« 22才の別れ | トップページ | 野菊 »

ネオン川

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:横井 弘、作曲:佐伯としを、唄:バーブ佐竹

1 誰が名づけた川なのか
  女泣かせのネオン川
  好きで来たのじゃないけれど
  いつか知らずに流されて
  浮いた浮いたの酒を注ぐ

2 義理に死んでく人もある
  金に負けてく人もある
  いくら真心尽くしても
  信じられずにあきらめた
  恋はいくたびあったやら

3 泥にまみれた川だって
  やがて着くだろ 青い海
  おとぎ話の夢だけど
  晴れて素顔に戻る日を
  抱いているのさ あたしでも

《蛇足》 バーブ佐竹はクラブ歌手を経て、昭和39年(1964)、キングレコードからデビュー、『女心の唄』が大ヒットし、日本レコード大賞新人賞を獲得しました。
 ソフトな低音と語りかけるような歌唱法で人気を得ました。
 『ネオン川』は昭和41年
(1966)のヒット曲です。

(二木紘三)

|

« 22才の別れ | トップページ | 野菊 »

コメント

バーブ佐竹は若くして亡くなられと思いますが、(ご存命ならすいません)独特の歌唱方で女心を唄い全国のバーの女性をとりこにした様に思います。

投稿: M.U | 2008年6月22日 (日) 08時40分

犀川といえば金沢ですが、実は信州にもあるのですよ。この
川は川中島の戦いにチラッと出てくるだけで無名に近い川に
成っています。改名して梓川はどうでしょう、反発を覚悟の
うえです。(故郷を捨てた男)

投稿: 海道 | 2008年12月11日 (木) 16時46分

横井弘の数あるヒット作の中でも「あざみの歌」と並んで味のある詞だと思います。ネオン街で働く女性達に日を当てた名作だと思います。

投稿: 海道 | 2012年11月 9日 (金) 19時37分

今、この曲を聴きながらその当時のことを懐かしく想い出しています。

20代前半の独身時代、仕事帰りに街中の居酒屋に一人で飲みに行くのが何よりの楽しみでした。

50歳代前半のママさんでしたが、なかなかのキップの良さで常連のお客さんからは抜群の人気がありました。

人気の秘訣は、仕事のことや若者の悩みなどの愚痴を快く聴いてもらえたことを想い出されます。

当時は、カラオケもなくカウンターの隅っこにあったポータブルプレイヤーからこの曲が流れていました。

投稿: 一章 | 2016年10月17日 (月) 20時37分

男がモテるにもTPOがあると思います。バーブ佐竹が証明しています。水商売の女性にモテたそうですが、むべなるかなと思います。

水商売の女性にもいろいろな方がいますから、もちろん全員とは言えませんが、おおむね何か影があって、すなわち深い人生経験を経てこの商売をやられている方が多いと思います。すなわち、姿かたちが良いイケメンより、ある意味ではチャラい女には人気のない誠実な、そして私が守ってあげたいような、そんな少しブスな男に惹かれるのではないでしょうか。内面重視、決め手はややブス男ですね。

そんな意味で、佐竹が水商売の女性たちにモテたのだと思います。あの分厚い唇もセクシーだったのじゃないかと思います。以上、私があのころバーブ佐竹に感じた直感ですが、皆さんはどう思われますか。

投稿: 吟二 | 2016年10月17日 (月) 21時02分

懐かしさの余り、続けてのコメントをご容赦ください。
早速ユーチューブで聴いてみました。
直前までイケメンの舟木一夫を見ていたのですが~。
バーブ佐竹はなぜに水商売の女に人気があったか?
酒場女の境涯を歌っているからではないでしょうか。
水商売に生きる女性は歌に自己投影したのでは?
バーブ佐竹~イケメンではないが
なかなかイケボです。イケボもモテる要素の一つと思います。@ご存知とは思いますが~イケボ~ボイス~魅力的な声の持ち主と注釈させてください。
容貌も渥美清に通じる愛嬌と哀愁があり女心をくすぐったとも言えそうですね。
ついでに「女心の歌」も聴いてみました。
社会に出てすぐの歓迎会で歌のうまい先輩社員が歌いました。一章さまおっしゃるようにカラオケもない時代でした。とにかく懐かしい。余談ですが~懐かしいの感情は自律神経を整え長命に結びつくそうです。
ラジオ深夜便  ないとエッセイー 小林弘幸氏
(順天堂大学医学部教授)あなたの知らない自立神経の話~より

投稿: りんご | 2016年10月17日 (月) 22時26分

りんご様 早速の「懐かしい感情」についてのコメントありがとうございました。

これからも、昔の出来事や想い出を大切に蓄えなしながら明日への希望・夢を持ち続けたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: 一章 | 2016年10月17日 (月) 22時58分

バーブ佐竹の本名は佐武豊(さたけゆたか)と言い、佐武を「さぶ」と読み間違えられることが多かったため、芸名は「武」の代わりに「竹」を充て、竹の英訳バンブーをもじってバーブとしたそうです(Wikipedia)。
やさしい顔つきや幼な顔の草食系男子(10~30代)が目立つ今日この頃ですが、昭和20~30年代はオッサンみたいなごっつい青年が多かったものです。どちらかと言えば“バーブ佐竹系”の顔つきの戦争末期年寄りから言わせれば、バーブ佐竹は顔も歌声も地味ながら味があります。

投稿: 焼酎百代 | 2016年10月18日 (火) 11時59分

大学卒業後、会社の寮に入りました。寮の管理人さんは、奥様とご一緒に、一階で喫茶店を経営しておられました。若いウエイトレスの女性が勤めておられました。年の頃は二十歳前後だったでしょうか。私はそのとき二十三才。彼女と話す機会はあまりなかったのですが、いまでも若き日の彼女の姿が思い浮かべられます。あるとき、好きな芸能人は?、という話になった時、彼女は「渥美清が好き」と言いました。私は内心僕じゃだめか・・、と思いました。それから三年後、私は転職し、しばらくしてその会社もその寮もなくなりました。彼女の人生に暖かい風は吹いただろうか、渥美清のような暖かくて優しい彼氏と出会うことができただろうか。彼女の姿が思い浮かびます。彼女にも管理人さんご夫婦にももう一度あいたいなぁ、懐かしいです。

投稿: yoko | 2016年10月20日 (木) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22才の別れ | トップページ | 野菊 »