« さとうきび畑 | トップページ | 私鉄沿線 »

さよならをするために

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:石坂浩二、作曲:坂田晃一、唄:ビリー・バンバン

1 過ぎた日の微笑みを みんな君にあげる
  ゆうべ枯れてた花が 今は咲いているよ
  過ぎた日の悲しみも みんな君にあげる
  あの日知らない人が 今はそばに眠る
  温かな昼下がり 通りすぎる雨に
  濡れることを 夢に見るよ
  風に吹かれて 胸に残る想い出と
  さよならをするために

2 昇る朝陽のように 今は君と歩く
  白い扉をしめて やさしい夜を招き
  今のあなたにきっと わかるはずはないの
  風に残した過去の さめた愛の言葉
  温かな昼下がり 通りすぎる雨に
  濡れることを 夢に見るよ
  風に吹かれて 胸に残る想い出と
  さよならをするために

《蛇足》 昭和47年(1972)の日本テレビのドラマ『3丁目4番地』の主題歌で、ビリー・バンバンにとっては『白いブランコ』『れんげ草』に続く大ヒットとなりました。

 このドラマの前のシリーズで主役を演じた石坂浩二が、新しいシリーズには出演しないことになり、その代償として主題歌の作詞をさせてもらったという話が伝わっています。
 静かな幸福感が感じられるいい歌詞です。坂田晃一のメロディも洗練されていて、心地よい響きが伝わってきます。

(二木紘三)

|

« さとうきび畑 | トップページ | 私鉄沿線 »

コメント

こんな良い曲にコメントがないんですね。

まだ小学校の時でしたが、このドラマ見てました。
ストーリーは全く覚えていませんが、
屋根(物干し台?)のシーンがよく出てきたことと、
主演の浅丘ルリ子が、
2階から見える近所のパチンコ屋のネオンサインの
一番上の文字が消えていることを、
電話で文句を言っている場面が、
絵付きですごく残っています。
「またおたくのネオンの一番上が消えてますよ、
じゃあ、なんになってるかですって、
そんなの言えるわけないじゃないですか」
って怒ってるとこ、ははは。
子供の頃の記憶って、そんなクダラナイことが、
断片的に強く残っているのが不思議です。

当時はこの歌詞の素晴らしさが
理解できる年齢ではありませんでしたが、
それでも一番の歌詞はよく覚えていて、
中学くらいの時まで歌っていたと思います。
綺麗な叙情のある恋愛というものに憧れる年頃でした。

今読んでみると、この歌詞は、
新しい人とめぐり逢い、過去の人の思い出を、
もう今は忘れてしまいたいってことなんですね。
幸福感の中にある、過去を引きずったかげり、哀しみ。
そういう経験も結局できずに、
恋愛などとは関係ない年齢になってしまいましたが、
それでも、今聞いても、
多分あの頃感じていたのと近い
ふんわりと甘い気分にさせてくれます。
恋愛ではなくとも、さよならをしたほうがいい思い出はありますしね。

胸に残る思い出と、さよならをするために。

投稿: 生田倫哉 | 2010年2月 4日 (木) 23時07分

 二木先生お世様です。生田様より年上の私ですが、昭和47年頃は前年に弟を交通事故で亡くし、失意のどん底だった私に彼女が出来て、一緒にこの曲を聴きながら車でデイトしたり、志賀高原へドライブしたり、楽しく過ごしていました。
 恋愛と結婚は別だなんて、私の勝手なわがままで別の道を歩く事になり現在に至っておりますが、この曲を聴くと当時の若かった頃を思い出し涙が出そうになります。理想と現実の違い、思い通りに成らない現実に流されている、今日このごろです。

投稿: 加藤 清 | 2011年5月 2日 (月) 09時13分

今はそばに眠る人ではなく、過去の恋人である「君」ともう心も別れなくてはいけないから、さよならをするために、微笑みも悲しみも「君」にあげるという。男の自罰的な幻想が、通りすぎる雨に濡れ風にふかれてとなるのだろうが、踏ん切りがつかない。昇る朝日のように今はそばに眠る人と歩く。2番の中段は彼女の言い分ですね。恋とはこんなに理屈をつけないといけないものなのですね。

投稿: 海道 | 2011年11月 4日 (金) 06時57分

昨夜の歌番組で、ビリー・バンバンがこの歌を唱っていました。懐かしくなって、皆さんがこの歌にどのようなコメントを寄せているのか知りたくなり、このサイトにアクセスしてみましたが、案に相違してコメントが少なく拍子抜けしました。
 わたしもそうですが、老境に入ると過去を振り返ることは多くなりますが、流れ去った時間の量があまりにも膨大で、ノスタルジーとして若い日の自分の恋を語ることはできても、この歌のように当時の恋の情感を巧く伝えることは苦手なんでしょうね。老境に入ることを「枯れる」とも言います。世俗のことにあまり関心を示さないと言う意味では歓迎することばですが、精神的なみずみずしさを失うと意味でしたら、ちょっと寂しいですね。
 
 それにしても、石坂浩二にこんな優しい詞がつくれるなんて驚きです。かれの女性遍歴を知る者からすると、誰かの代作ではないかと勘繰りたくもなりますが、マルチのかれからすると、造作もなくできるのかもしれませんし、意外に芯は女性にも優しいのかも知れませんね。かのドンファンがそうであったように。
 

投稿: ひろし | 2012年7月27日 (金) 11時52分

 大学生の頃でした。このドラマが好きでした。今思えばこの歌を聴く、あるいはこの歌と連携したドラマ映像+浅岡ルリ子さんと石坂浩二さんの会話による空気感が自分の育てられ方にも共鳴していたのでしょう。ビリーバンバンの男男した美声も良かった。こんなドラマの雰囲気の将来の生活像もいいなあと感じていたあの時代が思い出されます。
 そのころ日本ではアメリカの市場さえOEMで席巻していった日本丸の真空管の製造が各社で止められていきました。本格的にトランジスタ+ICの時代に突入していきます。
 あれから40年、今、私の机上には先週注文・到着した2GHzのCPU+4ギガバイトのDRAM+1テラバイトのハードディスク+20インチの液晶テレビを備えたNECのパソコン(デジタルテレビ機能付)が鎮座しています。開封後バカチョンであっという間にインターネットとも接続できました。このマシンで二木様のこのサイトを美音で楽しませてもらっています。40年前の当時では想像も全くできなかった人間の記憶容量の100倍もあり、一秒当たり億回の演算処理ができるこのようなコンピュータがネット通販でわずか5.9万円・翌日到着でした。当時100億円かけても実現できなかった装置であることは間違いありません。信じられないことがあっという間にまぎれもない事実となってしまっています。
 エジソンの電球発明から僅か140年で、派生した真空管時代、ライバルのトランジスタ時代、単純な集積回路時代も終わり、超々LSI時代の真っただ中で生活を艱難辛苦ながら謳歌している時代ですね。世界中の人と人が自由にやり取りができるインターネットですべてが変わってまいりました。人間は大したものでこんな激変についていくのもなんということはありません。
 技術によって世界は激動しても人の幸せ感や男女の機微は微塵も変わっていませんね。今や当たり前と想像できます今後数10年のロボットの時代も、人の心はまったく何も変わらないでしょう。この詞と背景の空気感が大切なものは何かをずっと伝えてきてくれています。二木様 素晴らしいサウンドをありがとうございます。

投稿: ヴイダケア | 2012年12月16日 (日) 04時13分

20代後半に若い者たちに、ギター伴奏で「れんげ草」を習った事がある。ビリーバンバンの歌は唄い易いが正確に唄うとなるとかなり困難だと、今でもそう感じている。

投稿: 海道 | 2012年12月17日 (月) 12時50分

今夜、初めてこのページを知りました。とても興味深く、また感動して読ませていただいております。
この歌、メロディーの美しさと冒頭の歌詞に、当時12~3歳だった私はすっかり魅せられていました。
「3丁目4番地」の前に「2丁目3番地」がやっていたような記憶があります。石坂浩二さんや浅丘ルリ子さんたち、お兄さんお姉さんたちの繰り広げるおもしろおかしい、ちょっと切ない恋心(?)を感じる言葉ののやり取りに憧れ、もう寝なきゃいけない時間帯のテレビ番組を布団の中から見るのが毎週楽しみだったのを覚えています。
お話の内容に反して、どうして主題歌はこんなにさびしげなんだろうと不思議にも感じていました。
高校に入りフォークソング部に入部、コンサートでこの歌を歌いたくてギターコードをさがすのですが(歌詞は覚えておりソングノートなるものに記載し、コードは記憶による耳コピ)、サビ部分がなかなか探せず苦労したのを覚えています。少しバロックを思わせるイメージのある刺繍っぽい旋律ラインやハーモニーの移り変わりが街路樹の木漏れ日みたいで本当に美しい曲ですね。掲載ありがとうございます。

投稿: 怪盗ルパンっ | 2013年3月26日 (火) 01時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さとうきび畑 | トップページ | 私鉄沿線 »