« 大きな古時計 | トップページ | 小樽のひとよ »

おさげと花と地蔵さんと

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:東条寿三郎、作曲:細川潤一、唄:三橋美智也

1 指をまるめて のぞいたら
  黙ってみんな 泣いていた
  日暮れの空の その向こう
  さようなら
  呼べば遠くで さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと

2 あれから三年 もう三月
  変わらず今も あのままで
  空見て立って いるのやら
  さようなら
  耳を澄ませば さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと

3 なんにもいわずに 手を挙げて
  つま立ちながら 見てたっけ
  思いはめぐる あかね空
  さようなら
  呼べばどこかで さようなら
  おさげと花と 地蔵さんと

《蛇足》 昭和32年(1957)のヒット曲。

 おさげはお下げ髪のことで、アップにしないで、後ろに長く垂らした髪形。2つに分け、それぞれの根元をひもなどで留めるタイプ、同じく三つ編みにするタイプ、1つにまとめて根元をひもなどで留めるタイプ、同じく三つ編みにするタイプなどのヴァリエーションがあります。

 アップの女の子は活発で頭がよさそうに見え、お下げは控えめで女っぽく見えました。アップは襟足が、お下げは揺れるしっぽが、男の子たちの心をいたく揺さぶりました。

(二木紘三)

|

« 大きな古時計 | トップページ | 小樽のひとよ »

コメント

 曲も素晴らしいですが、歌詞がいいですね。小説を作るように、ひとつのストーリーを作り上げてから作るのでしょうか。悲しいけれど、きれいな風景が目に浮かびます。
 プロの詩人は田舎の歌を作っても洗練されていますよね。

投稿: 吟二 | 2008年11月29日 (土) 10時54分

小中学生のころ聴いていい歌だなあと思っていました。今でもぜんぶ歌えます。この歌のようなことが本当にあったことのような気がします。現実の記憶より歌の世界の記憶のほうが濃いことがあるようです。

投稿: TF | 2009年10月11日 (日) 10時26分

初めて投稿させて頂きます。このサイト、収録曲・懐かしい歌が多く、音質が良いので頻繁に拝聴させて頂いております。私は三橋美智也の大ファンです。カラオケでも良く三橋さんの歌を歌いますが、中でもこの歌は大好きです。第3節目、一番でしたら「日暮れの・・・」あたり、声が良く通るので、歌っていても聞いていても気持ちの良いものです。

投稿: 中田島 | 2009年11月13日 (金) 00時20分

歌詞にある「指をまるめて のぞいたら」というのは、どのような所作を指すのでしょうか。どなたかご教示ください。

投稿: イサコフスキー | 2011年8月20日 (土) 19時42分

イサコフスキー様

なるほど、何十年もこの歌を聞いたり唄ったりしてきましたが、深く考えたことがありませんでした。

1.今まで、何となくイメージしていたのは、「子供の頃ふるさとで友達との別れの日、夕焼けの山道を遠ざかりながら、指を望遠鏡代わりに丸めて眺めたら、いつまでも手を振って泣いてくれている友達を見た自分の思い出」でした。

2.でも、よく考えてみると、これは大人になった自分があのふるさとでの友達との別れを、まるで鍵穴から過去をのぞくように懐古している姿かもしれないとも思います。「鍵穴からのぞいた母の日本海」「鍵穴の奥で望郷揺れている」という川柳がありますが、そんなイメージかもしれないなとも思います。

結局、早く言えば1は「望遠鏡がわりの指」、2は「鍵穴」です。
でも、作詞者の意図は違うかもしれませんね。その他にどんなことが考えられるでしょうか。私も知りたいです。

投稿: 吟二 | 2011年8月20日 (土) 22時11分

吟二様 自分も1のような光景と指で双眼鏡の形をとる所作を考えておりました.しかしこの美しい歌詞にどこか相応しくないものを感ずるのです.お教えいただきました二聯の川柳は,日常の視野から思いがけず見出した,過ぎ去った懐かしい時間と空間を脳裏に投影してくれます.ロシア語で詠じてみたいのですが,うまくゆきません.北海道の日本海を望む漁村の出の詩人,吉田一穂に「故郷は海(月?)によこたう天の川」(手元に詩集がなく,うろ覚えであります.間違いかもしれません).まず先にこれが口にでました.吟二様ありがとうございます.

投稿: イサコフスキー | 2011年8月21日 (日) 09時00分

吉田一穂の詩集を開きましたら、「ふる郷は波に打たるゝ月夜かな」が載っていました。
イサコフスキーさんが引用していらっしゃるのとは別の句かも知れませんが…。

投稿: 眠り草 | 2011年8月21日 (日) 10時16分

私も吟二さんの1をイメージします。ただ、片目を瞑りもう片方の目に指を丸めて覗いたのではないかと思います。すると広がった景色ではなく一か所を集中して見られますね。おさげの少女とお地蔵さんだけが、強く印象に残ると思います。茜色の空と別れは万葉の時代から歌われています。日本人の琴線に触れるものがあるのでしょう。

投稿: ハコベの花 | 2011年8月21日 (日) 10時30分

眠り草様 ハコベの花様 ご教示に感謝もうしあげます。小生引用の句は別の方のものかも知れません。または、いくつかの文句を自分の頭の中で組み上げてしまったのかも。本当に本当に「茜空」は郷愁を呼び起こします。二十六歳レニングラードの跳ね橋の上から、夕焼けに見惚れていました。自殺でもすると心配したのでしょうか、ガイーという武装警官が職務質問をしてきました。手の甲にターニャという女の名の刺青。自分は夕焼けが美しいと言いましたところ、あれは自然現象ですと教えてくれました。ブレジネフ書記長の時代の思い出です。

投稿: イサコフスキー | 2011年8月21日 (日) 18時32分

眠り草様 「荒海や 佐渡に横たふ 天の川」(芭蕉)を小生の頭脳が改作したもののようです。お恥ずかしい。

投稿: イサコフスキー | 2011年8月21日 (日) 22時38分

イサコフスキーさま
吉田一穂の生家は、当別のトラピスト修道院と裏山続きの位置にあったそうですね。彼は早稲田大学に進み、21歳の時には、トラピストに滞在していた三木露風を訪ねています。私が初めて吉田一穂の詩を知ったのは高校生のときで、第一詩集の「母」でした。
「あゝ麗はしい距離(デスタンス)
つねに遠のいてゆく風景……

悲しみの彼方、母への
捜り打つ夜半の最弱音(ピアニシモ)」

投稿: 眠り草 | 2011年8月22日 (月) 08時12分

2011年の、氷川きよしの楽曲で「あの娘と野菊と渡し舟」というのがあります。作詞水木れいじ、作曲水森英夫。 多分にこの「おさげと花と地蔵さんと」を意識しての佐作品でしょうね。そのトライは決して悪い事じゃゃないと思うし、『温故知新』、素朴さを狙って、時がゆっくり流れていた時代の風情、風景を再現するのもいい試みだと思います。前発が名曲だっただけに、それを乗り越える事は相当な出来でないと…。でも掘り起こしって大切ですよね。

投稿: かせい | 2012年12月27日 (木) 01時20分

三橋美智也さんの歌ですよね・・・
昔の昔・のど自慢で この歌を歌いました。
たしか鐘は二つだったと思いますが、
この歌を聴くたびに、若かりし頃が浮かび
何とも・・切なくなります。
今度カラオケに行ったら・歌ってみようかと
今・思っています。

投稿: 田中 喬二 | 2015年6月11日 (木) 19時41分

この歌が世に出た時代背景として地方からの中卒者の集団就職があります。当時、田舎の次男三男坊が都会の工員や丁稚として大量に出ていきました。戦後、大阪万博あたりまでこの集団が復興の底辺として日本を地道に支えたわけです。いったん都会に行ってしまえば、簡単にはふるさとに戻ることもできない時代でした。歌詞はふるさとを離れて都会にいく若者のふるさととの別れや淡い初恋の哀愁を描いているとしか思えません。

投稿: D51791 | 2015年12月 9日 (水) 10時59分

お下げとアップに対する管理人さんの思いにちょっと驚きました。異性の目はそう見るのですね。ある私立女子校では中学生はお河童、高校生からお下げと決まっていました。私、髪が真直ぐなので、お下げができません。高校までは刈上げからお河童、高卒でパーマ、最後にストレートロングヘアへと移り、今は短い髪に逆戻りです。少女時代には他人のしなやかな三編みに美しさを感じ、アップの髪型には縁遠い大人の世界を感じたものです。

投稿: Bianca | 2015年12月 9日 (水) 23時48分

シニア世代です。三橋美智也の出だしの頃の澄んだ張りのある歌を、幾年月を経て魅せられています。「指をまるめて覗いたら、黙って皆んな泣いていた」そして、一つの素朴な疑問が湧きました。「なぜ泣いているのか」自分ではうまく言い表せなくて、皆さまのご意見を聞かせてもらいました。そして、自分も日本人としての感性にすこし目覚めていたのかと感謝した次第です。

投稿: なつが大好き | 2016年1月17日 (日) 13時45分

二木先生の歌物語、疲れた時にいつも聞かせて頂いております。この歌が大ヒットしている頃、私は青春真っ只中で一人の女性を恋していました。おさげ髪の可愛い女性でした。
この恋はいつまでも続くと思っていたのでしたが、あっと言う間に終わってしまいました。今でも懐メロでこの歌を聞くと、青春時代を思い出します。

投稿: 坂本 佑精 | 2016年4月19日 (火) 16時27分

管理人様の【お下げ髪】の説明で、私の今までの【お下げ髪】の意識が大きく違っていたことを理解しました。母の考えで私の妹は黒く太い髪なので「おかっぱ」でした。私は赤毛で細くておまけに「ねこげ」ときているので、いわゆる[ワカメちゃんスタイル」でした。この髪型で兄達の【口撃】に会うのもしばしばでしたが・・・。30代になってから憧れの【ボブスタイル】が定着しましたが、母が存命なら文句タラタラ聞かされたことでしょう。
肩まで届くような髪型にしたことのないわたしにとって、管理人様の説明の【お下げ髪】は、「目からううろこ」とはこういうことなのでしょう。白いものがちらほら交る今となっては、どのお下げ髪も無縁です。
多くの男性と同じ目線で、【お下げ髪】に特別な感情を持って生きてきた女性もいるということを、どうぞお笑いくださいませ。

投稿: mitsuko | 2016年4月20日 (水) 13時47分

この歌がラジオから流れたのは小学校5~6年のころですが、このときすでに「なんとなくいい歌だな」と惹かれてしまい、今でも歌ったり聞いたりしています。
私にとりまして永遠の望郷演歌です
故郷は何かと言えばこれに尽きると思います。

投稿: 齊藤 弘 | 2016年7月21日 (木) 09時59分

おさげと花と地蔵さんと この歌はこの曲の題名にすべての魅力が詰まっていると思います!何とも言えない郷愁を感じてしまいます。私は佐賀の田舎で幼少のころ見渡す限り田んぼばかりのところに住んでおりましたが、あぜ道を歩いて行く田んぼの片隅に小さなお地蔵さんが作ってあり、何故かそこへ行くと立ち止まってじっと見つめていた この曲を聴くとそんな記憶がよみがえります。また20015年12月9日D-51791様のこの歌が世に出た時代背景として地方からの中卒者の集団就職があります。 このご意見に大きな共感を覚えます。何人もの方が投稿をされた ああ上野駅にもそんな思いを抱いてしまいます。昭和29年に生まれた私が言うのは生意気で少しおかしいのかも知れませんが、幼少の頃にしても昭和30年代を生きてこれて本当に良かったなあ と思ってます。

投稿: 芳勝 | 2017年10月30日 (月) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大きな古時計 | トップページ | 小樽のひとよ »