« ダンスパーティの夜 | トップページ | 赤色エレジー »

だんな様

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:鳥井 実、作曲:岡 千秋、唄:三船和子

1 つらい時ほど 心の中で
  苦労見せずに かくしていたい
  私の大事なだんな様
  あなたはいつでも 陽の当たる
  表通りを歩いてほしい

2 がまんしている 背中を見れば
  男らしさに 涙が出ます
  私の大事なだんな様
  あなたの心が痛むとき
  同じ痛みが私もほしい

3 あすを信じて おまえと二人
  お酒飲もうと 差し出すグラス
  私の大事なだんな様
  あなたに寄り添い いつまでも
  心やさしい女房でいたい

《蛇足》 昭和57年(1982)のヒット曲。

 岡千秋は岡山県備前市出身で、五木ひろし『ふたりの夜明け』『長良川艶歌』 、小林幸子『雨月伝説』、金田たつえ『夫婦酒』 、松原のぶえ『男なら』などの演歌を作曲しています。
 また、自作の『浪花恋しぐれ』を都はるみとデュエットして大ヒットさせました。独特の錆びた声が特徴です。

(二木紘三)

|

« ダンスパーティの夜 | トップページ | 赤色エレジー »

コメント

♪あなたはいつでも 陽の当たる表通りを歩いてほしい・・・
ほかに言葉は何もいりません。
このフレーズだけで十分ですね。
大好きな歌です。

二木先生へ。
小林幸子の「雪椿」をリクエストします。
亡くなった母を思い出して涙が出ます。
よろしくお願いします。

投稿: 健児 | 2009年3月 4日 (水) 02時53分

「私の大事なだんな様・・・」戦前の歌かと思ったら、戦後の歌なんですね。演歌に疎いので全く知りませんでした。
戦後は亭主の地位がどんどん下がって給料の“運び屋”みたいになっていますが、こういう歌を聴くと胸にジ~ンと響きます。自分の女房はそこまで思ってくれているだろうかと考えますが、それはとてもあり得ないこと。(自業自得でしょう)
「あなたの心が痛むとき 同じ痛みが私もほしい」何と泣かせる詞ではありませんか。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年3月 5日 (木) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダンスパーティの夜 | トップページ | 赤色エレジー »