« 赤いランプの終列車 | トップページ | さざんかの宿 »

再会

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田 正、唄:松尾和子

1 逢えなくなって初めて知った
  海より深い恋心
  こんなにあなたを愛してるなんて
  ああ ああ 鴎にもわかりはしない

2 みんなは悪い人だと云うが
  私にゃいつもいい人だった
  ちっちゃな青空 監獄の壁を
  ああ ああ 見つめつつ泣いてるあなた

3 仲良く二人およいだ海へ
  一人で今日は来た私
  再び逢える日 指おり数える
  ああ ああ 指さきに夕陽が沈む


《蛇足》
昭和35年
(1960)のヒット曲。

 松尾和子は戦後、ジャズ歌手を目指して疎開先の箱根から上京、進駐軍キャンプやキャバレーで歌っていました。
 やがてフランク永井が彼女のささやくような歌唱法に注目、スカウトして作曲家・吉田正に紹介しました。昭和30年代に入って人気が出てきたムード歌謡に彼女の甘く悩ましいハスキーヴォイスがぴったりで、フランク永井と組んだ『東京ナイトクラブ』、和田弘とマヒナスターズとともに歌った『グッドナイト』『誰よりも君を愛す』、そしてこの『再会』など数多くの吉田正作品を歌ってヒットさせました。

 その後も映画に出演するなど人気を集めましたたが、私生活ではさまざまな不幸に見舞われ、晩年は必ずしも幸せではなかったようです。

 平成4年(1992)、自宅の階段から転落、その数時間後に帰らぬ人となりました。享年57歳。

(二木紘三)

|

« 赤いランプの終列車 | トップページ | さざんかの宿 »

コメント

この歌を聴くと、いつも、何年か前にある全国紙にのっていた記事を想い出します。たしか、歌謡曲のエピソードの連載コラムだったかですが、その時は松尾和子の「再会」がテーマでした。彼女はしばしば刑務所に慰問に行ったそうですが、その時に、この「再会」をいつも歌っていました。そして、『2番にさしかかると、見るからに凶相をした男たちがオイオイと声を上げて泣いた』そうです。不思議な魅力をたたえた人でしたが、薄倖の人だったようですね。

投稿: Snowman | 2007年11月22日 (木) 16時35分

この歌を歌う人は以外と少ない。あまりにも松尾和子の
歌い方か素晴らしいからでしょうか。

投稿: M.U | 2008年5月27日 (火) 13時25分

松尾和子を世に出すのに考えられたのが一人では無く複数で
歌うと言う事だったらしい。マヒナと組んだグッドナイト、
フランク永井とデュエットした東京ナイトクラブだったとの事。誰よりも君を愛す、ここまでは順調。この再会は相当苦しんだ末の傑作です。歌詞の中にある監獄と言う言葉はその苦しみの表れではないでしょうか。

投稿: M.U | 2008年8月 4日 (月) 07時58分

松尾和子さん、フランク永井さんが行かれましたね。二人で
仲良く唄って下さい。ご活躍の頃サラリーマンはハードな仕事で疲れていましたので、お二人のようなソフトな歌を求めたのだと思えて成りません。(さよなら)

投稿: 海道 | 2008年11月 6日 (木) 08時47分

この歌を聴くと、取調室の暑い日の午後を思い出します。

刑事「お前のような奴がちょうど良い」
私 「・・・」
刑事「お前をどのように料理しようと、誰も注意しねえよ」
私 「・・・」
刑事「検事の前に出す料理は俺が決めるんだ」

東海署の留置所で、戦後2番目に長い留置日数だった。もめにもめた事件です。
本当の事なんかどうでも良い、と言う刑事と毎日の戦いでした。証拠物件は目の前のゴミ箱へ・・・

以来、私は警察というものを一切信用していません。
針の筵にいた妻や家族に、ただただ頭を垂れるだけです。

  堀田

投稿: 堀田 一雄 | 2008年11月 6日 (木) 22時31分

昨晩(28日)BS NHK で吉田正先生の番組をやりましたが、一番上手だったのは由紀さおりのように思えて成りません。美しい十代、江梨子これは別格としても、鶴田浩二
松尾和子、フランク永井亡きあと誰が背負ってくれるのですか。「おまえに」もフランクにノックアウト負けでした。

投稿: 海道 | 2008年11月29日 (土) 08時52分

音楽には門外漢の私ですが この曲の前奏を聴くたびに
高校生の頃に鑑たアメリカ映画「薔薇の刺青」を思い出させてくれます
テーマの歌いだしの部分がそっくり同じなのです
歌っていたのはペリー・コモ 
アメリカのよき時代のよき父親像を髣髴とさせる大好きな歌手の一人でしたしこの歌もお気に入りでした
収録されているLPレコード(当時は高価でした)を大枚はたいて手に入れたのはいいが針を落とすのはこの曲
ばかり  結果はご想像にお任せしますがそのレコードはいまでも大事に保管してあります
半世紀以上の昔 プレスリーもビートルズもメジャーで
はなかった頃 何もなかったけれど穏やかで少なくとも
明日を信じられる時代でした

投稿: 居候の徳三郎 | 2009年1月20日 (火) 22時55分

1962年、当時小学4年生だった私は腹膜炎で一月ほど入院しました。       その時同室だったお姉さんが時々歌って聞かせてくれたのがこの歌で、退屈な入院生活もお姉さんのお陰でとても癒されました。                 哀愁を帯びたその方の歌に、当時の私は意味も判らず引き込まれたのを思い出します。
東京に嫁いだその方は新婚間もなく病気療養のため田舎に戻っていた様子でしたが、
現在は多分70歳を過ぎておられると思いますが、お元気で居られるのでしょうか。

投稿: 信州伊那人 | 2009年1月30日 (金) 23時58分

松尾和子の声には愛があった。ハスキーなのだが声は良く出ていて男達を引き寄せる魔力もあった。若い歌手が
大勢歌うが、何となく今一歩。

投稿: 海道 | 2009年2月 9日 (月) 10時04分

20数年も前交通事故で入院していた時、車いすに乗って病
室を抜け出して病院の庭の片隅でよくこの「再会」を歌っ
たものだった。この歌の歌詞も曲も当時の私の孤独な気持
にぴったりだった。半年もの間家族とも離れて孤独な病院
暮らしに私はすっかり参っていた。その寂しさにこの歌は
しみいるようだった。今でもこの歌を歌うと当時の寂しさ
が心によみがえってくるような気がする。

投稿: 肥後もっこす | 2009年9月28日 (月) 16時43分

「みんなが悪い人というのは、悪い人に決まっています。問題は、その悪い中身です。女癖が悪いのか、世間的に悪党なのか。女癖が悪いと知りながら、それでも付き合うのは確信犯ですね。それでなかったら、バカです。恋は盲目といいますが、存外女性は冷静です。小さい頃から恋愛のシミュレーションをイヤというほどしていますから、女癖の悪い男はすぐ分かります。となると、やはりこれは確信犯になります。確信犯だとすると、次の「わたしにゃいつも いいひとだった」と矛盾するようですが、これは矛盾しません。どうして矛盾しないか、解らない人はご自分でよ~く考えて下さいね。世間的な悪党(ヤクザ)になぜ惚れるのかは、不良がモテるのを考えれば分かります。光と陰が同時にあるからです。もちろん、悪党や不良がすべてモテる分けではなくて、良質の光と影を持っているごく少数の人だけです。悪党の正統は裏社会に生きるヤクザですが、ヤクザの日常には死の影が潜んでいます。その分、生に精彩があり、女はそこに魅かれるそうです。」
これはこの歌を愛するが余り行き着いたある男の結論です。本当かしら?

投稿: 海道 | 2012年9月11日 (火) 06時41分

二木様、以前ナツメロのMIDIで大変楽しませて頂いた者です。サイトが無くなって残念だと思っていましたが、歌詞検索から、このサイトを知りました。又楽しませて頂きますね。ありがとうございました。

投稿: こひつじ | 2013年11月22日 (金) 05時45分

テレビが我が家に入ったのは昭和35年よりずっと後だったような気がします。再会を歌う松尾和子を覚えていますから、こんがらがっています。
「ちっちゃな青空 監獄の壁を]がググ~ンと迫り良いですね。
階段から転落とは身に染みます。私も二階踊り場でフット成り、気が付くと一階のトイレの前に横たわっていました。これで亡くなる人が絶えない。運が良かったと医者が繰り返し、お蔭でまだ生きています。松尾和子に‘再会‘でき、つい一筆啓上。合掌。

投稿: minatoya | 2013年11月23日 (土) 11時12分

1970年代、今はなき鈴木章治とリズムエースが、この曲をジャズに編曲し演奏しています。これが、とても素晴らしいのですがレコードしかありません。CDの復刻盤の無いのが、悔やまれます。スイングジャズの鈴木章治は、「鈴懸の径」等でとても有名でしたが、この「再会」もとても素晴らしく、改めて、皆さんにお聞かせしたいものです。

投稿: 高橋 芳人 | 2013年11月26日 (火) 22時39分

再會の曲は、薔薇の刺青(ペリー コモ)を剽窃している感じがする。

投稿: 電算機 | 2016年3月12日 (土) 15時51分

電算機殿
吉田正の評価は定着しているので、匿名人のコメントではみじんも揺るがないでしょうが、新進の作曲家や詩人、小説家などの場合は、「剽窃」とか「盗作」はクリエーターとしての生命を奪いかねない重大な言葉です。それをご承知の上で言っているのでしょうか。「似ている」程度のコメントにしたほうがよくありませんか。

投稿: 松本剛 | 2016年3月12日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤いランプの終列車 | トップページ | さざんかの宿 »