« 恋人よ | トップページ | 秋桜(コスモス) »

心の窓にともし灯を

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:横井 弘、作曲:中田喜直、唄:ザ・ピーナッツ

1 いじわる木枯し 吹きつける
  古いセーター ぼろシューズ
  泣けてくるよな夜だけど
  ほっぺをよせて ともしましょう
  心の窓にともしびを
  ホラ えくぼが浮かんでくるでしょう

2 真珠にかがやく飾り窓
  うつる貧しいシンデレラ
  ポッケにゃ なんにもないけれど
  かじかむ指でともしましょう
  心の窓にともしびを
  ホラ 口笛ふきたくなるでしょう

3 暖炉をかこんだ歌声を
  遠くきいてる細い路地
  ちっちゃなたき火は消えたけど
  お空をみつめ ともしましょう
  心の窓にともしびを
  ホラ 希望がほのぼのわくでしょう

《蛇足》 昭和34年(1959)発表。

 大学に入ったばかりのころ(昭和36年)、大学の西側の戸塚通りに面したところにあった映画館に毎週のように行っていました。映写技師がよほど好きだったらしく、休憩時間中はいつもこの歌を流していました。
 この映画館の近くにあった眼科の女医さんがきれいでした。

(二木紘三)

|

« 恋人よ | トップページ | 秋桜(コスモス) »

コメント

引退されてから寂しくなりました。
でも、いい歌を残されて心の支えになっています。

投稿: 圓山文夫 | 2007年9月29日 (土) 16時21分

二木さんのサイトで始めてであったような気がする唄です。何度も聞かせてもらい、カラオケで歌うと、友人の奥さんが「ピーナツの歌ですね」と言ってくれました。さらに、二木さんのコメントが楽しいですね。「この映画館の近くにあった眼科の女医さんがきれいでした。」とのコメントはこの曲とは何の関係もないのですが、大学生のほのかな憧れが感じられます。私も、大学の寮に住んでいましたが、最寄り駅の西武新宿線「新井薬師」駅そばの「ひばり食堂」(という名前だったと記憶していますが)の女の子が可愛くて、忘れられません。ただ、注文をとってくれて、注文をするだけのふれあいだったのですが。

投稿: 江尻 陽一 | 2007年9月30日 (日) 22時49分

つらいとき この歌がふっと浮かんできて 二木さんのページを覗いてみたらば ありました!青春の歌ですね。ありがとうございます。

投稿: 破茶 | 2007年12月14日 (金) 21時28分

中学2年の時の教科書で習いました。ポピュラ-とは知りませんでした。
中2の男子生徒が音楽の先生に良い曲ですねぇと言ったという話を先生がしていましたがピ-ナツさんが歌っていた事まで話は行かなかったようでした。

投稿: sunday | 2008年2月24日 (日) 07時37分

 亡くなった姉が山好きで、短大のワンダーフォーゲル部に属していました。両親に連れられて出向いた姉の短大の学園祭で、歌声喫茶の模擬店で配られた山の歌集に何故かこの歌が収録されていました。
 その直後に父が他界して耐乏生活を余儀なくされ、この歌の歌詞が理解できるようになりました。実際はこの歌に歌われている程の貧乏ではなかったと思いますが、十代で経験した"貧乏"はその後の人生の肥しになったと思っています。

投稿: Yoshi | 2016年1月31日 (日) 12時25分

昭和35年、高校1年のクラスで池田湖キャンプに行くバスの中で、H君がこの歌を歌いました。大人っぽい骨格の彼から出るやや高めのきれいな声が意外でしたが、好きなザ・ピーナッツの歌を男子がこんなに上手に歌ったのに感動しました。彼は、防衛大を出てその方面で就職したようです。あの歌を歌った時の彼の柔らかい心のまま、防衛の仕事についていたのか、卒業後会うこともなく過ぎた彼に、聞いてみたいような気が時折します。

投稿: Bianca | 2016年1月31日 (日) 19時39分

Biance様
私が都立校生2年の時、憧れの君で1年先輩でバスケット部員のH君がいました。背が高く大人っぽい人でした。彼も防衛大を卒業して、自衛官になったようでした。防衛大1年の時期にしばらくお付き合いしましたが、その頃の事が懐かしく忍ばれます。もしH君が同一人物でしたら何と言う偶然なんでしょうか。投稿文を拝読しまして胸がときめきました。

投稿: konoha | 2017年1月28日 (土) 18時19分

konha様
ネットの世界はつながっていますね。
都立高バスケ部の背が高い方?南九州で市立高、中背。同じH君で防衛大とは。何だか楽しいですね。クラスから8人防衛大に行きました。最初の夏休みには見違えるようになって担任の先生にあいさつに行ったそうです。でも、あっていません。コメントを読んで、かれの温かな歌声がまた蘇ってきました。

投稿: Bianca | 2017年1月29日 (日) 19時47分

Bianca様
ほんとうですね。むかーし昔のまた昔、雑誌「漫画王」か「小学館」で「文通をしませんか」というページがありました。その頃の事を思い出します。
お返事ありがとうございました。

投稿: konoha | 2017年1月29日 (日) 20時02分

konha様、Biance様 私はOさんの・・話です。

昨夜1月28日 練馬の20Fでパーティがありました。
偶然その20Fのレストラン前で都立高校から防衛大学に進学したOさんと久しぶりに会いました。
彼は背も高く男らしく都立O高校時代から女性の憧れの的でした。そして防衛大学に進学しラグビー部に入りスポーツで活躍、卒業後はパイロットになったそうです。

私が草笛を吹けることを知っているOさんは、レストランの前にいたOさんの後輩のために「草笛を吹いてくれ」と言いました。私はお正月なので「1月1日」と「幸せなら手を叩こう」を草笛演奏しました。

Oさん、彼の後輩共に喜んでくれました。高校生時代も後輩思いで恰好良かった人は 今でも恰好いいシニアでした。

投稿: けん | 2017年1月29日 (日) 21時44分

けん様
なんだか楽しいですね。H君ももてていました。そして高校時代の彼の部屋には格好いい飛行機の写真が数枚貼ってありました。防衛大では航空科へ進みました。卒業後パイロットになったそうです。この君(きみ)は一体誰なのでしょう?考えるだけでもワクワクしてきます。Bianca様、けん様とても楽しいひと時をありがとうございました。

投稿: konaha | 2017年1月30日 (月) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋人よ | トップページ | 秋桜(コスモス) »