« いい日旅立ち | トップページ | 一年生になったら »

石狩川悲歌(エレジー)

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:高橋掬太郎、作曲:江口浩司、唄:三橋美智也

1 君と歩いた石狩の
  流れの岸の幾曲がり
  思い出ばかり心につづく
  ああ 初恋の遠い日よ

2 ひとり仰げばただわびし
  木立の丘の日暮れ雲
  黒髪清く瞼に消えぬ
  ああ 初恋の面影よ

3 君を思えば身に染みる
  石狩川の夕風よ
  二度とは逢えぬこの道なれば
  ああ 初恋の日が恋し

《蛇足》 昭和36年(1961)のヒット曲。歌謡曲歌手・三橋美智也の歌ですが、抒情歌の傑作として歌声喫茶でもよく歌われました。

 江口浩司(ひろし)は、戦前から戦後にかけて『月月火水木金金』『長崎のザボン売り』『憧れのハワイ航路』『赤いランプの終列車』などのヒット曲を連発した作曲家・江口夜詩の長男。
 江口浩司には、ほかに『わすれな草をあなたに』『下町の太陽』などのヒット曲があります。平成22年
(2010)1月23日没。

(二木紘三)

|

« いい日旅立ち | トップページ | 一年生になったら »

コメント

大学受験を控えた多感な青春期を思い出させてくれる曲です。
三橋美智也さんにすれば珍しく叙情的なメロディーは、いつ聴いても甘酸っぱい思いが甦ってきます。

投稿: 越山 洋平 | 2007年8月26日 (日) 10時30分

昭和41年の夏、NHKのど自慢の県予選に出てやろうと思い、歌を選曲していたら、友達が下宿にやってきて、何曲か聴いたもらうううち、この曲にしろということになりました(もちろんアカペラ)。一応予選はとおってあくる年の決勝大会にでましたが、リハーサルではみんな本格的な発声で、これはだめだなと思いました。決勝大会は県内でテレビ中継がありましたが、結果は予想通りダメでした。当時ののど自慢は、どちらか言うといわゆる演歌よりは、正調歌謡といいますか、山のけむりやイヨマンテの夜などがまだ歌われていましたが、前年度のチャンピオンは「ぼくは流しの運転手」をうたった方でした。(2位が「マンマ」)あとからわかった話ですが、このひとは、中日ドラゴンズの山本昌投手のお父さんだった言うことです。
三橋さんの歌は、原盤の復刻版を今でも聞きますが、この歌はほかの歌とはとは全く違い、まさに「叙情歌」ですね。

投稿: 佐野 教信 | 2007年12月 2日 (日) 10時22分

遠い々昔を思い出す。
通い馴れた道すがらで知合った素敵な女性、休日に
会う約束をして、そして会った、コーヒーの香り漂う
純喫茶だった。
幾度か会って、暗い夜道を語りながら歩いた。
手を握ることも知らないで・・・後に思った、あれは
初恋なのか。
容姿は理想像の女性ではないが、今は子供や孫に囲まれて
やさしい妻と幸せな日々を過している。
石狩川悲歌を聴くと、遙か遠い甘ずっぱい青春時代を
思い出す。

投稿: 小林 幸二 | 2008年1月21日 (月) 21時37分

今朝,NHKのラジオ深夜便で聞きました。興奮して眠れず娘に歌詞を探してもらってここにたどり着きました。ありがとうございました。感謝します。

投稿: みつゆき | 2008年2月13日 (水) 22時11分

高校3年の暮れ、昭和36年の紅白歌合戦でこの曲を聴き、まだ見ぬ北海道と石狩川に憧れました。あれから47年、今では毎年数回は北海道に行きますが、石狩川の流れを見るたびに、あの時の感激を思い出します。北海道で暮らしたいと就職先も北海道の企業を志望したのですが、果たせず、北海道暮らしは還暦を過ぎた今でもまだ夢のままです。

投稿: 岡野正隆 | 2008年5月11日 (日) 16時50分

詩よし、曲よし、歌手よし。今の若い人たちには合わないでしょうが、このような青春もあったのです。「黒髪清く瞼に消えぬ」という部分が好きです。茶髪はきらいです。日本人には合わないと思います。

投稿: くんくん | 2009年1月26日 (月) 20時50分

高校入学時、彼女は賢く特別クラスでした、私のところに
きて、(かっこいい人が見つかった机の中に花をいれるかも)というのです 私は夢にみたこともある彼女ですが、
高嶺の花、だまって聞き流しました。それから2年後、
就学旅行先の長野県のりんご園で私の前に現われてりんご
を取ってというのです。どんな格好で取ったのか覚えて
いませんが、それから40年経っても思い出すたびに、あの若かったころの年に帰ったような気になります。

投稿: とんぼ | 2009年5月17日 (日) 17時50分

昭和46年秋、夜10時前、札幌駅に到着。snow
この曲は高校時代に聞いてすごく印象に残って、北海道に行きたいときめていました。石狩川が札幌の近くにあるとは知らずに過ごした2年間。石狩川の支流である豊平川の岸辺を君と歩いたかな?あれから40年が経つよsun
時々思い出しては、アカペラで歌っているよ、君の事も。。。。

投稿: なんとかなるさ | 2011年8月15日 (月) 13時50分

ヒット曲が出た翌年の五月に札幌に転勤になりました。
それから三年三月、今でも心に焼き付いている青春の、
想い出の数々、、、

投稿: 春の里 | 2014年9月 2日 (火) 17時58分

昭和36年のヒット曲でしたか。
となると私のあの記憶はヒットの翌年ということになるのですね。
確か中学の遠足のバスの中で同級生のKがこの歌を歌ったのを記憶しています。Kは秀才だったけど、そんなに歌が得意そうには見えない子だったのが切々と歌うのにちょっと感動しました。ちなみに同じクラスにいた初恋の人をめぐるライバルでもありました。

投稿: 片島諒 | 2017年7月 8日 (土) 16時16分

昭和36年ですか。
久し振りに口ずさんでみて、何だか胸がいっぱいになりました。
二度とは会えぬあの人は今も地元でお元気の様です。

美しい曲です・・・。沁みます・・・。

投稿: mint | 2017年7月 9日 (日) 22時45分

 この歌がリリースされたのは、私が小学6年の頃。
歌詞の内容もあまり解らないのに、メロディの良さと三橋美智也の歌声に惹かれて、学校帰りによく口ずさみました。
 作曲家江口浩司は父君とは一寸違って、叙情歌風な曲が多いですね。高椅掬太郎の歌詞も素晴しいとおもいます。
 「流れの岸の幾曲がり」、石狩川は蛇行を繰り返しながら流れる大河ですね。流域面積や流路延長で、関東の利根川と肩を並べる一球河川です。北海道生まれの高椅掬太郎としては、多分に気分良く取り組めた仕事だったのではないでしょうか。 7・5,7・5,7・7,7・5と‥美しく定型に綴って…。
 もっと江戸の早い頃入植が行われていたら、異名が「蝦夷太郎」と呼ばれていたやもしれませんね。
 集中豪雨で被害に遭われている九州北部の皆様、お見舞い申し上げます。「筑紫次郎」筑後川は、やはり侮れない「暴れ川」なんですね。それにしても、今年の梅雨前線は悪魔のように執拗に襲いかかってくる……。悔しい!

投稿: かせい | 2017年7月10日 (月) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いい日旅立ち | トップページ | 一年生になったら »