« 国境の町 | トップページ | グリーンスリーブス »

湖畔の宿

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo



作詞:佐藤惣之助、作曲:服部良一、唄:高峰三枝子

1 山の淋しい湖に
  ひとり来たのも悲しい心
  胸の痛みに耐えかねて
  昨日の夢と焚き捨てる
  古い手紙のうすけむり

2 水にたそがれせまる頃
  岸の林を静かに行けば
  雲は流れてむらさきの
  薄きすみれにほろほろと
  いつか涙の陽が落ちる

   (台詞)
   「ああ、あの山の姿も湖水の水も、
   静かに静かに黄昏れて行く……。
   この静けさ、この寂しさを抱きしめて
   私は一人旅を行く。
   誰も恨まず、皆昨日の夢とあきらめて、
   幼な児のような清らかな心を持ちたい。
   そして、そして、
   静かにこの美しい自然を眺めていると、
   ただほろほろと涙がこぼれてくる」

3 ランプ引き寄せふるさとへ
  書いてまた消す湖畔の便り
  旅の心のつれづれに
  ひとり占うトランプの
  青い女王(クイーン)の淋しさよ

《蛇足》 日独伊三国軍事同盟が締結され、日本が大戦に向けて突っ走り始めた昭和15年(1940)に発表され、大ヒットした歌。
 感傷的で淋しい詩とメロディが戦意高揚を損なうということで、当局は発売禁止にしましたが、国民が歌うのを止めることはできませんでした。

 歌手たちの戦地慰問で、兵士たちからのリクエストが圧倒的に多かったのがこの曲だったといいます。とりわけ、特攻隊の基地で、若い航空兵たちが直立不動でこの歌を聞き、そのまま出撃していった姿が忘れられないと、高峰三枝子は幾度となく語っています。
 「この静けさ、この寂しさを抱きしめて私は一人旅を行く。誰も恨まず、皆昨日の夢とあきらめて……」の部分がとくに兵士たちの胸に響いたのでしょう。

 後年、「ひとり来た湖」はどこかが話題になり、舞台探しが行われました。作詞者・佐藤惣之助の足跡から長野県の諏訪湖、静岡県の浜名湖、山梨県の山中湖などの諸説が生まれましたが、昭和63年(1988)2月、佐藤惣之助の手紙が見つかり、モデルは群馬県の榛名湖(写真)だとわかりました。

 手紙は昭和17年(1942)、彼が亡くなる少し前、榛名湖畔の旅館「湖畔亭」の仲居に宛てたものもので、問題の箇所は次のようになっています。
「『湖畔の宿』は榛名湖のことではあるが、あの中のことは全く夢だよ。ああいう人もあるだろうとおもったので書いたもの。宿は湖畔亭にしておこう……」。

(二木紘三)

|

« 国境の町 | トップページ | グリーンスリーブス »

コメント

 夜は湖畔の宿で、ふるさとへの便りをしたためます。「ランプ引き寄せ」に時代を感じます。帰れないふるさとに便りを出すことによって、心の中で擬似的にふるさとから都会への再出発の誓いとします。
 再出発の前途はいかに。今度こそ良い恋ができますように。彼女はトランプに託して一人占います。「青い女王(クィーン)」。その象意とは?
 「青」クール、知性。「女王」気高さ、気ぐらい。彼女はクールビューティ?それゆえの「淋しさよ」?

 戻っていった都会の雑踏にまぎれて、ヒロインはその後どのような運命をたどったのでしょう。興味深いところです。

投稿: 大場 光太郎 | 2008年2月22日 (金) 17時53分

人間は死を覚悟したらこの様な曲を聴きたくなるのでしょうか。心を癒してくれ、まるで母親が歌ってくれているように
思えたのでしょうか。

投稿: M.U | 2008年5月30日 (金) 16時59分

私が大学2年の時、冬のデパートのアルバイトで高校2年の清純な可愛い子に会いました。アイススケート場に行ったりした淡い恋でした。

それから5年後、彼女から突然「会いたい」と電話があって食事をしたり、喫茶店で話したりした後、日比谷公園に行ってベンチで二人でトレンチコートにくるまって、話の続きをしました。彼女の好きな「湖畔の宿」も二人で歌いました。キスすることもなく、ただ懐かしくてそのまま別れました。

翌日、彼女から電話があり、きのうはどうしても言い出せなかったのだが、よんどころない事情があり、少しお金を貸して欲しいとのことでした。私は貯金があまりなかったのですが、何とか都合をつけて数万円を貸してあげました。ありがとう、ごめんねと言い、彼女は少しづつだが毎月返すからと言いました。

それから、2ヶ月は2千円ずつ送られてきましたが、その後、ぱったりと途絶えました。

その後私は彼女の家に電話しましたが、お母さんが出て「うちの子は、妻子ある男と駆け落ちして、ここにはいない。あちこちに借金をして、私達は面倒を見きれない」と電話を切りました。彼女の家は裕福ではありませんでした。

それから1年半後の日中、私はばったり日暮里駅のホームで彼女に会いました。彼女はびっくりして、口ごもりながら借金のことについて謝り、何とか返しますからと言いました。

私はそのことについてはもう忘れているから良いよと言い、元気でねと言ってすぐ立ち去りました。「湖畔の宿」を聞くたびに彼女のことを思い出します。

投稿: 吟二 | 2008年9月 7日 (日) 16時57分

高峰三枝子のろうたけた美しさは、原節子と共にあの時代を代表する美人女優でした。東北の田舎にいた頃は彼女の歌った〔一人来た湖・・・〕とはどんなきれいな湖だろうと想像したものですが、なんと現在私の住む場所からそう遠くない榛名湖だったとは。。。
榛名湖にはたまにドライブに行き、帰りは伊香保の日帰り温泉に入って帰るのが楽しみです。

投稿: おキヨ | 2008年9月 8日 (月) 02時18分

 戦後、この歌が一世を風靡した当時わたしは小学生でした。当然歌詞の意味も分からず、一番の「胸の痛み」は肺病(結核)のことであり、「焚き捨てる」は‘焚きつけ’とばかり一人合点していました。男女の機微に疎い子どもの頃ですし、燃料にも事欠く時代でしたから、こんな風に誤解をしていたのでしょう。自嘲しながら子どもの頃を回想しています。閑話休題。               
 蛇足ですが、先年榛名湖に遊んだとき、思い出して「湖畔の宿」の歌碑を探しました。歌碑は惣之助の書簡に出てくる‘湖畔亭’の近くにできた‘湖畔の宿記念公園’にありました。メロディセンサー付きの立派なもので、隣には珍しいメロディフェンスもあり、楽しめます。また、公園は眼前に榛名湖と対岸の榛名富士を眺望できるロケーション抜群ですが、歌の雰囲気を体感するには、夏季の喧騒を避けた夕暮れ時がベストかと思います。

投稿: ひろし | 2009年4月30日 (木) 12時56分

二木先生の御多忙中とは存じますが、是非にも次のレコードもしくはテープをお探しの上で此のアルバムに収録して戴きたい歌がありますので、お手数を煩わせて恐縮には存じますが宜しく御計らいを戴きたく御願を申し上げます。

※ 歌の題名   【湖底の故郷】  歌詞
1・夕日は赤く 身は悲し
     涙は熱く  頬ぬらす
  さらば湖底の  我が村よ
     幼き夢の  揺り籠よ
2・宛て無き道を  辿り行く
     流離(ながれ)の旅は  涙さえ
  涸れて儚き  思いでよ
     ああウラブレの身は  何処
3・別れは辛し  胸痛し
     何処に求む  故郷ぞ
  今ぞあてない さすらいの
     旅路に昇る  今朝の空

以上が私のうろ覚えの歌詞の内容です。
此の歌は、現在では都民の皆様の憩いの場として、又は・ニジマス釣り場として都民の皆様には御馴染みであろうと思われます『小河内ダム』に沈んだ集落を歌い上げた名曲でありますので、甚だ恐縮には存じますが宜しく御配慮を賜りたく存じ上げます。
  

投稿: 渡邉秋夫 | 2010年8月 5日 (木) 02時45分

渡邉秋夫様へ
【湖底の故郷】のより正確な歌詞は以下の筈では?訂正すべき語句のみ記します。用いる漢字は人様々なので問いません。

1.夕日は赤し  
3.故郷よ  今ぞあて無き  旅路へ上る  今日の空

投稿: 槃独の呟き | 2010年8月 5日 (木) 17時01分

浅学無知な私には御尊名の程は解釈が出来ずに甚だ申訳の無いことでありますが、何卒・御容赦の程を御願い申し上げます。情報の提供有り難うございました。 
私が昭和57年夏・娘の小学校の夏休みを利用致しまして小河内ダムにニジマス釣りに行きました際には、既にダムサイトに此の歌碑が建立されていましたので、其れ以後好きになった曲の一つです。

投稿: 渡邉秋夫 | 2010年8月 6日 (金) 19時02分

渡邉秋夫様へ二伸
 名前を打ち間違えたため、さぞ怪訝に思われたことでしょう、申し訳ございません。歌詞の訂正、お役に立てば幸いです。

 私が1960年代終わりにドライブしてまわった頃の小河内ダム周辺は人影もまばらで、水面は静まり返っていて、建設当時の農民が氷川あたりまで蓆旗を立てて押し進んだ喧騒は想像するのも困難な風情でした。おそらく、第一回芥川賞受賞作家、石川達三の『日蔭の村』を通して想像するしか無いのかも知れません。

投稿: 槃特の呟き | 2010年8月 6日 (金) 23時33分

山の淋しい湖で思い出しました。ある時登った山の山小屋の前に小さな沼がありボートを好きに使えるようになっていました。彼女が乗ろうとしたら失敗して足だけ水にはまってしまいました。その時は大変叱られた事を思い出します。

投稿: 海道 | 2011年12月 2日 (金) 13時40分

 おキヨ様、ひろし様は湖畔の宿をよくご存じですね。
 私は榛名湖を抱く連峰を間近に仰いで育ちましたが、その頃はまだ、前橋市方向から見てあの榛名連峰の真ん中あたりに——一番高くはないけれど——秀麗な形を見せる榛名富士の麓の宿がうたわれているとは知りませんでした。いま、生家の近くの田んぼの中に住居を作って数十年ぶりに帰去来してからは、朝ごと夕ごとの犬の散歩に、「昨日の夢と焚き捨てる」煙を思い浮かべながら,口ずさみます。高峰三枝子にこの歌をリクエストして、「直立不動で」聴いて飛び立った特攻隊の少年たちには、どれほどたくさんの夢があったことだろう。一切を思い切るためのリクエストでもあったのでしょう。
 佐藤惣之助の手紙が公表されて、地元の榛名町(今は高崎市榛名町)は大喜びで湖畔の宿公園を作りました。私も寄る時はいつもひろしさんのお話にあるメロディセンサー、メロディフェンスを楽しみます。
 惣之助が榛名町を喜ばせる手紙を書いたのは亡くなる直前だったのですね。謎のままでも良かったのに、と思う人も、思う湖もあるでしょうが。
 問題の手紙発見のことを知ったとき,佐藤惣之助がそれほど榛名湖に縁があったかな、とちょっと不審でした。でも、現代詩の金字塔である詩集「月に吠える」などで知られる前橋市出身の詩人萩原朔太郎の妹アイと結婚していたことを思い出して納得しました。昭和8年、惣之助は再婚でした。朔太郎、惣之助と「ふるさとは遠きにありておもふもの」の室生犀星は親友で、あるとき犀星が朔太郎に「流行歌というのはお金になるらしいぜ、惣之助などは随分儲けているということだ」と、極貧の朔太郎に流行歌を書かせようとしたということです。
 

投稿: dorule | 2012年12月24日 (月) 11時04分

dorule様
40数年前現在住む埼玉北部の町に越して以来、わずか小一時間で爽やかな自然を味わえる榛名湖にはよく出かけます。
昭和初期の歌謡曲の舞台はほとんどが関東の山岳地方ではなかったでしょうか。都会暮らしの作詞家、作曲家が比較的行き来しやすかった絶好の場所だったかもしれません。

昔と比べ今はだいぶ俗化したようですが、竹久夢二他大勢の作家、歌人など文化人が訪れた榛名湖はいまだ高峰三枝子が歌う〔湖畔の宿〕のロマンチックな舞台背景として偲ばれること充分だと思います。

遠方からの知人を案内すると喜ばれる場所の一つです。

投稿: おキヨ | 2012年12月25日 (火) 12時17分

dorule 様
 5、6年前だったでしょうか、朝日新聞の“歌の旅人”版に、「山のさびしい湖」の所在論争に終止符が打たれたのを機に、榛名湖畔に“湖畔の宿記念公園”がつくられ、メロディーセンサー付きの歌碑が建てられた、とありましたので、伊香保温泉に行った折、寄ってみました。晩夏でもあり、夕刻でもあったので人影はほとんどなく、哀愁に満ちた、この歌のメロディが、折しも夕靄の立ち始めた湖面に流れて行きました。柄にもなく、センチな気分になったことを覚えています。

 還らざる身に歌ひとつ薄すみれ  ひろし
 
 太平洋戦争も終盤、若い特攻隊員たちがこの歌を聴いて、断腸の思いで出撃していったことを思い起こす必要があります。二度と、このようなことがおこる国にしてはいけません。不戦の誓いを立てるときが近づいていると思うのは、わたしだけでしょうか。

 朔太郎の「月に吠える」という詩集は知っていますが、詩そのものはあまり知りません。「ふらんすへ行きたしと思へど ふらんすはあまりに遠し」でしたか、この詩くらいで、恥ずかしいですね。
 dorule様は朔太郎の出身地にお住まいだけあって、かれについて研究されているのですね。本歌の作詞家惣之助と朔太郎が義兄弟であることなど教えていただきありがとうございました。
 
 

 

投稿: ひろし | 2012年12月26日 (水) 11時10分

おキヨ様
関東平野の北西隅を飾る上毛三山の中でも、奇岩怪峰の妙義山は早くから文人墨客の筆に乗り、赤城山は高村光太郎、志賀直哉、西条八十その他大勢の近代詩人小説家画家たちの題材になって来ました。榛名山はそれにくらべて地味な感じでしたが、「湖畔の宿」で一躍スポットが当たりましたね。それにふさわしい優雅な山と思います。
ひろし様
不戦の誓いを立てるとき、同感です。
「極貧の朔太郎」と書きましたが、語弊がありすぎるようなので「極貧」は訂正削除したいと思います。惣之助のような流行作家ではなかったという言葉の綾のつもりでした。朔太郎は早くから不世出の詩人として尊敬されただけでなく、生家は進んだ医学を採り入れた富裕な医院で、その長男でした。

投稿: dorule | 2012年12月29日 (土) 00時14分

懐かしい曲でハーモニカで時々吹いています
榛名湖との事ですが・・近くの小さな湖畔で
この曲を吹くと・青春時代の想い出が胸に浮かび
熱くなります
昔の・・夢を見ています

投稿: 田中 喬二 | 2013年2月19日 (火) 16時49分

榛名湖のある群馬県に住んでいます。今までに何回も榛名山へは行ってますが、まさか「湖畔の宿」のモデルになっているとは知りませんでした。特攻隊の若者がこの曲をリクエストして、夜明けとともに飛び立っていったというあの件で、特攻隊員は一体どう言う気持ちで操縦桿を握ったのか、想像しただけでただ唯、落涙。

投稿: 赤城山 | 2013年6月30日 (日) 18時19分

dorule様
交通機関の乏しかった頃には関東地区でも奇岩の妙義やゆったりと横たわる風情の赤城山などはあまり移動時間がかからなくてしかも情緒的に申し分のない処のようでしたね。その他四万温泉や伊香保などの温泉場も文学の場になっていますので、群馬県は文学作品の舞台背景が多い処のようです。以前に法師温泉で与謝野晶子の歌碑を見ましたが、当時はとんでもない山奥、さすが情熱の歌人バイタリティーも素晴らしい。。。籠で移動したようで、どこかで籠に乗る与謝野晶子の写真をみました。
榛名湖は竹久夢二の理想郷で、彼のアトリエ跡が残っていますが、アトリエとして機能したかどうかは定かではありません。

投稿: おキヨ | 2013年7月 2日 (火) 12時24分

おキヨ様
 こどもの頃に登ったのは赤城榛名妙義の「上毛三山」だけで、長い首都圏暮らしの後、連れ合いに先立たれたあと榛名山の麓に帰去来した20年近く前に、見渡せる稜線をみんな歩いてみようと思い立ちました。北東に赤城山、左へ武尊山、万葉集で有名な子持山、小野子山、西から南へ榛名連峰、浅間隠山、浅間山、荒船山、妙義山、赤久縄山から御荷鉾連山と続きます。これら上州の山々の背後に、特に冬季に覗かれる銀嶺が北に谷川岳と上越国境の山々、西に八ヶ岳、南にところどころ奥秩父が覗かれます。冬山やロッククライミングはやりませんが、数年間は毎週のように出かけていました。寄生火山の多い榛名山は寓居からは南北に連なる山脈に見えます。あの稜線をみんな踏んだなあ、と眺めています。
 竹久夢二は榛名を愛し、「さだめなく鳥はゆくらん青山の青のさびしさ限りなければ」などの歌もあります。晩年、この地に産業美術研究所を設立することを念願として奔走しました。病に倒れて実現しませんでしたが、湖畔のアトリエ(画家山口薫の言う「山荘」)はその拠点でした。中腹の伊香保には立派な竹久夢二記念館もあります。
 法師温泉は二、三度訪ねましたが、おキヨ様が見られた与謝野晶子の歌碑を私は見落としています。地元でも情けないですね。晶子は榛名にも行っていて、歌も詠んでいます。
 思ひ出は榛名の山に満ちわたり君がいくつの面影も立つ
 はるかにも白根が張れる幕光り伊香保の雪はかげろふを上ぐ
など。与謝野晶子と言えば、高校生の頃までは「みだれ髪」の浪漫的歌人とだけ思っていましたが、「君死にたまふことなかれ」を知って驚嘆しました。日露戦争の最中に「旅順の城はほろぶともほろびずとてもなにごとぞ」商人のわが家の掟にはないことだ、と言い切り、「すめらみことはたたかひにおほみづからは出でまさね」、獣のように殺し合って死ねよとは「大みこころの深ければもとよりいかでおぼされむ」と痛烈。今の若い人には何でもないでしょうが、明治を忠君愛国にこりかたまった時代の始まりと思っていた私には衝撃でした。しかし夏目漱石も「我が輩は猫である」のなかで大和魂をからかったりしていました。石川啄木が感じた「時代閉塞」が際だってきたのは明治も末の大逆事件のあたりからなのでしょう。
 

投稿: dorule | 2013年7月 2日 (火) 16時29分

この歌の「ひとり来た湖」が土地の人には悪いですが、諏訪湖、浜名湖、山中湖ではなく榛名湖だったと言う話さもあらんと思います。

投稿: 海道 | 2013年7月 3日 (水) 16時21分

高峰三枝子さんを封切りの銀幕で見たのは、「光る海」、「赤い蕾と白い花」など日活映画でよく吉永小百合さんのお母さん役で出ておられた昭和37年(小生18歳)の頃です。本当に美しく、気品に満ちた上流夫人といった役柄をよく覚えています。
この「湖畔の宿」は戦前の歌のようですが、戦後、昭和27年(小生8歳)の頃でもよくラジオから流れており、子供ながらに替え歌などで歌って育ちました。その後、昭和40年・50年代とテレビの成熟時代に入っても、歌謡曲番組で「湖畔の宿」をはじめ「懐かしのブルース」、「純情二重奏」など衰えを知らぬ美しい容姿に歌声を披露しておられました。
 さてこの「湖畔の宿」を聞くと私の大好きな松島アキラさんの「ひとり旅」、「湖愁」の両方の歌詞と重なります。
 特に「ひとり旅」の3番の最後の方に《♬ランプ引き寄せわびしくつづる~青い表紙の日記帳♬》とあり、戦前も戦後も女が男を、男が女を恋する気持には変わりはなく、せつないものですね。ここでも《青い》という表現が出てくるのを興味深く感じます。
             (迷える老羊)

投稿: 高峰三枝子さん大好き! | 2016年10月 2日 (日) 00時29分

 この歌には思い出があり、独り者でしたが、ゴミを焼いてこの歌を口ずさんでいたら、隣のやはり独身の若い男性が「その歌いいですね。何という歌ですか。」と聞いてきました。古い手紙の薄けむり」というところに惹かれたようです。別れてもう逢うこともない若者でしたが、ときどき思い出します。
 

投稿: 今でも青春 | 2016年10月 2日 (日) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国境の町 | トップページ | グリーンスリーブス »