« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »

波浮(はぶ)の港

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:野口雨情、作曲:中山晋平、唄:佐藤千夜子

1 磯の鵜(う)の鳥ゃ 日暮れにゃかえる
  波浮の港にゃ 夕焼け小焼け
  あすのひよりは
  ヤレホンニサ なぎるやら

2 船もせかれりゃ 出船のしたく
  島の娘たちゃ 御神火(ごじんか)ぐらし
  なじょな心で
  ヤレホンニサ いるのやら

3 島で暮らすにゃ とぼしゅうてならぬ
  伊豆の伊東とは 郵便だより
  下田港(しもだみなと)とは
  ヤレホンニサ 風だより

4 風は潮風 御神火おろし
  島の娘たちゃ 出船のときにゃ
  船のともづな
  ヤレホンニサ 泣いて解く

《蛇足》 昭和3年(1928)リリース。

 波浮の港(写真)は、火口の跡に水がたまった火口湖でしたが、のちに大津波で海とつながり、湾となったものです。

 野口雨情は、大島に行ったことがなく、故郷・北茨城の平潟港から想を得て詩を書いたものといわれます。そのため、実際とは異なる点がいくつかあります。
 たとえば、大島に鵜はいないし、「なじょな」は大島弁ではなく、「どんな」の意の北茨城弁だそうです。

 波浮の港は東を向いているので、「夕焼け小焼け」はおかしいと指摘する人もいます。これについては、夕日は見えなくても、空一面に夕焼けしたようなときには見えることもあるので、かならずしもまちがいとはいえません。

 御神火は、火山を神聖なものとしてあがめ、その噴火を表現したもの。

 佐藤千夜子は、山形の天童出身。東京音楽学校を中退後、『波浮の港』によって日本の国産レコード歌手第一号となりました。その後、『東京行進曲』『紅屋の娘』など、続けてヒットを飛ばしました。
 しかし、当時の音楽界ではランクが低かった歌謡曲歌手を嫌って、オペラにこだわり続けたために、収入が細り、晩年は不遇でした。

 高橋通郎さんからの情報で、この歌には5番があることがわかりました。mp3を作り直すのは少々面倒なので、歌詞のみ紹介します。

5 磯の鵜の鳥ゃ 沖から磯へ
  泣いて送らにゃ 出船もにぶる
  明日も日和で
  ヤレホンニサ なぎるやら

(二木紘三)

|

« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »

コメント

確かにこの地は港ですが、行ってみれば入り江のようにうつります。唄がこの地を有名にしたのか。この地が唄を呼んだのか、細かいことはどうでも良い。この唄のおかげで日本中
に波浮の港が知れ渡ったのですから。

投稿: 海道 | 2008年10月29日 (水) 07時35分

「細かいことはどうでも良い」と申しておきながら、細かくてローカルなコメントを書かせて頂きます。それは
3番の今は無い「伊豆の伊東とは郵便だより」の部分ですが、これは最初に大島~伊東航路が出来たとの事です。

投稿: 海道 | 2011年9月26日 (月) 20時32分

二木紘三様
 猛暑の候ご健勝のことと拝察いたします。
 最近「波浮の港」を佐藤千夜子の歌で聴いていて、5番のあるの知りました。
≪ 磯の鵜の鳥ゃ沖から磯へ 泣いて送らにゃ出船もにぶる 
  明日も日和で ヤレホンニサなぎるやら ≫
という歌詞です。昔の歌手が歌っているのでオリジナルと思いますが・・・。

投稿: 高橋通郎 | 2015年8月22日 (土) 21時51分

 5番まであることが分かった「波浮の港」ですが、最近また気づいたことがあります。
 1番の歌詞で
   磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃかえる 
   波浮の港は・・・
と歌っているものがありました。「にゃ」と「は」の違いですが、原詩はおそらく「にゃ」でしょうが、小生としては「は」のほうが意味もすっきりとし、また歌いやすいので、僭越ながら「は」で歌いたい気分でいます。
 皆様はいかがでしょう。

投稿: 高橋通郎 | 2015年12月 4日 (金) 13時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 果てもなき荒野原 | トップページ | 氷雨 »