« 砂山(山田耕筰) | トップページ | たき火 »

背くらべ

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:海野 厚、作曲:中山晋平

1 柱のきずは おととしの
  五月五日の 背くらべ
  粽(ちまき)たべたべ 兄さんが
  はかってくれた 背のたけ
  きのうくらべりゃ なんのこと
  やっと羽織(はおり)の ひものたけ

2 柱にもたれりゃ すぐ見える
  遠いお山も 背くらべ
  雲の上まで 顔だして
  てんでに背のび していても
  雪の帽子(ぼうし)を ぬいでさえ
  一はやっぱり 富士の山

《蛇足》 この歌は、詞が先に大正8(1919)、雑誌『少女号』に発表され、楽譜は、同12年(1923)5月、童謡集『子供達の歌 第三集(白眉出版社刊)に、詞とともに掲載されました。

 作詞した海野厚(本名=厚一)は、明治29年(1896)、静岡県豊田村曲金(現在の静岡市駿河区)の旧家に生まれ、旧制静岡中学から早稲田大学に進みました。
 童話雑誌『赤い鳥』に投稿した童謡が北原白秋に評価されたことから、童謡作家の道を歩み始めましたが、残念なことに、大正14年
(1925年)、28歳10か月の若さで亡くなってしまいました。

 彼が学んだ静岡市の西豊田小学校には、『背くらべ』の歌碑が建っています。『背くらべ』のほか、『おもちゃのマーチ』などの名作があります。

 たいていの家では、幼い子どもたちの成長ぶりを知ろうと柱や壁につけた印があるはずです。この歌は、そういう暖かい光景を歌ったものです。
 子どもの身長を測るのは普通は親ですが、この歌では兄で、それを弟の視点から歌うという設定になっています。

 この歌でよく話題になることが2つあります。
 まず、背くらべは普通毎年行うのに、去年ではなくて、おととしのきずと比べているのはなぜか、ということです。

 もう1つは、「やっと羽織のひものたけ」の意味。ひもの長さしか伸びていなかったとする解釈と兄さんのひもの位置までしか伸びていなかったという解釈の2説があります。

 このなぞを解くには、この歌詞がどういう状況で作られたかを知る必要があります。
 厚は7人きょうだいの長兄で、末弟の春樹とは17歳の年齢差がありました。
 弟の1人、欣也は後年、あるインタビューに答えて「あの歌はわれわれ兄弟姉妹のことを歌った生活記録だった」と語っています。ですから、この歌詞はきょうだいの交流から生まれたものと見てさしつかえないでしょう。
 また、歌詞は厚が東京遊学中の23歳のときに作られました。

 最初のなぞについては、「去年の」では音数が合わないため、あえて「おととしの」にしたという説もありますが、厚が何らかの事情で2年間帰郷できなかったからとする説が有力です。1年おいて帰郷して弟の背を測ったから、おととしのきずと比べることになった、というわけです。

 2年間帰郷できなかったのは、病気療養中だったという説と作詞活動に没頭していたためとする説がありますが、正確なところはわかりません。

 2については前者、すなわち「ひもの長さしか伸びていなかった」とする解釈が圧倒的多数です。童謡・唱歌の解説書やネット上の情報でも、ほとんどがそう説明されています。

 確かに、平成17年度の男児の平均身長表を見ると、6~9歳児は1年平均5.5センチずつ伸びています。大正時代ですから、伸び率はもう少し低かったとしても、2年で10センチ見当は伸びていたはずで、これは子ども用羽織のひもの長さとほぼ一致します。
 おととしのきずと比べると、ぼくの羽織のひもの長さほどしか伸びていないんだ、とちょっとがっかりしているわけですね。

 しかし、もう1つの説も、それほど説得力がないわけではありません。
 詩を作ったのが厚23歳のとき。背くらべがこの年だったとすると、末弟の春樹は6歳で、身長はおそらく110センチ前後。この高さはちょうど成年男子の羽織のひもの位置に当たります。

 つまり、「ずいぶん伸びたと思ったのに、やっと兄さんの羽織のひもの位置に届いただけだった」と解釈できるわけです。私はこの説のほうが納得できます。

 厚には弟と妹が各3人いました。ですから、この童謡の主人公が妹だった可能性もあります。しかし、厚がとりわけかわいがっていたのが春樹だったといわれているので、以上の記述はその視点に立って行いました。

(二木紘三)

|

« 砂山(山田耕筰) | トップページ | たき火 »

コメント

そう言えば、『背』 のふりがなは「せい」ですが、歌うときは「せえ」と発音するのが本当です、と言うのが話題になったと思い調べたのですが見つかりませんでした。
確か、古いレコードを聴くと皆「せえ」と発音し、最近の童謡では「せい」と発音していて違和感があるが、と言う質問に、アナウンサの小川宏氏からの回答だったと記憶しています。美空ひばりの越後獅子でも『芸がまずい』は「げい」ではなく「げえ」と歌っているとの指摘もあったように思います。

文字にしても発音にしてもだんだん変化していく、そういう時代の中にいるのだと、頭では分かっていても、私の名前を平坦に、は_ま_い_ ではなく、は~ま_い_ と、先頭にアクセントをつけて呼ばれると、少しムカつく今日この頃です。  愚痴りました、済みません。


話を戻しますが、『紐の丈』を「紐の長さ」とする説"だけ"を教わったため、歌詞を自分の行動に当てはめたとき、不自然さにどうしても納得できず、イメージが沸いてこなかったのです。だけど、『丈』本来の、高さを表わす発想が阻害されたため、ずっと中途半端な気持ちでいました。

子供が身長を測るとき、羽織のひもで測るなんて面倒臭い事はありえない。どこそこまで届いたと、頭に手を置いてそこから水平に伸ばして比較するのが、私の中では常識だったからです。

作者の実弟である春樹氏は「紐の長さ」のように解説していますが、それはそれ、私には、「久しぶりに会った兄にじゃれつく弟の微笑ましさ」までが伝わってくる、
『兄の羽織の紐の高さまでとする解釈』が一番スッキリします。


管理人様、目から鱗が落ちる思いをしました。有難うございました。


---本当の蛇足---
『背くらべ』は『子供達の歌 第3集』白眉出版社 1923年(大正12年5月)に発表ですが、歌詞は、1919年に雑誌『少女号』に発表されたとするものがあります。ただし残念ながら確認できません。
また、平成3年を最後に教科書からは姿を消してしまったようです。残念です。

参考:http://www.miyajimusic.com/blog/cho/?p=151
   http://www.maboroshi-ch.com/edu/ext_40.htm

投稿: 浜井 | 2010年3月17日 (水) 18時20分

童謡唱歌を歌おうとしていますが、どの歌も歌詞はうろ覚えが多く、2番3番は支離滅裂。メロディだけでなく歌詞にも興味が出てきました。
この「背比べ」は一番は兄弟での背比べの様子ですが
2番になると「一はやっぱり富士の山」となっており
柱のキズからはじまり富士の山に結んでいることに
なんだか、凄いなあと思いました。

投稿: kt | 2013年3月21日 (木) 22時27分

やっと羽織の紐の丈ですから、10センチも伸びればやっとなどとは言わないのではないでしょうか。背が伸びたと思っていたのに、お兄さんの羽織の紐までしかないとがっかりしている様子が窺えます。お兄さんは憧れの人だったのでしょうね。良い歌ですね。にぎやかな家族の様子が見える様です。小さいころ羽織の紐や寝間着の紐が結べるようになると大人になったような気がしたものです。今、私は結べるかどうか心配になってきました。

投稿: ハコベの花 | 2013年3月22日 (金) 20時42分

私はこの歌が好きで子供の頃よく歌っていました。愛らしく温かい家族の様子に魅かれていました。ですがそのとき私の家の柱に傷はありませんでした。

柱にきずをつけたのは中学三年生のときです。中学三年生ともなると級友たちの背がぐんぐんと伸び、見上げるようになりました。私はそれが羨ましくて悔しくて、私も背が高くなりたいという思いで、誰にもわからないように小さな傷を床の間の柱につけました。

初めのうちは毎日のように柱にもたれて背丈を計りました。日が経つにつれ僕の成長はもう止まってしまっているのでは、という不安と不吉な予感がしました。徐々に柱にもたれることもなくなり、高校三年生の頃になると柱に背を合せたのは年に1~2回くらいだったのではないかと思います。

高校を卒業し都会に出て、いつの間にか50年が過ぎ去ってしまいました。田舎の家は主がいなくなり明かりも消えましたが柱の傷はそのまま残っています。ちょうど私の背丈の位置に残っています。当時の日々が昨日の事であるかのように思いだされます。取るに足らない思い出ですが、柱の傷は私にとっての青春の痕跡でした。

投稿: yoko | 2015年10月21日 (水) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 砂山(山田耕筰) | トップページ | たき火 »