« はるかな友に | トップページ | ひまわりの小径 »

春なのに

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:中島みゆき、唄:柏原芳恵

1 卒業だけが 理由でしょうか
  会えなくなるねと 右手を出して
  さみしくなるよ それだけですか
  むこうで友達 呼んでますね
  流れる季節たちを ほほえみで
  送りたいけれど
  春なのに お別れですか
  春なのに 涙がこぼれます
  春なのに 春なのに
  ため息またひとつ

2 卒業しても 白い喫茶店
  今までどおりに 会えますねと
  きみの話は なんだったのと
  きかれるまでは 言う気でした
  記念にください ボタンをひとつ
  青い空に捨てます
  春なのに お別れですか
  春なのに 涙がこぼれます
  春なのに 春なのに
  ため息またひとつ

  記念にください ボタンをひとつ
  青い空に捨てます
  春なのに お別れですか
  春なのに 涙がこぼれます
  春なのに 春なのに
  ため息またひとつ

《蛇足》 昭和58年(1983)にヒットした卒業ソング。

 あなたの高校卒業の日はどんなふうでしたか。私の場合はこうでした。
 卒業式からの帰り道、松本城のお堀端で松本蟻ヶ崎高校(当時は女子高)文芸部のA・Mさんとばったり出会い、沈丁花がかすかに香る午後の日差しのなかで5、6分立ち話をして別れました。
 それしか記憶に残っていない卒業の日でした。

(二木紘三)

|

« はるかな友に | トップページ | ひまわりの小径 »

コメント

高校の 卒業式の日 答辞で 代表者が
 名文を披露 「嗚呼ー」と 感嘆の
文を 発しますと 卒業生一同
大笑い。家に帰って
母親から 「あんな名文を笑うなんて
 不謹慎な 卒業式は はじめて」怒られました。
 団塊の世代は 先輩の苦労も知らない
変な 世代でした。?

投稿: 二宮 博 | 2007年8月22日 (水) 00時46分

いつもこちらのページを楽しく拝見しております。
(もちろん歌のほうも。)

この歌がリリースされた頃は高校在学中であり、
当時憧れていた先輩が卒業なさったので余計身に染みた
ことを思い出しました。

あれから早○年、先日高校の卒業生名簿を見たら、先輩は希望通り
お医者さんになっておられました。
卒業以来その先輩とはお会いしていませんが。

投稿: あおば | 2007年9月29日 (土) 00時12分

この歌は柏原芳恵だからヒットしたのだと思います。
先生は特定のA.Mさんとお別れできただけでも幸せでは無いですか。私など蟻ヶ崎の美人軍団に声もかけれませんでした。

投稿: M.U | 2008年5月23日 (金) 12時25分

人間は何故戻りたい時期にタイムスリップ出来ないのでしょうか。みな青春と言うからですか?。「きみの話は なんだったのと きかれるまでは 言う気でした」いい詞ですね。

投稿: 海道 | 2008年11月 7日 (金) 17時15分

言い出せぬ恋卒業式に置いてくる
釦(ボタン)をと言われるまでは気がつかず
胸釦(ぼたん)虚しく残った全釦
初恋が卒業写真の中にある
卒業の寄せ書き気負った若い俺

下手な川柳作ってみました。

投稿: 吟二 | 2008年11月 7日 (金) 22時33分

男子生徒の第2ボタンをもらう意味など、還暦以上の人にしか理解出来ないでしょうね。子供、青春、大人がミックスされてしまった世の中、この先どうなるのでしょう。

投稿: 海道 | 2012年9月 7日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はるかな友に | トップページ | ひまわりの小径 »