« 酒は涙か溜息か | トップページ | 侍ニッポン »

桜井の訣別(わかれ)

(C)Arranged by FUTATSUGI Kozo


作詞:落合直文、作曲:奥山朝恭

1 青葉茂れる桜井の
  里のわたりの夕まぐれ
  木(こ)の下蔭(したかげ)に駒とめて
  世の行く末をつくづくと
  忍ぶ鎧(よろい)の袖の上(え)
  散るは涙かはた露か

2 正成(まさしげ)涙を打ち払い
  我子正行(まさつら)呼び寄せて
  父は兵庫へ赴かん
  彼方の浦にて討死せん
  汝(いまし)はここまで来つれども
  とくとく帰れ 故郷へ

3 父上いかにのたもうも
  見捨てまつりて我一人
  いかで帰らん 帰られん
  この正行は年こそは
  いまだ若けれ もろともに
  御供(おんとも)(つか)えん 死出の旅

4 汝(いまし)をここより帰さんは
  わが私(わたくし)の為ならず
  己(おの)れ討死なさんには
  世は尊氏(たかうじ)のままならん
  早く生い立ち 大君(おおきみ)
  仕えまつれよ 国のため

5 この一刀(ひとふり)は往(いに)し年
  君の賜いし物なるぞ
  この世の別れの形見にと
  汝(いまし)にこれを贈りてん
  行けよ 正行故郷へ
  老いたる母の待ちまさん

6 ともに見送り 見返りて
  別れを惜む折からに
  またも降り来る五月雨(さみだれ)
  空に聞こゆる時鳥(ほととぎす)
  誰れか哀れと聞かざらん
  あわれ血に泣くその声を

《蛇足》 明治32年(1899)発表。

 10万の大軍を率いて九州から東上してきた足利尊氏を迎え撃つため、楠木正成は必敗を覚悟して兵庫(今の神戸)に出陣しました。
 湊川
(みなとがわ)の戦いを前にして、正成は、桜井の駅で、11歳の愛息・正行に郷里に帰るように命じます。南北朝時代の動乱を記した『太平記』のなかの名場面の1つです。

 正成は湊川で壮烈な戦死を遂げ、正行ものちに、足利の武将・高師直(こうのもろなお)と四條畷(しじょうなわて)で戦って討ち死にしました。

 楠木正成は、戦前、忠君愛国のシンボルとして祭り上げられた反動で、戦後は軽視されるようになりました。しかし、志操の堅さと軍事的才能(ただし戦術的才能ですが)では、のちの真田昌幸・幸村父子とともに、わが国屈指の人物といっていいと思います。

 上の絵は松岡映丘による『楠公訣別之図』。

(二木紘三)

|

« 酒は涙か溜息か | トップページ | 侍ニッポン »

コメント

懐かしい気分になれた。

投稿: モリ ノブミ | 2007年9月 3日 (月) 10時21分

紹介してもらった高橋さんに感謝。

投稿: mori nobumi | 2007年9月 3日 (月) 10時27分

  二木先生 お久しぶりです。
コメントするのが、久しぶりということで、毎日のようにアクセスはさせていただき泣かせていただいております。先生のページほど、小生にとり刺激のあるサイトはありません。心から感謝しております。有難うございます。

今日も泣きながら書かせていただいております。周りに暗いことの多いこのごろ、この曲をきき蛇足・コメントを読めば必ずこうなるとわかっていながらーーまた同じことを繰り返しています。しかし、涙は再起・元気の源かもしれません。泣くことにより反省にもつながり、自分より不幸な事実にも思い当たりして、混乱した思考が整理され落ち着いてくるのでしょうか。今日はサーカスの唄からの涙でした。歯科医のK先生の思い出で祇園の「静」で歌ったのは、そう 青葉の笛 と大楠公だったなーーーと。
 小生、神戸の生まれで須磨寺は、子供のころから祖父母につれられお大師さんの度によく行ったお寺ーーちなみに 祖父母はこの寺に分骨させていただいています。
 もちろん別名 楠公さんとして親しまれている湊川神社は
何度も行きましたが、僕の思い出は神社の近くに湊川公園があり、祖父につれられ何度か、相撲の巡業にいったことです。丁度 千代の山、鏡里、吉葉山、栃錦 が横綱になったか、なる少し前ぐらいの時代だったのでしょうか??

楠木氏の歴史もほんとうに残酷ですね。何世代にも亘って逆賊足利との死闘を続けた。時代といえばそれまでですが、後醍醐天皇の数多い皇子たちのほんの数人しか天寿をまっとうしていないことと同様で、いいようのない辛さが残ります。今の世が、それぞれ生をうけたものがえこひいきなく暮らせ、少しでも生に対し満足して死んでゆく世でありたいものです。 

投稿: 能勢の赤ひげ | 2008年3月16日 (日) 19時51分

  能勢の赤ひげ 様
 私は『サーカスの唄』で、失礼ながら、先生の後にコメントさせていただいた者です。
 私も楠木正成は、大好きな歴史上の人物の一人です。中国では、三国時代の蜀の諸葛亮(孔明)。どちらも、忠烈無比で高潔な人物です。
 中学3年の時、吉川英治の『私本太平記』を読了しました。今ではストーリーなど忘れてしまいましたが、桜井の楠木親子の訣れ、湊川での正成の壮烈な討ち死に。涙をぼろぼろ流しながら読みました。
 今この『桜井の訣れ』を、やはり涙を流しながら聴いております。
 今、楠木正成のような至誠の人いずこ。いえ、先生。私ら一人ひとりが、大楠公の至誠の志しの一分たりとも、持たなければならないのですね。
 (私の出番ではありませんが、つい感極まり、コメントさせていただきました。)

投稿: 大場光太郎 | 2008年3月16日 (日) 23時57分

大場 光太郎様
小生の、独りよがりの練れていない書き込みにお返事いただき、感激やら恥ずかしさやらで、涙涙でインターネットに向かっております。このサイトで過ごす時間が、自分にとりとても大切な時間であることは間違いないことなのです。いや、それ以上のもの、禅のいう無の境地、スピリチャル的には瞑想でえられるのと同じ精神状態になるともいえます。もちろん、好む曲がそうさせるのかもしれないですね。(僕をよく知る人なら、何をいうか単なる逃避だろうと一笑に付されるかもしれませんが)
 大場様とは、同じ年か僕のほうが一つ二つ上ということになるのでしょうか??僕で団塊の世代一期生です。ねずみの早生まれ---中三の時、受験直前の一月に虫垂炎(盲腸)で入院。その間に、吉川栄治の新平家物語を読んだことを覚えています。本の名こそ違え、すごい近しさと親しさがこみあげてきました。今後ともよろしくお願いいたします。
 「私ら一人ひとりが、大楠公の至誠の志しの一分たりとも、持たなければならないのですね。」まったく同感です。何とか、個々の人々が私利私欲をすてて、もっと住みやすい万人にやさしい日本に、世界にしていきたいものですね。

 大場様 ありがとうございました。

 二木先生へ
私的な手紙のやりとりのようになってしまい、申し訳ございませんでした。お詫びいたします。
追記 三百六十五夜での大場様への「君」にまつわる記述、心から感心し読ませていただきました。日本語の深さ良さを改めて認識させられました。ありがとうございました。

投稿: 能勢の赤ひげ | 2008年3月18日 (火) 22時37分

能勢の赤ひげ 様
 (これまた私信で、皆様申し訳ございません。)
 私の先のお便りは、本当に感極まって突発的に記したもので、先生のご返信など全く気にしておりませんでした。この度は本当に恐縮に存じます。
 先生も「団塊の世代」でしたか。失礼ながら、今までのコメントから、私よりもだいぶ年長の方かなと、勝手に思い込んでおりましたが。ちなみに私は、昭和24年4月生まれの丑年です。ですから、先生のほうが1年余年長でいらっしゃることは間違いございませんが。
 私も二木先生の『うた物語』へのとらえ方は、先生と全く同じです。「禅の無の境地」「瞑想」と同一次元の、至福、平安、安らぎ…を求めて。バブル崩壊以後ようやく、一般の方々も「スピリチュアルなもの」に関心が向き始めたことは大変喜ばしいことと、私個人としては思っております。
 なお吉川英治は、私の場合、中1で『宮本武蔵』中2で『三国志』そして中3で『私本太平記』の順で読みました。『新平家物語』は中2でトライしましたが、「諸行無常」を理解できる成熟度になく、途中で止めました。
 ところで、この『桜井の訣別』。皆様方にもっと聴いて、深く味わっていただきたい歌ですね。それはともかく、この歌を今後の私の「人生の応援歌」にしていきたいと思います。そう決めました。この歌は、「己れの至誠度」が、今那辺にあるのかを知る上で、鏡となってくれる格好の歌ですから。
(二木先生。あと一曲。「星落秋風五丈原」があれば、なお結構なのですが…。いえ、無理にとは申しません。)
 
 私信のまた私信になると、他の皆様のご迷惑でしょうから、お返事は結構です。その代わり、またどれかの歌に、先生の味わい深いコメントをお寄せください。団塊の先輩の文、興味深く読ませていただきたいと存じます。その時また、お便りさしあげるかもしれません。
 先生。ご自身のお体大切に。そのうえで、「仁術」にご精励下さい。先生のような、私心なきスピリチュアルな「赤ひげ」を得た、能勢の方々は本当に幸せです。
 こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。それでは失礼致します。
 

投稿: 大場光太郎 | 2008年3月19日 (水) 01時29分

桜井の別れは、戦前小学校の学芸会(文化祭ではありません)5年生クラス上演の定番でした。正成より正行になりたかったのですが、美少女の良く勉強の出来る子が正行役、私などは楠木の台詞もない並び郎党役でした。
終わりの「共に見返り見送りて、別れを惜しむ折からに 又も降りくる五月雨の」で正成父子の正成が見ると、正行が前を、正行が振り返ると正成が後ろを見ているという名場面に涙をそそるPTAじゃない保護者会の父母たちがいました。
二木先生 思い出をありがとうございます。76歳。

投稿: 涙 | 2008年6月 3日 (火) 17時40分

1951年に学校で家にある絵本を持ってきたら、先生が、順繰りに読んでくれるとの事で、楠 正行の絵本を持って行きました。
ところが読んでもらえず、返されてしまったのです。子供ですからわけもわかりませんでした。今から思うと、GHQの指導で、忠君愛国の考えかたが、いけなかったのでしょう。この歌を聞くとそのことを思いだします。

投稿: 昔の少女 | 2008年9月26日 (金) 16時34分

わたしが国民学校3年生のとき、クラスのY君のお姉さん(5年生)が学芸会で楠木正成役に扮しました。“桜井の訣れ”の名場面では、彼女の凛々しい若武者ぶりに胸がキュンとなりました。わたしの遠い、遠い初恋の思い出です。この歌を聴くと、当時を思い起こして今でも胸がときめきます。
 蛇足ですが、今でも足利尊氏を“逆賊”と思っている方がいますが、日本史を偏りなく見た場合この表現は当たらないと思います。建武の新政府(後醍醐天皇側)が歴史の歯車を逆行させようとしたのですから。

投稿: ひろし | 2008年9月28日 (日) 21時45分

昨年、桜井の別れの公園(場所)に行き、この歌の歌詞をかみしめてきました。子供の時から、講談社の絵本「楠木正成」を見て育ちましたので、特に、感慨無量でした。修身の本に出てきましたね。今も良く覚えています。七たび生まれ変わって賊を滅ぼすは、今は無き母から、幼稚園の時からよく聞きました。

投稿: 西山 利寿 | 2009年2月 6日 (金) 16時40分

昔の少女殿のコメントを見て、戦後の小学校1期生の私も思い出しました。3、4年のころ、担任の先生が授業の合間に横道にそれては、後から思えば立川文庫らしい戦記物語を熱演してくれました。
さすがに歌は教わらなかったのですが、良くしたもので、勉強は並みでも歌に詳しいサキエちゃんがいて、休み時間にこの歌を教わりました。
GHQの統制はあまり感じることなく過ごした、空襲の惨禍の残る東京下町の小学校でした。

投稿: ika-chan | 2009年8月26日 (水) 19時19分

「桜井の訣別」のタイトルから僕は好きな菊人形を思い出します。
戦後も数年間は町に、米兵がまだうろうろしていました。そんな中で、名古屋城内の菊人形会場でこの場面が展示されたことがありました。
菊の香が漂う幽玄の世界で、静的な人形の無表情な顔の中に、まだ負けていないぞといったうらみの気持ちが微妙に綾なしていたような気がします。
今思うと、あの時期、保革政党とも取り上げなかったことがむしろ不思議でなりません。

投稿: なごやん | 2009年8月29日 (土) 01時09分

この歌の歌詞の中に
「兵庫に」と「兵庫へ」の2通りあるようですがどちらが正しいのでしょうか教えてほしいのですが??

投稿: 宮本さん | 2009年10月25日 (日) 00時26分

本当ですね。
ネット検索すると歌詞は「へ」と「に」がありますね。

手元の歌は♪兵庫に・・です。安西愛子 三橋美智也 
ネットの ダーク・ダックス 宍倉正信 山本健二 

投稿: なち | 2009年10月25日 (日) 19時47分

 昔の歌は古文の勉強にとても役立ちますね。汝(なんじ)を「いまし」と読ませたり、「一刀(ひとふり)は往(いに)し年」とか、上(うえ)を「え」と読ませたり、第一、正成を「まさしげ」と読ませるのはまあいいとしても、正行を「まさつら」と読めるんだということは、この歌で知りました、
 昔は難しい漢字も振り仮名が振ってあったので、子どもでも知らず知らず覚えることができましたね。現在はそういう習慣が廃れたので、今の子どもは昔の子どものようにたくさんの漢字を読めなくなり、可哀想と同時に、日本伝統の美学が失われて行くようで残念です。昔の美習であるルビ入りの本が復活することは、日本の教養に資すると思いますが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。

投稿: icchann | 2010年1月24日 (日) 21時57分

真田昌幸・幸村父子とともに、わが国屈指の人物といってもいいと思います。このように書かれた文章に目を留められました。(真田ファンとして)昨年の天地人での
昌幸には幻滅でした。

投稿: 海道 | 2010年1月28日 (木) 16時40分

子供のころ遠足観心寺に行った時に見た『建掛塔』とその話を親に聴いたことで、子供心に哀しい話だなと感じたことを今でも覚えています。大義という一線の上に、人(この場合、後醍醐天皇)が重なることで、自分の運命と家族の運命を決定しなくてはいけない状況の理不尽さを子供心に感じたからでしょうね。上に立つ者の理性や道徳が如何に大切かが問われています。後醍醐商会の楠正成という上級管理職の悲哀は現代にも通じます。大義と大義らしきものを見定められる目を持てるように子供たちを育てなければならないですね。有難うございました。

投稿: springwood | 2010年9月 3日 (金) 17時11分

昔日本で育った二世です.その頃はビンタの他にこの歌、
桜井の決別をならいましたが、歌詩は知っても誰とも無く
”青葉しげチャン昨日はいろいろお世話になりました”
今に国民学校、新制中学校の時代が思い出されます.
ボランテイヤーで高齢者、敬老ハウスでハーモニカを吹いていますが、年寄りの皆様一緒に歌い出し少し興奮、嬉しく思ってます.又二木先生にコメントのコロムがあり
自分一人でなく皆様と若き頃のツヤツヤした顔の皆様と
一時を共にしたいです。 ロスにて、タカハシ

投稿: 高橋 仁こm | 2011年9月 5日 (月) 12時16分

非常に懐かしい曲でした。1954年ころ親戚の武庫川へ行き、湊川神社にも連れられて参拝しました。その後3年ぐらいして小学校でこの歌を習い記憶の奥にとどまっていました。二木様の解説付きで聞かせていただきました。ありがとうございました

投稿: ぜんぱす | 2011年9月18日 (日) 05時08分

 昨日、息子と酒を酌み交わしつつ 「桜井の別れ」について話したことを 書きとめておきます。

私 「この歌について お前はどのように思った」

大治郎 「はい、『夕まぐれ』『木の下蔭』など 後世に伝えたい 美しい日本語がありますね。それから 父と息子の情愛をうたった詩や歌は ほんとうに 数少ないですね。母と子の情愛は 圧倒的に多く、父と娘も少しあると思いますが」

私 「そうじゃ。母と子の情愛は 言ってみれば 私的な心の交流だが、父と息子の場合は規範を教える、 義を教える という側面が強いと思う。煩悩丸出しの母親は 絵になっても 煩悩丸出しの父親は 絵にならんということかな」

大治郎 「なるほど、親父に尊敬できるものがないと息子は 親父についていけないということですね」

私 「それから この歌は 戦後、つまり昭和20年以後、タブーになった感じがあるな」

大治郎 「それは どういうことですか?」

私 「戦前は 足利尊氏は 後醍醐天皇にそむいた逆臣、楠木正成は 天皇に尽くした忠臣という構図だったが、戦後は 尊氏は武家政権こそ時代の要請にかなうものと見抜いた 先覚者と評価され、正成は悪しき天皇制の護持者になってしまった。つまり、戦後は楠木正成を讃えれば、場合によっては あんたは右翼か、今どき皇国史観の賛成者か と非難されかねないのだ。わしはカラオケで この歌を歌った時、そんな経験をしたぞ。きちんと説得してやったがな」

大治郎 「やっかいな問題ですね。でもイデオロギーぬきで 単に親子の情愛の物語としてみれば、この歌はすばらしいですよね」
 
私 「そのとおり、わしは、そういうトラブルもみすえた上でこの歌を 『大楠公』とはせず 『桜井の別れ」として このブログに取り上げた 二木先生にはおおいに敬意を表するものだ。と同時に 本当に歌がお好きなんだと拝察する」
 
大治郎 「最後に お父さんは足利尊氏についてどういうふうに思いますか」

私 「明智光秀は裏切りを1度やって信長を倒したが、尊氏は2度やった。1度目は鎌倉幕府を裏切って、味方の六波羅探題(京都の出先機関)を滅ぼした。2度目は 後醍醐天皇の政治が武士の支持を失っていくのをみて、天皇を裏切った。さすがに2度目の裏切りは 精神的にも苦しかったようで 夢窓国師に相談して後醍醐の霊を慰めるために 京都に天竜寺を造っている。政治家としては苦労の多かった人だったと思う。大政治家といえる」

大次郎 「よかった。お父さん、右翼でも皇国史観でもなかったんだ」

投稿: 秋山 小兵衛 | 2012年10月14日 (日) 17時25分

私の伯父の名は正成でしたが、「早く生い立ち国民に」とすれば良いのでしょうね。天照大神の弟須左之男命を祭神としている神社の世話人代表を務めた関係で神の世界に詳しくなりました。

投稿: 海道 | 2012年10月17日 (水) 19時33分

青葉茂れる桜井の、そこは都の夕間暮れ
私、今度の日曜日、東京の女学校へまいります
みなさんよくよくお勉強
なされてください、頼みます

明治43年生まれのお袋がこんな替え歌を良く歌っていました。若くして義理の両親、夫を亡くし、家族が食うだけの米のとれる田んぼを守り、6人の子を育て、紅に縁無き生を90歳で終えました。夫の姉妹が女学校を出ていた事もあり女学校へのあこがれがあったのかも知れません。

投稿: mr.kanagoe | 2013年4月 7日 (日) 22時38分

この歌「桜井のわかれ」を、戦後育ちの私たちは学校で習ったという記憶がありませんので、たぶんこの歌をはじめて聴いたのは、昔アメリカに住んでいたとき、日本の童謡・唱歌のはいったLPレコード集「この道」を親戚から送ってもらった時だと思います。このレコード集の中ではボニージャックスがこの歌を美しく歌い上げています。本当にいい歌ですね。この歌を聴くといつも涙がでます。アメリカ生まれの私たちの子供は日本の歌はこのレコード集を聴いて育ちました。二木先生は真田昌幸・幸村親子に触れられていますが、楠正成・正行の「この桜井の別れ」は、大阪夏の陣での真田幸村・幸昌(大助)親子の別れと似ていないでしょうか?父と一緒に戦いたいという大助を幸村は秀頼の出馬を促すため大阪城にいる秀頼のもとに使わす話です。司馬遼太郎の「城塞」や池上正太郎の「真田太平記」に出てきます。

投稿: KeiichiKoda | 2013年4月 8日 (月) 13時32分

上のコメントへの追記です。週末に真田一族のゆかりの上田城(資料館、上田市立博物館等)、松代城跡(真田宝物館、真田邸等)、池波正太郎真田太平記館をまわってきました。真田幸村と長男の大助は大坂夏の陣で討ち死にしますが、幸村の二男大八(守信)は豊臣滅亡後、仙台藩の片倉重長のもとで庇護されて生き延び、伊達家の家臣として、仙台真田家の初代となります(真田姓を名乗るのは2代目の辰信から)。幸村の子孫である仙台真田家は現在13代目を数えるようです。

投稿: KeiichiKoda | 2013年4月21日 (日) 08時20分

私は趣味で作詞していますが 一番古い神社を書く予定で  子供の頃のこの歌 青葉茂れる桜井のーーーつい涙が出てきます 若い頃は楠公神社に云った事が有ります  曲はプラメロにはめ込み最近は殆ど テレビからの 題材ですーーー此れを歌い動画に貼り付けてくれる人がいるのですーーーーとても良い勉強になりましたーーー涙が止まりませんーーー

投稿: 岩本かおる | 2014年8月 4日 (月) 14時02分

「桜井の別れ」・・ここの神社があるのですか。今ホームにお世話になっている母がときどきこの歌を口ずさんでいました。私もなんとか歌えますが、「しのぶ鎧の」のところで「違う」と訂正を入れました。
 このサイトで聞いています。正行に語るところは秀逸ですね。

投稿: 今でも青春 | 2014年8月 4日 (月) 19時06分

 子には子の思いがあり、親には親の思いがある。
それが戦場だけに心に響くものがあります。
正行「父を見捨ててどうして一人で故郷に帰ることができましょう。お供させてください」
正成「それは私情である。この国の将来を考えなさい。それが人の道だ」
 この論理の衝突、情愛の交錯に、静かな緊張感を感じます。
そして「親思う心にまさる親心」とも思います。

 今日、映画『晩春』(小津安二郎)を久しぶりに見ました。父と子の情愛ある会話、しかし緊迫した言葉のやりとりに、ある意味、『桜井の別れ』に通じる<私情の克服>を感じました。
 映画の中の、婚期の遅れた紀子(原節子)と男やもめの父(笠智衆)とのやりとりは、次のようなものです。
 
 紀子「結婚なんかしたくない。このままお父さんといっしょにいたい。
第一、私がお嫁に行ったら、お父さんが困るのは目に見えてます。洗濯、片付け・・」
 父「お母さんが亡くなった後、お前を重宝に使ってほんとうに悪かった。すまんと思っている。
しかし、それではお前はいつまでたっても結婚できん」
 紀子「お父さん、このままでいいの。どうか、このまま、いさせて。お父さんのそばにいるのが一番幸せ。
 他家へ嫁いで、今のこの幸せがあるとは、とうてい思えないの」
 父「そんなものじゃない。お前はこれからの人生だ。お前たちが新しい人生を作り上げていくんだ。
 結婚したらすぐ幸せになれるという考えは、間違っていると思う。幸せになるのに5年、10年かかるかもしてない。とにかく二人で努力して作っていくものだ。
 お父さんに対してもっていたお前のやさしい気持ちを、これからは佐竹君に尽くしなさい。お前ならできる、きっと幸せになれるよ」
 
 掌中の珠を奪われる気持ちをおさえて、娘に人の道、人の歴史を諄々と説く笠智衆の父の姿が立派でした。
 他家に嫁ぐ娘、若武者正行、それぞれに道を説く父の姿、寸分の違いも無いように思いました。

投稿: 紅孔雀 | 2014年8月 4日 (月) 23時35分

 今日の大河ドラマ「真田丸」では、戦国の世に関東を支配した北条氏の滅亡が描かれました。髻(もとどり)をほどいた北条氏政を前に、家康、上杉景勝、真田昌幸が揃い、秀吉の全国統一の先を占うシーンでは画面にくぎ付けになりました。この後、氏政は自害して果て、子の氏直は高野山に。北条氏父子の別れのドラマは描かれませんでした。
 一方、二木先生が書かれるように、真田昌幸・幸村(信繁)父子とこの楠正成・正行父子は、その志操の堅さと軍事(戦術)的才能によって、父子として今に名を残しています。わが国屈指の人物たる条件に父子を貫く生き方があることに心を打たれます。「桜井の訣別」が伝えるものを後世に残したいとつくづく思います。

投稿: omuraisu | 2016年6月19日 (日) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酒は涙か溜息か | トップページ | 侍ニッポン »