« グリーンスリーブス | トップページ | 恋のアマリリス »

グッド・ナイト・ベイビー

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:ひろまなみ、作曲:むつ・ひろし、唄:ザ・キングトーンズ

1 きっといつかは 君のパパも
  わかってくれる (二人の愛を)
  後ろを向いた ふるえる肩を
  だいてあげよう だから
  グッドナイト グッドナイト ベイビー
  涙こらえて 今夜はこのまま
  おやすみ グッドナイト
  グッドナイト グッドナイト ベイビー
  涙こらえて
  楽しい明日を 夢見て グッドナイト

2 やっと見つけた この幸せは
  誰にもあげない (二人のものさ)
  涙にぬれた 冷たいほほを
  ふいてあげよう だから
  グッドナイト グッドナイト ベイビー
  涙こらえて 今夜はこのまま
  おやすみ グッドナイト
  グッドナイト グッドナイト ベイビー
  涙こらえて
  楽しい明日を 夢見て グッドナイト
  グッドナイト グッドナイト

《蛇足》 昭和43年(1968)のヒット曲。
 1960年代以前のアメリカンポップスのような曲です。歌詞のカッコ内はバックコーラスの部分。

 ザ・キングトーンズは男声4人組のコーラスグループとして、昭和35年(1960)に結成。長い下積み生活が続きましたが、この曲のヒットにより、ようやく脚光を浴びました。
 この曲や次にヒットした『暗い港のブルース』でも、リードテナーの内田正人の高音が効果を発揮していました。

(二木紘三)

|

« グリーンスリーブス | トップページ | 恋のアマリリス »

コメント

ヒットしている頃はあまり好きな歌ではなかったのに。。。。
今頃になって懐かしくなったりします。
不思議なものです。
ヒットしている頃には若すぎて。。。この歌のもつ深い所が理解出来なかったのかも知れませんねぇ。

投稿: sunday | 2008年4月21日 (月) 06時04分

これも、実に味わい深いいい歌で、唄い継いでいきたい名曲のひとつです。
それにしても二木先生の蛇足に、カッコ内はバックコーラスって親切な解説があったのには笑いました。
つい、つられて声に出して唄ってしまいました。
まさしく『歌は心の走馬灯 人生絵模様 うた舞台』ですよね。

投稿: パンプキン | 2008年8月 4日 (月) 00時01分

懐かしく歌い継ぎたい青春時代のいい歌ですね。

平成19年、世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配していた文化庁の河合隼雄(死去)長官が、世代を超えて歌い継ぎたい歌として唱歌・童謡・抒情歌等の中から『日本の歌百選』を発表されましたが、『日本のポピュラー百選』をこのブログでの募集は如何でしょうか?

因みに長男の俊雄氏が中心になって“人の心を支えるような物語文学と学術研究を顕彰しよう”との思いで、7月に<河合隼雄物語賞・学芸賞>を創設(拠点は京都)、来年には受賞者が発表されるとのことです。

投稿: 尾谷光紀 | 2012年8月26日 (日) 16時15分

妻が病に伏せっています。ある夜、目がさめて、何かの曲を頭の中で一生懸命に口ずさんで(?)いる自分に気づきました。「何の曲だろう」と思いました。「グッナイトベイビー」という歌詞だけ思い出しました。「グッナイトベイビー」という歌詞を頼りにインターネットで探して、この曲に出会いました。昔、昔、口ずさんだ曲でした。涙がこぼれそうになるくらい良い歌ですね。

投稿: おじい | 2013年2月 2日 (土) 22時45分

中学生でした。越境入学し叔母の家から通っていました。
気ままな一人っ子が親元を離れたことで、人間的に成長できたのではと思います。
斬新でおしゃれで、今から思えば、さりげなくあたたかい詞が好きでした。世の中も、おせっかいなくらいあたたかい時代でした。周りの人たちにあんなにお世話になって生きてきたのに、自分はその分、返すことができているのだろうかと忸怩たる思いにかられるこの頃です。

投稿: M.M. | 2013年3月 3日 (日) 01時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グリーンスリーブス | トップページ | 恋のアマリリス »