« 青い山脈 | トップページ | 赤と黒のブルース »

哀愁列車

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:横井弘、作曲:鎌多俊与、唄:三橋美智也

1 惚れて 惚れて
  惚れていながら行く俺に
  旅をせかせるベルの音
  つらいホームに来は来たが
  未練心につまずいて
  落とす涙の哀愁列車

2 燃えて 燃えて
  燃えてすごした湯の宿に
  うしろ髪ひく灯(ひ)がひとつ
  今宵逢瀬(おうせ)を待ちわびる
  君の幸せ祈りつつ
  旅にのがれる哀愁列車

3 泣いて 泣いて
  泣いているのを知らぬげに
  窓は二人を遠くする
  こらえきれずに見返れば
  すがるせつない瞳(め)のような
  星がとぶとぶ哀愁列車

《蛇足》 昭和32年(1957)リリース。

 三橋美智也は、ビジネスなんぞに色気を出さず、歌一筋にやっていたら、美空ひばりに匹敵する国民的歌手になったはずと、いつだったか立川談志がいっておりました。

(二木紘三)

|

« 青い山脈 | トップページ | 赤と黒のブルース »

コメント

私たちの田舎の町にも(人口5万くらい)社交ダンスの教習所がたくさんあり、哀愁列車でフォックスとロットを今の妻(75歳)と一緒に習ったことを思い出します。よき時代でした。

投稿: 三宅正瞭 | 2007年8月20日 (月) 15時58分

初めてのメールです
 私当年78歳です、パソコンを始めて3年そこそこです
 此のMIDI歌声喫茶、二木先生の項目で昔の歌謡曲を聞かして頂いて
 いる者です、気分転換に非常に役立たせてもらっています。
 今後も陰ながら 応援者として感謝しております、
 御健闘をお祈りいたします。

投稿: 吉岡 英三 | 2007年9月14日 (金) 16時15分

三橋美智也さんの曲は春日八郎さんの曲と同様、幼い頃から聴かせて戴いておる訳でございますが、特に三橋さんの♪哀愁列車や♪リンゴ村からは、今の殺伐とした時代を忘れさせてくれます。

投稿: 水本爽涼 | 2008年5月24日 (土) 16時46分

『歌はこころの走馬灯
 人生 絵模様 歌舞台』

 昨今、演歌心をなくした殺伐とした世の中になっています。多くの心ある人々がそのことを嘆いています。
 いまを生きる私たちは、この素晴らしい演歌を、演歌の心を演歌の世界を、立派に受け継ぎ、広く後世に伝える、継承していく義務があるのではないでしょうか?
       奈良ボイス SHU-SHINでした。

投稿: パンプキン | 2008年6月14日 (土) 12時39分

哀愁列車、懐かしい曲です。私が高校に入学した時に発売されたようですが、当時、クラスに三橋美智也ファンが居て、教室で何時も口ずさんでいたのを覚えています。今でもこの曲を聴くと、その学友を思い出します。今年、クラス会の案内を出したのですが、腰痛がひどくて不参加でした。今一度、あの時の哀愁列車が聞きたかったのですが、残念でした。代わりに、私がここで大きな声で唄いました。

投稿: Hikoさん | 2008年7月28日 (月) 21時19分

 勝手乍ら、私のブログ「水本爽涼 歳時記」にリンクの貼り付けをさせて戴きました。どうぞ、御了知賜りますよう、御願い申し上げます。

投稿: 水本爽涼 | 2008年8月 7日 (木) 22時51分

初恋の彼女が大阪の職場へ帰る別れ際、
 “後ろ髪引かれる思い” とつぶやいたのを
昨日のように鮮明に覚えています。
実はこの歌に織り込まれているのを知りませんでした。
どうなんでしょうかね、当時の彼女はこの歌詞を知っていて使ったのか、または別の出典があったのか不明のままです。

初老の今でも好きな言葉です。 

投稿: くろかつ | 2008年9月 1日 (月) 20時56分

今晩は、久し振りの投稿です。私たちの様な団塊生まれで、しかも大都市の下町生まれの人間にとって、兎に角、群集は苦手と言うよりは、苦痛の何者でも有りません。所が事懐メロに関しては、このジンクスは当てはまりません。出張先が台北でもクアラルンプールでもはたまたバンコクであろうが、勿論国内にても、この哀愁列車を歌うと、同年輩の方々は決まって、往時のエピソードと共に合唱してタイムスリップさせて下さいます。この曲にはそんな魔力が有るみたいです。

投稿: relokun | 2009年3月21日 (土) 20時32分

 若く勢いのある頃の三橋美智也は、本当に高音が伸びて気持ちよかったですね。中年になってからの彼の声は、まだ若いのにめっきり衰えて、寂しく感じられました。晩年後妻さんから暴力をふるわれて、なんて泣き言を言っていた彼には、若い頃のまじめに精進を重ねた苦労話を聞いている私としてはちょっと寂しかったです。
 「哀愁列車」は「りんご村から」と並ぶ彼の魅力いっぱいの歌だと思います。これを氷川きよしが歌っても、味の点でも三橋には遠く及ばないでしょうね。
 

投稿: 吟二 | 2009年6月 4日 (木) 23時45分

小生小学6年の時の曲ですので、意味は解らず歌っていました。誰に惚れたんだと隣の叔母ちゃんに聞かれ弱り
ました。確かに三橋に並べる歌手はいませんですね。

投稿: 海道 | 2009年12月21日 (月) 13時02分

立川談志みたいなアル中がいくら言っても、私達団塊世代
にとっては、三橋、ひばり、春日、三波は永遠のアイドルです。空襲の焼け野原の都会育ちにとっては、あの透き通る歌声が、どれだけ人々の励みに成ったか・・・・

投稿: relokun | 2010年1月 7日 (木) 20時26分

私の姉(昭和16年生)が都立城北高校(東京・赤羽駅が当時の最寄駅)の生徒の時の話だそうです。
当時の先生が飛び降り自殺の巻き添えで亡くなられ、結婚間もない先生の奥さんが遺骨を抱えて赤羽駅から帰郷するのを生徒たちが駅まで見送った時に、駅長の計らいでこの「哀愁列車」をホームで流してくれたそうです。
私がこの話を聞いた覚えがある?のも50年以上前になります。この曲を聴くたびにそのことを思い出します。
近くに住む姉にその真偽を確かめることはできますが、聞かないままにしておきたいほどの名曲と常に思っております。

投稿: 修さん | 2010年3月27日 (土) 15時26分

建てつけの悪い家の隙間から木枯らしが吹き込む、ある夜のこと。掘り炬燵で居眠りをしている幼い私の耳に、夢うつつのように聞こえてくるおやじ、おふくろ、それに近所のおじさんの喧嘩ごしの声。それは大ヒット中の『哀愁列車』の歌詞の1番にある「来は来たが」の解釈についてでした。

漢字を見さえすれば誰もが問題なく解釈できるのでしょうが、当時は山深い田舎のことととて、ラジオから流れてくる流行歌の詞を文字で確かめるすべがありません。

おふくろが「ホームに来るには来たけれど、なんじゃないの?」と、正しい主張をしているのに対し、近所のおじさんは「気はするけれど、だよ」なんて反駁して譲りません。目に一丁文字のないおやじはそれを黙って聞き、黙りこんでいます。論争は延々1時間くらい続いたように思いますが、結論がどうなったかは記憶にありません。

50数年も前のあの冬の夜のことを思うと茫々として夢幻のごとくですが、『哀愁列車』を聴くたび、すでに黄泉の人となったおふくろ、おやじのことが脳裏をかすめ、不覚にも涙が滲みそうになります(まあ、寄る年波のせいでしょうね)。

投稿: 待宵 | 2011年5月 5日 (木) 11時24分

三橋美智也に好きな曲はと尋ねた人があっただって。その時、間髪を入れず「哀愁列車」と言ったのをどこかで読んだ記憶があります。また、三橋美智也の葬式に舟木一夫が出てて、「自分はミハシミチヤに憧れて歌手になった。みんなそうですよ」とインタビュに答えていたのを思い出します。

投稿: よこいしろう | 2011年7月18日 (月) 11時04分

windows-xpを使って居た頃に二木さんのMIDIサイトを偶然見つけ、お気に入り登録して、三橋美智也さんの哀愁列車を聴きながら涙流しながら聴いて居ました・・・あの頃は慥か雪国の蒸気機関車のフォトや萎びた旅館の一室に灯りがついていたフォトが付いて居た様に思いますが・・・泣けて泣けて・・・今もこの拙き便りを認めながら涙が止まりません・・・MIDI音源は素晴らしいですね。そのPCも壊れてしまい、お気に入りに登録した大事なサイトが無くなりガッカリして居ましたが、windows-7で様々検索しました処、紛う方なきうる覚えの懐かしい「二木紘三」さんの名前に出くわし、慌ててお気に入りに登録、先ずは一安心・・・若干15にして自律神経失調症と鬱を発症、爾来愉しかるべき青春も知らず最近に成って漸く己が自律神経失調症と鬱を病んで居た事を知れり…人様と愉しく交われず、二木さんのMIDI音源に酔い痴れて居ります・・・あの懐かしい写真の掲載願わしゅう存じます…

投稿: 戦後歌謡曲66 | 2012年3月12日 (月) 19時12分

 詩吟の稽古を始めて3年を経過しました。終わってから会食天下国家の話のあと、カラオケへとくりだします。16年生まれの小生、仲間は新しい歌をまじえるのに懐メロ一辺倒で通します。この歌も定番となり、ラジオ育ちの年代で歌謡ベストテン50余週とアナンスしていたのが記憶に残っています。元気な内は継続したい。

投稿: 河嶋 忠雄 | 2014年6月16日 (月) 15時26分

この「哀愁列車」といい、「北海の終列車」といい、遠く彼方まで透き通る伸びのある歌声は、この人しか表現できないだろう。 カバーという名の、節まわしが巧みなだけのノドで歌いまくるかたよ、三橋を心から愛する私の心を乱さないでほしい。

投稿: 国境の春 | 2015年2月27日 (金) 02時27分

 小学校2,3年の頃、ラジオからこの歌がよく流れていた。
「惚れ~て 惚れて」という、でだしの言葉は、大人のなまぐさい雰囲気がして、子ども心に、好きではなかた。
「燃え~て 燃えて」は、さらに理解不能な言葉でした。
三橋美智也は知ってる人ではあるが、まったく知らない人でもあった。
今、虚心に聞けば、この歌は名曲で、三橋は名歌手です。
「星がとぶ とぶ 哀愁列車」は、さすが横井弘の歌詞だと一人勝手に感じ入ります。銀河鉄道みたいなひろがりを感じて・・
 立川談志の言葉もうなづけますが、三橋美智也の晩年は、女運が悪かったみたいです。略伝をみれば、糟糠の妻を捨てたところから、人生が狂っていったような気がします。

投稿: 紅孔雀 | 2016年3月 8日 (火) 21時50分

私は一歳の時、足にできものができ高熱がでたそうです。その後、二才になっても歩くことができなかったそうです。
今でも左足に障害が残っており少し不自由です。

母は温泉が良いという話を聞き、私を連れて山陰線各地の温泉を巡ったそうです。温泉津温泉、玉造温泉、有福温泉・・・

私はその時のことを覚えています。おそらく二才くらいの頃ではなかったかと思います。列車内のことです。外の寒さと車内の暖かさで列車の窓は霧を吹いたように真っ白になっていました。私はそれを拭って外を眺めたり、窓に指で温泉マーク(♨)を描いていました。私が最初に覚えた文字・記号は(♨)でした。それが得意で、家でもよく描いていました。夜汽車の窓から♨マークの光が星のように飛び去っていくのを見て楽しんでいたような覚えがあります。幻想かもしれませんが・・・。ただし温泉につかったことは全く覚えていません。

その時の母の気持ちをこの『哀愁列車』の詩から取り出してみました。

ーーーーーーー
旅をせかせるベルの音

落とす涙の哀愁列車

燃えてすごした湯の宿に
  
君の幸せ祈りつつ
旅にのがれる哀愁列車

星がとぶとぶ哀愁列車
ーーーーーーーー

最近不自由な足が少しづつですが弱くなっているように感じています。
遠距離を歩いて鍛えようと頑張っていたのですが、昨年は逆に足を痛めて入院してしまいました。過ぎたるは及ばざるがごとしですね。

投稿: yoko | 2016年3月 9日 (水) 07時56分

三橋美智也さん、私の高校時代に多くのヒット曲を出しました。アルバイトをしてレコードも何枚か買いました。
今でも毎日CDの三橋さんと一緒に哀愁列車やりんご村からを歌っております。毎日です。

投稿: 高橋 | 2017年2月 5日 (日) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青い山脈 | トップページ | 赤と黒のブルース »