« 赤い靴のタンゴ | トップページ | あなたと共に »

赤いハンカチ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:萩原四朗、作曲:上原賢六、唄:石原裕次郎

1 アカシアの 花の下で
  あの娘(こ)がそっと 瞼を拭いた
  赤いハンカチよ
  怨みに濡れた 目がしらに
  それでも涙は こぼれて落ちた

2 北国の 春も逝(ゆ)く日
  俺たちだけが しょんぼり見てた
  遠い浮雲よ
  死ぬ気になれば ふたりとも
  霞の彼方に 行かれたものを

3 アカシアの 花も散って
  あの娘はどこか おもかげ匂う
  赤いハンカチよ
  背広の胸に この俺の
  こころに遺(のこ)るよ 切ない影が

《蛇足》 昭和37年(1962)のリリース。

 大ヒットしたので、日活が昭和39年(1964)に映画化しました。石原裕次郎主演で、ほかに二谷英明、笹森礼子、浅丘ルリ子、芦田伸介、金子信雄など。内容は、当時の日活調アクション映画。
 笹森礼子は、妹かと思うぐらい、浅丘ルリ子とよく似ていましたが、それが役者としての彼女にとっては、かえってデメリットになったかもしれません。

 昭和38年(1963)の夏、旅行中にこの歌を口ずさんでいた中央大のSくんはどうしているかなあ。あの夏、彼は確かに恋していました。彼女が好きだというロマン・ローランを文庫本で一心に読んでいましたが。

(二木紘三)

|

« 赤い靴のタンゴ | トップページ | あなたと共に »

コメント

歌手は 好きではないが
歌詞や 曲は 好きと言う事があります。?
 お坊ちゃん だから と言う理由で
嫌うのはおかしいのですが。

 この詞は 少し難しいです。

 怨みに濡れた目がしらに
  それでも涙はこぼれて落ちた
このあたり 微妙ですね。
 経験しなとわからないか???

いつも有難うございます。

投稿: 二宮 博 | 2007年8月24日 (金) 01時49分

昭和27年生まれの自分には長嶋茂雄・石原裕次郎・吉永小百合の3人は別格でした。
理由はないですが・・。

中学の時帰宅部(当時はそんな言葉はなかった)で確か10ch(よみうりテレビ)で
名画座みたいなタイトルでリバイバルの映画を流しておりまして、
石原裕次郎ものはよく見ました。

今思うと突っ込み処満載の映画作りですが、そういうのを超越したワクワク感がありましたね。

投稿: konimo | 2007年10月 8日 (月) 23時51分

二木先生の「うた物語」折に触れ聞かせてもらっています。特に蛇足は大変参考になり、私の講演では何回も使わせて頂いております。
年齢も私とほぼ同じと考えられますが、どうかお体を大切にして、いつまでも続けて下さい。合掌

投稿: 坂本 佑精 | 2008年3月 8日 (土) 11時16分

裕次郎は歌は上手く無いと自分で認めていましたが、俳優だったせいか、聞かせる事に長けていたので殆どヒットしましたね。

投稿: 海道 | 2009年4月10日 (金) 19時45分

懐かしく聞かせていただきました。大学受験の勉強をしていたころ、最初にラジオで聞いて、いい歌だなと思いました。大学のコンパでも皆よく歌っていました。この歌詞には「啄木の世界と共鳴するようなものが感じられる」「啄木の『不来方のお城の草に寝ころびて 空に吸はれし十五の心』や、『函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢ぐるまの花』・・・・などの世界と、どこか響き合うものをはらんでいる」という見方もあります(佐野眞一「誰も書けなかった石原慎太郎」講談社文庫)
歌がヒットし、タイトルを使った映画が作られた。従来の日活アクション映画に代わり、裕次郎の日活映画の後期、「夕陽の丘」「二人の世界」「夜霧よ今夜もありがとう」と続く、「ムード・アクション」と日活が名づけた嚆矢の作品。笹森礼子の出演場面は記憶にありませんが、相手役の浅丘ルリ子も良かったですね。撮影当時、裕次郎28歳、浅丘ルリ子23歳。懐かしい歌です。

投稿: ゆうたろう | 2009年4月22日 (水) 21時04分

『赤いハンカチ』、叙情性漲り、裕次郎の歌の中で最も好きな歌です。

投稿: Lemuria | 2009年7月 6日 (月) 19時03分

 萩原四郎(作詞)/上原賢六(作曲)ゴールデンコンビの最高傑作だと思います。青春の甘酸っぱい哀しみが、そくそくと伝わってきます。そして、あの新鮮とれたての不良坊ちゃんの裕次郎が歌って、完璧になりました。これを当時のプロ歌手がいくらうまく歌っても、このみずみずしさは出なかったでしょうね。

歌うとその当時の自分の感情がよみがえるようです。

投稿: 藤村大蔵 | 2009年7月 8日 (水) 20時21分

元・テイチクのディレクター、プロデューサーの高柳六郎氏は、「文句こそ言わないが、ご本人が、気乗りのしない作品というのはあった。昭和37年10月に発売した『赤いハンカチ』だ」と書いています。ーー現代教養文庫「石原裕次郎歌伝説」(社会思想社)p68--大ヒットとなった「赤いハンカチ」について、こう書いていますが、おもしろいものですね。
 昭和31年にデビューし、この歌が発売された昭和37年の12月に「石原プロモーション」を設立し映画制作を開始しましたが、藤村大蔵氏の「あの新鮮とれたての不良坊ちゃん」という表現は何かぴったりしませんね。
 ちなみに、萩原四朗(作詞)、上原賢六(作曲)、石原裕次郎(歌手)は「三原(さんはら)トリオ」と呼ばれ、赤いハンカチ、夕陽の丘、こぼれ花、などヒット曲を連発しました。

投稿: YOU | 2009年7月26日 (日) 23時18分

萩原四郎がテイチクの文芸部長だったS32年に作詞、歌謡曲の低迷の煽りを受けてレコーディングが見送られていたが、5年経って日の目を見た。テイチクの営業は、いまのご時勢に叙情的な歌謡曲は・・、という消極的な意見だったが、レコードが発売されるや大ヒットし、映画化もされたそうです。---中島賢治(元テイチクの担当ディレクター)「石原裕次郎 過ぎ去りし日々」(角川文庫)より

投稿: 考古学者 | 2009年8月 2日 (日) 16時11分

確かに詩情あふれ、哀愁の漂うこの歌詞はいかようにも解釈できますね  この歌に限らず当時の男性向け歌謡曲は、非現実的なものが罷り通り、それが爆発的にヒットしていました  波止場でヤクザチンピラとの殴り合い、非合法なはずの拳銃の打ち合い  怯えながら倉庫の片隅から見ている片思いの女性  ギターとライフル持った馬上の渡り鳥  ワンパターンながら、それらを何の疑問もなく観ていた  至福感に浸れた  不思議ですね  
東京五輪世代の私も苦い哀しい別れがありましたので、このうたはわが青春の “BEST3” に入ります

投稿: くろかつ | 2010年12月20日 (月) 04時39分

大学に入った年の夏、今は社名の消えてしまったY乳業の工場で、45本の牛乳瓶の入ったケースを、冷蔵庫の中で積むアルバイトをしていました。
要領を覚えて、15段も16段も放り投げて、瓶を割らずに積むのですが、主任さんにほめられ、『来年も来てね!』と言われて4年、同じ工場で同じ仕事をしました。交替勤務でしたから、待機していた1年生の夏、よく裕次郎を歌いました。この「赤いハンケチ」が流行っていたからです。
法政、中央、横浜国大、専修、中央、明治学院などから来ていたのが歌仲間で、相撲をとったりしましたが。雨の予報の夜は、製造量が少なかったのですが、暑い日には、明け方近くまで積み続けていました。事務所の女子職員の制服のポケットにラブレターを入れたりしましたが、恋は実りませんでした。
北国の春が行く来年こそはと願いつつも、お預けの4年だったのです。東北大震災、原発の放射線漏れ事故のニュースの合間に、「二木紘三のうた物語」にアクセスしたら、この曲に再会しました。まだ春なのに、あの年の夏の光景がまぶたに浮かびます。みんなで歌わないときには、しょんぼりと夏雲も見上げていたでしょうか。
懐かしさを、ありがとうございます。

投稿: jimmy | 2011年4月13日 (水) 14時46分

花のニッパチ組としては、石原裕次郎の良さが本当にわかる年齢になったと実感しますね。赤いハンカチは、カラオケの十八番になっています。そして、浅丘ルリ子が実にいい。寅さんの浅丘ルリ子もいいが、このころの浅丘ルリ子には、独特の可愛さがあります。

投稿: shin | 2011年8月 3日 (水) 23時22分

笹森礼子 - 赤木圭一郎との共演作が最も多かった女優。入社後暫くしてから湘南学園幼稚園の同窓で(赤木と)あることが判ったらしいです。一方小林旭との同棲が破局した時の浅丘を精神的に支えたのが裕次郎だったとの事。お兄ちゃん、一緒になるならリリーさんしかいないのよ!(さくら)第 48作のロケの時いつもと違う寅さん(渥美)を見て浅丘がリリーと寅さんを結婚させてくれと山田監督に頼んだと言うが50作まで撮るとの答えだったとか。以上ネット情報以下私見です。これで良かったかも知れませんね。後世に残る名作としては。二人共我々世代の姉さんマドンナでした。(です)

投稿: 海道 | 2012年8月30日 (木) 13時42分

この「赤いハンカチ」がリリースされた昭和37年、その夏、わが田舎に石原裕次郎が映画の撮影のためにやって来ました。
舛田利雄監督の「零戦黒雲一家」、共演は二谷英明、浜田光夫、大坂志郎、内田良平、日活おなじみのヒトクセ、フタクセの俳優陣。そして二木先生お気に入りの近藤宏、紅一点の渡辺美佐子。  話の筋は、南洋の孤島を舞台に、一寸荒唐無稽な戦争アクション物と言ったところ。 夕刻、港の船着き場の道ばたで、二谷さん、浜田さんとも気さくにおしゃべりができて、銀幕でしか会えぬ人達と一緒に居るドキドキ感。映画完成後は全国に先駆けての、町の映画館での封切り上映。 キズが現れない映画のなんと美しい事。生まれて初めての体験でした。暑い熱い中学一年生の夏休みでした。もう半世紀も昔の思い出です。

投稿: かせい | 2012年10月10日 (水) 00時50分

昭和38年、三橋美智也「星屑の町」、春日八郎「長崎の女」、坂本九「明日があるさ」等がヒットしていた予備校時代、下宿屋の一室に仲間と集まって文化放送「全国歌謡ベストテン」を毎週欠かさず聴いたものでした(毎週火曜だったと記憶しています)。おぼろげな記憶によれば、「赤いハンカチ」は同番組で確か二十何週連続一位を独走するという空前のヒット曲でした。裕ちゃんのヒット曲の中でも萩原四郎-上原賢六黄金コンビの最高傑作です。

投稿: 佐藤廣権 | 2013年2月 1日 (金) 22時16分

硬派の姿勢を崩さない、同じ下宿の、先輩ラガーマンが卒業間近に唄った曲でした。セピアにならない光景としていまでも心の片隅に在ります。

投稿: 夏橙 | 2014年9月12日 (金) 20時56分

一章様には以前『傷だらけの人生』投稿駄文にご賛同頂き有難うございます。
個人的に好みの戦後歌謡曲(作曲家)は①吉田正②上原賢六③鶴岡雅義ですが、『赤いハンカチ』は『夕陽の丘』と並ぶ上原賢六の代表曲です。
「歌は世につれ世は歌につれ」と言いますが、小林亜星氏の談話(「作曲家、作詞家がいけない。いろんな経験と音楽的成熟が必要で、そういう人がいなくなった」)の通り、昭和30~50年代あたりの全盛期に比べると、『赤いハンカチ』クラスの曲にお目にかかれないのは寂しい限りです(戦前年寄りの愚痴で失礼しました)。

投稿: 焼酎百代 | 2016年8月16日 (火) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い靴のタンゴ | トップページ | あなたと共に »