« 誰もいない海 | トップページ | だんな様 »

ダンスパーティの夜

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:和田隆夫、作曲・唄:林伊佐緒

1 赤いドレスがよく似合う
  君と初めて会ったのは
  ダンスパーティの夜だった
  踊り疲れて二人で
  ビルのテラスに出てみたら
  星がきれいな夜だった

2 燃える想いを秘めながら
  そっと唇ふれたのも
  ダンスパーティの夜だった
  甘くせつないブルースよ
  何にも言わずに頬よせて
  二人いつまでも踊ったね

3 熱い泪をためながら
  君が別れを告げたのも
  ダンスパーティの夜だった
  はかない夢とあきらめて
  忘れましょうと言った君
  星が冷たい夜だった

《蛇足》 大正7年(1918)、横浜市鶴見の花月園に欧米流の社交ダンス場が誕生して以降、わが国でも、多くの人びとが社交ダンス(ソーシャルダンス)を楽しむようになりました。

 しかし、戦時下、「国民精神総動員」が進むと、「ダンスホールはわが国の醇風美俗を破壊し、何ら益するところがない」というので、次々と閉鎖されました。
 東京のダンスホールがいっせいに閉鎖されたのは、昭和15年
(1940)10月31日のことです。この日には、各ホールとも、名残を惜しむ愛好者たちで超満員になったそうです。

 戦争が終わって、生活にやや余裕が出てくると、社交ダンスはまた盛んになりました。ダンスホールも盛況になり、さまざまな会でダンスパーティが催され、男女の出会いの場となりました。
 昭和25年
(1950)に発表されたこの歌は、そんな風俗を反映しています。

 日本人がソーシャルダンスというものを見たのは、記録に残っているうちでは、万延元年(1860)、新見豊前守正興を正使とする遣米使節がワシントンで歓迎を受けたときが最初です。
 副使・村垣淡路守範正は、国務長官レウス・カスの夜会に招かれたとき、ダンスを見た感想を次のように書いています。

 「男女組み合いて足をそばだて、調子につれてめぐること、こま鼠の回るようであって、なんの風情もない。高官の人も老婦も、若い人も、みなこのダンスを好んでする由である。
 数百人の男女が、あちらのテーブルの酒や肉を飲んだり食べたりして、またこちらにきて代わる代わる踊る。夜遅くまで遊ぶ。まったく夢かうつつかわからぬほど、あきれたことだ。
 およそ礼儀のない国とはいいながら、外国の使節を宰相が招いてのことだ。無礼ととがめれば、限りはない。礼もなく、義もなく、ただ親(しん)の一字を表すものと見て、許した」

(二木紘三)

|

« 誰もいない海 | トップページ | だんな様 »

コメント

林伊佐緒は作曲もされたが、自分も歌いましたね。私は
麗人草の歌が好みです。

投稿: M.U | 2008年7月 7日 (月) 16時20分

昔を思い出してブログの書き込みをしてます、 社交ダンスと言って、田舎では「不良の集まり」みたいに思われてましたが、 真面目な教室に暫らく通いました、定年後の同窓会で踊れたには驚きました体が動くんです、
もちろん「ダンスパーティの夜」と「鶴田浩二のサンドイッチマン」が良く踊った曲でした。

投稿: 寿老人(ことぶき) | 2008年10月 7日 (火) 20時01分

父が機嫌のいい時などに口ずさんでいました。
風呂場から調子っぱずれのこの歌がよく聞こえてきたものでした。

今年は父の13回忌を迎えます。

投稿: y.y | 2010年3月 2日 (火) 20時22分

林伊佐緒さんの歌唱力には常々敬服致しおります。其の音域の広がり、声量の豊かさ…イヨマンテの夜・高原の宿など何れも私の心が強く惹かれる想い是ありて、歌声少年と仇名されし小学生の頃、幾たび歌ってみても真似る事が出来ませんでした。それ程此のお方の歌唱力は図抜けたものが在りました…只管、真空管ラジオのノイズまみれの歌番組に耳を傾けて居りました…

投稿: 戦後歌謡曲66 | 2012年3月20日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰もいない海 | トップページ | だんな様 »