« ゆうべの秘密 | トップページ | 湯の町エレジー »

雪が降る

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:サルバトーレ・アダモ、日本語詞:安井かずみ

雪は降る あなたは来ない
雪は降る 重い心に
むなしい夢 白い涙
鳥はあそぶ 夜は更ける
あなたは来ない いくら呼んでも
白い雪が ただ降るばかり
ララララ ラララ……

 (セリフ)
 「雪は降る あなたの来ない夜
 雪は降る すべては消えた」

この悲しみ このさびしさ
涙の夜 ひとりの夜
あなたは来ない いくら呼んでも
白い雪が ただ降るばかり
白い雪が ただ降るばかり
ララララ ラララ……

   Tombe La Neige

Tombe la neige
Tu ne viendras pas ce soir
Tombe la neige
Et mon coeur s'habille de noir
Ce soyeux cortège
Tout en larmes blanches
L'oiseau sur la branche
Pleure le sortilège

Tu ne viendras pas ce soir
Me crie mon désespoir
Mais tombe la neige
Impassible manège

Tombe la neige
Tu ne viendras pas ce soir
Tombe la neige
Tout est blanc de désespoir
Triste certitude
Le froid et l'absence
Cet odieux silence
Blanche solitude

Tu ne viendras pas ce soir
Me crie mon désespoir
Mais tombe la neige
Impassible manège

《蛇足》 1964年発表。親日家としても知られるアダモは、この曲を日本語でも録音しました。
 長い間、冬の定番曲でした。

(二木紘三)

|

« ゆうべの秘密 | トップページ | 湯の町エレジー »

コメント

 カラオケスナックでよく唄った曲です。
まだ若い頃、場末のスナックの備え付けのカラオケマシ-ンのキイが高くて、なかなか唄い辛く、声を枯らしてしまった事を思い出します。
 それに引き換えこれは丁度いいくらいに調整してあり、私にも気持ちよく唄えます。久しぶりに大声で唄いました。脇で家内が笑っています・・・・・

投稿: Hikoさん | 2008年7月29日 (火) 19時10分

アダモ、懐かしい歌手です。
〔雪が降る〕はもちろん好きですが、特に好きだったのは〔ブルージーンズと革ジャンパー〕でした。
20代の頃レコードを買って何度も聞いた覚えがあります。

投稿: おキヨ | 2008年7月30日 (水) 01時16分

久しぶりに、開いて、びっくり、私の名前が載っていました。この歌は、とても、好きで、哀愁があり、抒情があります。

投稿: 羽田光利 | 2008年11月 3日 (月) 04時43分

シャンソンを習っていますが、この季節になると歌いたくなります(それ以外の季節は無視?)。したがって2月の発表会にはこの曲を歌います。

投稿: 畠中 雄介 | 2009年1月14日 (水) 11時49分

大好きな曲で、冬カラオケに行けば必ず歌います。岸洋子と尾崎紀世彦が素晴らしい歌唱力で歌っています。アダモは、外見と声は好ましいと思えないのに良い曲を沢山作ってますね。

投稿: 山下仁平 | 2010年3月17日 (水) 21時12分

今日関西は数年来の大雪で、京都の金閣寺は雪明りで荘厳さを醸し出しております。
この大雪でアダモの「雪が降る(Tomble La Neige)」をつい思い出し・・・いい歌ですね。
でも去って行った幾人かのジーンズの後姿が半世紀近く経った今も脳裏に残っているので、それに立ちはだかるような「ブルージーンズと皮ジャンバー(En Blue Jeans Et Blouson D`Cuir」のロック・バラードというかスロー・バラードの№をつい選んでしまいます。

2010年もあと2時間ほど、恒例の「紅白歌合戦」を観ながら改めて月日の速さに驚くと共に平和をもかみ締めています。
そして『二木紘三の歌物語』で、画面ではあれど皆さんと出会えて心が豊かになり感動にもめぐり合えて、有意義でとても充実した1年であったことを心から感謝しております。
来年もよろしくお願い致します。 <いちゃりば ちょーでー>

投稿: 尾谷 光紀 | 2010年12月31日 (金) 22時10分

曲名がお解かりの方教えて下さい。
「粉雪舞い散るゲレンデに一緒に行った宿の娘のはかない指のその白さ忘れはしないよ、雪降るたびに想い出す」「明日東京に帰る日に・・・・」

投稿: 海道 | 2012年2月 8日 (水) 11時34分

 この曲も、ポールモーリアが演奏していますね。
 この歌、森進一の歌でも聴いた事があるような気がします。
森進一も、アダモにどこか声が似ているとは思いませんか?

投稿: 殿川 | 2012年10月 9日 (火) 23時45分

ブルージーンと皮ジャンパーも大好きですが、なんといってもこの曲、大好きな越路吹雪のリサイタルで歌われていました。そう言えば私の大好きなコーチャンのお葬式の写真に、最前列でお別れされてたのを憶えています。
彼にとっては「マダム・ナイトウ」とのおわかれに肩を落としたお姿、強く残っています。

投稿: mitsuko | 2015年5月10日 (日) 00時15分

多くの歌手がカバーしてますね。
”日本語での歌唱には、アダモ自身も用いた安井かずみの歌詞によるもの、尾崎紀世彦がリリースした安井による一部歌詞の異なる版がヒットした。ほか、越路吹雪が歌った岩谷時子の歌詞によるものがある”とウイキペヂアに載ってます。
宝塚時代弓千晶という芸名だった前野曜子さんも歌ってますが、しんしんと降りつもる雪景色が目に浮かぶ佳曲です。

投稿: 一人旅 | 2015年6月22日 (月) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゆうべの秘密 | トップページ | 湯の町エレジー »