« 寒い朝 | トップページ | 三百六十五夜 »

さよならはダンスの後に

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:横井 弘、作曲:小川寛興、唄:倍賞千恵子

1 何も言わないでちょうだい
  黙ってただ踊りましょ
  だってさよならはつらい
  ダンスの後にしてね
  ここはお馴染(なじ)みのクラブ
  いつものように踊りましょう
  せめてキャンドルの下で
  泣くのだけはやめて
  誰にも負けず深く愛してた
  燃えるその瞳(め)もその手もこれきりね
  何も言わないでちょうだい
  黙ってただ踊りましょ
  だってさよならはつらい
  ダンスの後にしてね

2 少しカクテルをちょうだい
  酔ったらまた踊りましょう
  だってさよならはつらい
  ダンスの後にしてね
  いまは懐かしいクラブ
  気のすむまで踊りましょう
  せめて恋人のままで
  やさしく肩を抱いて
  初めて聞いた夜のささやきが
  たとえ短い夢でも忘れない
  少しカクテルをちょうだい
  酔ったらまた踊りましょう
  だってさよならはつらい
  ダンスの後にしてね

  あなたがとても好きなこの曲も
  明日(あす)はどこかで
  独(ひと)りで聞くだけね
  何も言わないでちょうだい
  黙ってただ踊りましょ
  だってさよならはつらい
  ダンスの後にしてね


《蛇足》
昭和40年
(1965)のヒット曲。この年の末、第7回日本レコード大賞作曲賞を受賞しました。
 作曲の小川寛興は、NHKの連続テレビ小説『おはなはん』の音楽を担当したことで知られており、ほかに中村晃子『虹色の湖』などのヒット曲があります。

(二木紘三)

|

« 寒い朝 | トップページ | 三百六十五夜 »

コメント

小川寛興氏といえば、すぐ思い出すのは月光仮面です。
テレビから流れてくるテーマ曲に何度も何度も心が躍り一緒に口ずさんだものでした。他にも怪傑ハリマオ、七色仮面、ジャガーの眼、隠密剣士等数多くの作品を世に送り出しています。
又、クラッシック、映画音楽など多彩な才能を持ち、85歳の今も日本作曲協会監事としてご活躍されていると聞きます。これからも氏の健康とご活躍を祈ります。

投稿: 中村和己 | 2008年8月14日 (木) 20時13分

正直、今小川氏の名をご記憶の方がおられるとは嬉しい驚きです。

ご高齢の現在も、作曲を続けておられるのでしょうか。

童謡畑では、純朴な「夏休み日記」(NHKみんなのうた、1968)が
懐かしく思い出されます。

投稿: | 2008年8月15日 (金) 02時05分

美しい倍賞さんを思い出しますね。
下町の太陽のイメ-ジが強くて
女優さんとしては損をしたけど
私はこの曲の倍賞さんが一番好きです。

投稿: sunday | 2008年8月15日 (金) 20時58分

私はこの歌が大好きです。カラオケで誰か女性できれいな声の人の歌ってもらいたいなと思っているのですが、歌う人がいません。仕方がないから一人カラオケに行って、自分で歌ってしまいます。歌の途中で一瞬、静かになる間がありますから、その後の歌い出しのタイミングが命ですね。同じ16年生まれの賠償千恵子ちゃ~ん、応援してるよ~。

投稿: 吟二 | 2008年9月 7日 (日) 18時15分

 いい曲ですね。私は倍賞さんよりひとつ上ですが勿論この歌大好きです。特に1番と2番との間のインタールード(間奏)の素晴らしさ! 他にも二葉あき子さんの「さよならルンバ」やリリーさんの「私は泣いています」も素晴らしく、ラテンバンドを結成してルンバのリズムで是非演奏したい曲のひとつですが、先の短いオジンの夢かァ・・・。
2年前からS.sax・T.saxを始め抒情歌・ジャズ・ポピュラー等(ラテン音楽はあまり好まれていません)の演奏で、大阪・豊中市内でのボランティア『ミニミニコンサート』に参加しておりますので情報を下さい。

投稿: 尾谷 光紀 | 2008年9月25日 (木) 17時15分

いい曲です
なのに、ムーンライト伝説、は、なぜ完璧に複製して、知らん顔していられるのでしょう。

投稿: こらこ | 2008年11月 9日 (日) 03時34分

その昔SKD(松竹歌劇団)を首席で卒業した倍賞千恵子さん。私と同じ東京下町生まればかりか父親が都電運転手だったことも同じです。年齢は私が2歳上かな。
デビュー以来の大ファンです。澄んだ美しい声と、明るい表情にいつも元気づけられます。「下町の太陽」まさにそのものです。

投稿: かつじいじ | 2010年12月24日 (金) 06時26分

 倍賞千恵子はこんなにきれいな人だったのかと 昔の映像を見て、今さらながら驚いています。好みでしょうが、吉永小百合以上の魅力です。この歌詞にカクテルがでてきますが、倍賞さんはとても飲めない感じの女性にみえます。でもそのギャップがまた良いんですね。
 昔の女優にはそこはかとない恥じらいの表情がありました。ああ、時間の経過とともに失われたもののなんと大きいことか。

投稿: 紅孔雀 | 2012年11月 5日 (月) 15時06分

彼女歌で一番好き!

各曲の終わりの方に出てくる

 *なにも言わないで「ちょうだい」

 *すこしカクテルを「ちょうだい」

の「ちょうだい」部分の歌い方が、とっても素敵

プチ・クールのような、少し甘えたような・・・

ほかの歌手のカヴァ曲は、みんな たんたんと歌っているのでイマイチ。

テンポもいいし、声も曲にドンピシャ

名曲中の名曲ですね。

   またね  

投稿: トッコ | 2012年12月17日 (月) 11時15分

さあ今夜もうた物語に誘われて時の旅人。
目を瞑れば一気に二十歳前の自分に戻れます。
切ない思いが込み上げてきます。

投稿: りんごちゃん | 2015年1月22日 (木) 19時27分

いみじう素敵なセリフ

「せめてキャンドルの下で泣くのだけはやめて」

粋なセリフね

あやニクシ

曲想にもぴったり

横井弘さま

hat off !

想えば

この歌に遭遇してから

いくとせの時が流れたことか

この歌が

永遠に燦然と輝き続けるさまを

見たいものよ!

好きなルネ・シャールのポエムを添えます

* 永遠は人生よりもそんなに長くない。


    Au revoir

投稿: トッコ | 2016年5月 4日 (水) 21時26分

この「さよならはダンスの後に」の作曲を手掛けた小川寛興氏が亡くなられました。 歌謡曲では、やはり倍賞千恵子の「おはなはん」中村晃子の「虹色の湖」などを世に送り出しました。映画の劇判も多く手掛けた小川氏ですが、やはり特筆すべきはTV黎明期の子供向け連続ヒーロー番組の主題歌を沢山創り出して下さったことです。「月光仮面」「七色仮面」「豹の目」「快傑ハリマオ」「隠密剣士」等々・・・
 胸をワクワクさせてくれた小川メロディを耳にすると、純粋だったあの少年の頃に、一気にワープしちゃいそうで嬉しくなるのです。  ご冥福をお祈り申し上げます。 合掌

投稿: かせい | 2017年7月24日 (月) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い朝 | トップページ | 三百六十五夜 »