« 天国に結ぶ恋(悲恋大磯哀歌) | トップページ | 東京行進曲 »

おんな船頭唄

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:藤間哲郎、作曲:山口俊郎、唄:三橋美智也

1 嬉しがらせて 泣かせて消えた
  にくいあの夜の 旅の風
  思い出すさえ ざんざら真菰(まこも)
  鳴るなうつろな この胸に

2 所詮(しょせん)かなわぬ えにしの恋が
  なぜにこうまで 身を責める
  呼んでみたとて はるかな灯り
  濡れた水棹(みざお)が 手に重い

3 利根で生まれて 十三七つ
  月よわたしも 同じ年
  かわいそうなは みなしごどうし
  今日もお前と つなぐ舟

《蛇足》 三橋美智也は北海道上磯町(現:北斗市)出身。5歳で民謡の初舞台を踏み、9歳で全道民謡コンクールに優勝して、民謡界の天才と呼ばれました。
 昭和29年(1954)にキングレコードから『酒の苦さよ』で歌謡界にデビュー、翌昭和30年(1955)には、この『おんな船頭唄』が大ヒットしました。

 民謡で鍛えたハリのある高音が魅力で、『赤い夕陽の故郷』『古城』『リンゴ村から』など、郷愁を帯びたヒット曲を次々に出し、村田英雄、春日八郎などとともに男性歌謡歌手を代表する存在になりました。
 昭和58年
(1983)には、史上初めてレコード総売上げが1億枚を突破。

 また、民謡三橋流を起こし、民謡歌手の育成に努めました。細川たかしや石川さゆりは民謡のほうの弟子です。
 平成8年
(1996)に65歳で亡くなりました。

 1番の「ざんざら」は「ざわざわ音がする」という意味、真菰は水辺に生えるイネ科の多年草で、1、2メートルの高さになります。「ざんざら真菰」は、風に吹かれてざわざわ音を立てている真菰、という意味。

 3番の「十三七つ」は、十三夜の七つ時(4時ごろ)の、出たばかりの月のことで、まだ若いの意。
 これは多くの国語辞典が採用している定義ですが、民衆の間では13+7=20、すなわち二十歳(はたち)の意味で使われることもあったようです。
 たとえば、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』
(東京・敬文館、大正15年、出口米吉註)には、三島宿で弥次さんが飯盛女と次のようなやり取りをする場面があります。

  「お前もふ幾歳だ」
  「わしや ハア お月様の年だよ」
  「ムヽ十三七ツで二十と云ふことか、大分お洒落だの」

 なお、日本最大の国語辞典『日本国語大辞典』(小学館)には、「十三七つ」の意味として、①まだ若いの意、②(13と7の和が20となることから)20歳をいうしゃれ——とあり、『東海道中膝栗毛』の文を使用例として挙げています。

 これだと「私は二十歳、月も月齢20(二十日の月)で同じ歳」という取り方が可能になります。どちらの意味で使ったかは作詞家に訊いてみないとわかりませんがわざわざ「わたしも同じ年」といっているのですから、後者でしょう(この項、おもに中井修さんのご教示に基づいて構成しました)

(二木紘三)

|

« 天国に結ぶ恋(悲恋大磯哀歌) | トップページ | 東京行進曲 »

コメント

三橋美智也の曲で、どうしてこの曲が
ここに選曲されなかったのが、不思議なくらいでした。
でも、選曲されてこれからも聴く事が出来るので、楽しみです。

いつ聴いても、三橋美智也ファンにとっては、嬉しい限りです。

『本当に有難うございます』と、声を大にして言いたいです。

投稿: たかポン | 2007年9月 9日 (日) 00時03分

嬉しがらせて 泣かせて消えた ・・・

好きだった彼女といよいよ別れる晩、この歌を歌って別れました。
その時は皮肉を込めた気持ちだった気がします。

40年も前の古い話です

ミッチ-のファンとしては懐かしく聴いています。

投稿: ググロリア | 2007年10月 3日 (水) 20時58分

三橋美智也一筋50年、嬉しくて、嬉しくて,思わず万歳
涙が出ましたね、三橋さんは.レコ-ディングの最多記録で
日本一です、天声の美声、歌唱力.これも日本一。
春日さんと、三橋さんのCD(カラオケ)持っていますが
残念な事に、レ-ザ-プレイヤ-が壊れ聴く事が出来ず寂しい
ひと月でしたが、お蔭様で三橋さんの曲が聴ける様に成り
感謝しています。尽きましては三橋さんの曲は沢山
在りますのでどうか他の曲もお願い致します。

投稿: 佐伯三橋美智也 | 2008年7月 9日 (水) 23時26分

三橋美智也さんの曲は♪哀愁列車が好きですが、どの曲も故郷を偲ばせます。折りにつけ、また、♪夕焼けトンビのUPも御願い致します。

投稿: 水本爽涼 | 2008年8月26日 (火) 22時46分

幼かった頃、ラジオから流れてきたこの曲と美声に衝撃を受け、以来三橋美智也命となった私め。お嫁さんになりたいと思っていましたが、小学校高学年の時に、結婚している事を知りショックでした(笑)。今日こちらを初めて知ってとっても嬉しいです!

投稿: 美智也命 | 2009年9月26日 (土) 01時01分

いい歌ですね。数日前NHKの午前中の歌番組で三橋美智也と春日八郎特集をやっていて、ネットに音源がないか探してみました。

歌えない歌もガイドメロディがしっかり入っているので歌いやすいです。歌えると思って飲み屋でカラオケをしましたら、全然歌えませんでした(笑)ガイドメロディで歌えるようになった気がしていたんですね。

もしですが、もし可能なら、ガイドメロディを抑えた、インストゥルメントバージョンもあるとよりうれしいと思います。

素敵なサイトありがとうございます。感謝しております。どうぞ良いお年をお迎えください。お体ご自愛の上、ますますのご活躍をご祈念しております。

投稿: うぉいす | 2009年12月31日 (木) 09時50分

長年のモヤモヤがようやく払しょくされた思いです。
というのも大好きなこの曲、一番の歌詞「ざんざら真菰」の意味も判らないまま口ずさんでいました。
 以前、潮来出身のお婆さんが近所に越してきたことがありチャンスとばかり聴いてみたことがあります。
でも要領得ない回答で半ば諦めていました。
二木さん詳細な説明に納得です。、そしてとても博学でいらっしゃるのに驚きです。
「ざんざら真菰」と云う名文句、今の作詞家さんには出て来ない表現でしょうね。

投稿: アロー | 2010年7月 8日 (木) 22時05分

 3番の「十三七つ」は、13+7=20を意味します、と解説されていますが、国語辞典には『十三夜の七つ時の月のことで、まだ若いの意』とあります。
 

投稿: 池松敬介 | 2010年11月19日 (金) 10時07分

上記「十三七つ」は、私は昔から20歳の意味だと思って歌っていました。確かに広辞苑で調べると池松敬介様の言われるとおり『十三夜の七つ時の月のことで、まだ若いの意』と書いてありました。ひとつ利口になりました。有難うございます。

それを前提に推論するのですが、作詞家はもちろんその意味をわかっていた上で、「若い」と「20歳」を掛詞にしたのではないでしょうか。「利根で生まれて十三七つ 月よ私も同じ年」と、あえて「同じ年」とあるところや、この歌が唄われた当時でも20歳は嫁に行くには早いほうだったことも考え合わせれば…。皆様はどう思われますか。

投稿: いっちゃん | 2010年11月21日 (日) 05時22分

「十三七つ」を若いと解釈すると同じ年だとするのは無理があるような気がします。二十歳と解釈すると二十日の月即ち老いた月となって、どちらも老いているとなるのでしょうか。
二木さんの「東海道中膝栗毛」に出てくる「・・・大分お洒落だの」とはどういう意味なのでしょう。
年増をからかったようなニュアンスも感じられますが、違いますでしょうか。

投稿: 周坊 | 2010年11月25日 (木) 00時05分

30年来オ-ストラリアのパースに住んでいますが、日本を出る時三橋美智也全曲集というカセットを買って持ってきました。日本の正統派歌謡曲そのもので、自分は普段オ-ストラリア人の中で英語を話し仕事をしオ-ストラリア人流の生活をしてますが、三橋美智也の唄を聞いていていいなあと思うと自分もやはり日本人なんだなと思います。特にこのおんな船頭唄が一番好きです。三橋美智也は本当にすばらしい歌手だったと思います。晩年が余り幸せでなかったようなのが残念です。ついでに最近YouTubeでちあきなおみが唄っているおんな船頭唄を見つけました。こちらも涙が出るほど素晴らしい。

投稿: 悠ちゃん | 2011年1月 2日 (日) 22時26分

なんちゅあなんさん 薩摩言葉でなんともうしあげようもないと 言う意味です このおんなせんどううたで パソコン 携帯 登録してます 皆様言われるように ざんざらまこも 13 7つ なんという 作詞家かと思いました 良くわかりました ありがとうございました 最近 声でなくなりましたねーー でも歌える限り 三橋先生風で 歌います 宝の歌ですから

投稿: おんなせんどううた | 2011年3月13日 (日) 05時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天国に結ぶ恋(悲恋大磯哀歌) | トップページ | 東京行進曲 »