« 坊がつる讃歌 | トップページ | チャペルの鐘 »

地上の星

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲・唄:中島みゆき

風の中のすばる 砂の中の銀河
みんな何処(どこ)へ行った 見送られることもなく
草原のペガサス 街角のヴィーナス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
地上にある星を 誰も覚えていない
人は空ばかり見てる
つばめよ 高い空から 教えてよ 地上の星を
つばめよ 地上の星は 今何処にあるのだろう

          (間奏)

崖の上のジュピター 水底(みなぞこ)のシリウス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
つばめよ 高い空から 教えてよ 地上の星を
つばめよ 地上の星は 今何処にあるのだろう

名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
風の中のすばる 砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ 高い空から 教えてよ 地上の星を
つばめよ 地上の星は 今何処にあるのだろう

《蛇足》 平成12年(2000)リリース。

 ビジネス戦士たちの苦闘を描くNHKのドキュメンタリーシリーズ「プロジェクトX」主題歌。
 オリコンの1位になるまでに最も時間がかかった曲だそうですが、このロングヒットは、かなりの部分、オジサンたちに支えられてきたような気がします。一種の無常感がオジサンたちの胸に響くのでしょうか。

 それにしても、中島みゆきの抒情的な歌唱とオバサンくさいしゃべりの、笑ってしまうほどの落差は、いったい何なんでしょう。

(二木紘三)

|

« 坊がつる讃歌 | トップページ | チャペルの鐘 »

コメント

中島みゆき
さんほどの 天才はないでしょうね。
歌詞も 歌も
 圧倒されます。

ユーミンとの比較は
 できませんが。
まだまだ 活躍してほしいものです。

投稿: 二宮 博 | 2007年8月22日 (水) 02時20分

『中島みゆき』には、いつも励まされています。
ダイヤル117、空と君との間に、あの娘、糸、海鳴り、時代がメチャだ。
鈴木秀子の「人生は刺繍みたいなもの。縫っているときはなにを縫っているのか解らないが裏返して初めて素晴しい芸術になっていた」と言う言葉を連想する『糸』。V・Eフランクルの『態度価値』を感じさせる『狼になりたい』そして『地上の星』はまさしく『創造価値』ですね。
彼女は哲学者か。
今後も、爺どもを、励まして欲しいものです。
洛 拝

投稿: 洛南院大法螺噴大居士 | 2007年12月28日 (金) 02時19分

二木先生も書いていらっしゃる、中島みゆきさんの落差は色々な所にあると思います。
あのか細い身体から。。。。男っぽい発想、歌いぶり。。。。若い頃この人のテ-プをたくさん持っていた私は
その頃親しくしていた友人に「何でこんな低音の声の歌が好きなの?」と聞かれました。
”時代”などの堂々とした歌いぶり。。。
その時顔も知らなかったので、後年映像とともに聞くと落差を感じます。

投稿: sunday | 2008年7月20日 (日) 08時37分

 "プロジェクトX" 挑戦者達・・・・
毎週欠かさず見ました。この主題歌と共に・・・・・
 東京タワ-・黒部ダム・はたまた、富士山レ-ダ-基地建設。
 日本の礎を築いた挑戦者達の物語、それに相応しいテ-マ曲。
 「地上の星」、それはあなた・・・中島みゆきに言いたい!

投稿: Hikoさん | 2008年8月 2日 (土) 10時13分

♪ 名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む風の中のすばる 砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ 高い空から 教えてよ 地上の星を
つばめよ 地上の星は 今何処にあるのだろう ♪

     ・・・いいね・・・

投稿: エスペロ | 2009年9月30日 (水) 21時21分

黒部の現場からLIVEされたNHK紅白で地上の星を見たとき、中島みゆきの妖艶神秘性と詩の宗教的なものに、感激しつつ翌日CDを買ったのです。その感動は当分続き、会社のPCより
INTERNETを開き中島みゆきに関する情報を探しまくったら,中島みゆき研究云々と多くのファンがいることに吃驚しました。
英語バージョンの歌詞を会社の女子に見せて得意になったりもしましたが、中島みゆきの詩は全て人間を 詩っているんですね、彼女は天才宗教作詞家、歌手だと想います。
一方、カラオケで地上の星を歌おうと演奏が始まったが何回やってもカラオケ演奏に乗れない私には難曲でしたね。
最後に一言、ユーミンとの比較がされる中島みゆきだがユーミンには明るい大衆性を観じ、みゆきは哲学 宗教観を与えてくれるので引分けが私の判定です。


投稿: 黒原大雲 | 2010年5月13日 (木) 22時45分

7年間60億キロの宇宙飛行を苦難の末に成し遂げて地球に帰還した探査機「はやぶさ」が、最後の使命を終えて大気圏突入で燃え尽きた映像をテレビニュースで見て胸にじーんときましたね。

思わず「プロジェクトX」をテレビで見ていたあの頃の自分と番組の内容を思い返し、「地上の星」の歌を口ずさんでしまいました。

「二番ではだめなんでしょうか・・・」の問いかけに感情的にしか答えられなかったノーベル賞受賞者をはじめとする著名人たちは「はやぶさ」の成果をいかに思ったのか。
そこには町工場の職人たちの技術、万が一の時のバックアップ機能を持たせた開発技術者たちの知恵が生かされている。

投稿: かんこどり | 2010年6月16日 (水) 10時40分

ペンシル形ロケットの父糸川の名を付けた星「いとかわ」に着陸して砂を持ち帰った技術とイオンエンジンが不調かと思われた時素晴らしい知恵を出して無難にのりきったある大手電気メーカーの設計者。スパコンも短命だったが世界一になった。夢を与えた部分から言えばどちらも国民栄誉賞物だと思います。

投稿: 海道 | 2012年10月14日 (日) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 坊がつる讃歌 | トップページ | チャペルの鐘 »