« 啼くな小鳩よ | トップページ | 涙(なだ)そうそう »

なごり雪

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞・作曲:伊勢正三、唄:イルカ

1 汽車を待つ君の 横で僕は
  時計を 気にしてる
  季節はずれの 雪が降ってる
  東京で見る雪は これが最後ねと
  さみしそうに 君がつぶやく
  なごり雪も 降るときを知り
  ふざけすぎた 季節のあとで
  今春が来て 君はきれいになった
  去年よりずっと きれいになった

2 動き始めた汽車の窓に 顔をつけて
  君は何か 言おうとしている
  君のくちびるが さようならと
  動くことがこわくて 下をむいてた
  時がゆけば 幼ない君も
  大人になると 気づかないまま
  今春が来て 君はきれいになった
  去年よりずっと きれいになった

  君が去った ホームにのこり
  落ちてはとける 雪を見ていた
  今春が来て君は きれいになった
  去年よりずっと きれいになった
  去年よりずっと きれいになった

《蛇足》 昭和50年(1975)リリース。

 作詞・作曲はかぐや姫のメンバーだった伊勢正三。かぐや姫も歌いましたが、今はイルカの歌として定着しています。
 70年代フォークのなかでは、最も幅広い年齢層に好まれている歌の1つです。
 平成14年(2002)に大林宣彦監督により、大分県臼杵(うすき)を舞台として映画化されました。

 私は信州出身なので、この歌を聞くと、新宿駅の早春のプラットフォームが浮かんできますが、西のほうの出身者は東京駅のホームを、北のほうの出身者は上野駅のホームを思い浮かべることでしょう。
 「ホームに残り、落ちてはとける雪を見ていた」というような場面が、茫漠たる記憶の彼方にあったような、なかったような……。

(二木紘三)

|

« 啼くな小鳩よ | トップページ | 涙(なだ)そうそう »

コメント

正やんは叙情派フォークの天才だと思います。正やんの作った、なごり雪を女性のイルカさんが歌い、22歳の別れを男性の風が歌って、どちらも大ヒット。男女逆ですが、何の違和感もないところもたいしたものだと思います。学生時代を京都で過ごした私は、「京都で見る雪はこれが最後ねと....」と、よく鼻歌を歌っていました。

投稿: 本田雅生 | 2007年9月 7日 (金) 22時41分

先日、イルカのこころねコンサートに行ってきました。
ジーパン姿のイルカは未だに可愛い少女です。
なごり雪は二曲目に歌ったのでコンサートはこれで終わりかと
思ったら、持ち歌が沢山出てきて、最後にもう一度みんなで
なごり雪を合唱しました。
あの有名な保険会社のテーマソング「みんな同じ生きているから、、、
1人にひとつずつたいせつないのち、、、」もイルカの
唄だったんです。
コンサートの最後に握手しようと思ったら長蛇の列・・・・!
団塊の世代のおじさん(私)は涙が出て止まりませんでした。

投稿: ゆうちゃん | 2007年12月11日 (火) 22時46分

   今春が来て君はきれいになった
   去年よりずっときれいになった
 本当に、そう感じる瞬間ってあるんですよね。男性諸氏。どなたも経験おありでしょう。若い頃、一度や二度は。
 そしてそう感じると決まって、その後間もなく、この歌のような別れが待っていませんでしたか?
  「雪国は嫌なの」明治通りにて   (昭和57年早春の思い出ー拙句)

  

投稿: 大場光太郎 | 2008年4月11日 (金) 19時14分

「なごり雪」、いつ聴いてももよい曲ですね。
青春時代はもう記憶に古いほどの年齢となった私ですががこの曲はいつ聴いても常に新鮮な響きを伝えてくれています。
二木さん、ありがとう、素晴らしいサイトですね。

投稿: ちょじ | 2009年5月 5日 (火) 10時54分

36年前、就職したての頃、1か月間の研修生活で将来の不安と期待に心乱れていたある夜の慰安会で、仲良くなった友人がしみじみと歌っていたのを昨日のことのように思い出します。歌詞が素晴らしく、特に「君のくちびるがさようならと動くことがこわくて下をむいてた」に共感します。でも1点だけ、けちをつけるつもりは毛頭ありませんが、後年、この歌をテレビなどで聞くたびに、「ふざけすぎた季節」ってどんな季節なんだろうと違和感を覚えます。そして自分ならどんな歌詞にしたいかと自問自答するのですがいい歌詞が浮かびません。もし、正三さんに出会えたら尋ねてみたいですね。

投稿: SK2 | 2011年7月11日 (月) 20時31分

先日、BSでイルカさんのデビュー40周年記念コンサートを見ました。お約束のように、南こうせつさんと伊勢正三さんがゲストでした。冬馬さんを映像で見ることができたのは初めてでした。とにかく心が洗われました。。。。

投稿: 本田雅生 | 2011年8月24日 (水) 23時14分

私も68歳ですが、イルカのなごり雪を良く歌います。200回ほど歌いましたが、満足できません。奥の深い曲です。
 女性のイルカが歌う事に違和感を感じますが、皆さん如何ですか?

投稿: セレナ | 2017年6月14日 (水) 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 啼くな小鳩よ | トップページ | 涙(なだ)そうそう »