« リリー・マルレーン | トップページ | バルカンの星の下に »

ロマンス

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:アンリ・バシス、作曲:ジョゼフ・コズマ
日本語詞:中原淳一、唄:ジュリエット・グレコ

1 友よ 聞きたまえ この愛の歌
  とわの幸せを かなでる歌を
  パリ 君こそ我が 心の友よ
  喜びもうれいも 君とともに

2 青い光あび パリの街角
  恋の心の なぜにときめく
  パリ 君こそ我が 心の友よ
  喜びもうれいも 君とともに

  悲しみもさちも ふたりの胸に
  秘めて歌う歌 パリのロマンス

      Romance

1  Ces mots chargés de romance,
    Comme un matin qui sou rit,
    C'est un amour qui commence
    Dans le printemps de Paris
    Paris, qui n'est à personne,
    Est à toi si tu le veux.
    Mon amie je te le donne
    Ce cadeau c'est pour nous deux.

2  Ces mots chargés de romance,
    Comme un matin qui sou rit,
    C'est un amour qui commence
    Dans le printemps de Paris
    Veuxtu les rues de ma ville,
    Traînant autour des cafés,
    Où les jours passent tranquilles
    Et les filles décoiffées.

3  Ces mots chargés de romance,
    Comme un matin qui sou rit,
    C'est un amour qui commence
    Dans le printemps de Paris
    Les amoureux se promènent,
    Ils se regardent ravis,
    "Mon amie, c'est toi que j'aime
    Le bonheur c'est pour la vie!"

《蛇足》 1952年にシャンソンの女王、ジュリエット・グレコが歌い、大ヒットしました。日本では高英男が歌い、やはりヒットしました。
 曲は日本語詞に合わせてあります。原詞で歌う場合は、1番と同じメロディを3番まで繰り返すことになります。

 私はこの歌を昭和38年(1963)7月にM君(現在ポーランド在住のジャーナリスト)から教わりましたが、彼がそのことを覚えているかどうかはわかりません。

 ……昭和38年の夏は、目くるめく夏でした。

(二木紘三)

|

« リリー・マルレーン | トップページ | バルカンの星の下に »

コメント

こんばんは
この曲が流れていたのは私も青春真っ只中の時代でした。洋画という洋画を片っ端から観て、ポピュラー音楽に漬かった日々でした。

投稿: おキヨ | 2008年7月 5日 (土) 23時41分

この歌を聴いたのは昭和32,3年ごろ、友人はパリに憧れ、私は『アルト ハイデルベルグ』を読んでハイデルベルグに憧れ、絶対に行こうと話し合っていました。友人はパリを見る事もなく若くして亡くなり、私は生まれ育った所から出る事もなく、テレビでハイデルベルグが映ると行ったつもりになって満足しています。
二木先生は38年が輝いた夏でしたか。私は37年の夏が人生、最良の夏でした。この歌には青春のロマンが詰まっております。まさに私には「秘めて歌う歌」なのです。

投稿: ハコベの花 | 2009年8月20日 (木) 14時17分

この訳詞は中原淳一さんです。菅美沙緒さんではありません。

投稿: よしだゆきお | 2013年6月10日 (月) 15時16分

よしだゆきお様
ありがとうございました。早速修正しました。
楽譜に菅美沙緒とあったので、それを鵜呑みにしたのですが、当てにならない楽譜ですね。(二木紘三)

投稿: 管理人 | 2013年6月10日 (月) 18時27分

そうですね。菅美紗緒訳詩は、
  訪れしロマンス永久に麗(うる)わし 微笑の光街に溢るる
   パリひそやかに恋を語りぬ 熱き思い知るや愛しの君

みなさんはどちらがお好み?
生涯独身、中原淳一訳詩の初期~中期(後期は殆どフランス語でした。)の歌に悩み憧れた帰り来ぬ青春の日々・・・ありがとう!
‘92年にはシャンソンを普及させた功績でフランスから芸術文化勲章シュバリエを贈られました。

投稿: 尾谷光紀 | 2013年6月16日 (日) 22時26分

何故か甘やかな感傷に浸りたくてこの歌を聴いています。心も身体も全くの自由だった日々、朝,8時に起きて家事を少し手伝い、本を読んだり、友人と街ブラをしたり、音楽会や講演会に行ったり、映画を観たり、18歳から22歳までの4年間、自由で気ままな生活を楽しみました。将来への不安はありましたが、家庭を持って、いかにあの青春の日常が豊かだったか思い知らされました。この歌はその時代に戻れる歌なのです。
兄嫁との確執もあり、大学への道は閉ざされても私は自分の生活を呑気に頑固に守り続けていました。人生の中で一番良い時間を過ごしたと思います。何より自分と似たり寄ったりの友人たちに恵まれていたのが良かったと思います。結婚相手が全く嫌いなタイプだったのが余計に青春時代が輝いて見えるのかもしれません。感傷もロマンも全く持ち合わせていない夫と絶望と我慢で51年が過ぎました。嗚呼・・・ロマンス!

投稿: ハコベの花 | 2015年9月 9日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リリー・マルレーン | トップページ | バルカンの星の下に »