« さざんかの宿 | トップページ | さよならはダンスの後に »

寒い朝

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:佐伯孝夫、作曲:吉田 正
唄:吉永小百合・和田 弘とマヒナスターズ

1 北風吹きぬく寒い朝も
  心ひとつで暖かくなる
  清らかに咲いた可憐な花を
  緑の髪にかざして今日も ああ
  北風の中に聞こうよ 春を
  北風の中に聞こうよ 春を

2 北風吹きぬく寒い朝も
  若い小鳥は飛び立つ空へ
  幸福(しあわせ)求めて摘みゆくバラの
  さす刺(とげ)いまは忘れて強く ああ
  北風の中に待とうよ 春を
  北風の中に待とうよ 春を

3 北風吹きぬく寒い朝も
  野越え山越え 来る来る春は
  いじけていないで 手に手をとって
  望みに胸を元気に張って ああ
  北風の中に呼ぼうよ 春を
  北風の中に呼ぼうよ 春を


《蛇足》
昭和37年
(1962)リリース。

 吉永小百合の歌い方は素人っぽい感じですが、無技巧な分、かえって爽やかさが伝わってきます。ひたむき・健気(けなげ) ・清潔という少女像は、昭和30年代の吉永小百合を最後に、わが国では絶滅しました。

 昭和37年(1962)12月のある日、大学から下宿へ帰る途中、「稲穂」という定食屋の前までくると、街頭スピーカーからこの歌が聞こえてきました。
 この歌を聞くといつも、そのときのピーンと張った冷たい空気の感覚が蘇ってきます。

 佐伯孝夫・吉田正のコンビは、『東京の人』(三浦洸一)、『有楽町で逢いましょう』(フランク永井)、『哀愁の街に霧が降る』(山田真二)、『グッドナイト』(松尾和子・和田弘とマヒナスターズ)、『再会』(松尾和子)、『東京ナイトクラブ』(フランク永井・松尾和子)など、多くの都会派ムード歌謡をヒットさせています。

 作曲者の吉田正自身は、2400曲に及ぶ自分の作品のなかで、あえて最も好きな曲を挙げるとすれば、この曲だといってます。理由は、彼がシベリア抑留中に味わい続けた極寒の朝と、そのなかでも失わなかったかすかな希望を思い出すからだそうです。
 もちろん、伝説のデビュー曲『異国の丘』は別です。

 上の絵は、比較的若かったころの配偶者のイメージを描いたものです。こういう時代もありました。

(二木紘三)

|

« さざんかの宿 | トップページ | さよならはダンスの後に »

コメント

いつも聞いています。
私が実家にいたときにラジオでよく流れていました。
懐かしいです

投稿: onozaki | 2007年11月18日 (日) 22時08分

~~すばらしいコーナーですね。

>上の絵は、比較的若かったころの配偶者のイメージを描いたものです。こういう時代もありました。

~~奥様の絵に込められた愛情を拝見し「こういう時代もありました」の一言で切なさにおそわれました。胸が苦しいです。

投稿: 春平太 | 2007年11月18日 (日) 22時35分

吉永小百合さんのファン(サユリスト)として、この歌は大好きです。「冬来たりなば春遠からじ」ですね。「ひたむき・健気(けなげ)・清潔という少女像は、昭和30年代の吉永小百合を最後に、わが国では絶滅しました」という二木さんのコメントには、思わず笑みがこぼれます。
“大和撫子”が絶滅したとは思いませんが(どこかに必ずいると思います)、昨今の世の中を見ていると、大和撫子は消えてしまったのかと心配になります。
そうは言っても、男らしい日本男児の益荒男(ますらお)も影をひそめたかもしれません。優しい男はずいぶん増えましたが。
つい最近、たまたまインターネットを散策していたら、吉田正氏と小百合さんがこの曲をデュエットで歌っているビデオに出会いました(NHKのBS2のようですね)。懐かしいので何度も見ました。
小百合さんは歌は決して上手とは言えないようですが、その爽やかさで正に「やまとなでしこ」といった感じでした。
昭和37年・・・我々の青春時代を思い出します。

投稿: 矢嶋武弘 | 2007年11月23日 (金) 19時41分

ひさしぶりにウクレレを持ち、今冬は「寒い朝」が弾けるようにと練習していました折、明治一代女のキーワードから貴ホームページに出会うことができました。
mp3の曲をカラオケにして、合奏できますので大変うれしくおもいます。
「稲穂」の近くに湯麺のおいしい「一楽」という店があったように記憶しています。そのころの小生は中学三年生で、北風の中を通学していた想い出はいまでも新鮮です。

投稿: 小泉 茂 | 2007年12月 9日 (日) 22時16分

二木先生のおっしゃる通り、吉永小百合は品のある美人です
よね。歌い方は素朴ですがなぜか、聞いていると引き込まれてしまいます。泥だらけの純情、伊豆の踊り子、若い二人の心斎橋皆良い歌ですよね。

投稿: M.U | 2008年5月22日 (木) 07時23分

小百合は奈良光枝の後を追っかけた、女優として、歌手として。潮騒という映画が有りましたが、この映画を無難にこなしてやっと一人前。

投稿: M.U | 2008年8月17日 (日) 07時30分

上記のコメントから、”男らしい日本男児の益荒男(ますらお)も影をひそめたかもしれません。優しい男はずいぶん増えましたが。”
 大和撫子激減はあっも、女の立ちションは聞いた事が有ませんが、住宅事情があるにしろ、座りション男が増えた話にはガッカリです。coldsweats02

投稿: Hikoさん | 2008年8月17日 (日) 14時43分

本当に「寒い朝」が続いています。
以前のコメントで、吉永小百合さんを「歌は決して上手とは言えないようだ」と言いましたが、それは撤回します。サユリストの一人として慙愧に堪えません。大勢のサユリストの心を傷つけたかもしれません。解説にもあるように、素人っぽくてもかえって爽やかさが伝わってくるのですから。それが彼女の持味です。
そう思ってこれからの寒い朝、できるだけこの歌を思い出し 元気と勇気をもらっていきましょう。

投稿: 矢嶋武弘 | 2009年1月 4日 (日) 17時03分

忘れられない歌。
「吉永小百合の歌い方は素人っぽい感じですが、無技巧な分、かえって爽やかさが伝わってきます」→ テレビで初めて見たときの印象がまさにこれでした。
二木さんの絵、この歌のイメージそのものです。
解説も絵もすばらしいと思います。

投稿: FT | 2009年3月 3日 (火) 00時47分

この曲を聞くたびに、広島市郊外の母親の実家とその周辺を思い出します。昭和37年当時自分は7才でTVからこの曲が流れ、またその後実家の台所に吉永小百合のポスターのような大きな写真が貼ってありました。また冬に車窓から自宅近くのある風景をみるたびに、この曲を強烈に思い出します。二木さんの絵に当時の雰囲気がつまっていると思うのは自分だけでしょうか?

投稿: 藤井貞信 | 2009年6月27日 (土) 15時20分

高校時代によく聞きました。いい歌ですね。

1962年春に始まり、64年秋公開の「愛と死をみつめて」までのわずか2年半の短い全盛期の62年4月にレコーディング。"62年6月『赤い蕾と白い花』の主題歌として作中で歌われると、じりじりと売り上げを伸ばした。"
映画とは関係なく62年9月に橋幸夫とデュエットの「いつでも夢を」が大ヒットし、レコード大賞を受賞したが、"62年に11枚、64年には9枚"、"日活を去る67年までにさらに20枚出したが、どれも当たらなかった"。"その頃日活で、歌えるスターは石原裕次郎、小林旭、吉永小百合の三人"といわれたが、"他のふたりは歌手としても永い命を保ったが、吉永小百合の場合結局、・・・・『寒い朝』と『いつでも夢を』以外は一曲も残らなかった"
という。-----関川夏央「昭和が明るかった頃」(文春文庫)より

"多少のおかしみに彩られた、可憐で健気な物語"とともに残された「サユリスト」にとっては記念すべき歌ですね。

投稿: 考古学者 | 2009年8月12日 (水) 17時42分

こんばんは♪
日々寒い朝を迎える季節になりました。

「寒い朝」、本当にいい歌ですね。
吉永さんは若い時もそうですが、数年前
の歌っていらっしゃるお姿も一層好まし
く、ついつい背筋を伸ばして聴き入って
しまいました。

話は変わりますが、上村松園の「青眉抄」
の中にこのような文章があります。

・・・私はたいてい女性の絵ばかりを描い
いる。しかし女性は美しければよいという
気持ちで描いたことはない。一点の卑俗な
ところもなく、清楚な感じのする香高い珠
玉のような絵こそ私の念願とするものであ
る。芸術をもって人を済度するくらいの自
負を画家は持つべきである。
良い人間でなければ芸術は生まれない。こ
れは絵でも文学でもその他の芸術全体に言
える言葉である・・・

吉永さんは私とは世代が少し違いますが、
あの美しさと生き方の感じ良さをずぅー
っと見つめて歩いてきたように思います。

女優として多くの人々に身をもって清く
薫り高い生き方を示すことができるって
本物の女優なんですね。
このような女優さんと共に今を生きてい
ることをとっても幸せなことなんだなぁ
と思っています。

二木様が「寒い朝」「野菊」に登場させ
ていらっしゃる奥様にも真の”聡明さ”
を感じました。


投稿: やまゆり | 2009年11月18日 (水) 18時55分

いつも二木先生のコーナーで楽しませていただいております。
私は65歳になります。高校卒業後、家業の農家を継ぎ、冬は名古屋の蒲鉾屋さんへ出稼ぎに行きました。朝3時に起きて大八車で冷蔵倉庫へ魚を持ちに行く作業は大変でした。
そんな時、決まって「寒い朝」を聴きました。春が待ちどうしくて、何回この歌に元気づけられたか知れません。
この歌を聴きますと、名古屋の頃が思い出されます。

投稿: たかねまい | 2009年12月30日 (水) 11時04分

私は大学時代に、冬の朝代田橋の下宿から歩いて登校する途中に、どこかの家からラジオで(多分)よく聞こえていたのを思い出します。以来「寒い朝」は逆境の時とかってに解釈して、私の愛唱歌となりました。

投稿: くんくん | 2010年1月 1日 (金) 19時59分

 20代前半の頃、田舎のいとこが上京した際、銀座を案内しました。デパートの松屋か松坂屋か記憶が確かではありませんが、そこで吉永小百合を見かけました。いとこと二人でエレベーターに乗っていると、清楚な美しい人が乗ってきました。あまりの美しさに呆然としてみとれ一瞬、吉永小百合とは気づきませんでした。映画やテレビでみるよりもずっ~とにきれいでした。サユリストとしては、ほんの一瞬ではありますが、同じ狭い空間で時間を共有できたことは私の人生の楽しい思い出です。
 吉永小百合の歌ではこの「寒い朝」と「愛と死のテーマ」が好きです。高校を卒業して翌年その母校の文化祭を訪れた際、「愛と死のテーマ」の曲が流れていました。まさに、ひたむき、健気、清潔な歌い方で、このときから吉永小百合が好きになりました。昭和39年の秋でした。

投稿: 荻原 敏章 | 2010年1月 2日 (土) 17時30分

吉永小百合が急に有名になったのは赤木圭一郎の助演
をやった頃ですね。私は男子高だったので学校中彼女
の噂でもちきりになったのを覚えています。・・・・
彼女を最後に我国では絶滅しました。そう思うしかあり
ませんですね。

投稿: 海道 | 2011年11月28日 (月) 19時11分

吉永小百合の影に隠れていたが松原智恵子も魅力があった女優ですね。全盛期のプロマイドの売れ行きは吉永を抜いていたとか。相手役に恵まれませんでしたが、ご良家のお嬢様のようでした。二人は同学年ですね。私は両方のファンでした。

投稿: 海道 | 2012年6月 6日 (水) 11時39分

 昭和38年春上京し市川で新聞を配りながら、よく歌っていました。江戸川?を望む公園で昼間よくぼーっとしていました。巡回婦警になんで働かないの、と行き合うた度に言われた事や、式場病院のばら苑(満開時の品種の多さと美しさとその広さには本当に驚いた)等、この歌と一体のおもいでになっています。
 
 しばらくして小百合嬢を学校で見かけるようになり、随分と小柄の人なので、驚いた記憶があります。
 それにしても彼女は、美しく歳を重ねているなぁ、と時折見かける画像や写真を見ては感心しています。
 
 お化粧に金をかければ私だってそれなりにと、天に唾する様な事をかみさんはノタマウけれど、そりゃいくらなんでもあんまりだ、と言うわけにいはいかず、内心密かにつぶやくばかり。
 
 つい最近行き逢ったこの{うた物語}のおかげで、懐かしい歌を探し出し聴いていると、その時々の諸々が思い出されてきます。

投稿: Mr.Kanagoe | 2013年3月18日 (月) 01時09分

 今からちょうど13年前(H15)、小生59歳で10月11日のこと、当時NHKで山根基世アナが担当されていた「土曜ホットタイム」というラジオ番組に、私の投稿文が多くの投稿者の中から取り上げられ、山根さんに私の拙文を読んで頂いた後、リクエスト曲-吉永小百合さんの「光る海」が全国に流された・・という経験があります。
 投稿文作成の折り、リクエスト曲は何にしようかと随分迷いましたが、どうせ放送されるはずがないので、まあ、私の好きな吉永小百合さんか、橋幸夫さんの中からと思い「泥だらけの純情」、「光る海」、「青いセータ-」、「すずらん娘」の四つに絞り、結局、明るい曲で「光る海」にしてしまい・・全国にこの歌が元気良く流れたという訳です。 今から思えば「すずらん娘」が良かったかなあと思います。一番好きな歌を選曲と言うことは出来ませんね。
 山根さんは声がとても素敵で、容姿も大変美しく、その上同郷(山口県)とあって、即フアンになりました。
 紅白の司会もされ、NHKの理事にもなられ、定年後は今も多方面でご活躍のご様子に嬉しく思っております。           (迷える老羊)

投稿: 吉永小百合さん大好き! | 2016年10月 5日 (水) 20時32分

「うた物語」にすっかり夢中になっています。順々にクイックしてはこの曲は知っている、これは聞いた事がないけれどいいなあと思ったりしています。「寒い朝」は北高の杜の石のベンチで仲良し4人でよく歌いました。ニセアカシアの樹々の中、昼休みの時間「雨が真珠だったら・・・」等々合唱していたのを懐かしく思い出します。すでに半世紀以上経ちますが、いまだにあだなを呼び合い交流が続いています。

投稿: konoha | 2017年1月30日 (月) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さざんかの宿 | トップページ | さよならはダンスの後に »