の長さです。学生の時に雑誌で覚えた歌詞は5番か6番まであったような気がするのです。「落葉の舞い散る道を二人で散歩する・・・」というようなことが書かれていたような記憶があるのです。

私の記憶が間違っているのかもしりません。しかし、愛唱歌ですから、簡単に間違いとも思えないのです。そこで、このサイトのファンの皆様にお願いです。私と同じ記憶をお持ちの方や何かご存知の方がおられましたら教えてください。

二木先生、ご迷惑なコメントで申し訳ありません。

投稿: 信州の小藩 | 2008年5月31日 (土) 15時26分

先生の解説が上手すぎて、書く言葉が見つかりません。

投稿: M.U | 2008年8月22日 (金) 16時25分

当時、大学卒業前で、娘と二人暮らしの寡婦の2階の3畳間を借りていました。一階からこのレコードが一日中聞こえて来るのです。その後郷里に帰っていた私に、「いつも"小さな日記"を掛けてごめんなさいね」と言う便りがありました。ロマンティックな淋しがり屋の彼女、あの頃40代だったのでしょう、忘れていましたが、どうしているのでしょう。

投稿: Bianca | 2008年8月22日 (金) 17時49分

良く聞けば辛い歌ですが、メロディーは暗過ぎず安心感
を与えてくれます。ここでお願いするのは変だと思いますが、千葉紘子の「折鶴」是非取り上げて下さい。

投稿: 海道 | 2009年6月23日 (火) 17時38分

私の恋もこんな恋でした

そして今、娘が同じくらいの年齢になり
かわいい恋をしているのに気付き、彼とのことを思い出しました

すると、娘がたまたまもらってきた花が二人の思い出のもので、TVでは彼がギターで弾いてた曲が流れてくるという偶然が重なりました

もしかしたら彼からのメッセージなのかな、なんて・・・

何故かこの曲を思い出しました
誰かにそっとわかって欲しい気持ちになりました

娘の恋はどうか悲しいものにならないでと祈ってしまいます

投稿: 千代乃 | 2010年3月18日 (木) 23時59分

 この曲は4節の詞で綴る恋の物語で、起承転結の構成になっています。私も大変好きな曲です。
 出張で時々飛行機を利用しますが、全日空は機内放送でかつての深夜放送のパーソナリティー・斎藤安弘さんのオールナイトニッポン=クラッシクスを提供しており、我々の世代には懐かしいヒット曲を空の上で聞くことができます。飛行機の機内という非日常の環境の中で、ひととき青春時代へタイムスリップしたような感覚を味わうことができます。半年程前のプログラムではフォーセインツの上原徹さんをゲストに招いていました。その対談で、この『小さな日記』は実は5番まであったことを知りました。(おそらく1番と2番の間に)~♪初めて逢った喫茶店♪~から始まる詞があったそうですが、カットされてしまったとのことでした。
 またフォーセインツはその後フォークロバーズというグループ名で活動し、『冬物語』をヒットさせたことも知りました。『冬物語』は故原田芳雄と浅丘ルリ子主演のドラマで、物語は夫に先立たれた夫亡人と病に犯されたレーサーとの恋で、最終回はそのレーサーも海辺で死を迎えるというドラマです。主人公の女性にしてみれば、夫の次に恋人まで逝ってしまうという散々なストーリーですが、どうも上原徹さんの曲には恋人の死というテーマが付きまとうようです。ともあれ、『冬物語』もまた印象に残るリリカルな曲です。

投稿: Yoshi | 2014年7月16日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の園 | トップページ | 時計台の鐘 »