« 神田川 | トップページ | 今日の日はさようなら »

希望

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:藤田敏雄、作曲:いずみたく
唄:フォー・セインツ
岸 洋子

1 希望という名の あなたをたずねて
  遠い国へと また汽車に乗る
  あなたは昔の わたしの思い出
  ふるさとの夢 はじめての恋
  けれど わたしが 大人になった日に
  黙ってどこかへ 立ち去ったあなた
  いつかあなたに また逢うまでは
  わたしの旅は 終わりのない旅

2 希望という名の あなたをたずねて
  今日もあてなく また汽車に乗る
  あれからわたしは ただ一人きり
  あしたはどんな 町に着くやら
  あなたのうわさも 時折聞くけど
  見知らぬ誰かに すれ違うだけ
  いつもあなたの 名を呼びながら
  わたしの旅は 返事のない旅

3 希望という名の あなたをたずねて
  寒い夜更けに また汽車に乗る
  悲しみだけが わたしの道連れ
  となりの席に あなたがいれば
  涙ぐむとき そのとき聞こえる
  希望という名の あなたのあの歌
  そうよ あなたに また逢うために
  わたしの旅は いままたはじまる

(フォー・セインツ版の3番)
3 希望という名の あなたをたずねて
  涙ぐみつつ また汽車に乗る
  なぜ今わたしは 生きているのか
  そのとき歌が 低く聞える
  なつかしい歌が あなたのあの歌
  希望という名の マーチがひびく
  そうよあなたに また逢うために
  わたしの旅は いままたはじまる

《蛇足》 いずみたくは、本名今泉隆雄。昭和5年(1930)、東京生まれ。鎌倉アカデミア・舞台芸術学院で演劇を学んだのち、昭和27年(1952)からうたごえ運動に参加しました。

 『希望』のほか、『見上げてごらん夜の星を』『女ひとり』『夜明けのうた』『世界は二人のために』『いいじゃないの幸せならば』『恋の季節』『夜明けのスキャット』『太陽がくれた季節』『帰らざる日のために』『ふれあい』『手のひらを太陽に』など、数多くのヒット曲があります。

 『希望』は、昭和44年(1969)5月1日に、カレッジ・フォークの草分け、フォー・セインツの歌で発表され、かなりヒットしました。
 翌昭和45年
(1970)4月1日に岸洋子の歌で発売したところ、通算50万枚を超える大ヒットとなり、『夜明けのうた』『恋心』となどと並ぶ岸洋子の代表曲となりました。

 なお、岸洋子版は、3番だけフォー・セインツ版と違う歌詞になっています。

(二木紘三)

|

« 神田川 | トップページ | 今日の日はさようなら »

コメント

学生の時、中華の店でアルバイトをしてたことがあります。
その店の店員でキクちゃんと呼ばれていた大きな瞳の陽気な娘がいました。
「昨夜もキクちゃんが布団の中で泣いていた」と、同じ宿舎の娘が話していました。恋人を想い泣いているようでした。
「希望」の歌を聴くとキクちゃんのことを思い出します。
当時の若い私には、恋人を想い涙を流すなど、理解できませんでした。

投稿: 時代オクレ | 2008年6月20日 (金) 06時26分

人は一生のうちに何度希望を失うことだろう。大きな希望、小さな希望、諦めてまたほかの希望を見つける。この歌の通りの人生だったと最近自分の人生を振り返っています。それでもまだかすかな希望を持って朝、起きます。汽車はもう身近には走っていませんが、やっぱりポーッと鳴りながら煙を吐いて走る汽車に乗って訪ねてみたいですね。若い日に夢見た希望に!

投稿: ハコベの花 | 2012年2月18日 (土) 20時19分

いい曲ですね・・
ハーモニカが大好きで茂原の演奏会で4人で演奏・・
私はバスの担当で頑張りました。
たしか審査員に褒められて、嬉しかったのを
思い出して・一人でニヤニヤしています。

投稿: 田中 喬二 | 2015年6月11日 (木) 19時56分

この歌は決して甘い恋の歌ではないと思っています。時代背景は東大紛争から70年安保、成田闘争への日本に暴力が吹き荒れる一方東名高速の開通などオイルショックまでの大発展を遂げていた頃です。世の中はすぐ先の好況を感じつつも足元は締めていかなければならない難しい時でした。44年は東大入試がなく卒業も半年遅れになったので内定者の待遇をどうするか大議論だったことを覚えています。確かに希望はありました。なにかを犠牲にしたでしょうが今の日本はいい方じゃないでしょうか。

投稿: しょうちゃん | 2016年8月20日 (土) 15時27分

この歌を最初に聴いたとき暗い、陰気な曲だと思って敬遠していました。ある日、歌詞を読んで気が付きました。本当に私の人生のような歌ではないかと・・・
絶望の後のささやかな希望、何回繰り返したことでしょう。少女の夢はあまりにも大きく、追いつくことは出来ませんでした。汽車はもう去ってしまっています。せめて明日、きれいなハンカチを1枚買いましょう。。夢見るような美しいハンカチを見つけます。ささやかな幸せのために。幼馴染の友人の病気が小康を得られるように送りたいと思います。絶望が希望になりますように。

投稿: ハコベの花 | 2016年12月10日 (土) 00時11分

新人の時に良く聞きました。
今度 ナツメロ会で歌います。
あとは 小椋圭 山河です。

投稿: セレナ | 2017年8月28日 (月) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神田川 | トップページ | 今日の日はさようなら »