« 恋のアマリリス | トップページ | 恋の町札幌 »

恋のしずく

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:安井かずみ、作曲:平尾昌晃、唄:伊東ゆかり

1 肩をぬらす恋のしずく
  濡れたままでいいの
  このまま歩きたい
  きっとからだの中までしみるわ
  そしてあなたの あなたの言葉を
  忘れないようにしたいの

2 頬をぬらす恋のしずく
  あなたのせいなのよ
  私のためにだけ
  それは二人の愛のしるしね
  だからやさしい やさしい心を
  じっとだきしめていたいの

3 髪をぬらす恋のしずく
  やさしい手が触れると
  青空が見えるの
  そうよ あなたは太陽なのね 
  だから私は 私はいつでも
  あなたを愛していたいの

《蛇足》 昭和43年(1968)の大ヒット曲。

 伊東ゆかりは子どものころから、ポップス歌手として進駐軍キャンプを回っていました。昭和34年(1959)、11歳のとき、『クワイ河マーチ』でキングレコードからデビュー。これは美空ひばりの12歳より1歳早いデビューでした。

 『恋のしずく』は前年の『小指の想い出』に続くヒットで、このあともいくつかヒットを飛ばしています。

(二木紘三)

|

« 恋のアマリリス | トップページ | 恋の町札幌 »

コメント

この曲がヒットしたころは、学生運動が激しくなってきた時の歌ですね。
ノンポリの私としては、園内、市街地でのデモを横目に通学をしていた覚えがあります。
その頃の歌の情報源は、ラジオ・TVからでした。
本を夢中で読み、外が薄明るくなってきたころ湯をわかしコーヒーをいれ、ラジオスイッチをONとすると数分いないに伊東ゆかり「恋のしずく」が必ず流れた。
隣のダイヤルにしても、又流れる感じでしたね。
しかも、3畳間の下宿の裸電球の下でです。なんとも淡い思い出があります。
思い出の曲を私だけの空間で聴くことができうれしい限りです。
これは、秘密です。
あっ、でも、のっちゃった、仕方ないね。

二木さまへ
操作ができる限り、うた物語を利用させてください。
感謝してます。


投稿: 益子   良夫 | 2007年9月 7日 (金) 21時06分

NHK深夜便は 伊東さんの
「夏にさよなら」 と
小林旭です。
 作詞作曲らしいです。

夏にさよなら
 は 小説の如しです。

投稿: 二宮 博 | 2007年9月 7日 (金) 23時26分

こんにちは。
ネット仲間にここの歌のサイトを教えてもらいました。
素敵素敵、思い出がどんどんとふくらんで幸せな気分に
させてもらってます。
ほんまにありがとう。

投稿: なみか | 2008年7月11日 (金) 22時19分

美空さんより一年若くデビュ-されてたとは知りませんでした。
日本人は一人の人。。。一つの物事。。。。にばぁっと飛びつく
習性がありますねぇ。
私達の世代だと美空さんよりもう少し後の世代の方がお洒落だし雰囲気あるしと思うけど。。。
7月が来ると美空特集が組まれるし…私は見たくないんだけど
家族が見ると仕方なく見ている自分が居る。

投稿: sunday | 2008年7月12日 (土) 10時47分

 「髪をぬらす恋のしずくやさしい手が触れると青空が見えるの そうよ あなたは太陽なのね」安井かずみの見事な詞ですね。この作詞家と作曲家の手にかかると良い意味で泳がされてしまう様ですね。 

投稿: 海道 | 2012年9月27日 (木) 05時43分

ひとつてに お邪魔しています。

恋のしずく♪~

懐かしく聞かせて頂いて感謝

度々 お邪魔したいと思います。

有難うございます。 

投稿: painn | 2013年7月31日 (水) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恋のアマリリス | トップページ | 恋の町札幌 »